moeko's room〜Prism Air〜

信州の山奥に生息するアキバ系女装っ子、七原もえ子の日常思っていることを書いちゃったりしちゃっているブログです。 トラックバック及びコメントについては認証制としております。

今日のニュースから・・・『なんとも窮屈な・・・』

キリン「氷結」のWebアニメCM公開中止で議論を呼ぶ 理由は「アニメだから」? - ねとらぼ

 このニュースを聞いて、ジブリの劇場映画で宮崎駿監督引退作『風立ちぬ』公開時に

『職場で全員タバコを吸ったり、病床の嫁の前で主人公の堀越次郎がタバコをプカプカふかすのは如何か』

というクレームがあったのを思い出しました。

 まぁ、これは現代に置き換えれば、まぁわからんでもないけど、戦後まもなくの日本の成人男性のほぼ9割方吸ってたという統計が出てきて、まあ時代背景を考えれば、そのシーンをなくすのはリアリティがなくなるのでは・・・という意見が多かったと思います。

 さて、今回の件は、

 ・実在しない人物がアニメーションで登場している。
 ・アニメーション視聴年齢がかなり拡大しており、メインターゲットを女の子として作られている「プリキュアシリーズ」でさえ、実に70%が成人の視聴者となっている昨今で「アニメ=子供のもの」という図式が成り立たないにもかかわらず、青少年に飲酒を勧誘するという主張を批判された側は申されている。
 ・広告のメインターゲット以上の年齢であるレイティングが広告再生にされていること。
 ・動画内で『お酒は20歳になってから』と字幕で長く触れていること。

などから、あたしは明らかに過剰反応ではないかと思うのです。


 むしろ、酒造メーカーや政府に対し、

「未成年者が飲酒が出来ないのは何故なのかとか、一気飲みをすると何故危険なのかなどを示したコンテンツも作り、教育の現場で活用すべきではないか」

といった建設的な意見を出せばよかったのではないかと思います。


 レイティングについて、
「『あなたは20歳以上ですか。』と表示され、選択肢が『はい』と『いいえ』しかない。これでレイティングと言えるのか?」
 との提起がありましたが、それはある程度しかたないでしょ?

 エロ本を買うときに『この棚にある書籍は18歳未満の購入・閲覧は禁止されています』とは書いてあったって、身分証明書が必要なわけでもないんですよね。
 むしろ、酒とタバコのように「必要に応じて年齢確認ができる資料の提示を求めることがある」と謳っているほうが、エロ本以上に法規範が出来ていると言えるのではないかとおもいます。


 仮に国民的アニメ「サザエさん」で、成人式を迎え挨拶回りに来た親戚の子供に波平さんが、

「君も成人になったんだ、少し酒を付き合わないか?」

というシーンは彼らの基準では使えないシーンになるんではないでしょうか?

 実に窮屈ですね。

今日のニュースから・・・『あの当時そんなことになっていたんだ・・・』

 長野市は連日の大雪で庭先に大量の雪が積まざるを得ないは、通勤の足が乱れるなど大変な状況でした。
 北陸新幹線もはくたかが運休になったことから、速達便のかがやきを各停化したとか・・・。

 そんなことには全く関係のない今日のニュース!

負債11億…神田神保町の老舗「芳賀書店」の社長に21歳で就任した三代目。まず始めたことは身内を切ること

 芳賀書店といえばエッチな本やDVDを取り扱っていることで有名な神保町の書店ですけど、ちょうど15年位前にあたしも行ったことがありましたが賑わっており、とても負債を抱えて大変なことになっているとは思いませんでしたね。

 まぁ、どんな事業でもそうなんですが、経営者が利益の配分率を間違えてしまうとこんなことになっちゃうんですよね。

 でもよく10億円近く返したものです。

今年のアドイシグロさん2017

毎年のように取り上げている長野市柳町のアドイシグロさん。

その年の干支をモチーフにした置物を置いているのですが、今年の干支は酉。

どんな感じでしょう。楽しみに来てみました。








image


image


image


image




うわ…何コレ…カワイイ!!♡


去年のサルはなんかなぁ…って、感じだったけど…これはいい(≧∇≦)b


特にトボケた感じの親鳥とカワイイヒヨコの対称がなんともイイ(≧∇≦)b


今年はオススメ!!

2017年元旦

もえ子ーいやぁ・・・今年も364日と押し迫ってまいりました。
秋葉ーまて。それはまだかなり早い。
もえ子ーつか、元旦にする挨拶ではないよね。
秋葉ーならするな!ところで、今年の抱負を一言で。
もえ子ー抱負・・・。豆を
秋葉ーそれは豆腐。毎年同じネタすな!
もえ子ー山梨の
秋葉ーそれは甲府。それも毎年やってる!
もえ子ーえ?去年はしてないよ。
秋葉ーへ????あらホント。
もえ子ーそんなんで。今年もよろしくお願いします!

