高校へ行かせて。必死の想いで懇願する愛奈に拓人が出した条件は〝奉仕〟すること。小説 監禁愛~奪われた純潔と囚われの花嫁~

「これを脱ぎなさい」
 冷えた声が命令する。逆らっても無駄なことだ。愛奈は言われるままに薄物のネグリジェを脱いだ。はらりと、蜻蛉の羽根のような夜着がフローリングの床に落ちる。
 拓人は美しい面に天使のような気高い笑みを浮かべた。彼がそんな表情(かお)をするときほどより残酷になるのを愛奈はよく知っている。しかし内心の怯えを見せると余計に彼の嗜虐心を煽ってしまうので、敢えて感情は見せないように心がけている。
 拓人はダブルベッドに腰を下ろし、愛奈に手招きした。更に自分を跨いで座るように指示を出す。愛奈は一瞬、息を呑んだけれど、すぐに表情の変化を消した。、言われたように大きく両脚をひらいて彼に向かい合う形で彼の膝に座った。
「そう、良い子だね」
 愛奈が従順に命令に従うと、拓人も機嫌が良い。丁度、胸の辺りが拓人の顔の前に来ている。拓人は誘うようにかすかに揺れる豊満な乳房をそっと両手で下から掬い上げるように持ち上げた。しっとりとした重みを堪能するようにゆっくりと揉み込む度に、愛撫を施されるようになって更に大きくなった乳房が彼の手の中で淫猥に形を変える。
「美味しそうだね。ここが食べてと言っている。どれ、味わってみようか」
 言い終わる前に、薄紅色の突起は彼の生暖かい口中に銜えられていた。クチュクチュと赤児が吸うように吸われている中に、乳首が固さを持ってくる。舐められ、舌で弾いてまた舐められると、思わず声が洩れるほどの快感が弾けた。
「愛奈はここを吸われるのが大好きなんだよな」
 ひとしきり胸を吸われた後、拓人が美しい微笑みを見せながら満足げに言う。
「この間は胸だけで達ってしまったのに、今日はまだなのか?」
 この男はまさに天使の仮面を被った悪魔だ。優しい顔、穏やかな声音でどこまでも残酷なことを言う。
「俺の肩を持って膝で立ってごらん」
 愛奈は素直に言うとおりにする。拓人は頷き、いっとう優しい声音で告げた。
「今度はそのまま腰を落として俺の上に座るんだ」
 この体位は以前も何度かしたことがあるので、どうなるかは判っている。だが、結合が深くなる分、得る快感があまりにも烈しくなってしまう。できれば避けたい体勢ではあった。
「どうしたの、やってごらん。気持ち良くなれるだろ」
 やや苛立ちのこもった声に、愛奈は覚悟を決める。ゆっくりと彼の上に腰を落としていくと、やがて固い楔が蜜口に当たり、そこはいともあっさりと剛直を飲み込んだ。さんざん彼に貫かれた場所だ。
「うっ、あぁ」
 半ばほどまで身体を沈めただけで、もう下肢をじんわりと快感が支配してくる。と、拓人がいきなり下から一挙に最奥まで貫いた。
「あ? あうっ、あーっ」
 あまりの衝撃に眼の前が真っ白に染まり、閃光が点滅する。更に続けざまに奥壁を突かれ、愛奈はガクガクと糸の切れたマリオネットのように下から揺さぶられた。
 下から深々と彼自身を銜え込まされているため、いつもとは違う最も感じやすい箇所に剛直が当たり、耐え難いほどの快感が最奥の膣壁で立て続けに弾ける。
「もう駄目、許して。これ以上したら、本当に壊れちゃう」
 早く達してくれれば良いのに、こんなときに限って、拓人はいつまでも果てず延々と下から彼女の感じやすい場所を狙い澄まして突き上げてくる。
「や、いや。壊れるから、もう止めて」
 うわ言のように喘ぎながら呟く愛奈からはすすり泣きのような声が洩れ続ける。
「壊れれば良い。俺に抱かれて壊れてごらん」
 そうすれば、お前はもう二度と俺の側から飛び立とうとはしないだろう、可愛い俺の小鳥。
 拓人はすすり啼く愛奈の耳許に濡れた声を注ぎ込む。
