また突如始まりました塗装変更シリーズ、今回はKATOの14系特急型客車をベースにしたいと思います。


実車の14系座席車ですが、12系急行型客車の設計をベースに183系と同等の車内設備を有する特急形車両として1972年から製造されました。波動輸送用として増備されたことから、普通車のみが製造されたものです。グリーン車や食堂車は製造されませんでした。普通車のオハ14、サービス電源を有する車掌室付き緩急車のスハフ14、電源なし緩急車のオハフ15の3形式で構成されています。

スーパーエクスプレスレインボーは1987年に上記の14系客車を改造して製作された、ジョイフルトレインと呼ばれる団体列車、臨時列車用の車両です(1両は12系客車から改造)。全ての車両がグリーン車となり、両端は展望室が設けられました。またカラーリングはチェリーレッドをベースにし、白のストライプを入れたものとなっています。EF65-1019、EF65-1118やEF81-95が同専用機として塗装変更されたのも有名なお話です。

さてこの模型を作ろうとした経緯ですが、専用機のEF65を所持しているため折角だからそれに合う客車が欲しかったからです。ですが、作業をしていくうちに片側のドアや窓が数か所完全に埋められていて厳密には違うということに気づきました(汗。まあ自分が作るものはあくまで「タイプ」ですので、それらしく見えればいいんですw(開き直り。

具体的な作業に入りましょう。作業を行うのはもちろん秋葉原工作室さんです(もう自宅での作業とか考えられない程お世話になってますw)。まずは14系座席車の中間2両セットで試してみます。車両は7両編成ですが、イメージと全く違ったという場合にダメージを最小限に抑えるためです。

これを両方とも分解しまして、ボディだけの状態にします。元々青の塗装ですのでこのまま白を塗ると青白くなってしまう可能性があります。ですので、前準備として白のサーフェイサーで全体を塗装します。あわよくば、この白をそのままストライプに使えたらなと考えてたりします。
IMG_5935

今回はここまでです。次回はマスキングと赤の塗装を行います。




【中古】Nゲージ/TOMIX 92856 セットバラ(1両のみ) スハフ14-500 トレインマークあり(JR 14-500系客車(はまなす)基本)2013年ロット 【A'】車両美品/付属品なし/ビニール袋で個装しエアキャップに包んでの発送
【中古】Nゲージ/TOMIX 92856 セットバラ(1両のみ) スハフ14-500 トレインマークあり(JR 14-500系客車(はまなす)基本)2013年ロット 【A'】車両美品/付属品なし/ビニール袋で個装しエアキャップに包んでの発送