おいで、可愛い俺の小鳥。ついに本性を現した拓人、ホテルに連れ込まれた愛奈はどうなる!? 小説 監禁愛~奪われた純潔と囚われの花嫁~

 駅近くの駐車場には見憶えのある高級車が停めてあった。拓人が通勤用に使っている黒の国産車である。拓人はその車に愛奈を放り込み、自分もすかさず隣に乗り込んだ。例の黒服ボディガードが運転席に乗り込み、車はすぐに発進する。
「どちらに行かれますか」
「鳳彩に行く」
「畏まりました」
 短いやりとりの後、車が発進する。高級車は深いぬばたまの闇の中をすべるように走った。時間にしてはどれほどのものだったのか、長いようにも短いようにも思えた。
 車が停車したのは、どこかの地下駐車場らしかった。先に車から降りた拓人に愛奈は再び横抱きにされる。
「一人で歩くから、降ろして」
 懇願しても無駄なことだった。拓人に愛奈を降ろす気はまったくないのは判った。拓人に抱えられたまま愛奈は地下駐車場からエレベーターに乗った。ボディガードは付いてくる様子はない。
 二人を乗せたエレベーターは十一階を示す数字が点滅している階で止まった。拓人は愛奈を抱いて絨毯の敷き詰められた長い廊下を歩く。深紅のベルベットを思わせる絨毯を拓人に抱かれていく中に、愛奈はふと自分が花婿に抱かれてバージンロードを進む花嫁のような想いに囚われた。
―私ったら、馬鹿だわ。こんなときに何をくだらない夢みたいなことを。
 現実は花嫁と花婿どころではない。こっそりと何も告げずに逃げ出して拓人は相当怒っているだろう。しかも、反町君と逢っていたことまで愛奈は迂闊にも喋ってしまった。
 これからどんな酷い目に遭うのか、考えただけで身体中の膚が粟立つ。
 とある部屋の前で、拓人の歩みが止まった。部屋のドアを開けて入ると、彼はそのまま中に入る。背後でカチャリと自動ロックされた音が無機質に響いた。
 愕いたことに、部屋は豪華なスイートだった。二部屋ある中の一つが洋風のリビング風でドレッサーやテーブル、ソファセットが整然と並んでいる。和洋折衷らしく、奥の寝室は畳敷で既に大きな布団が敷かれている。鮮血をイメージさせる緋色の夜具が照明を落とした中にうすぼんやりと浮かんでいる光景は何かとても淫靡な雰囲気を漂わせていた。
 枕許にあるのは行灯を模したスタンド。その唯一の光源に、何故か派手な色柄の長襦袢が掛けられているのはインテリアだろうか。
 その光景を見た刹那、愛奈は生理的な嫌悪感を感じた。何か見たくないものを見せられているような。その理由が最初は判らなかったけれど、直に思い当たった。室内の様子がいつかテレビの時代劇ドラマで見た遊廓にそっくりだったのだ。
 それは確か吉原遊廓を舞台にした花魁のドラマだったと思う。苦界と呼ばれる吉原という女の地獄で生きる女たちの愛と哀しみを描いたものだった。
 拓人が何故、こんな場所に自分を連れてきたのかは判らない。でも、何かこれが自分にとっては危険な状況を示しているのだということは愛奈にも察知できた。
「ここなら見せ物にならずに、ゆっくりと話ができる。さて、お前が何故、あの男と逢ったのか聞かせて貰おうじゃないか」
 拓人は洋風のリビングには見向きもしなかった。大股で洋間を横切り、襖を脚で開けるなり、愛奈を血色の褥に放った。
 愛奈は小刻みに身体を震わせながら言った。
「拓人さん、ここじゃなくて隣の明るい部屋で話をしたいの」
 だが、拓人はそれが聞こえなかったかのよように質問を繰り出してゆく。
「あの男は学校には行ってないはずだ。なのに、お前たちは逢った。つまりは、お前があいつを訪ねていったのか?」
「私は」
「お前は俺の婚約者なんだぞ! 将来の夫が決まった身でのこのこと他の男に逢いにいったのか」
 今日の拓人さんはおかしい。愛奈は拓人の異常さに怯えた。第一、愛奈は拓人と婚約などした憶えはないし、彼を未来の夫と認めてはいない。言っていることが支離滅裂で、事実と全然一致していない。
