moeko's room〜Prism Air〜

信州の山奥に生息するアキバ系女装っ子、七原もえ子の日常思っていることを書いちゃったりしちゃっているブログです。 トラックバック及びコメントについては認証制としております。

七原もえ子川中島の合戦の真相に行き当たる

越路秋葉…い、イキナリ何言ってるの?

七原もえ子…いや、実は同居人実家の納戸から古文書が出てきてね…。

秋葉…あぁ…同居人さんの実家はかなり昔から続いている家らしいわね。

もえ子…うん。その中にあった文書を解読して要約するとこんな事が書いてあったんだ…。

『鎌倉殿の世に佐渡へ流罪となった日蓮上人が善光寺近くで襲われ怪我を負った。松代の地に湧く茶色の湯に浸かると、「法華経の流布のためにはそなたの力が必要だ。だから永遠の生命を与えることのできる曼荼羅を与えよう」との声とともに曼荼羅が出てきた。
しかし、日蓮上人は自分の生命に限りがあるからこそ、法華経の行者として流布に励めるのだ…と言って、その怪我の治癒の後に曼荼羅を松代の山中に埋めた…という伝説がある。
それを甲斐の武田と越後の上杉が探し出そうと松代を取りあったのが川中島の合戦である』
ってなことが書いてあってね…。

秋葉…え??それは本当の話なのか?

もえ子…まぁ…話半分としても面白い話だよね。
で、武田家滅亡後に徳川幕府が真田家に松代を統治させたのはこれを徳川家康の命で探し出す為だったのではないだろうか…とか、第二次世界大戦末期に松代に大本営を移そうとしたのは、実は昭和天皇を守る為にその曼荼羅を探し出そうとしたのではないか?という風に同居人一族の長老が言っていてね…。

秋葉…へぇ…。 それが事実なら大発見じゃないの。

もえ子…ただ、その曼荼羅は未だに見つかっていないらしいんだよね…。
つい最近も国際機関が皆神山付近を人型兵器で探そうとしたらしいけど…

秋葉…まてまて…お前。今までの話は全部ホラか!

(今日は4月1日です)

今年のアドイシグロさん

毎年恒例のアドイシグロさんの干支飾りIMG_20191231_112953546

あけおめ!

明けましておめでとうございます。

昨年は色々とあり過ぎブログ更新できませんでしたが、なんとかしていきたいかな…と。

あ、昨年の水害においては、うちは問題なかったものの、親戚宅が浸水するなど長野県内のあちらこちらにまだ爪痕が残っています。

ズク出していこう。

本日1022発生の地震について

関係箇所全てで無事を確認いたしました。

平成のおわり、令和のはじまり

平成の御世は平和だったものの、テロがあり、大きな災害があり、経済は欲たかりの年寄り財界人と経済より省益優先の財務省の連中のために低迷した時代だったかと。

令和はどんな御世になるのか…

個人的には国民安心で豊かになる、そんな世の中になってほしいものです。

それでは、あと5分あまりですが、よい令和をお迎えください。

今日は4/1です

































































































































































































































































以上です。

今年のアドイシグロさん

去年は2回しかブログ書けませんでした、七原もえ子です。お久しぶりです。

今年はイノシシ年なので、IMG_20190101_091701
イノシシでした。
記事検索
長野市周辺のお天気
お天気プラザ お天気アイコン

Categories
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
広告
楽天ウイジェット
Profile

七原もえ子

広告


広告 RSS広告社
XML

RSS
楽天トラベル検索
なかのひと
楽天市場
  • ライブドアブログ