 果てしなく続くかと思われた情事にも終わりは訪れる。拓人の動きが性急になり、彼も余裕がなくなってきたと思われる頃、愛奈の中に入っていた彼自身が大きく膨らみ弾けた。
 生暖かい液体が感じやすい奥の膣壁を余すところなく濡らしてゆく。彼の放った液が滲み込んでゆくのにも我慢できないほどの快感を感じ、愛奈は華奢な身体を震わせ、すすり啼いた。
「良いの、とっても気持ち良い」
 拓人の狂気が乗り移ったかのように、愛奈もまた、どこか壊れてしまったのかもしれない。次に正気に目覚めた時、自分が演じた痴態がどれほどのものかを悟り、死んでしまいたい、この世から自分という存在を消し去ってしまいたいほどの絶望を感じるのは常のことだ。
 既に女が陶酔状態から醒めているとも知らず、拓人はいまだ忘我の境地を流離(さすら)っているようであった。自分が放った精液を愛奈の中により深く滲み込ませたいとでもいうかのように、ゆっくりと腰を押し回し、彼女の感じやすい内壁が彼自身を締め付ける気持ち良さを未練がましく貪っているのだ。
 情事の直後、愛奈はいつも烈しい自己嫌悪に陥った。自分は一体、ここで日々、何をしているのだろうと。鳥籠に閉じ込められ、ここで男に抱かれるのを待つだけの怠惰な日々。得るものは何もない、この状況で。
 本当にこのままで良いのだろうか。生活の、いや人生のすべてが肉欲の交わりだけに支配される日々を受け容れていて良いのか。自身に問いかける。―良いはずはなかった。
 かつて自分には夢があった。大勢の子どもたちに囲まれ、オルガンを弾いて一緒に歌ったり、運動場で追いかけっこをしたり―、そんな自分を夢見ていた。だが、今の自分は何をやっているのか。これで良いはずがない。
 変えなければ。皮肉なことに、拓人に烈しく求められれば求められるほど、その交わりが濃いものであればあるだけ、愛奈は抱かれた直後に、かつて追い求めていた夢を再び心に思い浮かべるのだ。男の腕の中で淫らに喘ぎ身をくねらせ乱れる自分を消してしまいたいほど恥ずかしいと思う。
 このままでは、私は駄目になってしまう。その一心が愛奈を突き動かした。
「お願いがあります」
 拓人が漸く自分の中から出ていった後、愛奈はか細い声で言った。拓人が〝おや〟といった表情で彼女を見やった。
「何だい? 何か欲しいものがあるの?」
 愛奈は拓人を真っすぐに見つめた。こんな風に彼を真正面から見るのは随分と久しぶりのような気がした。
「高校に行かせて下さい」
「―」
 ハッと彼が息を呑むのが判った。ここ二週間というもの、ひたすら大人しく彼に抱かれ続けた愛奈はまさに従順そのものだった。性の奴隷―もっとも、たとえどのように言葉で言い繕おうとも、今の愛奈はそうとしか呼びようがない状態だ―という形容がふさわしくなければ、彼の巧みな性技の虜になっているといえた。
 それが唐突に予想外の科白を突きつけられ、彼の端正な面に驚愕の色が浮かんでいた。
 宙で二人の視線が絡み合い、離れた。その瞬間、拓人は愛してやまない女の瞳に、けして何ものにも曲げられない強い信念を見たのだった。
 思えば、彼が愛したのはこの不屈の精神(こころ)、何が起ころうとも、絶対に折れることのない強くしなやかな気性だったのかもしれない。たおやかに咲き誇りながらも、どんな風にも折れることのないヒナゲシの花のような少女を彼は愛したのだ。

私は何のために生まれたきたの、夢も自由もすべて奪われ、飼い慣らされたペットのようになるために? 小説 監禁愛~奪われた純潔と囚われの花嫁~

 もちろん、監禁されている愛奈がこんな経緯を知る由はない。今の彼女にとっては男に抱かれるのを待つだけがその生活のすべてであった。
 あの日、鳳彩ホテルの遊廓を模した一室に連れ込まれてレイプされた夜を境にして、愛奈の生活は一変した。今や愛を育むべき場所の寝室が愛奈の鳥籠になった。拘束されて身の自由を奪われて抱かれることが愛奈の興奮を増幅し官能を高める。