「私は拓人さんと婚約なんかしてないし、結婚を承諾したつもりもないのに。何でそんなことを勝手に決めるの?」
 涙が溢れて止まらなかった。
 拓人が一旦部屋から出ていった。ホッとした矢先、すぐに戻ってきた彼の手にはピンクのケータイが握られていた。拓人は愛奈を抱いていたはずだから、あのボディガードが荷物を運び込んでおいたのだろうか。
 やばい、あれを拓人に見られたら、万事休すだ。愛奈は桜色の唇を戦慄かせた。
「拓人さん、そのケータイには今度の実力テストの範囲表が入ってるの。不用意に触って画像が消えたら困るから」
 暗に触らないで欲しいと頼んだのに、彼はわざと見せつけるように愛奈の眼前で二つ折りケータイをゆっくりと開く。それをのぞき込みながら、口角がニヤリと笑みの形を象った。
「なるほど、そういうことか」
 彼は意味ありげなまなざしで愛奈を見た。
「まったく、とんだ売女だな。天使のような愛らしい顔をして男に媚を売る淫乱女か」
 拓人の美しい顔がいっそう艶を帯びて艶麗に輝く。
「この写真を見ただけで、お前が俺を裏切った証になる」
 拓人は忌々しげに呟き、ケータイを力をこめて投げつけた。一度では足りず何度も拾い上げてはたたきつける。
 愛奈は悲鳴を上げた。
「止めて、ケータイが壊れちゃう」
 反町君との想い出がなくなってしまう。
「壊れたって構うものか。また新しいのを買ってやる」
 拓人は興奮の色を秀麗な面にのぼらせ、鼻で嗤った。
「いや、ケータイだけじゃない。いけないことをしたお前にもきついお仕置きが必要だな。二度と私に隠れて悪さなどしないように躾けておかなくては」
 〝仕置き〟という禍々しい響きの言葉に、愛奈はまたも怯えた。
「お願い、乱暴はしないで」
 震えながら哀願する彼女に、拓人はいっとう優しい声色になる。
「もちろんだ、俺の可愛い愛奈に乱暴なんかするものか。うんと可愛がって、この世の極楽を見せてあげよう」
 やはり拓人は尋常ではない。愛奈はじりじりと座ったまま後退した。拓人が追うように間合いを詰めてくる。
「おいで、可愛い俺の小鳥」
 拓人の美しい顔にこれまで見たことがないほど艶やかな微笑が浮かんだ。

逃げた愛奈が拓人に見つかり、連れ去られる。従兄は私をどうするつもりなの? 小説 監禁愛~奪われた純潔と囚われの花嫁~ 

 I駅前にネットカフェがある。とりあえずはそこに行くことにした。児童保護施設には翌朝、電話するつもりだ。すぐに受け容れて貰えるかどうかは判らないが、こんな中途半端な時間に電話しても、埒があかないだろう。
 愛奈は二つ折りの携帯電話を開いた。このメタリックピンクの携帯は実は拓人に与えられたものだ。待ち受けの時間は午後七時半を指している。特に残業や接待がなければ、そろそろ拓人が帰ってくる時間だ。
 愛奈がいないことを知った彼はどうするだろうか。探すだろうか。怒り狂うのか。反町君に告白しようと思う―ただそれだけを告げたのに、拓人は反町君の父親に解雇同然の処分を下し、遠い北海道に追放した。
 そのことで、愛奈は拓人の怖ろしさを初めて知った。借金を肩代わりしてまで側に置こうとした愛奈が逃げ出したと知れば、腹を立てるに違いない。考えただけで、背筋が寒くなるほどの恐怖を憶えずにはいられない。
 これだけはどうしても置いていくわけにはいかなかった。色々と必要だといのがいちばんの理由だが、画像フォルダの中には反町君と別れ際、二人で撮影したツーショットの写真も入っている。二人きりで撮影した最初で最後の写真なのだ。
 幸運にもこのネットカフェは二十四時間営業だから、誰にも咎められずに翌朝までは過ごせる。
 モノトーンダイヤが並んだ床が広がる大きな空間に無数の仕切りが立てられている。その仕切り一つ一つに小さな個別スペースがあり、簡易デスクとチェアが備え付けられてあった。
