失った子猫が戻ってきた。男の見せた意外な優しさに愛奈の心は揺れる。そんな中、拓人は長期出張で離れ離れに 小説 監禁愛~奪われた純潔と囚われの花嫁~

「まあ、これはこれで初夜のときのようで悪くはないな。それにしても、お前の中は狭いな。おい、そんなに締め付けないでくれ。俺を食いちぎるつもりか?」
 もちろん、愛奈にはまったく自覚がないのだが、時折、愛奈が彼を締め付けるらしい。それがまた彼には心地良いらしく、最初はきついと不満げだった彼はすぐに気持ちよさげに腰を使い始めた。
 あるときは腰を大きく回し、あるときは殆ど抜けそうなほど引いて、そこから一挙に最奥まで刺し貫く。多彩な腰の動きは愛奈を翻弄し、彼女もまたいつしか苦痛は過ぎ去り、感じるのは快感ばかりになっていた。
「あ、ああっ、そこはいや、いやなの。感じすぎから駄目」
 啼きすぎて声も嗄れてしまって、自分が何を口走っているのかも判らなくなりつつある。今の愛奈を突き動かしているのは感情でも心でもない。人間がまだ原初の生物でいた大昔そうであったように、ただ肉体の欲望に忠実に動いているだけだ。
 それは拓人も同じだった。
「愛奈、ほら、あれが今のお前の姿だよ。何て淫乱で色っぽくて可愛らしいんだろう」
 拓人に促されるようにして眼前の鏡を見れば、拓人の膝に乗っている自分がいる。今日は幼児が大人に後ろから抱きかかえられ小水をしているかのようなポーズだ。
「いやっ」
 あまりの痴態に愛奈は思わず顔を背けた。
「眼を背けては駄目だ。これが今のお前のありのままの姿なんだから。よおく見るんだ、お前のあそこが俺を嫌らしく銜え込んでいる。見えるか?」
 赤黒いグロテスクな肉塊が愛奈の蜜壺をゆっくりとと出入りする様がはっきりと鏡に映し出されている。信じられない光景に、愛奈は涙を滲ませた。
 もう、このまま死んでしまいたい。本気でそう思った。しかも今日は高校から帰ったばかりなので、夏の制服姿だ。制服を着たまま、こんな格好で犯されるなんて、それこそ下手なアダルトビデオに出るAV女優みたいではないか。
 こんな自分を見るなんて、いやだ。この残酷で悪夢のような光景が本当に悪い夢であれば良いのにと願った。
 耳裏をネロリと熱い舌が這う度に、愛奈の蜜壺が烈しく収縮して彼を締め付ける。
「お前の中は熱くてよく閉まって、何て気持ち良いんだろう。もう堪らない」
 拓人の動きが烈しくなり、腰遣いにも声にも余裕がなくなった。後はもういつものように烈しく突き上げられるだけ突き上げられ、最後に彼は身を震わせて吐精して、悪夢のような情事はそれで終わった。 
 拓人はそれからほどなく慌ただしく出かけていった。明日から長期の出張に出るとのことである。
「何か土産を買ってきてやるから、大人しく良い子にしてるんだぞ」
 と、かける言葉だけは優しく、まるで子どもに対するようなものだった。しかし、彼の愛奈にする扱いはあくまでも大人のものであり、しかも彼女の意思を頭から無視した強要される行為ばかりであった。
 愛奈はそれに対して返事もせず、ベッドにうち伏したままで見送りもしなかった。半分は卑劣な男に返事なんかするものかという意地と、もう半分は冗談ではなく本当に身体が辛くてベッドから起き上がれなかったせいもある。
 拓人から受ける荒淫は想像以上に、愛奈の心と身体を傷つけていた。
―あんな男、この世からいなくなってしまえば良い。
 愛奈は溢れる涙でシーツを濡らしながら、自分の身体を慰みものにする男を憎いと思った。
 翌日はまた学校を休んだ。少し動いただけで、腰に鈍い痛みが走って動けない。昨日の乱暴な営みが原因なのは判っていた。午前中、ベッドに潜り込んでうとうとと微睡んでいた時、枕許のケータイが鳴った。
 エグザイルのチューチュートレインが鳴りだし、愛奈の意識は浅い眠りの淵から浮上した。
「―もしもし」
 幾分くぐもった声音で話すと、深いバリトンの声が聞こえてくる。
―今、どこにいる?
