こどもの時に褒められたことや

うまくいったことを思いだす。

自分に得意分野を洗い出す。



なにか、きっかけがあったはずである。

自分が成長するために

学校に通う。資格をとる。


場合によっては、

今の仕事をやめないといけないかも

しれない。


自分の能力が発揮できない所にいても

悲しい結果になるだけである。





よきアドバイザーや指導者の話を

きく。そしてやってみる。


自分に何が必要なのか。

何をしないといけないのか。

常に自問自答する。

考え、動き、そして考える。



どこで学ぶのか。

経験するために、紹介してもらう。


努力していると、いろいろアンテナを

はることができるので、セミナーに参加

したり雑誌をチェックしたりするようになる。

さらにアンテナがするどくなる。





どういう分野で自分の能力を発揮できるのか。

自分の能力を調べて、生かす仕事を考える。

他に人に聞いてみる。




自分の人生を変えるきっかけとなる

人がいるかもしれない。


海外で勉強したり、体験するのも必要

かもしれない。


自分の能力を向上させる、

きっかけが必要である。



行動力が重要である。

最終的には行動しないと意味がない。

考えただけでは結果がでない。

効率を考慮して、正しい道を選択するようにする。



迷ったら、行動する方を選ぶようにする。

行動力を高める。

勇気をもって一歩踏み出す。

声をかけてみる。




特定の分野で活躍できる。

自分の短所をしらべ、克服する。

あるいは、長所をとことん伸ばし、

それを武器にして職場でいかす。



成功している自分を想像する。

といあえず一歩を踏み出してみる。