 デスクにはデスクトップパソコンが一台ずつ常備されている。もちろんインターネットに繋ぐこともできるし、使い方は自由自在だ。デスクは大きく取られた窓に面しており、窓の向こうには狭いながらグリーンの配置された人工の庭まで見えるという凝った趣向である。
 共用スペースにはドリンクコーナーまである。コーヒーや紅茶、ジュースがいつでも飲み放題というサービスも嬉しかった。
―ひらきたくと、ひらきたくと。
 愛奈は自分でも知らぬ中に、キーボードを叩いていた。気がつけば、パソコンの画面には〝ひらきたくと〟の名前だけがそれこそ無数に数え切れないほど並んでいる。
 私ったら、何をしてるのかしら。
 愛奈は小さく首を振り、再びケータイを開いた。画像フォルダを開き、今日、撮ったばかりの反町君との写真を出してみる。そこには微笑んで寄り沿い合う二人の姿があった。恐らく愛奈にとっては永遠の宝物になるはずだ。
―私は反町君を好きなのに、どうして、考えるのは拓人さんのことばかりなの―。
 と、愛奈の足許―デスクの下に置いた小さなバスケットの中でか細い啼き声が聞こえた。愛奈は慌ててしゃがみ込んで、バスケットを開く。真っ黒な子猫が顔を覗かせた。
「シーィ。静かにしないと追い出されちゃうからね」
 基本的にペット同伴はお断りの店内である。盲導犬のような場合は認められているが、子猫は絶対に無理だろう。昨夜、公園から連れ帰った子猫は〝エメ〟と名付けてミルクやキャットフードを与えて大切に世話していた。瞳の色がエメラルドとゴールドだから、エメである。安易な名付けだと子猫に恨まれそうだ。
 愛奈はエメの頭をよしよしと撫でて、可哀想なので蓋は閉めずにそのままにしておいた。咽が渇いたので共用スペースに行って冷たい紅茶を紙コップに注いだ。
 室内はあまり冷房が効いていないようで、じっとしていても汗が浮いてくる。額に滲んだ汗を手のひらで拭った時、背後で声がした。
「愛奈」
 その優しすぎるほどの呼びかけに、愛奈は華奢な身体を震わせた。
「随分と探したぞ、帰ろう」
 拓人に手首を掴まれ、愛奈は振り向いた。
「放してください」
「愛奈―」
 拓人が哀しげに自分を見ていた。悪いことをしたのは拓人の方なのに、何故か愛奈が彼を苛めているような気になってくる。
「拓人さんは卑怯よ、反町君のお父さんにまで手を出して、勝手に私の知らないところで転勤なんかさせたりして」
「何故、お前がそれを知っている?」
 この時、拓人の静かすぎる表情が初めて動いた。
 愛奈はそのわずかな変化に気づかず、思わず叫んでいた。
「反町君から聞いたの! そのせいで、彼はもう大学にも行けなくなったのよ」
 拓人の切れ長の双眸がスウと細められた。
「お前はあいつに逢ったのか? あの男はもう学校には二度と出てこられないようにしてやったはずだが」
「―酷い」
 愛奈は非難と軽蔑をこめたまなざしで拓人を睨んだ。
「転校するまでにまだ日にちがあるのに、反町君が学校に来なくなってしまったのは拓人さんが裏で手を回したからなのね」
 愛奈は信じられない想いで叫んだ。
「何でそこまでするの?」
 だが、会話はそこで途切れた。拓人がいきなり愛奈を抱き上げたからだ。
「何をするの!? いや」
 まるで荷物のように肩に担ぎ上げられた愛奈は悲痛な叫びを上げた。
 店内にはかなりの数の客がいたが、むろん、この騒動に皆がちらちらと好奇の視線を送っている。
「お客さま、店内での揉め事は困ります」
 騒ぎを聞きつけた店員が駆け寄ってくるも、どこからともなく現れた黒服の背の高い男がさっと店員に近寄り何事か耳打ちした。
 雰囲気としてはボディガードといった感じで、均整の取れた身体を黒服の上下に包み、サングラスをかけている。その男が店員に何かを囁き一万円札を数枚渡すのを愛奈は確かに見た。
「卑怯者、こんなところまでお金で片を付けるのね」
 涙が滲んだ。信じていた優しい従兄、いつも温かなまなざしをくれた年上の男。その真実の姿がこれだったとは。自分は一体、拓人の何を見ていたのだろう。
