モエモエのカロリー大辞典

気になる食べ物のカロリーをお教えしますよ。

2010年12月

ほうれんそうの話

ブログネタ
健康生活の為の知識 に参加中!
ほうれんそうの原産地は西アジア、ペルシャといわれています。
シルクロードを通り中国に入り、中国から日本に伝来したは江戸時代だそうです。
ほうれんそうのホウレンには中国語でペルシャという意味があるそうです。

ほうれんそうの品種には、東洋種と西洋種とがあります。
東洋種は、葉が細く、先が尖っていて切れ込みがあるのが特徴です。
アクが少ないのでおひたしなどに適しています。
西洋種は、葉が丸く切れ込みもなく、西洋種より葉に厚みがあるのが特徴です。
アクは東洋種より強いので、炒め物などの料理法に適しています。

しかし、店に出回っているほうれんそうの多くは、このニ種類の特性をいかした交配種です。
色々な料理にも合い、栄養面も優れています。

れんこんの話

ブログネタ
健康生活の為の知識 に参加中!
れんこんの原産国はインドといわれています。
日本には中国から伝来しましたが、最初は観賞用として栽培されていたようです。
現在、食用としてれんこんを食べる習慣のあるのは、マッサージ 渋谷で聞いたところ日本と中国などのわずかな国々のようです。

れんこんは蓮田という泥沼の中で育ちます。
葉は水面に出ており、夏頃にキレイな花も咲かせてくれます。
収穫は秋から冬の寒い時期で、地下深くに育ったれんこんを傷つけないように掘り出しますが、これはとても重労働です。
ホースの水圧で泥を飛び散らせてれんこんを収穫する方法もありますが、土質によってはれんこんに傷がついてしまい品質が落ちてしまうこともあるそうです。
どちらにしても、寒い冬に冷たい水は大変な作業だと言えます。

れんこんの選び方としては、重みがあって太く真っ直ぐなものがよいとされます。
穴の内側が黒くなっていたり、泥が入っているものは避けた方が良いですね。

また、れんこんは空気に触れると変色してしまいます。
これはマッサージ 東大阪ポリフェノール化合物が酸素で酸化するからです。
その為、皮を剥いたり切ったりしたものは、ラップで包むなどするか、酢水に浸して保存します。
れんこんを切った後は2%ぐらいの酢水にさらして変色を防ぎます。

ほうれんそうの話

ブログネタ
健康生活の為の知識 に参加中!
ほうれんそうの品種には、東洋種と西洋種とがあります。
西洋種は、葉が丸く切れ込みがなく、東洋種より葉に厚みがあるのが特徴です。
アクは東洋種より強く、葉が肉厚なので炒め物などの高温で調理する料理法に向いています。
東洋種は、葉が細くて先がとがっており切れ込みがあるのが特徴です。
アクが少ないのでおひたしなどに向いています。

現在よくお店に出回っているほうれんそうは、この2種類の特性をいかした交配種であることが多いです。
色んな料理にもあい、栄養面でも優れています。
普通のほうれんそうのほかに最近では、サラダホーレン草という、生で食べても美味しいほうれんそうもあったりします。

ハウス栽培のおかげで年中食べられるほうれんそうなのですが、冬から春にかけてが旬となります。
葉の緑色が濃くて、やわらかくピンとしているもの、根元は赤みが強いものの方が新鮮でよいものとなります。
保存する時は濡れた新聞紙に包みポリ袋などに入れてから、冷蔵庫で立てて保存します。

エネルギー(カロリー)について

ブログネタ
健康生活の為の知識 に参加中!
エネルギー(カロリー)の働きと欠乏症と過剰症

●エネルギー(カロリー)の働き
 生命活動の為に必要不可欠。

●エネルギー(カロリー)の欠乏症
 痩せ過ぎたり、疲れやすくなったりといった症状が出ます。

●エネルギー(カロリー)の過剰症
 肥満、糖尿病、高脂血症、動脈硬化等を引き起こします。

●エネルギー(カロリー)の推奨量の計算方法
 適正体重=身長(m)×身長(m)×22
 エネルギーの推奨量=適正体重×基礎代謝基準値×身体活動レベル
 (160cmで56Kgが適正体重)

●エネルギー(カロリー)の多い食べ物
 油脂、脂質の多い肉、乳製品、お菓子、ナッツなどに多く含まれます。

運動で体脂肪を燃やすのは意外と困難

ブログネタ
健康生活の為の知識 に参加中!
実は、運動で消費できるエネルギーは多くはありません。
ですので、運動で体脂肪を燃やすのは意外と困難です。

例えば、42.195キロのフルマラソンを2時間半で完走したとします。
これで、どれほどの体脂肪が燃焼されるのかと言うと、残念ながら1kgにも満たない量なのです。
42.195キロのフルマラソンを1回完走することで、約2400kcal前後の消費エネルギーがあります。
しかし、体脂肪1kgの中に蓄えられているエネルギーは7200kcalです。

1kg減らすためには、42.195キロのフルマラソンを3回完走しなければいけませんね。
ちなみに、炎天下でマラソンを走れば1~2kgは簡単に体重は減少しますが、これは脂肪が燃焼しているのではなくて、水分が汗となって抜けただけです。
ですので、その後、水分を補給したり食事をしたら、すぐに元の体重に戻ります。

このように、運動だけで体脂肪を減少させようとするは、かなり難しいこととなります。

やはり、ダイエットは、摂取エネルギーのコントロールが前提で、食事の内容と運動の方法が大事となります。


[PR]
出張マッサージ 東京
マッサージ 渋谷
プロフィール

モエモエ

  • SEO
  • loading
  • モエモエのカロリー生活
  • SEOツール
  • ライブドアブログ