「マンション」
 応えてやりたくなどないが、それもできない立場が口惜しい。
 意外そうな声が返ってきた。
―学校は行かなかったのか?
「腰が痛くて、歩くのもやっとなの。登校なんて無理よ」
 電話の向こうで小さく笑う声が聞こえた。
―なるほど、そういうことか。やはり、お前を大人しくさせておくには抱いてやるのがいちばんみたいだな。
 誰のせいでこんな風になったと思っているのか。そう罵ってやりたかったが、グッと込み上げる怒りを抑えた。
「何かご用?」
 わざと馬鹿丁寧に訊ねてやっても、相手には一向に通じていない。
―廊下を見てみろ。そろそろ食事時だろ、俺がいなくても食事はきちんと取れよ。身体を休めるのは良いが、食事も忘れて眠りこけるのは感心しないからな。
 愛奈が応えないので、しばらく沈黙があり小さな溜息が聞こえた。
―今は飛行機の中だ。
 誰もそんなこと訊いちゃないわよ。
 心の中でまた悪態をついてやる。
―俺がいなくて淋しいだろうが、良い子で待ってろ。帰ったら、それこそまた腰が立たないくらいに何度でも抱いてやる。
 そのときだけハッとするような艶めいた官能的な声音になった。男の色めいた声を聞いただけで、カッと身体が火照った我が身がつくづく情けない。気のせいか、下肢がわずかに濡れているような気もするが、それは考えないことにした。
 それで電話は向こうから切れた。
「あの助平、変態、鬼畜、淫乱レイプ男」
 思いつく限りの言葉で罵倒してみても、心はいっかな晴れない。とりあえず廊下を見てみようと痛む腰を庇いながらベッドから出る。案の定、ドアは施錠が外されていた。そっとドアを開けると、いつの場所にはトレーと小さなバスケットが置いてある。
「何?」
 バスケットとトレーを持ってまたゆっくりと時間を掛けてベッドに戻った。ひとまずトレーを側に置き、先にバスケットを開けると、途端にミャーと真っ黒な猫が顔をちょこんと出した。
「お前」
 愛奈は歓声を上げた。黒猫のエメがつぶらな瞳をキラキラさせて愛奈をじいっと見つめている。
「エメ、元気だったのね」
 愛奈は両手を伸ばして子猫を抱き上げ、胸に抱きしめた。ミャアとエメも甘えた啼き声を上げて愛奈のふくよかな胸に顔をすりつけた。
 拓人が留守中も、着ることを許されているのはこの部屋では透ける薄物の夜着だけだ。子猫が甘えて胸に顔をすりつけてくると、あろうことか、愛奈の乳房の先端がこすられて固くなった。
「やだ」
 愛奈はあまりのことに唇を噛んだ。
―私の身体、本当にどうかしちゃったのね。
 快感なんて何も知らなかったこの身体をここまで淫らに作り変えたのは拓人だ。一日に幾度も抱かれ、泣いて許しを請うまで徹底的に犯され続けた。
 もう、自分が昔の無垢だった頃に戻ることは二度とないのだろう。それを思うと拓人が堪らなく憎く恨めしかった。
 そこで、はたと気づく。それにしても、何故、子猫が突然、戻ってきたのだろう。ネットカフェで拓人に連れ去られて以来、エメとは離れ離れになってしまった。元々野良の子だったのだし、自分は籠の鳥のようにここに閉じ込められたきりだから、探しにゆくこともできない。
 もう二度と逢うことは叶わないと諦めていたのだ。それが、今になって、ひょっこりと戻ってくるなんて。
 だが、エメがバスケットに入って一人で戻ってくるはずはないのだ。愛奈の脳裏に一人の男の顔が浮かんだ。エメをここに連れてこられるのは、悔しいけれど、あの男しかいない。

二週間ぶりに登校した愛奈。だが、独占欲の強い拓人は何故か不機嫌で。小説 監禁愛~奪われた純潔と囚われの花嫁~

 Waking(めざめ)

