3/19 なみきみちマルシェ

約4か月ぶりの出店でした。


共同出店のひめつるやさんと、本当に楽しい一日を過ごすことが出来ました。

お立ち寄り下さった沢山のお客様、有難うございました!

お天気にも恵まれ、お客様も出店者も笑顔、笑顔の一日でした。


帰りに西紀SAのレストランで食事をして帰ったのですが、
そこで食べた、あんかけ焼きそばが、すごいボリュームでめちゃくちゃ美味しかったです。
おみやげに買って帰った、黒豆パンもおいしかった!

景色もいいし、篠山への出店は完全に観光気分。
幸せ!

秋のマルシェも出店しますので、よろしくお願いします。


エレアコ買った

ギターを習いだしてから、ギターの事しか頭に入らなくなりました。

この何でも嵌りだすと止まらなくなる性格は、後から振り返ると、
失敗は数知れずなんだけど。


音楽を聴いていても、今まではヴォーカルを聴いていたのに、
ギターの音が気になって、ヴォーカルが耳に入らなくなったり、
右腕が勝手に動いてたりする。


この間のレッスンは仕事帰りだったので、お店のギターをお借りしたんだけど、
そのギター、1953年に制作されたマーティンだった!

1953年って、私が産まれる前に作られたって事!!
す、凄い!!

ギターって、年数が経つほど値打ちが上がるって言うから、
いったい時価いくらくらいなんだろう。
そんなギターを私が弾いていいのか。

マスターのギターの音は、ほんとに素敵で、
聴いてたら、口がポカーンと空いてしまう 笑
(マスターは40本位、所有してるらしい)


そんなこんなで、猛烈に新しいギターが欲しくなった。

「新しいギターが欲しい!」という気持ちを ← 「落ち着け、私!」
と毎日、唱えていたというのに。。。


買ってしまった。

ネットで検索しまくって、欲しいという欲望を抑えられなくなった、
K・Yairi というメーカーのギター。

(岐阜県のギターメーカーで、制作工程の機械化を最低限に留めて、
大部分を約30名の職人さんが手作業で行う為、
1日25本程度の生産数であるらしい)

一番、お手軽な値段でも10万円前後。
そのお手軽値段のK.Yairiアコギを検索し、ある程度、候補を絞る。

が、マスターが、

「新しいの買うのだったら、エレアコがいいですよ。
最近はライブでは必要条件だったりするから」

って言う。

エレアコって、アンプに繋げられるアコギっていう程度しか知らなくて、
触ったこともない。

それに、ライブってさあ。。。

おばさん、ライブ、やらないでしょ。
アマチュアのおばさんの弾き語りなんて、誰が聴きたいって思うねん。

と、自分を卑下しながらも、ちょっと興味が沸く。



そして、梅田の〇橋楽器に到着。

店員さんに、
「ブランドは、K・Yairi で決めているんですけど、
アコギか、エレアコかで迷ってるんです。」 と相談。

で、まず狙っていた型番のアコギを発見!

ネットで買ったら安いけど、やっぱり実物をこの目で見て、
触ってみて、買いたい。

「エレアコ、ありますかね?」

本数が少ないのは解っていたので、店頭では会えないかもって思ってたんどけど、

「これ、どうですか?」って、
店員さんが、見せてくれたエレアコに

「わ~~~!! かっこいい!!!」

と、ひとめぼれしてしまったのです!
店員さんも、ギターを選ぶのは、見た目80%って言ってた。 笑


試奏ルームで、アコギとエレアコ、ほんと迷ったけど、
エレアコ、
生まれて初めて、アンプを通して演奏してみて、

「き、気持ちよすぎるー! 上がるー! わー!!!」

と、興奮しまくりのおばさんに、
笑顔で付き合ってくれた、イケメンの店員さんに感謝。


背負って電車で帰るの、めちゃ重かったけど、幸せだった。
(今もうっとりしながら、エレアコを眺めている。 オタクの気持ちが理解できた。
オタクは決して変態ではない)



来月の発表会に、急遽、出演することになりました。
まだ2回しかレッスン、通っていないのに。
1年後だと思っていたのに。
びびっているけど、
ギターに触れている時間は、ほんとに幸せ!



取り戻せ、青春! おばさん、アコギ再開 

この間の記事にも書きましたが、
30数年ぶりに再開したアコースティックギター。

ネット動画での練習にも限界を感じ、個人レッスン、始めました!


レッスン先は、ヤマ〇の大人の何とか教室とかを考えたのですが、
高い!!
個人レッスンなんだから、当たり前なんだけど、
30分のレッスンで、月2回で7500円って、私には払えない。

それで、いろいろ検索していて、
ふと思い出したのが、地元にある、ライブバー。

友達のお兄さんの友達が経営なさっていて、二年くらい前に
誘ってもらって、飲みに行った事がある。

すごく感じのいいマスターだった。
店内は広くて、いろんなギターが壁に吊るしてある。
ミニステージもあって、弾きたい人は弾いていいし、
マスターの伴奏で、唄も歌える。

そのマスターが、ギター教室もやっているらしいという事を
ふと思い出したのです。

それで、又、いろいろ情報を探していたら、
友達の友達がレッスンに通っていることが解る!!

その方に紹介して頂いて、無事、レッスンに通える事になりました。



昨日が初日でした。

開店前の店内。

壁に吊るされた沢山のギター。
楽譜がぎっしり詰まった本棚。
ライブステージ。
バーなんで、カウンターに並べられた、いろんな色をしたお酒の数々。

わ~~!!!
こんな空間で、ギターが習えるなんて、幸せすぎる~~~

と、うっとり見渡していたら、
マスターがコーヒーを入れて下さった。

レッスン料も、びっくりするくらいお安いのに、
コーヒーまで出して頂けるなんて!!


