2016年12月11日

私の考えていることの一割でも相手にテレパシーで伝わったならば、

相手は、インノケンティウス3世ばりに憤死しちゃうんじゃないだろうか?

と、想像してしまうことがあります。

「インノケンティウス3世ばりに憤死」の表現が遣いたかっただけです。

と、ウォーミングアップして、文章書きを始めたいです。
キーボードはいいですね。バチバチと打てます。

2016年12月07日

遠いまちから来たにゃんごん。

遠いまちから来たにゃんごん。具体的には、かにゃがわからやまぐぅわたを経て、おうちに来ました。にゃんごん。私のアイコンモデル、猫の蘭丸さん(女の子)の呼び名は増える一方です。らにゃこさんとか、うにゃこさんとか。(呼んでいるの私だけ。蘭丸さんには、さあ、通じているのでしょうか?)

5時台におはようございますの歌

♪こんな〜〜じかぁんに〜〜起きて〜〜(わわわわ〜〜)しぃまぁぁあったぁ〜よぉぉ〜〜♪

おはようございます! そんなに早くもない時間ですけど、5時。

2016年11月12日

ますださんに書きました。

初めてますださんに書きました。どうなるんでしょうね? 率直かつ苛烈なご意見に卒倒しそうになるかもしれませんけれど、今、私は元気なので、なんとかresistできる(耐えられる)と信じ、それから、それ以上に書き広めたいことがあったので、投稿しました。平静を装いつつ就寝します。早っ。

だいたい、18時50分頃から始め、20時30分頃に本文が終わり、20時50分まで見た目の編集をしていました。

本文が1時間40分、校正が20分かかってますねえ。

当初の予定より内容を縮小(分割)したので、本文にかかる時間は思ったより少なかったです。

ただ、タイトルを「〜〜」(序)

としたので、また元気な時に続きを書きたいのです。

個別のストーリーと登場人物の解釈や感想なので、今回よりは構成自体を考える必要はなさそうです。
時間は余裕をもってキーボードを打ちたいですねー。

より「知的に優れた」人間たらんと願う

別のブログでのお題に「五年後の自分へ」とあり、そのことについて書いたので、こちらにも転載します。



 ご、五年後……。

 今までの自分の人生で、五年後を考えたことも、漠然と予想していた将来がそのまま実像となったこともありません。むしろ、予想もつかない、さまざまな出来事が起こり続けていて、そこから針路を変えてぐいぐいと邁進していったことの連続した積み重ねが、現在の自分につながっています。

 なので、ここでは、初めて、五年後の自分に語り、現時点における自分の願望を伝えたいです。

 五年後、2021年。

 東京オリンピックは終了していますね。日本を訪れてくださったであろう、多くの外国の方と、英語や中国語(北京語)で、多くの案内が出来ましたでしょうか?

 実践を機に、コミュニケーションツールとしての会話能力を、より向上させることを期待しています。

 次は、体調をよく整え、自分の状態をモニタリング(監視)してください。長期間の視点において、心身の健康が保たれるように、余力を残しつつ行動するよう、現時点で振る舞っているように努力していますので、それが、より自然にできるようになっていると嬉しいです。

 さらに、自身の総合的な知的能力が、現時点よりも改善もしくは改良されていることも強く望んでいます。

 命燃え尽きるときまで、私は前を向いて、「もっと知的に優れていたい」「もっと自分が知らないことを知りたい」そして「自分が知り得たことを、広く伝え、有用たる人間になりたい」との思いを抱いて、弾丸のように突き進んでいたいのです。

 それは、おそらく、自分がよっぽど弱っていない限り、ひそかに、あるいは堂々と願い続けていることです。

 その目標達成のための、個別の、または具体的な方法やアプローチについては、このはてなブログ内で、少しずつ、記録として残していきたいです。

 さしあたり思いつくところとしては、

 ・自作メタル曲作詞作曲計画では七年目。

 ・長編小説『白砂の王宮』完成計画では八年目。

 に、相当しています。もっと早く完成させてもいいのですよ? 

 五年後の私が楽しめるように、これからの五年間で、やはり楽しみながら準備していきます。

彷徨の方向性を間違えまいと咆哮する

先ほど仮眠から目覚めて、何となく思いついたのです。

彷徨の方向性を間違えまいと咆哮する。

そんな深夜。

彷徨にも、やはり帰りつくためには、あるいは辿りつくためには方向性が必要かなあと主張したい……のか私は?


#絶対オススメの小説10冊思いついた順で

#絶対オススメの小説10冊思いついた順で

ミステリ好きなので。

『葉桜の咲く頃に君を想うということ』、『悪の教典』、『時計館の殺人』、『ゼロの殺人』、『水源』“The Fountainhead”、『火車』、『最後の喫煙者』、『ガリヴァー旅行記』、『7人のおば』、『煙草と悪魔』

【追記】
 実は、よく考えたら読者を選ぶ本ばかりでした。私は秀逸なエッジ(辺縁)の描写と、サタイア(風刺)が、特に好きなのです。

2016年11月08日

【閲覧注意】(他者の)排泄を笑う者は、(己の)排泄に泣く。

まあ、これを、主に小学生(特に低学年から中学年)に向けて、主張したいのです。
「ほかの人の大小をわらう人は、自分の大小で泣きかねませんよ」くらいでしょうか。

#セリフだけで好きなゲームを紹介する

「ひほう を よこせ!
おれは かみに なるんだ!」

「いまの アンタが いちばん みにくいぜ!」

#セリフだけで好きなゲームを紹介する

「週刊少年ジャンプ」に、私が求めているのは、「希望」「勇気」「予想もつかない展開」です。

2016年現在の「ジャンプ」は、それはもう大変な激戦区で、漫画誌としての水準は非常に高いと私は評価しています。それを踏まえて、私が「ジャンプ」に期待していることは、「希望」「勇気」「予想もつかない展開」です。私が小学生の頃から、この3つを、「ジャンプ」から受け取り続けています。

QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)