モエモエのカロリー大辞典

気になる食べ物のカロリーをお教えしますよ。

ダイエット

ポップコーンのカロリー

ブログネタ
健康生活の為の知識 に参加中!
映画館で映画を観る時、お祭り、遊園地などに遊びに行った時、などポップコーンはよく食べる機会があると思います。

さて、ポップコーンのカロリーってどのくらいなのかご存知でしょうか。
ポップコーンって中がスカスカしていて、カロリー自体もそんなに高くないと思っている人も多いと思います。

しかし、実はポップコーンは結構カロリーが高いのです。
ポップコーン100gあたりにつき、約500kcalもあるとされています。
ポップコーンそのものが軽いので100gも食べていないとしても、もし50g食べたとしても250kcalということになります。

外出先で見かけると、ついつい手が伸びてしまいますが、ダイエット中などで軽い気持ちでポップコーンを食べてしまうと、あとで痛い目にあうかもしれませんよ。

カロリーだけを抑えたダイエットだと

ブログネタ
健康生活の為の知識 に参加中!
運動はせず、栄養のバランスも考えずにカロリーだけを抑えたダイエット方法を続けたときは、体重が減ったとしても体脂肪が増えてしまっていたというケースをよく見かけます。
これは栄養障害で身体がしぼんでしまい、更に筋肉がやせ細ってしまった結果、身体は危険を感じ取り、脂肪を蓄えようと働くことからです。
勿論、ダイエットどころではなくなってしまいます。

何度もダイエットを失敗してリバウンドを繰り返している人も多いですが、体重が元に戻っただけでなく、痩せにくい身体になってしまっていることも少なくありません。
ダイエットをすると、まず最初に減るのが水分や筋肉です。
リバウンドによって脂肪と水分が増加しますが、筋肉は運動しない限り増えません。
多くの場合で、リバウンドによって筋肉が脂肪に入れ替わり、ますます痩せにくい身体になってしまっているのです。

運動で体脂肪を燃やすのは意外と困難

ブログネタ
健康生活の為の知識 に参加中!
実は、運動で消費できるエネルギーは多くはありません。
ですので、運動で体脂肪を燃やすのは意外と困難です。

例えば、42.195キロのフルマラソンを2時間半で完走したとします。
これで、どれほどの体脂肪が燃焼されるのかと言うと、残念ながら1kgにも満たない量なのです。
42.195キロのフルマラソンを1回完走することで、約2400kcal前後の消費エネルギーがあります。
しかし、体脂肪1kgの中に蓄えられているエネルギーは7200kcalです。

1kg減らすためには、42.195キロのフルマラソンを3回完走しなければいけませんね。
ちなみに、炎天下でマラソンを走れば1~2kgは簡単に体重は減少しますが、これは脂肪が燃焼しているのではなくて、水分が汗となって抜けただけです。
ですので、その後、水分を補給したり食事をしたら、すぐに元の体重に戻ります。

このように、運動だけで体脂肪を減少させようとするは、かなり難しいこととなります。

やはり、ダイエットは、摂取エネルギーのコントロールが前提で、食事の内容と運動の方法が大事となります。


[PR]
出張マッサージ 東京
マッサージ 渋谷

ダイエット減油法

ブログネタ
健康生活の為の知識 に参加中!
油はダイエットの天敵ともいえる、高カロリー食品のひとつです。
ですので、油の摂取を制限することはダイエットには不可欠だとも言えます。
そんな減油法を少しご紹介します。

・テフロン加工のフライパンを使えば、極力油をひかずに調理できます。

・焼かずに蒸すのも有効です。
蒸籠があると便利ですね。
野菜を敷いて、上に魚や肉、シュウマイなどが蒸せます。

・ドレッシングはノンオイルかポン酢にしましょう。

・肉は湯通ししたあとに、グリルで焼くとかなりのオイルカットになります。

・揚げ物の衣は細引きのパン粉でつくると吸油量が少なくなります。
また、コロッケを2個作るよりも大き目のを1個作ったほうが衣の量が減ることで吸油量は少なくなります。

甘いものを食べる習慣

ブログネタ
健康生活の為の知識 に参加中!
元気が出るという理由で、間食にスナック菓子、甘味類、清涼飲料などの食品を食べる人がいます。
特に疲労だと甘いものが良いという話は、よく聞きますね。

なぜ、人間は、イライラしたりすると、甘いものを食べる習慣があるのでしょう。

糖質性の間食も少量で済めば問題はありません。
しかし、だんだん量や回数が増加してきて、肥満につながるというケースも少なくありません。
また、衝動的にこれらの食品を大食してしまし、後で嘔吐する人もいます。

糖質をとると脳内でセロトニンの濃度が上昇することがわかっています。
セロトニンとは、神経伝達物質の一つで、睡眠リズムや不安などと関連しています。
あるデータによると、情緒不安定と糖質の過食についての関係性が指摘されています。

甘いものに含まれる糖質が、情緒を安定させるように働きかけるので、甘いものを食べたくなり食べてしまうということです。

甘いものを我慢できない理由は、情緒不安定になった脳にあるのかもしれませんよ。
その原因をつきとめで解決することは、ダイエットの成功にもきっと役立つかもしれませんね。
プロフィール

モエモエ

  • SEO
  • loading
  • モエモエのカロリー生活
  • SEOツール
  • ライブドアブログ