 その二日後、愛奈は十六日ぶりに登校した。本当は昨日から登校しても良いと拓人に言われたのだが、前日にあまりにも烈しく愛を交わしすぎたために、翌日は一日中、ベッドから出られない状態だったのだ。腰が立たなくて、その日はずっと寝ていなければならない有様だった。
 流石に可哀想に思ったのか、昨夜は拓人も訪ねてはこなかった。久しぶりに広いベッドで手足を伸ばして寝(やす)めたせいか、身体も心もいつになくすっきりと感じられる。
 自分のここのところの生活がいかに拓人という男に支配されていたかを改めて思い知らされた。
 クラスメートたちの態度は特に変わらなかった。二週間余りに渡っての欠席は、病気療養中と届け出られていたようだ。友達はそれを信じて疑っていないようで、親友の満奈実ですら
「入院してたんだって、大丈夫?」
 と気遣ってくれる始末だった。しかし、それも当然といえばいえた。そういう愛奈だって、これが我が身に起こったことでなければ、小説かドラマの中の出来事でしかあり得ないと思うだろう。
 現実世界に女子高生を監禁して、ペットのように飼い慣らし性の道具扱いする男がいると誰が考えるだろうか。
 だが、担任の大木先生だけは真実を知っているらしかった。授業の合間にも時々、物言いたげな眼を向けてくるが、かといって、直接話しかけてくることはもちろん、拓人との関係や欠席していた理由について訊ねてくることはなかった。
 ただ放課後、廊下ですれ違ったときに大木先生は悔しげに言った。
「校長から安浦の家庭の事情については余計な口出しは控えるようにと言い渡されてしまったんだ。生徒の家庭のことにまで教師が干渉するのは越権行為だと君の従兄から陳情があったようでね」
 つまり、拓人が何かと目障りな大木先生に校長を通じて牽制したということだろう。
「先生、私なら大丈夫、何とか自分の力で乗り切ってみるから」
 気丈に言い切った愛奈に、大木先生はやるせなさそうな顔で頷いた。
「担任なのに、何も力になってやれなくてごめんな」
 その何かに耐えるような表情がつい先日、哀しい別離をしたばかりの反町君と重なる。反町君もこんな風に辛そうな顔で〝ごめんな〟と何度も繰り返した。
 本当は謝らなければならないのは愛奈の方なのに、彼は謝ってくれた。しかし、反町君が悪いわけではないし、大木先生が教師として力足らずなのでもない。
 拓人は日本国内だけでなく海外にもその名を轟かせる大企の社長で、社会的にあまりにも影響力がありすぎるし、力を持っている。
 そんな拓人に彼らが敵うはずもないのだ。そのことを愛奈は誰よりよく知っていた。
「明日もまた頑張って登校します」
 愛奈が笑顔で挨拶すると、大木先生は泣き笑いのような顔で頷いた。
「待ってるぞ」
 愛奈は心からの感謝を込めて大木先生に頭を下げた。

 けれど、拓人は知らない。誰よりも権力を持っているからといって、けして人の心は力や金で手に入るものでも自由になるのでもないことを。
 拓人が愛奈に執着し彼の側に繋ぎ止めておこうとすればするだけ、愛奈の心は彼から離れてゆくのだ。ホテルに連れ込まれてレイプされた夜、愛奈の中で〝大好きで優しい従兄〟は死んだ。今、愛奈を籠の鳥のように飼い慣らしているのは彼女の知らない、ただの冷酷で女好きの若社長にすぎない。
 久しぶりに登校したその日は流石に疲れた。思えばずっと心身ともに疲労しっ放しだった。昨日を除けば、拓人が来ない日はなく、従って必然的に日毎、夜毎、愛奈は彼に抱かれてばかりいたのだ。
 登校は許されたものの、電車での通学を拓人は最後まで認めなかった。送迎を車でという条件付きでの通学だ。今日の放課後だって、黒塗りの高級車が校門前に横付けされ、生徒たちの間ではちょっとした騒ぎになっていた。
―運転手つきのお迎えだなんて、どこのお嬢さまなの? 