 そのことを知った拓人は愛奈の両手を縛りつけた状態で、よく愛奈を抱いた。時には派手な色柄の長襦袢を彼女に着せ、その裾を腰まで絡げて四つん這いにさせて、背後から貫いたりもする。
 どうやら拓人は昔の遊廓風のシュチエーションで女を抱くのが好みらしく、マンションでもよくそういった和風の趣向で愛奈を抱いた。そのため、彼女の手を縛るのはいつも着物を着るときに使う腰紐だ。
 拓人は毎日、愛奈を抱くためにマンションを訪れる。それ以外の時間は薄いネグリジェしか身に纏うことを許されない。最初にその薄物を見たときにはショックで言葉を失った。蝶の羽根のように薄いベビードール風のネグリジェは夜着というよりは、どう見ても下着でしかなかったからだ。
 しかもネグリジェの下には下着を着けることもできない。用意されたのは一枚きりだった。
―これを着ろと言うの?
 愛奈の小さな顔は絶望と失望に駆られて蒼白になった。思わず縋るように拓人を見上げると、彼は事もなげに頷いた。
―もちろんだ。
―せめて下着は付けさせて。
 こんな男に願い事なんかしたくなかったけれど、これではあんまりだ。透ける素材のネグリジェは殆ど衣類としての機能を果たさないだろうことは明白だ。下着を付けなければ、身体の線はすべて露わになってしまうだろう。
―駄目だ。
 拓人は無情に言い放ったどころか、
―早速、着てみろよ。
 と、傲岸に命じてきた。
―いやよ。
 愛奈は頑なに拒否した。だが、結局、いつもどおりで、この男には逆らえないことも判っていた。拓人の命じることに逆らえば、この後、大抵は腰が立たなくなるまで執拗にベッドで責め立てられることは判っていた。そうなると、幾ら許しを請うても、彼は容赦ない陵辱魔と化す。
 辛い折檻のような性交がいやならば、拓人の命令を受け容れるしかない。愛奈は拓人の前で衣服を脱ぎ、薄いネグリジェに着替えた。もちろん下着は付けていない。拓人の愛撫を受けるようになってから、更に丸みを帯びて豊かになった乳房から下肢の淡い茂みまでがすべて透けてくっきりと見えた。
 拓人の視線が次第に燃えるような熱を孕んでいくのがはっきりと判る。熱を帯びたまなざしが身体の隅々を視姦する。堪らないほどの羞恥を感じるのに、何故か身体ははっきりとした反応を示すことに、愛奈は戸惑いを隠せなかった。
 拓人の烈しいまなざしに射竦められ、胸の突起はつんと勃たち上がり、固く凝った。下肢のあわいの蜜口は直にしっとりとした蜜を湛えて溢れんばかりになった。自分の身体のすべてが男の欲情にまみれたまざしによって、淫らに反応していることが信じられなかった。
 男に吸って欲しい弄って欲しいとねだるように乳房の先は甘く疼き、幾度となく男の剛直を受け容れた蜜壺は早くいつものように雄々しく反り立った彼自身で奥の感じやすい場所を貫いて欲しいと焦れている。みっしりとした彼の一物で蜜道を埋め尽くして欲しいと空虚さにひくついて彼を求めている。
―こっちにおいで。
 愛奈はふらふらと誘われるままに拓人に近寄った。拓人は愛奈の腰に手を回して引き寄せ、頭を下げて薄い夜着越しに彼女の乳首を吸った。
―ぅうっ、あぁ―。
 いつしか愛奈は拓人に胸を吸われながら、更にもっと吸ってと求めるように胸を突き出し、腰を艶めかしく揺らしていた。
―そうか、愛奈は胸だけでなく、こっちも触って欲しいのか。本当に嫌らしい身体になったんだな。
 拓人は嬉しげに言い、その後はいつもにも増して愛奈は彼に翻弄されまくった。昼過ぎにマンションに来た拓人はその日は結局ずっと愛奈を抱いて過ごし、夜もそのまま泊まり、翌朝、そこから出社した。

 愛奈はノートの余白に鉛筆でまた一つ棒線を引いた。拓人に頼んで与えられた大学ノートにはもう正の字が二つ並んだ。そして今は三つ目の途中だ。明日で丁度、〝正〟が三つになる。
