●NEWS WINTER PARTY DIAMOND(宮城ホットハウススーパーアリーナ)(10/25 1部)

楽しかった!

今回は、セレブでゴージャスなパーティーというテーマなので、ウチワやポスターの写真もドレッシー。ウチワは土台の色が赤。バッグも赤。クリスマスのイメージかな。グッズにハットピンと言うのがあって、7cmくらいの大きさのピンクの帽子の形をしたヘアピンで、これがすごくかわいい。アイもアキも髪につけたし、若い女の子なら誰がつけてもかわくてびっくり。ただ、一人だけ、似合っていないおばさまを見た。年齢を選ぶんだねえ。私はつけなかったので、ご安心を。グッズはJ-netで写真が見られるので興味のある方はそちらをどうぞ。

オープニングは映像で始まる。白いスーツでリムジンから降りて走るにゅうす。これを撮影したのは、なんとタッキー。ぴーちゃんが頼んだら、プライベート映像かと思って気楽に引き受けたと、タッキー本人が言っていた。

そう、タッキーがMCに登場したのだ。宮城にタッキーが来るなんてびっくりだ。わざわざ来たのかなぁ。しかも後ろのステージから登場し、真ん中の花道を歩いてメインステージにいったので「恥ずかしいから普通に出させてよ」と言っていた。

タッキーは、自分の機材を使い、ロケハンもやり、当日の撮影予定も作って撮影し、しかも、翌日にはほぼ完成版に近い形で編集されたものができあがってきたとか。タッキー、すごいわぁ。

バックは嵐の台湾についていった11人。今回のテーマを考えると踊れる大人っぽい子たちじゃないとダメだろうと思ったのだが、MADは翼日生、嵐のソウル、上海が重なるし、誰がつくのかわからなかった。そしたら川村くんや幸宏がいたのでびっくり。最後の紹介が、「これからよろしく」みたいな感じだったので、川村くんたちがにゅうすのツアーについて、ソウルと上海は、日生を終えた辰巳くんたちが行くのかな。辰巳くんたちにもアジアに行かせてあげたかったから、それもいいかも。

アルバム発売前だから、アルバムの曲は全然知らないのだが、楽しい曲が多かったし、知らない曲でもにゅうすの子たちは基本的に歌えるから聴いていて楽しい。あっと驚く演出はないが、相変わらず会場の使い方は上手だし、ジュニアが出て来るタイミングや場所もいい。そして今回は、ひたすら歌って踊るからユルいところもまったくないし、一緒に盛り上がれるし、単純に楽しかった。

ただ、テーマが前面に出ていてた割には、テーマに沿った部分は意外と少なく、アルバムの曲も少なめ。私の好みとしては、馴染み深い曲ばかりでなく、テーマに沿ったゴージャスなショーみたいな部分がもっと多くてもよかったかな。MADでないと、というダンスの部分はもちろんあるが、せっかく踊れるMADをつけているのだからもっと踊ってほしかった。

私の席は、メインステージから一番遠いスタンドの端、通路から数列目だったので、外周の花道が近くて、すごくよく見えた。私の前には川村くんやTJがよく来ていて、久々に二人をいっぱい見たなあ。MADウチワを持って行かなかったのだが、川村くんとTJも手を振ってくれた。やったね。トロッコでスタンドの通路に来た時も目の高さに近い位置で顔が見えて、ぴーちゃんとけーちゃんに手を振ってもらえた。それにしてもぴーちゃんの美しさったら、ほんとに別格。

そして、2部にも入った妹はなんとぴーちゃんの色紙をゲット!!写真を送ってくれたが、サインが漢字なのね。

東京ドームは30日だけ申し込んでいるのだが、楽しかったからチケット探して回数を増やそうかな。

ネタバレのメモと感想は「続きを読む」に。
<続き>
会場は縦使いで、田の字型花道。センターステージは円形。メインステージの周囲にはラスベガスを思わせる、もしくは、銀座とかのバーや豪華なキャバレーをイメージする看板がいろいろ。セレブかどうかはわからないけど、とにかく華やかな雰囲気だ。

暗転するとすぐにタッキー撮影編集による映像。リムジンから降りてきたにゅうすが走ってパーティー会場に向かう感じ。

映像でパーティー会場のドアを開けて会場に入ると、メインステージにはダイヤモンドの形の半透明のドームが登場し、その中から、映像と同じ白いスーツのにゅうす登場。曲は「Happy Birthday」。

2曲目は「Weeeek」だったかな。にゅうすの子たちはいきなり花道に散り、メインステージにはジュニアが。遠目に見て、川村くんっぽい子がいるので双眼鏡でみたら川村くんだったし、他にも幸宏や武内くんもわかった。出ていたのはMADの台湾に行った子たちを含む11人。「Weeeek」も楽しそうにやってたなあ。