 女子生徒たちがひそひそと囁き交わす中、愛奈は恥ずかしさに消え入りそうになりながら迎えにきた車に乗った。もちろん、運転手はあの黒服のボディガードだ。
 普段、彼ともう一人の男がマンションに詰めて愛奈の監視役を務めている。三度の食事を運んできてくれるのも彼らだ。もちろん、愛奈と彼らの接触は必要最低限でしかない。
 毎日、決まった時間に部屋の前にトレーに載った食事が置かれていて、その時間だけ外から鍵が外される。愛奈がそのわずかな時間内でトレーを受け取ると、すぐにまた施錠される。次の食事時間になるとまた同じように施錠が一時的に解除されるので、食べ終わった前のトレーを戻し、代わりに新しいトレーを受け取る。そんなことの繰り返しだ。
 だから、愛奈が男たちの姿を見ることはなかった。独占欲の強い拓人がまた彼らに愛奈と接触することを許しているとは思えなかった。
 マンションに到着早々、愛奈は頭痛を憶えた。愕くことに、留守中に拓人が来ていた。
「久しぶりの学校はどうだった、愉しかったか?」
 部屋のドアを開けた時、拓人は窓辺に佇み、外の景色を眺めているようだった。この部屋は八階にある。中規模どころの地方都市なので、都会のような高層ビル群がそうそうあるはずもなく、窓から見える景色といえば、ミニチュアのように小さく見える町と蒼い空だけだ。
「―ええ」
 愛奈は疲れた声で短く応え、よろめくようにベッドに腰掛けた。拓人はそれを勘違いしたようである。顔をほころばせ、近寄ってきた。
「やけに積極的だな。一晩、俺に抱かれなかったのがそんなに淋しかったか?」
 勘違いもはなはだしかったが、いちいち訂正するだけの気力も残っていなかった。それが余計にいけなかったのだ。
 早速手を伸ばしてきた彼を、愛奈はつい無意識の中に押しのけようとしてしまった。
「何だ? 俺を拒むのか」
 拓人の声が一段低くなった。ハッと我に返ったときはもう遅かった。
「ごめんなさい、頭が痛くて」
 せめて今日だけは勘弁して欲しい。そんな想いを言外に込めて拓人を見つめる。しかし、拓人の整いすぎるほど整った顔がさっと蒼褪めた。
「たまにはゆっくり休ませようと昨夜、抱かなかったのが悪かったのか」
 違う、そうじゃない。そう言おうとした言葉はいきなりのキスで塞がれた。噛みつくような奪うようなキスは荒々しく、まるで懲らしめのようだ。
 拓人は自らがベッドの淵に座り、愛奈を後ろ向きに膝に乗せた。愛奈の背中が拓人の逞しい胸板に当たっている。キスで息も絶え絶えの愛奈はなされるがままになるしかない。
 彼はそのままの体勢で愛奈の制服のスカートを大きく捲り上げ、自分もズボンの股間をつくろげ、既に大きくそそり立つ彼自身を解放した。
 愛奈の小さなピンクのビキニパンティを乱暴に引き下ろし、ひと息に背後から貫く。
「―っ」
 物凄い衝撃に、愛奈の身体が大きく仰け反った。意識が瞬間的に飛び、声すら出ない彼女を拓人は縦横無尽に突き上げる。拓人の方は準備万端だったが、愛奈はまだ愛撫どころか前戯すら与えられていなかった。
 殆ど濡れていない状態でいきなり深々と下から刺し貫かれたのだから、堪ったものではない。いつもならたっぷりと際限なく与えられる快楽など今日は微塵も感じる由はなく、あるのは狭い膣道を無理にこじ開けられる苦しさ痛みだけだ。
「くっ、あれだけ抱いたのに、一晩抱かなかっただけで、もう逆戻りか」
 拓人は苦しげに呻いたが、やがて、抜き差しを繰り返していく中に、愛奈の胎内も少しずつ蜜が出て幾分かは挿入しやすくなったようである。

俺が愛したのは言うなりになる人形じゃない。屈辱的行為と引き替えに、愛奈は高校復学を許されるが、小説 監禁愛~奪われた純潔と囚われの花嫁~ 

