資産運用にて経済的自由を目指して

投資の方針や読んだ経済本の感想 今後の資産運用の戦略

2018年01月

こどもの頃、親の会社が倒産し貧乏な生活を送っていました。
社会人なりたての時結納金がなく、今の妻にお金を借りなんとか式をあげました。

現在、大学受験前の娘と八割れのにゃんこと格闘しています。
金(ゴールド)、日本株、株主優待、不動産、ETFに投資しています。
外国不動産に興味があります。

資産を増やし、権利収入・不労所得を増やし、経済的自由を目指します。

百均のノートを10万円にする方法




 百円のノートを買って、どうやって

十万円の価値にするのか。


最近この方法がわかりました。

実際にやったこととその中身を

公開することにします。


十万円の価値というのは、

そのノートに書いてあることを

実践していけば、必ず給料が

十万円アップするということです。

結果としてノートが十万円の価値に

なるという理屈です。


 だから、ノートを読んで、

それを実践しはじめて結果が出てきます。


 もう十年以上前の話になりますが、

中国株に手を出し、これをきっかけに

株式投資の本を読み漁るようになりました。

その後、お金に関する本を片っ端から

買っては読むようになりました。

不動産、日本株、外貨預金、FX、

金(ゴールド)、投資信託などです。


 興味のある本を読んでいるうちに、

本を読む習慣ができてきました。

そして、本を読んでいるうちに、

よく買う著者もでてきました。

本田健さん、邱永漢さん、後堂登紀雄さん、

千田琢哉さん、等です。


 ブログをはじめて、さらに本を読むように

なりました。

本屋さんに行く回数も増え、ブックオフにも

時々顔をだし、アマゾンでもポチポチする

ようになりました。


 本を読むだけではなく、本に赤線を

引くようにしました。自分が再度読み直すためです。

原則、本は購入しているものがほとんどなので、

マーカーを引いたり、折り曲げたりします。


 本を読んで気になる文章をノートに書き写すように

しました。

テーマを決めて、テーマごとにノートが

たくさんできました。

今回はお金に関することを書いたノートを

公開することにします。



 お金に困らなくなるノート


「オリンピック恐慌」を読んで


タイトルを見てすぐに購入しました。

個人的には2018年も危ういと考えています。

2019年まで持てば、御の字です。

2018年10月までに株と不動産を全て売りなさい!
 
 

希少価値の人がやはり給料が高くなって
います。


 変わりの利かない、自分になれるように
スキルアップが必要です。



 資産運用はとりあえず、イデコへの
加入です。
 リスクは限りなくゼロに近いです。




 日経平均が下がるのであれば、やはり
売りで仕掛けるべきです。

 すでに、インバースの購入を検討して
います。

 タイミングがすべてです。


 本当に、断スマホを検討しています。
 
スマホのゲームをやめる


 
オリンピック恐慌
 
 岸 博幸


 幻冬舎新書 

 これから2年は景気の良い状況が続く
2019年後半までは、ある程度良い
経済成長が維持され、景気がいい状態が
続くと期待できますが、

 職業別有効求人倍率
医師・薬剤師 5.45
建築・土木・測量 5.47
介護サービス 3.91
一般事務 0.36

 日本社会の治安の良さ、空気や水の綺麗さ、
人の礼儀正しさといった快適さ

 仕事に必要な新しい技術や知識などを
身につけることが必要となります。

 必要なスキルは何かを戦略的に考え、

 人間は努力すれば必ずなりたい自分に
近いところまで行けます。

 副業はこうした観点からも
すごく有益なのです。


 “環境変化に対応できる柔軟性”
“高い学習意欲”、そして
“大きな好奇心”