 金を握らされた途端、店員は大人しくなった。見て見ぬふりを決め込むのだ。客たちも騒動に巻き込まれては叶わないと誰も愛奈を助けてくれようとする者はいない。ただ遠巻きになりゆきを見守っているだけだ。
 結局、愛奈は泣き叫びながら拓人に連れ去られてしまった。ミャー、ニャーとエメがしきりに啼いている。小さな子猫だけが拓人に抱えて連れ去られようとする愛奈を助けるつもりなのか、果敢に拓人の足許に寄っていたけれど―。黒服のボディガードにその度に邪険に追い払われてしまった。
 拓人に担がれた愛奈の耳にエメの哀しげな啼き声が遠く聞こえた。

知ってしまった優しいはずの従兄の残酷な素顔。愛奈はついに拓人の家を出る 小説 監禁愛~奪われた純潔と囚われの花嫁~

「最後に反町君の気持ちを聞かせて貰えて嬉しかった。私の方こそ、ごめんね。私がアークの社長にあなたのことを喋ってしまったの。カッコ良くて素敵な男の子がいるから、告白しようかと思ってるって」
 よもやその他愛ない打ち明け話がひと組の父子の―少年の運命を無残に変えることになるとはあの時、考えもしなかった。
 拓人は最も卑怯な手を使った。愛奈の生まれて初めての恋はまだ芽吹くその前に、拓人によって摘み取られてしまったのだ。もう二度と、芽吹くこともできないほど徹底的に踏みつけられた。
 だが、これだけは彼に伝えておきたいと思った。
「でもね、これだけは信じて。アークの社長は私の従兄だけれど、婚約者だというのはまったくのデタラメよ。私たちの間には何もないし、私は彼をお兄さんのようにしか見たことはないわ」
「そうなんだ」
 反町君は頷き、晴れやかな笑顔を見せた。
「僕は大学へは行かない。君に余計な心配をさせてしまうから黙ってようと思ったんだ。でも、君には僕も本当のことを知っておいて欲しいから、正直に言うよ。北海道工場に行ったとしても、どうなるか判らないんだ。そこはもう倒産寸前の弱小工場らしいからね。親父は転勤とは名ばかりの体の良い首切りだって言ってる。多分、僕を君から遠ざけたいためにアークの社長が仕組んだことだろう」
 だから大学には行かないけど、君に貰ったボールペンは大切にするよ。
 彼はそう言って、また笑った。
「君が来てくれるなんて、夢のようだ。最後に逢えて両想いだと判って、嬉しかった。逢えるのなら僕もちゃんと何か用意しておくんだったな」
 反町君はジャージの上下を着ている。カッコ良い男の子だから、何を着ていても様になる。彼はそのズボンのポケットから一本のペンを出した。
「これ、僕からのお別れの記念品。本当なら女の子の歓びそうなものを用意できれば良かったのに、使い古しでごめん。僕がいつも使っていたシャーペンなんだ」
 ありがとう、と、愛奈は言おうとして言葉にならなかった。涙が溢れきて、上手く喋れなかった。
「―」
 反町君も何も言わなかった。彼が自転車を停める。黙って愛奈を引き寄せ、腕に抱いてくれた。
「本当に済まない、好きだったよ。最後に逢って、初めてたくさん話して、余計に大好きになった」
 顔を持ち上げられるままに、愛奈は彼を見上げた。そっと落ちてきた口づけは最初は額に、次は唇に。どちらも軽く触れ合わせるだけ、優しい温もりを感じた程度のものだった。
 それから彼は人差し指で愛奈の目尻にたまった涙の雫をぬぐい取ってくれた。
「ごめんなさい。私の方こそ、余計なことを言ったばかりに、あなたとお父さんを大変なことに巻き込んでしまって」
 愛奈が泣きじゃくりながら言うと、彼は優しく言った。
「君のせいじゃない。僕たちはどんなに好きでも想い合っても、きっとこうなる―結ばれない運命だったんだ。だから、君も自分を責めないで」
 愛奈は涙ながらに言った。
「最後に一つだけお願いがあるの」
「なに?」
 優しい声。たぶん、自分は今日のこの別れを永遠に忘れないだろう。彼のやるせなさそうな顔を、唇に感じた優しい温もりも背中に回された確かな手の感触も何一つ忘れない。
