2014年07月09日

サッカー男子/ネイマール負傷でマフィアがスニガを賞金首に?ダイブ癖で怪我は自業自得?

4日(日本時間5日)に行われたサッカーW杯ブラジル大会の準々決勝で、
ブラジル代表FWネイマール(22=バルセロナ)の腰椎を骨折させて
戦線離脱に追い込んだコロンビア代表DFフアン・スニガ(28=ナポリ)の身が
本気で危なくなってきた。ブラジルのマフィアが6日までに「許されない蛮行」との声明を発表し、
スニガを徹底糾弾。サッカー界からはスニガのプレーを非難する声が多数出ているが、
闇組織の逆鱗に触れたことでお祭りムードだったW杯に不穏な空気が流れ始めた。



ブラジルの開催国Vのカギを握るはずだったスーパースターの骨折、戦線離脱のニュースは
国内だけでなく、全世界に大きな衝撃を与えた。ブラジル代表のチームメートだけではなく、
バルセロナで同僚のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(27)や、
ブラジルと準決勝で対戦するドイツMFメスト・エジル(25=アーセナル)も
ツイッターなどで今回の件を悲しむコメントを発表。ネイマールのもとには、
早期回復を願うサポーターから多くの声が寄せられている。

それと同時に、ネイマールに“飛びヒザ蹴り”を浴びせて負傷させたスニガに対する
非難の声も殺到。ブラジル代表のルイスフェリペ・スコラリ監督(65)や
DFダビドルイス(27=チェルシー)は「あれは意図的なプレーではない。
彼はラフプレーをする選手ではない」と試合後にかばっていたが、
スニガのインスタグラム(写真共有アプリ)は6000件を超える中傷コメントが
書き込まれて“炎上”した。ブラジルサッカー連盟も国際サッカー連盟(FIFA)に対し、
スニガの規律処分を求める行動を起こした。

スニガのプレーはサッカー界以外でも注目の的。中でも、
ブラジルの犯罪組織「首都第一コマンドPCC」は今回の事件に即座に反応した。
「我々は非常に憤りを感じている。決して許すことのできない蛮行だ。
彼がブラジルから帰ることはないだろう」とスニガへの報復を宣言。
すでにスニガは厳戒態勢の中でコロンビアに帰国しているが、
組織内では“賞金首”にかける動きも見られているという。

「首都第一――」は刑務所のサッカーチームから結成されたと言われ、
現在の構成員は約6000人。服役囚14万人も関係しているという話もある。

主に麻薬密売などで資金を調達。時にはサッカー界で選手の起用や移籍にも口を出す。
攻撃対象は広く、男女はおろか公人や一般人も関係なく、選挙の対立候補などの
殺害事例も報告されている。ブラジルでは文句なしの“最凶集団”だ。

国外にいるスニガを狙うとなれば、コロンビアのマフィアとの抗争にも発展しかねない。
コロンビアマフィアは近年勢力を弱めているが、1994年W杯米国大会で
オウンゴールを記録して敗退の一因となったDFアンドレス・エスコバルを
「オウンゴールをありがとう」の言葉とともに射殺したのは有名で、
過激さではブラジルマフィアを上回る。再び活動が活性化すれば、
一般市民を巻き込む危険性もある。

今回の件で、元ブラジル代表FWロナウド氏(37)は「非常に暴力的で認めがたいタックル。
コロンビアの選手には、相手を傷付けようという意図があったことが見て取れる」
とスニガを非難し、元イタリア代表DFファビオ・カンナバロ氏(40)も
「実際に相手を負傷させようという意図があってのファウルだと思える」と同調。
元世界的スター選手が故意のプレーだと断罪したが、愛国心にあふれる
ブラジルマフィアの怒りはそれをはるかにしのぐ。

ビデオメッセージで「僕の夢はまだ終わっていない。王者になる夢はチームメートが
かなえてくれると確信している」と話したネイマールにとっても、
まだまだ騒がしい毎日が続きそうだ。
記事はこちらにあります

今大会、大事な場面でゴールを決める勝負強さで開催国を牽引してきた
“10番”ネイマールの骨折&戦線離脱は、ブラジル中を悲しみの底に突き落とした。
コロンビアDFフアン・スニガに後ろから“ジャンピング膝蹴り”を食らって、倒れ込み、
泣きながら担架で運ばれていくネイマール……。このシーンは現地のテレビでも、
繰り返し流されている。

“加害者”スニガはブラジル国民のみならず、世界中のサッカーファンから憎しみを
買ってしまったようだ。スニガのインスタグラムには世界中から6000件以上のコメントが寄せられ、
その大半が誹謗中傷だったという。また、ブラジルのマフィアが報復声明を出したとも報じられた。

スニガのラフプレーは偶然だったのか、故意だったのか。

スニガは「傷つけるつもりはなかった」とコメントを出しているが、
真実は本人にしかわからない。それよりも疑問が残るのは、なぜレフェリーがスニガの
ファウルに警告すらも出さなかったのか、ということだ。