初回のレッスンが終わって、感じたことは、
自分が基礎の基礎も解っていなかった事。

それを知るのと知らないのでは、大違いであること。
俄然、やる気が出てきた。

一歩、踏み出して良かった!

何の楽しみも見つけられない、
生きる屍老人にはなりたくないのだ。


この記事は、
… な事言ってたけど、辞めちゃった
とならない為に公開日記に書いてます。

老後の生き甲斐を模索中の方の参考になれば 笑


取り敢えず、

デイドリームビリバー   (タイマーズ)
明日はきっといい日になる (高橋優)
TOO MUCH PAIN (ブルーハーツ)

この三曲の指導を先生にお願いしました。




続く。。。









2017年

明けましておめでとうございます。
今年もよろしく願いします。


って、もう2週間過ぎちゃいましたが。。


今年の私の目標は、

「老後の生き甲斐を見つけること」 です  ← 爆笑

いや、爆笑なんてふざけている訳ではなく、
真剣に考えています。

そういうのって、早いうちに考えておかなければ、
実際、老いてからでは、
「今更もう遅い」って、なる可能性大。


それで、年末から始めたのが、
アコースティックギター。

学生の頃、超下手糞なバンドを組んでいました。
2011年に娘が大学に入学し、
軽音サークルに入って、バンドをやりだしたのを見てて、

「ああ、ギター、懐かしい。 又、やってみたい!」
と、即効、ギターを購入。

しかし、1か月程で挫折。

指が痛くなるの、若い頃だったら、
耐えて耐えて乗り越えられたのに、
もう耐える気力がなかった。

ストロークは、なんとか出来ても、
ピッキングが全然、思い出せない。

そして、あっという間に5年の月日が流れ、
ギターは埃をかぶり、弦は錆びていました。


それが、あるきっかけがあり、
もう一回、挑戦してみようかなと。

今って、解らない事、ネットや動画で、
何でも教えて貰えるので、
本当に便利。

弦の張替えも、かなり滅茶苦茶になったけど、
なんとか出来た。(ギター、傷だらけになったけど 笑)
やわらかい弦に変えたので、コードも押さえやすくなった。

そして動画で、初心者用の講座を観ながら、毎日弾いています。

エイトビートのストロークしか出来なかったのに、
16ビートのストロークが出来るようになって、
めちゃくちゃ楽しい!!!

気持ちが若返る!!!  せめて、気持ちだけでも!!


私の世代の若い頃って、
フォークギターに嵌る人が沢山居た。

もうすっかり、おじさん、おばさんになって、
又、始める人が多いと聞いている。

ぼけ防止にもなるし、
おばさんバンド組むとか、まったくの夢でもないだろうし 笑

ある程度、弾けるようになったら、
個人レッスンに通って、レベルアップを目指すつもりです。


ギター、バリバリに弾ける、
カッコいい、おばあさんになりたい!!

12/15 フラカン 京都磔磔

2013年3月に初めてフラカンのライブに行って、3年半程たって…
数えてみたら、今回の磔磔(たくたく)で、18回目だった。

磔磔でのフラカンは、すっごく人気があるからか、
去年あたりから、ファンクラブでも1枚しか取れなくなったので、
行くの、凄く迷った。

徳永さんのライブなら、一人でも全く平気だけど、
フラカンは、オールスタンディング、
ファンのボリューム層も私より、うんと若い人達。
ひとりで行った事はない。

なんか、寂しいな、
どうしようかな、 京都まで行くの、面倒だな、
でも行かなかったら、後で凄く後悔しそう…




行って、ほんとにほんとに良かった!!!
開場待ちで並んでいた時は、やっぱり居心地が悪かったけど、
ライブが始まった途端に、超幸せ!になれるんだから、
どんだけ、フラカン好きやねん、私って 笑


圭介君、唄も動きもキレッキレッで絶好調、
バンドの演奏力、相変わらず半端なし!!
又もや、最高に最高のフラカンだった。

フラカンを観てると、

きっと来年も良い年になるよ、
楽しい事、幸せな事、いっぱい巡り合えるよ…って、
凄く前向きな気持ちになれた。
そういうバンドなんだ、フラカンって。

この日のセトリは、もう一年前になる、
フラカン初武道館のセトリとかなり被っていたので、
あの日の感動が蘇ってきて、
何度も泣きそうになった。




ライブが終わって外に出たら、
物販に、前々から欲しいと思っていた、
インディーズ時代の磔磔でのライブCDが出ていたので、
手に取って、買おうと思ったら、
リーダーのグレートが目の前に居て、びっくりした。
いつもは、会場をすぐに出るので、
グレートの物販には遭遇した事がなかった。

CDにサインをしてもらうには、
保護シートを剥がして貰わなければいけないので、
手間を掛けさせて申し訳ないかなと思ったんだけど、
気持ちよく、愛想よく、手際よく、
サインして貰えて、握手もして貰えた。

「親子でファンです」って言ったら、
「ありがとう、そう言ってくれる人、最近増えてます」
って、言ってくれた。


帰りの電車で、その旨、娘にLINEしたら、
「ひとりで磔磔行ったの? 凄い!」 って褒めてもらえた。

駅に着いてから家まで、いつもは約8分の道のりが、
元気100倍! 5分で到着!
2時間半、立ちっぱなしだったのに。
これからも、娘から「凄い!」って言われる母でありたい。



 
IMG_0080
livedoor プロフィール
出店のお知らせ

3/19(日)
なみきみちマルシェ
丹波並木道中央公園
10:00 ~ 15:30

最新コメント