「北海道に行っても、サッカーは続けて。私は反町君のゴールを決めるときの姿をひとめ見て、それで好きになったの。だから、遠くに行っても、大学へは行かなくても、どんな形でも良いからサッカーは続けて欲しい」
「判った。ここで約束する」
 彼は微笑んで愛奈の前に小指を差し出す。その指に愛奈が自分の指を絡めた。
 蜜柑色の夕陽がいつまでも絡めた指を放そうとしない若い二人の姿を温かく包み込んでいる。
 後に反町大地は夜間高校を経て苦労して通信制大学を卒業、サッカー部に所属して全国大会で活躍していたところを認められ、上京してサッカーで有名な企業に就職した。後年、Jリーグにも参加し、三十歳を過ぎてのオリンピック出場を果たし、遅咲きの大物といわれた。
 愛奈が彼と涙の再会を果たしたのは、彼が遠い異国で開催されたオリンピックで活躍する様が衛星放送で日本でも伝えられたときである。
―一点差の逆点優勝を日本チームにもたらした奇蹟のゴールキック! 最大の功労者反町大地選手に歓びのインタビューです。
 試合直後に日本人レポーターからマイクを向けられた反町選手はこう語った。
―日本にいる永遠の恋人に、この歓びを捧げます。
 陽に灼けた精悍な彼の頬には流れ落ちるひとすじの涙があった。
 この後、反町選手が三十四歳で独身ということで、その恋人というのが誰なのかマスコミでも話題になったこともあったが。
 既に一流企業アークコーポレーション社長夫人となっていた愛奈と彼の画面越しの切ない再会だった―。
 この後日談はもちろん、十七歳の二人の別れよりもずっと後の出来事になる。
 S駅前で二人は別れた。
「北海道は寒いでしょう、風邪引かないでね」
「君も元気でね」
 反町君は元来た道へ、愛奈は電車乗り場へとそれぞれの道を進むしかなかった。二人の想いは真実ではあったけれど、彼の言うように、その想いを貫き通すには二人ともにまだ若すぎた。
 
 Prisoner(囚われる)

 反町君に涙の別れを告げた愛奈は一旦、拓人の邸宅に戻った。彼から告げられた事実はあまりにも衝撃的すぎて、愛奈の心では様々なことがバラバラに入り乱れて、感情の収拾がうまく付けられなくなりつつあった。
 考えなければならないことがあることは判っていたけれど、今はただひたすら現実から逃れたかった。信じていた拓人が卑劣な手段を使って反町君と愛奈を引き裂いたこと。涼子という恋人がいながら、その一方、素知らぬ顔で愛奈に平然と愛を囁いた拓人の心。
 もう、誰の何を信じれば良いのか判らない。愛奈はこんな場所には一刻たりともいたくなかった。拓人は優しい顔をして平気で嘘を囁く。そんな彼のどこを信じれば良いというのだろうか。
 拓人は自分が欲しいものを手に入れるためには手段を選ばない男、とても冷酷な一面がある。愛奈が知り得たのは、哀しいことに拓人の怖ろしい素顔だけだった。このまま拓人の側にいれば、何が真実で何が嘘なのかまで判らなくなりそうで怖い。
 愛奈は帰宅するなり、当座の荷物を纏めて小さなボストンに入れた。ここに来る時、拓人は身一つで来れば良いと言ってくれた。だから、持ってきたものなど実は殆どない。当座の着替えなどと学校のテキストやノートだけだ。拓人から新たに与えられたものはすべて置いていくつもりだった。
 出ていくときの荷物は自分でも呆れるほど少なかった。通学用鞄に詰め込んだテキスト・ノート類、小さなボストンに納まり切れるほどの服と下着、そんなものだ。改めて自分が何も持たない身であると思い知らされたようで、それはもちろん判っていたことだけれど、愛奈は酷く心細い想いに駆られた。

ギャラリー
  • イケメンの優しい従兄がまさか豹変するとは思わず、、小説 監禁愛~奪われた純潔と囚われの花嫁~ 第三回
ブログランキング
☆よろしくお願いします。☆
最新記事
カテゴリー
  • ライブドアブログ