2016年も押し迫りました…

もえ子ーMerry Christmas!
秋葉ー一週間前に終わった!
もえ子ーじゃ、じゃあ、明けましておめでとうございます。
秋葉ー明けてねーよ!あと、7時間あるじゃねーか!
もえ子ーしかし…、世間的には大変な年だったね。
秋葉ーいきなり、真面目か!
まぁ、SMAPの解散騒動に明け暮れたし、熊本の大地震、台風も7月まで発生せず異常渇水かと思ったら、その後はほぼ毎週に近いペースで台風上陸。そして、年末の糸魚川大火…と、確かに歴史に残るような一年だったね。
もえ子ー被災された方々の生活再建を祈りたいね。
秋葉ーあともえ子はこの一年はどうだった?
もえ子ー7月に腰やってね…しんどかった。
秋葉ーあ、あれはたしかにしんどうそうだったからね。
もえ子ー結局、2ヶ月通院したからね。まあ…バケて出掛ける時間すら無い状態だったから、過労もあったんだと思うよ。
秋葉ーそうだね。去年の8月から分刻みに近い状態だったからね。
もえ子ーそういや、今年もお節料理作ったよ。
秋葉ー忙しいのにそういう事だけはマメね。
もえ子ーまあね
image

image

image

こんな感じ。
秋葉ーそれなりに豪華やけど…。
もえ子ー疲れたよ。作るのに…。
さて、これから同居人の実家に呼ばれているから、お風呂はいらんと。
秋葉ー風呂入りに行く前にご挨拶しないと。
もえ子ーそれでは風呂ります。
秋葉ーちがう!年末の挨拶をしないと。
もえ子ー今年1年ありがとうございました。
全ての人が幸せな新年を迎えられますように…。
秋葉ーそれでは皆さん。
もえ子ーMerry Christmas!
秋葉ーバカヤロー!
もえ子ーそれでは良いお年を!

『不思議の国のバード』はやはり面白い 3巻のレビュー

 昨日の続き!

 不思議の国のバードの第1巻のレビューはこちらをご覧いただくとして・・・。

 第3巻のレビューを。





 第3巻は会津道(会津西街道?)を、会津大内宿を出発し、越後・津川から阿賀野川を下り、新潟町(現在の新潟市中央区で信濃川と日本海に挿まれている地域で、代表的な地籍名で言えば古町界隈)に至るというもの。

 大内宿では馬子の誠実さに感動し、津川では雁木や菓子屋の多さなどに触れるが、それまでの寒村の食事に辟易していたところ、ガイドの伊藤鶴吉が料理を作り和食の奥深さを知るが、その伊藤鶴吉の過去が江戸・英国領事館では明らかになる・・・というもの。

 特に今巻はあたしの郷里である新潟が舞台になっておりますが、この当時の新潟町は五開港(横浜、兵庫(神戸)、長崎、函館そして新潟)の一つとなっていたが、八百八堀とも言われるくらいの掘割で出来た町で、街全体が港の機能を有しているというそんな描写が描かれており、また当時の異国人は「日本人の生き血を啜りに来た」とか「目玉を繰り抜いて膏薬にされてしまう」などというデマから発生した偏見に満ちていたというところは、何とも悲しいところではありました。
 ちなみにこの新潟町でバードの世話をするファイソン氏とは、現在の新潟市中央区学校町に居を構え、キリスト教の布教を行っていたフィリップ・ファイソン氏のことかな・・・と思います。

※ただ、当時の新潟町について、イザベラ・バードは『美しく綺麗で人口は5万人もいる大都市(中略)だが、けばけばしていて味気ない街』と言っていたらしいんだよね・・・。これは、今の新潟市の街作りにも言えることかもね



 さて、陸路で蝦夷地(北海道)を目指すわけですが、単行本化されているのはここまで。

 続きは「漫画誌ハルタ」をご覧ください。

『不思議の国のバード』はやはり面白い 第2巻のレビュー

 同居人から遅めの誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントを兼ねて、『不思議の国のバード』の続刊を買ってもらいました。

 不思議の国のバードの第1巻のレビューはこちらをご覧いただくとして・・・。

 第2巻と第3巻のレビューを。


 第2巻は日光から二荒山温泉を経由し、獣道に近かった会津道(会津西街道?)を経て、会津大内宿へ抜ける手前の寒村の宿場までを描いています。

 日光から新潟までのルートは一度戻って三国街道を通るルートが安全だと言われますが、そのルートでは踏破した西洋人がいることから西洋から未知とされる日本の風俗はわからないと突っぱね、ガイドの伊藤鶴吉はその熱意に負け会津道を経由して新潟町を目指すことを承諾するが・・・。

 二荒山では当時では当たり前のようにあった混浴に戸惑い、戊辰戦争で荒廃した寒村の劣悪な衛生状況を見て愕然とするなど、現代日本に住むあたし達でも、やはり同じようなリアクションを取るのではないでしょうか?

 しかし、「それはこの国の現代の文化だ」と受け入れ、また寒村の劣悪な環境の改善に着手しようとする主人公はやはりすごい人だったんですね。

 おっと・・・2巻のレビューを書いていたらこんな時間。

 3巻についてはまた明日。(・・)ノ
記事検索
長野市周辺のお天気
お天気プラザ お天気アイコン

Categories
Archives
Recent Comments
広告
楽天ウイジェット
Profile
広告


広告 RSS広告社
XML

楽天トラベル検索
なかのひと
楽天市場
  • ライブドアブログ