「―なるほど、それでこそ愛奈だな」
 拓人が言い、フと笑った。物問いたげな愛奈に向かって、彼は淡く微笑った。
「俺は素直に身を任せる愛奈も好きだが、以前のように泣いたり笑ったりするお前の方が良い。強くて意地っ張りで、何ものにも屈さないお前を俺は欲しいと思ったんだ」
 そう、自分が欲しいと望んだのは、どんな卑怯な手段を使ってでも手に入れたいと望んだのは人形のように言いなりになる性の玩具ではなかった。風にゆらめく七色の光のようにくるくると表情の変わる少女の眩しさを彼は愛したのだから。
 その時、拓人の脳裏に去来した想いを愛奈は知らなかった。容易く願いが聞き届けられるとは思ってはおらず、ただひたすら息をつめて男からの返答を待った。
 永遠とも思える沈黙の後、拓人が口を開いた。
「良いだろう、どうせあと一年もないんだ。せめて高校は卒業しないとな」
 愛奈は弾かれたように顔を上げた。まさかこう容易く承諾を得られるとは考えていなかったのだ。
 だが、と、拓人が愛奈を強いまなざしで絡め取る。
「このままでというわけにはいかない。俺の歓ぶことを愛奈がしてくれたら、高校には今までどおり行かせてあげよう」
「拓人さんの歓ぶこと?」
 小首を傾げた愛奈に、拓人が頷いて見せた。
「判らないわ」
 しばらく考えても、応えは見つからなかった。途方に暮れてまなざしで訴えかけると、拓人が小さく含み笑う。
「相変わらずのねんねだな。どれだけ俺に抱かれても、お前は無垢なままだ。いや、身体の方だけは俺好みの嫌らしい身体に見事に開発されたか」
 わざと愛奈の羞恥を煽るような言い方をする。
「それなら、教えてやろう。その愛らしい口で俺を歓ばせるんだ」
 それでも愛奈は、まだ、きょとんとしている。拓人は小さく肩を竦め、いまだつくろげたままの下肢を指さした。愛奈の小さな顔が見る間に強ばってゆく。
「まさか―」
 拓人は愛奈の反応を心底から愉しむかのように微笑む。
「そう、お前の考えているとおりだよ。これまで俺は色んなことをお前に教えてきたが、そろそろレッスンも次の段階に進んでも良い頃合いだろう。女はベッドの上では男に与えられるだけではいけない。さあ、ここに来て、やってごらん」
 愛奈は拓人の前に跪いた。ズボンの股間からはあれほど烈しい営みを重ねたにも拘わらず、いまだ大きさを保った彼自身がそそり立っていた。
 この男は、これを舐めろというのか。
 愛奈にとっては到底、従いがたい要求であった。今、天を向いて屹立していたこれは、愛奈にとっては排泄器官でしかない。けれど、この命令を拒めば、高校に行けなくなる。
 愛奈は瞳を閉じた。閉じた眼を開けば、涙がこぼれてしまいそうだ。でも、こんな男の前では涙ひと粒も見せたくはなかった。
 意を決して眼を開き、顔を彼自身に近づける。
「どうしたら良いのか、やり方が判らないわ」
 どうしても声が震えるのはこの際、致し方なかった。
「俺の言うとおりにやるんだ」
 愛奈は彼の命令どおり、まずは竿におずおずと舌を這わせた。それから先端を口に含み、縁を描くように舐めてみる。亀頭の窪みを舌先でつつくと、拓人は小さなうめき声を洩らし腰を揺らめかせた。
「なかなか上手いじゃないか。お前はやはり、生まれながらの娼婦だな。お前の身体も何もかもが男を歓ばせるために存在しているんだ、愛奈」
 拓人の声には抑えがたい情欲の焔が点っている。たどたどしい舌遣いがかえって彼をそそったことを愛奈は知らない。夢中で屹立を舐めている中に、先端から酸っぱいようなほろ苦いような液体が滲み始めた。
「見てごらん。お前が俺のを銜え込んでいるところが見える」
