まだまだ続く全心街道

唾に見える明日を目指す詩人「青木研治」の限りなく本音に近い建前

Camparis,texas

Camparis,texas



正しいとか間違っているとか

誰かに答えを委ねることが

そもそも問題ではないのか

もしくは答えなど本当にあるのか


煙にまかれたあとにめぐりあわせた

三日月は俺に恵みを与えた

この詩は爪痕を残すなんてばかげた

ことせず爪に火を灯し描く影絵だ


とにかく時代を変えるなんておこがましいって

思いつつも黙り込むよりはマシで

飽きもせずに必死に声を枯らして

型破りに叫んでもただの形無しで


革命家気取りの人格は未完成

まして社会人としての生活は悲惨で

老後の備えはノープランで

今夜もサビのない歌を口ずさんで


無駄に高い自意識を持て余して

安い発泡酒飲んで自分を騙して

いたずらに何度を夜を明かして

語り部とディベートしたのは若気の至りで


足し算できなくなった体力と

引き算していくだけの蓄えと

割り切れず見失った引き際を

掛けあわせた後は、暫し Be quiet!

そして 安全靴も履かずに裸足で 走り続けるように話して

いつしか 有り余る嘘を使い果たして なけなしの笑顔をそのまま晒して


日毎に溜め込む宵越しの憂鬱
折り合いつけても消えない頭痛
型にはめるように着るビジネススーツ
蒸し返しても変わらない自分のルーツ

言い訳する奴は徒党を組む
言いかけてやめたら誤解を生む
でも言いなりのままで過ごしてどうする?
このままじゃ変わらない世界の構図

大切に思える人ができたら3
その人と一緒に過ごせたら8
生きる喜びを味わえるとパーティーに
参加してまた独りで飲んでいるカンパリ

そう、思いつきの計画はただの迷惑
重い腰あげても理想と程遠い生活
限りある時間ゆえに感じるリアル
然るに過去は無駄に俺の未来を縛る

でも、どうせ昨日と同じことするのが日課だなんて
そんな明日を懲らしめるような言い方
まるで因縁を付けるストリートファイターだ
そう、いつだって今日は君の相方だ

いまだに逃げ場が見つからないなら
覚悟を決めるというのはいかが?
とどまることで生まれる小ちゃな
居場所を守ることができれば立派だ

だから 安全靴も履かずに裸足で 走り続けるように話して

そしていまにも 有り余る嘘を使い果たして なけなしの笑顔をそのまま晒して

だから 安全靴も履かずに裸足で 走り続けるように話して

そしていまこそ 有り余る嘘を使い果たして なけなしの笑顔をそのまま晒して










 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

To lose too cool

Too  cool  to lose



「誰か俺を必要としてくれないかな?」

「誰ってどういう意味?」

「空気の隠喩だよ」

「全然わからない。隠喩ってどういう意味?」

「風に喜怒哀楽を捜すことだよ。」

「つまり私ではないってこと?」

「俺は私でも僕でもなく君に必要とされたい。

でも君が誰かわからないんだよ」という自問自答を続ける俺は未来の奴隷

生まれた瞬間の記憶がないから

死ぬときの記憶もきっとないだろう

天井を眺めることをやめたら

今日の出来事さえlong long ago

うつつ、うつす、くつう、すする

つくす、ふと、すくう、Too cool to lose


「せめて誰か俺を認めてくれないかな?」

「認めるって何を?人として、それとも価値として?」

「どちらも?いや、むしろそれ以外も」

「海と夜の空のようだね」

「全然わからない。もしかして隠喩のつもり?」

「まさか、私は月のように照らされるだけ」

「俺は太陽ように揺るがないだけ

でもその揺るぎなさはただの許せなさなんだ」と仕方なく生きる俺は透明

呼吸していることを忘れたまま

思い出すように目覚めるたび

ベットに耳をあてて寝汗で

おぼろげな夢に打ち込むクサビ

うつつ、うつす、くつう、すする

つくす、ふと、すくう、Too cool to lose


「むしろ誰か連れていってくれないかな」

「連れてくってどこに?」

「俺は、俺は俺から解き放たれることで俺を解き明かしたい」

「それって炎になりたいということ?」

「かもしれない。だって今より誰かに慕われている気がする」

「慕われても親しめるかは別の話なのに?」

「それどういう意味なんだよ。」

「ありのまま受け入れるのが怖いの?」

「俺が怖いのはあからさまにぶざまになることだよ」と無駄に言葉を身に纏う俺


俺を撃ち抜こうとする意味深な西日

俺に語るふりしても実はBCC
人の生き死にの狭間で生まれる美意識

黒く地面を染める影は凛々しい

うつつ、うつす、くつう、すする

つくす、ふと、すくう、Too cool to lose

 


------------------------------------------------------------------------------------------


すなねこ企画◆9月7日(土)【猫と海月と、ゆれながら、】
@渋谷ラストワルツ
http://lastwaltz.info/


◆DJ:シビレ(ロックナイト)
◆出演:田中光、すナマき(「時々自動」より高橋牧&砂川佳代子)、
KUU(岡田太郎from悪い芝居➕津田りつ子)、青木研治、後藤理絵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タミフル(長文)