 つまり、今日は愛奈がこのマンションに閉じ込められて十四日経ったということでもある。愛奈が閉じ込められている寝室には必要最低限のものしか用意されていない。カレンダーはもちろんないし、テレビもない。
 ここに来るときに来ていた服も下着もすべて持ち去られてしまった。普段は下着もつけずに薄物の夜着一枚きり、裸同然で過ごすのだから、箪笥も要らない。
 本などは読みたいものがあれば差し入れてくれると拓人は言ったが、男に抱かれるだけの日々で読書する気も失せた。どうしても大学に進む夢は棄てられず、せめて勉強だけはしたいと願い学校のテキストや参考書を返して欲しいと頼んでも、それはことごとく却下された。
 拓人は本当に愛奈をここに閉じ込めておくつもりなのだとその時、初めて男の真意を知った。それまでは時期が来れば、ここを出して貰えると一縷の望みを抱いていたのだ。
 この部屋にあるのは拓人に抱かれるためのの大きな寝台と一枚の鏡だけ。鏡は全身が映るくらいの大きなものだ。これは時折、行為の様子を愛奈に鏡に映し出して見させるためのもの。
 嫌がる愛奈にこれを見せると、羞恥と興奮で更に官能が高まり、彼自身を愛奈の蜜壺が締め付ける。そのことを彼はよく知っている。既に何度も愛奈を抱いた彼は愛奈自身よりも彼女の身体の秘密を知り尽くしていた。
 そして、ここが愛奈にとっては今の世界のすべてであり、彼女が飼われている鳥籠だった。
 自分は一体、何のためにこの世に生まれてきたのだろう。こうして翼をもがれた小鳥のように閉じ込められ、男の快楽のために日々、身体を投げ出し、慰み者になるために? 夢も自由もすべて奪われ、飼い慣らされたペットのようになるために?
 拓人が父の借金を完済してくれた時、愛奈は恩人の拓人のためなら何でもすると誓った。しかし、あの時、愛奈が考えたのは、こんなことであるはずがなかった。一室に閉じ込められ、ひたすら拓人の性欲の捌け口として彼に奉仕を続けなければならないなんて、想像の限界をはるかに超えていた。
 考えていると涙が込み上げてきて、大粒の雫が頬をつたい落ちた。その時、寝室のドアが開いた。拓人が来たのだと振り向かずとも判る。
 背後に人の気配を感じる。後ろからそっと腰に手を回して抱きすくめられ、一瞬、愛奈は身を固くした。数え切れないほど抱かれて、身体は彼の愛撫の虜になってしまった今でも、こうして最初に触れられるときだけは拒絶反応が出てしまう。

ついに摘み取られた花。ホテルで拓人に抱かれ続ける愛奈だったが、その心は。小説 監禁愛~奪われた純潔と囚われの花嫁~

 一刻の後。
 冬の椿を思わせる深紅の褥の上には、一糸纏わぬ姿にされた愛奈が横たわっていた。両手は高々と持ち上げた形で緋色の紐で縛られている。
「あ、あぁっ、う―ん」
 声を洩らすまいと固く歯を食いしばっても、拓人の巧みな愛撫の前には無垢な愛奈の抵抗を封じ込めるのなど赤児の手をひねるよりも容易いものだ。
 拓人の熱に浮かされた唇が愛奈の首筋から鎖骨、胸の谷間を辿る。さんざん揉みしだかれ吸われ続けた胸の突起は紅く染まり、唾液に濡れ光っているのが何とも淫猥だ。
 拓人は実に女の身体をよく知っている。さんざん愛撫を施された乳房の突起が触れて欲しいとしきりに訴えているのを知りながら、わざとその唇はその箇所を外れて通過していく。
「どうだい、ここだけでなく胸も触って欲しいかい?」
 拓人は何とも蠱惑的な声音を愛奈の耳許に注ぎ込む。既に胸と蜜壺への同時の愛撫を施され、愛奈は二度も絶頂に達している。むろん、最初は泣き叫んで烈しく抵抗した。だが、さんざん暴れる愛奈の耳許で彼はこう告げたのだ。
―お前次第では、あの哀れな父と息子を北海道にも行けなくしてやることもできるんだぞ?