 目標設定(問題設定)能力、
コミュニケーション能力
 資産運用を行って家の資産にも
働かせて稼がせるべきなのです。


 余裕がない、縁がなかったなどの理由で
金融投資をやったことがない若年層ほど、
自分や家族の身を自分で守れるようにするためにも、

金融リテラシーを磨く


 個人型確定拠出年金
(iDeCo)です。

 “NISA”か“つみたてNISA”です。

 時間をかけて焦らずに
学び続けるのが結局は一番の
早道と思っています。

 “セレンディピティ”という言葉を
ご存知でしょうか。

 投資のテクニックを解説した
本を読むことなどを通じて投資の
具体的な

賃貸マンションに継続的に入居者が
入るかどうかは、そのマンションの立地と
管理(メンテナンス)次第です。


 株価が高い段階で売りから入って、
だいぶ下がった段階で買うという
取引もできるようにしておいた方が
いいのです。


 意識して継続的に新たな知識を
身につける必要があるということです。
 逆に非常に多くの人がデジタルとネットの
“泥沼”にはまり込んでしまっているのが
現実なのです。

 動画を見たり、ゲームをしたり、
ずっとスマホをいじっているのでは
ないでしょうか。
 常に新しいコンテンツという
感覚的・認知的刺激を求める
“ネット中毒”の状態になってしまいます。

 集中して深く考えることで情報やスキルを
しっかりと身につけ、またクリエイティブな
アイデアを生み出せるようにすることも
大事だからです。



読書と年収の関係について



 スマホから離れてボーッとする退屈な
時間を作るようにしてみてはいかがでしょうか。
 そう考えると、親の立場にある大人が
ネット中毒、スマホ中毒にかかってしまっているのでは、
余計なお世話とは思いつつもすごく心配に
なります。


 




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オリンピック恐慌 (幻冬舎新書) [ 岸博幸 ]
価格:950円(税込、送料無料) (2018/1/29時点)





習慣について思うこと



人間急には変わることはありません。

しかし、徐々に必ず、
いい方向へ変わる方法があります。

それは習慣です。

 いい習慣を増やし、悪い習慣を減らす
だけです。

 習慣なので、無理にしている感覚は
ありません。

自然と、タンタンとこなしている
感覚です。

 無理があるとどうしても、長く
続きません。

 
簡単なところから始めて、徐々に
負担を増やしていく。

 車の加速と同じです。
最初はゆっくり進み、スピードが
出てくれば、40Km、60Kmと
スピードアップしていく。

 それも、無意識に行っていく。

あとは、これの積み重ねです。


 いま、ひたすら本を読んでいますが、
その本の内容は習慣に関するものと
読書の仕方に関する本です。

 なんとかの習慣というタイトルは
意外とたくさんあります。

 世の中には身を着けたほうがいい
習慣がたくさんあるということです。

 そして、反対にその数だけ
断ち切った方がいい習慣もたくさん
存在しています。

 とにかく、1つでもいい習慣を身に着け、
1つでも悪い習慣を排除することです。

 そうすると、自然と充実した生活に
変化していきます。

 結果的に満足した人生を手にする
ことになります。






時間をつくる



時間をつくる

 1日1日を大切にする。

これの積み重ねが人生である。

 1日を大切にするには、
どうしたらいいのか。

 それは、とことん時間を
大切にすることである。

 世の中は早く移動しようと
思えば、お金がかかる。

 新幹線、タクシー、特急、飛行機など
長距離を速く移動するには
高いお金を取られてしまう。

 しかし、移動する時間をお金で
買っているとは考えられないだろうか。


 待ち時間を本を読んで有効に
利用できれば無駄な時間を
避けられたことになる。


 隙間時間をスマホに奪われるのではなく、
積極的に読書で取り返すのだ。


 夢に向けて、やるべきところは
たくさんある。

 目標を20個書き出し、1つ1つ
実行していく。

 行き詰れば、本のなかから
ヒントを探す。

 たくさん本を読んで、たくさん実行
した奴が勝てる世の中になっている。


 株で儲けたお金は、時間と
自分に頭に投資をする。

1時間をいかに有効に過ごすか。
単純作業をどうしたら、短時間で
終えることができるのか。

 難しい作業もどうすれば、5分10分
短縮できるようになるのか。

 
 