 ふと、その言葉に何気なく視線を動かした愛奈はあまりの衝撃に息を呑んだ。
 数メートル前方に設置された大きな鏡には、まさに今の二人の姿がくっきりと映し出されている。拓人の方は背広の上着こそ脱いでいるものの、ワイシャツも着ているし、ズボンも履いたままで股間をくつろげているだけだ。服を着たままの彼に対し、愛奈だけが一糸纏わぬ生まれたままの姿になっている。
 拓人の足許に跪いて懸命に奉仕する自分の姿はあまりにも屈辱的で惨めで、淫らだった。
 ショックに顔から血の気が引いていくのが判った。しかし、そんな反応すら、彼を歓ばせるための趣向でしかない。 
「初めてにしては上出来だ。よくできたご褒美に今度は俺が愛奈を気持ちよくさせてやろう」
 打ちのめされている愛奈に最早、逆らうすべはなかった。拓人は愛奈を軽々と抱き上げ、ベッドに押し倒す。すかさずその上に覆い被さると、烈しく唇を貪った。それから両脚を膝を立てた状態で大きく開かせる。
「拓人さん、何を―」
 何をするのかと不安げな声を出した愛奈を拓人は宥めるようにその太腿を撫でた。
「何も考えなくて良い。いつものようにただ俺を感じていてくれ」
 ふいに尖らせた舌先が彼女の蜜壺に挿入され、愛奈の身体がピクンと跳ねる。
「あ? 拓人さん、そこは」
 いやと言おうとして、また身体がビクビクと立て続けに撥ねた。生まれて初めて与えられる刺激はあまりにも強すぎるものだった。これまで指を挿れられたことはあるけれど、舐められたことなどなかった。
「いや、止めてっ。汚いから、そんなところは」
 暴れる愛奈の両脚を力をこめて押さえつけ、拓人が濡れた声で呟く。
「汚くなどないさ。さっき、愛奈も俺のを舐めてくれただろう。愛し合う男と女の間には汚いなんて言葉はない。何をしてもされても、極上の快楽になるだよ。よく憶えておきなさい」
 拓人は愛奈の蜜壺を舌で刺激しながら、快感に膨れ上がっている花芽を指先で捏ね回す。何度も続けている中に、いつものあの感覚―身体の奥底から湧き上がってくるうねりを感じた。
「あっ、あっ、来ちゃう」
「達けば良い。思いきり感じて達ってごらん」
 耳許に熱い息が吹きかけられる。蜜壺のとりわけ感じやすい部分を更に舌で嬲られ、愛奈は絶頂に達した。
「俺ももう我慢できない」
 愛奈はまだ絶頂の余韻にいた。そんな彼女の両脚の間に座り、拓人は彼女の片足を高々と持ち上げ肩に担ぐ。
「ぅぅーうっ、あ、ぁあ」
 いつもとは違う内壁の場所を鋭い楔が穿ってゆく。幾度もすり上げられ、犯される。いきりたった剛直が狭い蜜道を何度も通過する度に、あらゆる箇所が刺激され、愛奈は甘い声で啼いた。
 堕ちていく。どこまでも堕ちていく。
「堕ちる、堕ちてしまう」
 達したばかりなのに、また小さな絶頂が来る。何度か達した後に訪れたのは、かつてないほどの大きな波だった。大きなうねりに呑み込まれ、愛奈は好きなように翻弄される。
「堕ちれば良い。堕ちておいで、俺の腕の中に」
 そして二度と飛び立つことができないように、この鳥籠から逃げられないように、俺が底なしの快楽という鎖で永遠にお前の翼を縛り付けてあげる。
 耳許で囁かれた男の口調は夢見るようで、どこか倒錯的な熱さえ帯びていた。そして、愛奈の最も敏感な最奥で男の熱が弾ける。ビュクビュクと飛び散る飛沫に奥を濡らされながら、愛奈はその烈しすぎる快感についに意識を手放した。
ギャラリー
  • イケメンの優しい従兄がまさか豹変するとは思わず、、小説 監禁愛~奪われた純潔と囚われの花嫁~ 第三回
ブログランキング
☆よろしくお願いします。☆
最新記事
カテゴリー
  • ライブドアブログ