スペイン人のカルロス・ベラスコ・カラベージョ主審がいたのは、
10メートルほど離れた斜め後方の位置。角度的にスニガの膝がネイマールの背中に
当たったところが見えていなかった可能性がある。こぼれたボールが
ファウルを受けた側=ブラジルに渡ったのを見ると、迷わずにアドバンテージをとった。

つまり、カラベージョ主審は2人が接触したところは目撃していながら、
即座に止めるほどではないと判断したということだ。プレーを止めたのは、
ネイマールが起き上がれず、明らかに様子がおかしいとわかってから。
最終的にスニガへの警告が出なかったのも、決定的な瞬間を見ていなかったことを裏付ける。

明らかに警告を出すべきファウルだっただけに、その点ではミスだったといえる。
ただし、うがった見方かもしれないが、カラベージョ主審が重大なファウルだと
気づかなかったのは、倒されたのがネイマールだったからではないか。

ネイマールは世界でも有数の選手だ。彼の軽やかなステップと多彩なフェイントは
サッカーの楽しさが詰まっている。それと同時に審判の目を欺くようなプレーを
しばしばするのも、また事実。

DFの足が引っかかっていないのに当たったフリをしたり、軽い接触で大げさに
転がってみたり……。いわゆる“ダイブ”の多い選手なのだ。

サッカーの王様・ペレは「あいつはありもしないファウルを作り出そうとする」と
苦言を呈したことがある。ネイマールのダイブのシーンを集めた
「Neymar Best Dive」という動画もあるほどだ。

今大会ではオランダのアリエン・ロッベンが決勝トーナメント1回戦のメキシコ戦で
ダイブによってPKを獲得。このPKが決勝点となって2-1でオランダが勝利したことで
大きな問題となった。

さらにさかのぼれば、開幕戦でブラジルのフレッジがクロアチアDFデヤン・ロブレンに
倒されてPKをもらったときも、西村雄一主審の判定について世界中で論争が巻き起こった。

今大会はダイブによって試合の勝敗が大きく左右されている――。
FIFAと審判団がこれを問題視していないはずはない。

ネイマールについても、審判団から「ダイブをする可能性が高い選手」として
要注意リストに入っていたはず。それゆえに、正当な判定をしてもらえなかったのであれば、
ネイマールにも責任の一端はある。もちろん、スニガのプレーは明らかなファウルであり、
それを正当化するつもりはないが、ネイマールがこれまで何度も審判をだましてきたことも
忘れてはいけない。
記事はこちらにあります





確かに、ネイマール選手は接触時に大げさなフリをすることがありますね。
これは、他の選手にも見られますが、より多いということのようです。
いわゆる、狼少年ってヤツですか。
今回は、明らかに接触していたので、審判が見逃した可能性が高そうですが、
そういう方法で試合を有利にすることができてしまうのは、爽やかさに欠ける
スポーツではありますね。まあ、そういうスポーツだと思えば、気にはなりませんが。
スニガ選手の飛び膝蹴りは、さすがに怪我をするかもしれないくらいは
予想できる行為なので、膝は出しちゃダメですね。




 ■【堀江貴文・ホリエモンもオススメ!】 パソコン教室!397時間動画パソコン教室DVD4枚組!
   ホームページ作成、オフィス(ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス)2003/2007、Photoshop、Illustrator、Dreamweaverなど
   29ジャンルが自宅で学べます!
 ■離婚大全集〜圧倒的有利に離婚する方法〜
   離婚経験者の専門家が、27冊の書籍やテレビでは語れない裏ワザがここに。
 ■運動なし!代謝を高めて無理なくやせるDLダイエットサポート 太らない身体が目標!
 ■【15秒筋トレ】自宅でお金をかけない肉体改造! 目標はゴリマッチョ?細マッチョ?
 ■1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法 自宅で簡単に視力アップ!
 ■【ホリエモンブログ】で紹介されました!【せどり】でリッチ☆に!最強せどりツール【せどリッチforCD】
 ■ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート
 ■引っ越しを考えている方必見!すごいっ!
  ・全国賃貸情報【アパマンショップ】

  ・引越し一括見積もりサイトの決定版!【引越大手比較.com】

 ■ロリポップサーバーのドメインが65種類 → 85種類に!!初心者でも安心なサービスがあります♪

 ■ ダイエット商品人気ランキング
  この夏はみんなのオススメダイエットにチャレンジ!
 ■ラブコスメティックすごいっ!
  人に言えない身体の悩みをすっきり解決しましょう♪

よろしければ人気blogランキングにご協力を!

この記事へのトラックバックURL

  迷惑トラックバック対策のため、トラックバックはこちらでチェックした後、アップさせて頂いておりますので、ご了承下さい。

(Cookieに投稿者情報を記憶します)
 
コメントをプレビューする
ご利用のブラウザの設定ではご利用になれません。