モエモエのカロリー大辞典

気になる食べ物のカロリーをお教えしますよ。

2010年10月

ご飯のカロリー

ブログネタ
健康生活の為の知識 に参加中!
ご飯のカロリーは、100g当たりで168kcalくらいです。
同じく成分としては、炭水化物が36.1g、たんぱく質が3.5g、脂質が0.3gです。
ほとんどが炭水化物ですね。

ご飯はゆっくりと消化されるので、血糖値が長時間安定します。
つまり満腹状態が長持ちするという利点があります。
また、ご飯は糖質以外にもたんぱく質も多く含んでいます。
そのほかビタミンB群やE、ミネラル、食物繊維も含んでいます。
お米はそれ自体非常にバランスのよい食物といえますね。

では、玄米だとカロリーはどうでしょうか。
玄米ご飯100g当たりで164kcalくらいです。
同じく成分は、炭水化物が35.6g、たんぱく質が2.8g、脂質が1.0gです。

玄米ご飯だと白米に比べてビタミンB1、ミネラル、食物繊維が多く含まれていますね。

ビジネスマンの肥満

メタボという言葉も浸透して来ましたが、日本人男性の三十代~五十代の三人に一人が肥満であると言われています。

肥満というのは、ビジネスマンの職業病のように考えられるふしもあります。
毎日、朝早くから夜遅くまで働いてるため、食事の時間が不規則はなり、忙しさのあまり運動する時間も取れなかったりするので仕方がないということです。

しかし、ビジネスマンの肥満といっても、仕事の内容などによって太り方は幾つかに分類することができます。
太っている人のパターンを見てみましょう。

まず、外食を好むタイプ。
美食と言った方が良いですかね。
バブル時代かというような食生活をいまだに続けているタイプです。
外食ばかりだと、脂肪過多やカロリーオーバーになるので当然太りがちです。

次に仕事人間の営業職に多いタイプです。
仕事上での付き合いなど、仕方なしなのも含めて、外でお酒を飲むことが多いタイプですね。
アルコールは、肥満の原因となると同時に、飲みすぎると肝臓などにも悪影響が出ます。

そして、食事をする時間がないタイプ。
ずっとパソコンに向かって仕事をして、毎日終電は当たり前で社泊するタイプです。
食事に対する拘りがない場合が多く、ファストフードやカレーなどで済ますことが多いうえ、動くこと自体少ないので、下半身に脂肪がつくの特徴と言えます。

よく聞く話ですが、アメリカでは太っているだけで自己管理ができない人間と見なされると言います。
日本だから大丈夫というわけではありません。

まずは、どうして太ってしまうのか、その原因を考えてください。
それがわかれば、カロリーコントロールの方法も見えてくると思います。

こんにゃく=チョコ

色々と事件もありましたが、体重が気になるダイエット戦士に人気なのが蒟蒻畑。
スーパーやドラッグストアで買いだめしたり、自分のデスクやバッグに常備してる人もまだまだ多いんじゃないでしょうか。
さて、その蒟蒻畑。
こんにゃくっていう名前からしても、ダイエットにすごく良いようなイメージがあります。
しかし、、実は意外とカロリーがあるんですよね。

この蒟蒻畑1個あたりのカロリーは、なんと25kcalです。
100gあたりに換算すると100kcalですから。
高カロリーとまでは言わないにしても、低カロリーとはとても言えませんね。

ちなみに紗々っていうチョコレートのお菓子が売っていますが、あれひとつで25kcalです。
つまり、こんにゃくの蒟蒻畑ひとつ食べるのと、チョコレートの紗々をひとつ食べるのが、同じ摂取カロリーってことになります。
勿論、満腹感で違いが出ますけどね。
一袋なんて食べたら、お腹一杯になっても、摂取カロリーはバカにできなくなってきますよ。

ただ、蒟蒻畑にもカロリーをカットした蒟蒻畑ライトがあります。
こちらはカロリーが1個あたり8kcalとすごく低カロリーです。
ダイエット戦士のみなさんは、迷わずライトを買うようにしましょうね。

[PR]
東京 マッサージ
東京 マッサージ

餃子のカロリー

美味しくて臭いのが餃子。
ところで、餃子のカロリーってどれくらいかご存知ですか。

まぁ、餃子といっても調理の仕方、具の種類によっていろいろあります。
そのなかでも王道と言える焼き餃子のカロリーを見てみましょう。
一般的な餃子は1個あたり43kcalぐらいあります。
もちろん、作り方や大きさによってかなり変わってきますが。

お店で食べる餃子も、お店によって30~60kcalぐらいまで幅がありますね。
一皿だいたい4~6個ぐらいですのえ、一皿あたりのカロリーは120~360kcalぐらいになります。

豚のひき肉を使い、焼き餃子の場合は油も使うので、それなりのカロリーになる結果です。

しかし、だからといって、ダメなことばかりではありません。

豚肉に含まれるビタミンB1は、糖質の代謝と燃焼を手伝ってくれる効果があります。
ニラにはそのビタミンB1の吸収を手伝ってくれる働きがあります。
さらに、ニンニクには体を温める働きがあるので、基礎代謝を高めてくれます。
ラー油もカプサイシン効果で代謝をアップさせてくれますね。

あとは自家製なら、肉を少なめにして野菜を多く入れたり、焼く時に油を少なめにすることで、カロリーをある程度は落とすこともできます。
また、同じ餃子でも、水餃子なら油を使っていない分、カロリーも1個あたり25~35kcalぐらいに抑えられますよ。
水分が多い分、お腹も意外と膨れるので便利です。

一言で餃子といっても、作り方や材料次第で、ヘルシーな料理に変わるかもしれませんよ。
ただし、揚げ餃子は、1個あたり80kcalぐらいになっちゃうので注意です。
プロフィール

モエモエ

  • SEO
  • loading
  • モエモエのカロリー生活
  • SEOツール
  • ライブドアブログ