 その言葉の示す意味は漠然としていた。単に転任先の仕事も奪ってやるという意味にも取れるし、考えたくはないが、この世からの抹殺という意味にも取れないこともなかった。
 優しい従兄がそんな犯罪のようなことに手を染めるとは思いたくないが、先刻の胡乱なボディガードを雇っているところを見れば、愛奈の知らない場所でかなりきわどいこともやっているのは明らかだった。
 反町君やその父親を盾に脅されては、最早なすすべはなかった。抵抗を止めた愛奈を拓人は意のままに扱った。
 更に愛奈は過酷な現実を突きつけられた。拓人に愛撫を施された身体は直に快楽という名の降伏をあっさりと受け容れたのだ。乳房を捏ねられるように揉まれ熱い口で吸われれば、微弱な電流のようなものが乳首から全身に走り抜け、下肢は甘く潤んでいった。
 流石に自分でも触れたことのない花園に触れられたときは弱々しい抵抗を示したものの、それも恥丘の割れ目をなぞっていた指が花唇をひらき蜜壺に侵入してくる頃には、もう陥落して甘い喘ぎを上げていた。
「愛奈がこんなに快楽に弱い身体だったなんて、知らなかったよ。嬉しい発見だな、これは」
 拓人はすごぶる上機嫌だ。今も愛奈は蜜壺に二本の指を抜き差しされながら、クチュクチュと胸の先端を吸い立てられている。彼のざらざらした舌で乳輪を円を描くように舐められ、先端を弾かれると、言葉にはできないような痺れが乳首から下半身にかけて駆け抜ける。
 更に同時に下半身を弄られれば、瞼の奥には様々な色の鮮やかな光が絶え間なく閃き、夢見心地になった。
「うぅ、あ―ん」
 全裸で蜜壺を弄られ、胸を吸われて責め立てられる愛奈はひっきりなしに艶めかしい喘ぎ声を上げている。白い裸体が緋色の褥で悶え乱れる様は見ていられないほど嫌らしく、拓人はそれを恍惚の表情で眺めていた。
「綺麗だ。堪らないくらい色っぽいね」
 拓人の額にひとすじの前髪がはらりと乱れてかかれっていた。元々が美しい男だけに、今、彼は壮絶な色香を醸し出している。虚ろなまなざしの奥には消えることのない情欲の焔が炯々と点り、どこか壊れたような口調で愛奈の身体の感じやすさを褒めたたえる。
 それを延々と聞かされる愛奈は我が事だけに、余計に羞恥に悶えることになる。拓人は女の身体だけでなく言葉でもいたぶり責め立てることで、余計に興奮して自らも煽られていくようだった。
 もうこれで幾度めの絶頂に達しただろうか。愛奈は息も絶え絶えのところを烈しく口づけられ、酸欠状態で意識も朦朧としていた。そのため、拓人が彼女の両脚の間に入り込み、そのすんなりした脚を大きく割り裂いたのも気づかなかった。
「これだけ解して濡れれば十分だろう、ん?」
 また奪い尽くされるような烈しい口づけを仕掛けられた。息の出来ない苦悶にもがいている中に、彼女の濡れそぼった蜜壺の入り口に猛った固い楔が当てられた。
 次の瞬間、愛奈の白い身体が大きく撥ねた。
「い、―たい。痛ぁーい」
 自分の身体に何が起こったのかも判らず、愛奈はただ断続的に襲う激痛に涙を振り零した。
「痛いっ、拓人さん、痛いの」
 泣きながら痛みを訴える愛奈の髪を撫で、拓人が優しく言い聞かせるように囁く。
「大丈夫だ、すぐに良くなるから、しばらくの辛抱だ」
―良くなる?