その後、たぶんアルバムの曲だと思うが、けっこう楽しい曲ともう1曲くらいやって、挨拶。挨拶のときはまったくの音無し。それも珍しい。珍しくラストが手越で、その前の二人は「てごしです」を真似て「亮ちゃんです」とかやっていたな。

暗転して、メインステージの周囲にある看板の一つ「Bar RED」だけが点灯し、ステージの真ん中にビリヤード台が。ビリヤード台のところにまっすーとシゲが登場。アルバムの曲と思われるシックな曲を歌いだす。上手にはバーカウンターがあってそっちには小山くんとやまぴー。最後に下手に亮ちゃんと手越が登場で、先に出ていた4人は大人っぽく踊ったりして、ここからが、「セレブなパーティー」のイメージかな。でも、衣装はボトムが6色で、セレブっていうイメージじゃなかったような・・・。

次の曲で歌いながらセンターステージに。移動中、花道で踊ったのがすごくよかった。NEWSはこういうところがうまい。そしてセンターステージの中心には四方をむけて椅子が6個出てきた。椅子を使うってことは、ジャズっぽいダンスかなと思っていたら当たり。最初のアルバムに入っていた「Say Hello」で、暗転している間にハットとかぶり、ステッキを持っていた。この曲、今回やるんじゃないかと思っていたんだ。大好きだから嬉しかった。ただ、センターの丸いステージは狭いので、そこでステッキを持って踊るのが踊りにくそうで、なんだかダンスがたどだどしかったなあ。

続いて「Party Time」。たしかに、パーティーだもんね。まんまだ。この曲も好きさ。センターで歌っていて、シゲが途中ではけて、その後は、花道にばらけたのかなあ。最後に、花道にいた小山くんが、次は「シゲです」みたいなことを言ったような気がする。

そしてシゲのソロ。メインステージにダイヤモンド型のドームが登場していたのだが、シゲがどこにいるのかわからない。よく見たら、そのダイヤモンドの上にシゲがいた。たぶんシゲが作った曲じゃないかなあ。星形のタンバリンを持って歌っていた。ステージの下の方にはジュニアたちが出て来て踊っていたのが楽しかった。

で、今回のシゲ、王子様っぽくてテーマに合ってて私の好み。顔はちょっとふっくらしちゃったのだが、明るい色の髪を7:3にきれいに分けていて、ノーブルな雰囲気でかっこよかったな。

センターステージに手越が登場「愛のマタドール」をソロで。バックに出て来た二人がなんとぴーちゃんとけーちゃん。ステージがゆっくり回りながら手越が歌い、二人が踊る。ぴーちゃん、筋肉がついてダンスがうまくなったからかっこよかったし、けーちゃんにはこの曲のダンスがぴったり。NEWSって、誰かのソロで他の子が踊るってのもよくやる。私はただソロで歌うより、こういう演出が好き。

次は左右のスクリーンにアメコミみたいなアニメ。主人公の顔がまっすーぽいので、まっすーソロらしいことがわかる。まっすーがメインステージして川村、TJ、幸宏、武内くんの4人がついて踊る。この曲は、嵐の国立で「イチオクノホシ」とかを振り着けたのと同じ人のふりつけ。すごく細かくて速い振付けで、まっすーとMADはダンスのタイミングがぴったりなので、すごい見応え。よく見てると、画面にナスの絵とか出て来て、変な歌詞の歌みたいなのだが、ダンスがあまりにかっこよかったので、変な歌であることがあまりよくわからなかった。今回のお気に入りの一つ。

花道のリフターを順番にあげて「I・ZA・NA・I・ZU・KI」。この曲も好きだなあ。この時の衣装が、ボトムは基本的にジーンズでポケットなど部分的に赤のラメの布が貼ってあって、赤系の上着でかわいかった。この曲と言えば、なんといっても2番のシゲに注目で、今日もちゃんと手を口元に持っていっていて、それを見るたびに笑ってしまう。最後にまっすーが後ろの花道に出て来たのだが、時間がなかったのか、赤い上着を着るのが間に合わなくておいてあったのがおかしかった。次の曲のときに着ていたな。まっすーは、オーバーオールの肩ひもを片方だけ肩にかけていてかわいかった。

それから何曲かやってMC。「星をめざして」をセンターでやったときは、NEWSは真ん中を上げて歌い、下にはぐるりとジュニアがいて踊っていた。MC前かなあ、いつやったか忘れてしまったのだが、たぶん、アルバムに入っている知らない曲で、簡単な手振りがあるのがあり、そのとき、MADが花道に散っていて,その手の振りをやってくれるので、みんなそれを真似て踊っていた。私の前には川村くん。川村くんは一生懸命歌いながらふりをやっていて、そんな川村くんがなんだか懐かしかった。