 いい習慣で、よりよい自分に変化する

やはりバブルだと思う。



株価はどんどん上昇しています。

サンバイオ4592一部、とうとう売ってしまいました。

6,000円になったら、また売ろうと思います。


 日経ETFや不動産株も売ろうと思います。

すべての持ち株を売る決心をしました。


 ただ、一気に売るのではなく、
チビリ、チビリ売ろうと思います。

 天井はわからないので、少しずつ
タイミングをずらして売り抜けていきます。

 
 そして、すこしずつインバースのETFを購入
することにしました。
 株が上昇すれば、下落する。
株が下がれば、上昇するという
銘柄になります。


 中国株が上昇していたときに、ペトロチャイナを
売り抜けた時を思い出します。
 ウォーレンバフェットが売った時は、理解
できませんでしたが、結果的に暴落する前に
売り抜けていました。

 当時はイケイケ、どんどんで
何でも、どんな銘柄でも上昇していました。


 バブルがはじけたと気づくには、
バブルがはじけてからわかるものです。

自動車ローンのサブプライムローンが
焦げ付きはじめてします。

 自動車の差し押さえがはじまっています。


株高の日本

 慎重な姿勢が大事である。

 日銀のマイナス金利政策は地方銀行には
マイナスである。

 地方の消費は冷え込んでいる。


 金融緩和は危険である。

 リーマンショック前よりも高額に
なっている。

 借金の膨張がショックの原因である。
 世界中が膨大な債務を抱えている。

 
 すぐには、バブルは弾けないのかもしれないが、
いつかは弾ける。

「いつか」は解らない。


 荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」や
ヒラノ・ノラさんがバブル前兆のヒントを
くれたのかもしれない。


 現在は業績相場になっている。
これが終わるときは、必ずやってくる。

しかるべき、タイミングのために



「君の名は」は彗星の衝突を過去に戻って、
悲惨な未来を救った。

 「君の名は」で泣けない理由

 もしかしたら、今なら大きなやけどから
逃れられるという暗示なのかもしれない。


 株を売れとはいはないが、
せめて一部売却の準備ぐらいは
考慮してはどうだろうか。


 個人的には、相変わらず金の
購入を検討しています。

ETFではなく、金のコインか
100gのバーである。


しかし、金も随分値が上がってしまった。




 
 




いい習慣で、よりよい自分に変化する。



 人生は本当に時間がない。

平成29年の1年がすぐに終わってしまった。


ただ単に1日を過ごしていれば、すぐに

1年は過ぎてしまう。

 計画的に時間を利用しないと

後悔してしまうのである。

お金は使っても、また稼げばいい。

しかし、時間は使ってしまうと

元に戻らないし、増やすこともできない。
 


そのために、いい習慣をつくり

結果、悪い習慣を減らしていく。



いきなり大それたものは続かないので、

本当にできそうなものからやっていく。

気がつけば、習慣になっていた

ぐらいの気持ちでやってみる。



何事も初めの一歩が大切だ。

行動あるのみである。

あとは、根性でやり続けるのだ。



技術とか才能は関係ない。

習慣化された結果、技術や

能力は身につくのかもしれない。








時間をつくる

 時間をつくる



自給で考える。

相手の立場で考える。

パラダイムシフト

複眼視

瞑想

マインドフルネス

潜在意識

相手をほめる

いいところを探す

不満を言わない。

愚痴を言わない。

他人は変わらない。

自分を変える。

決断力を高める。
 迷わない自分に変化する。

 決断力を高める

違うことをやってみる。

いつもと違う道で帰る

ニュースの原因を考える。

背景を考える。

「なぜ」と問う

投資対象を考える

相手が喜ぶプレゼントを考える。

メモをとる


プロフィール

投資家ジャイ

最新コメント