何年かぶり?は大袈裟か?
酒を飲まない日々が数日続いている。

インフルエンザにかかってしまったからだ。

数日前、夜中に突然、38度ほど熱がでて、
翌日の朝、病院にいったら、もしかしてというか案の定
A型のインフルエンザということが判明し、会社にその旨連絡して
それから数日、タミフルを飲みながら、自宅で静養している。
おかげさまで現在はタミフルは飲んでいるが
熱もすっかり平温に戻っており、あとは安静期間が終わるを待っているという感じ。

まあ、これがインフルエンザじゃなくて、
普通の風邪なら体調が万全に戻ってなくても、もう大丈夫と思ったら
酒を飲んだりするんだけど、今回ばかしはさすがによろしくないだろうと酒を控えている。
薬との副作用がないとも限らないし、
病院でタミフルの処方せんをもらうときに、
まれにタミフルを飲んで異常行動する場合があるので
一応注意してくださいと言われたし、

でもね。

ひとり暮らしの俺に注意しろって言われても注意しようないでしょ、とか思ってしまう。
だって、仮に異常行動起こしてしまったとして、それに気づく人がいないんだから。
少し異常かも?と自分で気づいていられる状況なら、それは異常行動ではないし。

なんて、ほとんど独り言にもほどがあるのだけど、
またブログを久しぶりに書いてみようとおもったのがもしかして異常行動なのか?
それとも、飲み続けて抜けきれずに残っていた酒が抜けはじめたからなのか?

違う。

ブログをまた書いているのは、
まあ、なんかね。
このままじゃ、いかんと思ったのだ。

基本的に、ブログといっても人に目にふれるもの前提で俺は書いているのだけれど
いつも間にか、自分の中でハードルをどんどんあげてしまっていて、
気がつきゃ、最近は詩のアップくらいでしかブログを更新する気がしなかった。
もっと気軽にツイッターとかやればいいのかね?
一応、ツイッターのアカウントはもっているのだけど、一回もツイートしたことがない。
ミクシィはまれにつぶやくけど。

話それたな。

いやね、ブログを更新がおろそかになったホントの理由はそんなんじゃなくて
以前に比べて、自分を心をさらけ出すことに躊躇してしまっていたのだと思う。
いや、晒す場所を選びすぎた末、自分の心の中にとどめておくのが
現状はベターなのかもね。みたいな感じになっていたようだ。

まあ、世の中、いろいろあるじゃないですか。
あとね、あきらかに愚痴のようなものを書くのもどうかなとか思ったり。

あと単純に酒に酔ってブログ書く気力にならなかったり。

かつて全心ストリッパーと名乗っていた自分が嘘みたいだ。

だけど、やっぱり、書きたいことはかけばいいのかなって、
インフルエンザをわずらっているうちにまた思い出したのね。

でないとね。

たぶん、俺が仮に今、異常行動でも起こしてうっかり死んじゃったとしても
きっとリアルに誰も気づかないだろう。

この発想、別にタミフルのせいじゃない。
むしろ、怪我の功名だ。

自宅で静養している間、
自分から誰かに積極的に電話したり、メールしたりするようなこともしてなくて
ほとんど誰とも話していない気がする。

っていうか、ある意味、社会というか世間からプチドロップアウト状態。

ふと、誰かと話しをしたい気はするんだけど、今、自分は誰と話しがしたいのかわからないし
そもそも誰かって時点でそれは誰かに対して失礼だとか思ったりして。

さすがに、もうすっかり大人になってるわけだし
かまってちゃんみたいなノリで、自分をアピールするのも嫌だし。

だけど、ちょっと思ったんだよね。

俺にかまってくれ、って感じは迷惑だけど、
俺と関わっていてくれというノリはありかなって。

てなわけで、反応あるかないかとはともかく、
とりあえずではなく、まず、
自分を晒しておく。

はい、つまり俺は生きてるぜ。

だからね、
やっぱり自分で命を絶ってしまう奴には共感できないね。

キッチンまわりの蛍光灯がチカチカしだしたので、
今日、近所の電気屋に行って蛍光灯を買ってきた。
今まで、真っ白の蛍光灯にしてたんだけど、
今回は裸電球の色にやつを買ってつけかえてみたら
台所周りななんとなくあたたかい雰囲気に変わった。

時には形から変えてみるのもありだろ。

最近なって、携帯をスマホに変えた。
まだあんまり使い慣れていないが、ラジオも音楽も聞けるし
動画なんかもみれたりして、なかなか快適だ。

財布もそろそろ古くなったから買い換えたい。

もう夜中なのに頭は冴えてる。
少し酒も控えてみるかな?

そしたら、俺の日常も変わるかな?

数年ぶりを手帳を買った。

中身はまだ白紙だらけの部分に文字を書き込んでみる。

少しだけわくわくする。

革靴をひさしぶりに磨いた。
今下駄箱で眠っている黒の革靴のつま先のピカピカっぷりは、
俺にいわせれば宇宙レベルだ。

外に出て行きたくなる。

まだ、タミフル残っているし。

もうすこしの我慢だな。

っていうか、
またちょくちょくブログ更新していこうと思うので
たまにみにきてくれたら嬉しいです。

よろしく。








livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