羽鳥先生が書いてた記事に便乗。




俺は何か書きたい場面を思い浮かべてから辻褄合わせるタイプです。
故に考える・書くことより辻褄合わせに比重が傾いて形になりきる前に「もうダメだ」と投げ出すことも多々。変なところで凝り性なんで簡潔になり切らないんですよねぇ。
それに勢いに任せて一気に書いた方が気分的には気持ちいい。

それと設定リサイクルも結構やりまして、例え形にならず敢え無く退場となった設定も捨てずに取っておき、新しく何か考え始めた時に流用することも多々あります。というか一度書きたいと思ったことを捨ててしまうのが勿体無く感じるのです。
そしてそんな設定積み込んで今にも連載始められそうなお話が三本ほどストックしてあります。
まぁ連載始めたところで終了まで続くかは我ながら疑問ですが。
それに読みたい人なんてそうそういないだろうし。



でも何時かは形にしてみたいな、などと残骸になり切れないガラクタ達を思うのです。