食べ物に含まれるカロリーを気にすることも大切ですが、食べる順番も大切であるということをご存知でしょうか。

そこで大きなポイントとなるのが「GI値」という値です。

GI値とは、「グリセミック指数(glycemic index)」と言われる値のことで、摂取した炭水化物が消化されて体内で糖質に変化する速さを数値化したもののことです。

それぞれ、「低GI」・「中GI」・「高GI」の3つに分類されており、最近では「低GI値ダイエット」という言葉を耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もともとは糖尿病患者に向けての食事療法で取り入れられたものですが、それをダイエットにも活用しようという目的で始められた新たなダイエット法というわけです。

このGI値が低い食品から食べることによって、血液中の血糖値の上昇が緩やかになり、余分な糖質が体脂肪へと蓄えられることを防ぐことが出来ると考えられています。