モエモエのカロリー大辞典

気になる食べ物のカロリーをお教えしますよ。

2010年09月

ビックマックのカロリー

ファーストフードの王様といえばマクドナルドという身近なお店
がありますね。

店舗は世界121か国にあり、店舗数は31,000店舗以上あります。

子供から大人まで好まれるマクドナルド。
では、マクドナルドのメニューカロリーといえばどのくらい?

ビッグマック 545Kcal
ハンバーガー 251Kcal
チーズバーガー 303Kcal
てりやきマックバーガー 503Kcal
ダブルチーズバーガー 453Kcal
フィレオフィッシュ 353Kcal
ベーコンレタスバーガー 405Kcal
ベーコンレタストマトバーガー 411Kcal
チキンフィレオ 428Kcal
メガマック 768Kcal

メガマックは驚きの768キロカロリーです。
すごすぎる!!

カロリーと共にあごが外れないか、別のことを考えてしまいます・・・

あとセットメニューとしてついてくるのがポテト。

マックフライポテト(L) 571Kcal
マックフライポテト(M) 454Kcal
マックフライポテト(S) 249Kcal

コチラもなかなか高カロリーです。

だけど、お手軽さとおいしさといい止められないんです・・・

男の子キラー・ウインナーのカロリー

003_l


■ウインナー(ういんなー)
カロリー/18kcal
(20g(1本))

ちなみに100gでは約90カロリーです

ご存知、少年から成人男性まで、日本の男子を虜にする魔性の食物・ウインナーです。

「豚」のひき肉を「羊」の腸に詰めるという、
そこだけ聞くとひどく猟奇的な響きがします・・・
一度買えば、しばらくは使える保存性と無心で炒めるだけでかなり美味しいと言う加工性能の容易さがあり、
それも男子に好まれる所以なのかもしれませんね。

とりあえず、男の子にお弁当を作るときは、
卵焼きとウインナーとから揚げの3つを入れておけば問題ないといわれています。(なんてハイカロリーな組み合わせなのでしょう・・・)
もういっその事、ご飯を入れていなくても問題ないといわれています。(そりゃ無理か・・・)

ちなみに、ウインナーはウインナーでも
男の子の中では赤いヤツ派と茶色い方のヤツ派が分かれ、
さらにその中で、シャウエッセン派だの、バイエルン派だの
なんかもう、色々あるらしい・・・

黙って食べやがれ!と言いたい

トマトのカロリー

tomato


トマト(とまと)
18kcal
(100g)

トマト1個の重量は、150~180gの間でばらつきがあります。

トマトはリコピンという成分を多く含んでいます。
赤いトマトの色は、リコピンによるものなんですよ。
赤色の濃いトマトほどリコピンが多く含まれている証拠なのです。

リコピンには抗酸化作用があり、老化を防いだり、肌を若々しく保つ作用、がん予防への効果など多くの働きがあります。
また、ビタミンC、脂肪の代謝を滑らかにするビタミンB6、血液中の塩分を排出し高血圧予防に効果的なカリウムなどの栄養素が豊富に含まれているんです。

さらに、水溶性食物繊維のペクチンが含まれており、
便秘の改善や、老廃物・有害物質の排出を促進させる作用、生活習慣病の予防
などへの効果が期待できるのです。

プリンのカロリー

プリン(カスタードプディング)は、洋菓子の1つです。

プリン型の底にカラメルソースを入れてから牛乳と砂糖を混ぜた卵液を流し込み、加熱してカスタードを凝固させたもの。
カラメルソースが上になるように逆さまにして型から抜き、皿に盛って食卓に供される場合が多い。
器に入れたまま食べることを前提とした市販品も多く存在する。

製品によってカロリー量も異なるため、定番商品を3つみていきましょう。
まずは、日本のプリンの代名詞、プッチンプリン(グリコ乳業)です。
プッチンプリンのカロリーは、157kcal 110gです。

お次は、これまた有名な牛乳プリン(森永乳業)です。
牛乳プリンのカロリーは、151kcal 160gです。

最後に、焼プリン(森永乳業)のカロリーは、198kcal 140gです。

それぞれ100gに換算すると、
プッチンプリン 143kcal
牛乳プリン 94kcal
焼プリン 141kcal
となります。牛乳プリンは比較的低カロリーですね。


purin

秋の味覚の王・松茸(マツタケ)のカロリー

松茸2008・10

松茸(マツタケ)
23kcal
(100g)

松茸に限らず、きのこ類は肉類・魚介類・穀類等と比べますと、
重量が同じの場合でも、そのカロリーはかなり低い部類に入ります。

ただ、この松茸というきのこは、ご存知の通り、
栽培方法が非常に困難で、採れる時期や量自体も限定されいるため、最高級キノコとして、
やはり、それなりのお値段で取引されています。

高級感の溢れる、あの独特な香りは『マツタケオール』とよばれる成分によるものでマツタケにのみ含まれるものなのです。

元来、キノコ類は栄養的に優れた食材です。
食物繊維を豊富に含んでおり、便秘の予防や解消します。
さらにコレステロールを低下させる作用があり、さらには免疫力を高め、細菌やウイルスへの抵抗力をもたらし、
がんへの予防効果を持つ、「β‐グルカン」と呼ばれる多糖体を含みます。
これだけのハイスペック食品ながら、「超」がつくほどの低カロリーさがうれしいです。

ちなみに先日、とある居酒屋さんで「松茸の天ぷら」を頂きました。
俗に「香り松茸、味 椎茸」などと言いますが、きっと松茸を食したことがない方が言った言葉なのだろうと思いました。

なんていいますか・・・
「王」でしたね。

あの瞬間にカロリーの事を考えられる人がいれば、お逢いしてみたいです。
プロフィール

モエモエ

  • SEO
  • loading
  • モエモエのカロリー生活
  • SEOツール
  • ライブドアブログ