MCはノープランでけっこうまったりしていたが、突然のタッキーの登場で盛り上がった。撮影秘話もおもしろかったが、何よりも、タッキーに憧れてジャニーズに入ったぴーちゃんにとって、タッキーはスペシャルで、子どもの頃の思い出の7割はタッキーなのだそうだ。という話を、タッキーがはけてからしていた。

次の曲のために小山ピーの二人がはけて、4人がステージの残ってしまうと、MCを回すけーちゃんがいないし、この4人では何を話していいかわからない、と言って4人で困っていてすごいおかしかった。NEWSってそういう感じなんだねえ。手越のドラマの告知をしてもすぐに終わってしまうし、亮ちゃんのドラマの話もすぐに終わってしまうし、これから先のツアーもずっとこれだからどうしよう、と言っていた。たしかに。この先はこの部分をどうするか考えて来るかな。

そして、シゲのふりで、小山ピー。つまり、小山くんとやまぴーの二人曲。最初にぴちゃんが上手の方に出て来て、MADと一緒にアクセントダンスみたいなのを踊る。ぴーちゃんは黒いスーツ。次に下手側に銀色のスーツのけーちゃん登場で、全然違う雰囲気の曲で踊る。MADもついていたかなあ。それからぴーちゃん、けーちゃん,MADで歌って踊る。このとき、MADはぴーちゃんのいる上手側、けーちゃんがいる下手側、そして上段の3カ所に分かれ、それぞれ違う振付けで踊ったり、全体ですごく複雑な動きをする。この曲もたぶん、まっすーソロと同じ人の振付けだと思うが、すごくおしゃれだった。途中からセンターステージに出て来ていたような気がする。

お客さんの視線を会場の後ろの方に集中させておいて、次に、メインステージの上の方にテゴマス登場で「アイアイ傘」を歌った。やっぱりまっすーの歌はいいなあ。

白でフードに茶系のファーがついたジャケットをみんな着ていて、冬っぽい感じの衣装がかわいかった。花道の一番後ろにぴーちゃんが出て来て「真冬のナガレボシ」。ぴーちゃん、歌い始めてすぐに歌詞を忘れてしまってたな。あと、後ろの方にけーちゃん、上手横にシゲ、下手横に亮ちゃんがいたのかなあ。

センターに集まって「SNOW EXPRESS」。ラップのところで、ぴーちゃんを頂点とした三角形のフォーメーションで正面を90度ずつ変えていく見せ方も好きだなあ。

NEWSって、コンサートの時期が冬から春だから、冬の曲がコンサートでできるんだねえ。

「チェリッシュ」はこの白い衣装で、真ん中の横の花道に並んで歌っていたと思う。

「TEPPEN」は目の前にTJがいて、かわいいふりを綺麗に踊っていた。

亮ちゃんのソロの前にFIVEの演奏があって、ちょっとハードな音のまま亮ちゃんのソロ。ギターを弾いて歌っていた。さらに、ロックっぽい曲を6人で。ダンスがかっこよかったような気がする。衣装は、前回のドームのときにラストに着ていた6色のラメとチェックの衣装。

「BEACH ANGEL」はどこでやったんだったっけなあ。この曲もすごく好きなんだよなあ。このへんかな。

花道のリフターを上げて歌ったのは最後の曲だったけなあ。アルバムの曲とけーちゃんが言っていた。一番近いリフターがシゲで、シゲがすごくいい顔をしていた。シゲがいたのは上手の後ろ側のリフターで、自分のソロのときに、前側のリフターにいる手越の方をみてお互いに顔を見合わせて歌っていた。

あとアンコールは「NEWSニッポン」ともう1回「weeeek」。

やっぱりNEWSは曲がけっこう好きなので、コンサートが楽しいというのは大きいかな。それに、だいたい安心して歌を聴いていられるし、会場の使い方はうまいし、始めての人にも楽しいだろうな。

今回、ぴーちゃんとけーちゃんのソロがなくて、二人曲のみ。ぴーちゃんの世間での知名度や人気を考えたら、ソロがないなんて意外かもしれないが、NEWSのコンサートではぴーちゃんも6人のうちの1人っていうところがいい。

オーラと知名度はぴーちゃんと亮ちゃんが抜きん出ているが、歌がうまいのは地味に見える手越とまっすーだし、しゃべったらけーちゃんとシゲだし、実はNEWSってけっこうバランスがいいんじゃないのかな。

ってことで、意外と細かく覚えていたので、東京ドームでどう変わるか、楽しみだ。