 その言葉の意味も判らないままに、痛みはどんどん増してゆく。そして、最後の激痛が訪れた。まるで下半身が真っ二つに裂かれてしまったのではと思うほどの痛みだった。
「―! あぁっ、あ、痛い」
 愛奈は耐え難い激痛に泣き叫び、拓人に許しを請う。痛みは彼が動く度に繰り返されるのだ。
「拓人さん、お願い。もう止めて、許して。これ以上、堪えられない」
 この痛みが少しでも早く終わって欲しい。そう願いながら、愛奈は更にそれから長い間、拓人に蹂躙されねばならなかった。
 明け方、ついに愛奈はか細い啼き声を上げながら失神した。一晩中、処女を失ったばかりの痛みを訴え続ける身体を抱き、拓人は無情にも陵辱の限りを尽くしたのだ。
 その翌日も愛奈はその部屋で一日中、拓人に抱かれ続けた。最初は拓人がズボンの前をくつろげ猛り狂った一物を見せる度に怯えていた愛奈だった。だが、純潔を失った痛みが徐々に薄れ、代わりに快感が彼女の感覚を支配し始めるようになると、その怯えもなくなっていった。
 三日間に渡ってホテルの一室ではあらゆる陵辱が行われた。四日目の朝、拓人は愛奈を別の場所に移した。そこは彼の勤務するアーク本社ビルにもほど近く、深夜まで会社で溜まった仕事を片付ける際、彼は自宅に帰らずにここに泊まることが多かった。
 もっとも、愛奈と暮らすようになってから、殆どこちらに寝泊まりすることはなく、彼は毎日、自邸から通勤して、どんなに忙しくても時間がなくても定時には帰宅していた。彼の心を自宅に繋ぎ止めたのはもちろん、彼の欲してやまない可愛い小鳥の存在であった。
 拓人は会社近くに借りた高級マンションの一室に愛奈を監禁したのである。ご丁寧に控え室となった一室には常に黒服の男が二人、常駐した。むろん、愛奈が逃げないように厳重な監視下に置くためであった。      そんな状態で逃げ出せるはずもない。また、一室に閉じ込められての連日連夜の荒淫は次第に愛奈から逃げようとする気力まで奪っていった。愛奈が狭い一室に閉じ込められてすることといえば、暇があればやってくる拓人に抱かれることだけ。後はただ三度運ばれてくる食事に気まぐれに箸をつける以外、何もすることはなかった。
 高校の担任大木先生からは拓人の家に毎日のように電話がかかっていたが、拓人は愛奈は病気で療養させているとしか応えない。大木先生はならばひとめ顔を見たいから見舞わせて欲しいと申し出ても、拓人は頑として受け付けない。最早、拓人が愛奈をどうかしているとしか思えなくても、愛奈の保護者であり血縁でもある拓人に逢わせないと言われれば、どうしようもない。
ギャラリー
  • イケメンの優しい従兄がまさか豹変するとは思わず、、小説 監禁愛~奪われた純潔と囚われの花嫁~ 第三回
ブログランキング
☆よろしくお願いします。☆
最新記事
カテゴリー
  • ライブドアブログ