〜シングルパパは元PTA会長〜

平成25年度より北海道初の「PTA入退会自由化」「委員会制の廃止」にて規約改正を行い、ボランティア制による「強制や強要のない」どなたにも優しいPTAを目指して活動して来ました。4年の会長任期を終え、新たな会長へバトンを繋ぎました。



より多くの保護者や教師の考えるきっかけにして頂けたら幸いです。

高校の組織はPTAではありませんでした!?

娘の私立高校PTAが、何の説明もなく自動入会だったので、学校へ連絡しPTAと後援会の組織について調べるため、会則および広報誌などをお願いしました。

すると後日、ご丁寧に

1 昨年度の保護者と教職員の会 総会議案書
  (会則も組織図も決算書も含む)

2 昨年度の後援会 総会議案書

3 昨年度のPTA広報誌

IMG_1679




















を娘に持たせてくれましたので、じっくりと目を通させて頂きました。



にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
  
ブログランキングに参加しました~
    続きを読む

高校PTAもブラックだなぁ・・・

4月10日、娘が通うことになった私立高校の入学式がありました。

入学式当日までに配布された書類のどこにもPTAという文言がありませんでした。

もう義務教育ではありませんので、特に深く関わろうとも思ってもいませんでしたが、入学式の式次第に

『父母と先生の会会長  祝辞』

とありました。

『なーんだ、この高校にもPTAあるんじゃん。』


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
  
ブログランキングに参加しました~
   続きを読む

PTAでベルマークを集める理由知ってますか?




多くのPTAでは、PTA活動としてベルマークを集めている。


ベルマーク財団が協賛してくれる企業を集めて、それらの企業の商品にベルマークをつけ、そのベルマークを組織として集めると、いろんな商品に交換出来るのだ。

戦後、学校まわりの環境物品がまだ乏しかった時代には、このベルマークを利用した環境整備は大きな役割を果たして来ました。


それでは、今あなたのPTAや学校ではどうでしょうか?


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
  
ブログランキングに参加しました~
     続きを読む

なぜ執行部でもないのに中学校PTA改革が出来たか?



この時期、毎年非常にPTAという組織への関心が高まります。
そこで、みなさんの参考になるかと、twitterにてPTA関連のツイートを綴ったら、なんと24時間で26000超えのアクセスがありました。(twitterは、@moepapapaです。)

そして、
『中学校では、PTA会長でもなく、執行部役員でもないのに、どのようにしてPTA改革が出来たのですか?』

というお問い合わせを多く頂いたので、簡単に経緯をブログにて綴っておきます。

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
  
ブログランキングに参加しました~
    続きを読む

PTA改革から5年、これからの課題!

札幌市立札苗小学校保護者と先生の会(札苗小PTA)が、

1 規約改定を伴った任意加入の周知・徹底

2 委員会を廃止したボランティア制


となって5年が経過しました。

私が会長時代に、徹底的に検討を繰り返した1年と、新たな運営となった2年。

そして、それを引き継いだ川崎会長体制での3年が経過しました。



これまでの経験や現状から今後の課題まで、

『PTAをけっこうラクにたのしくする本』の著者でもあるライターの大塚玲子さんが取材してくれています。

記事はこちらです!

札苗















にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
  
ブログランキングに参加しました~
    続きを読む
プロフィール

moepapa

突然妻を亡くし、娘との父子家庭となったシングルパパの悪戦苦闘の実録日記。
幼稚園と保育園を併用しながら何とか乗り切り、もうMoeは中学1年になりました。お父さんは小学校PTA会長の任期を終え、新たな目標に向かっています。とにかく、いつでも明るく楽しくをモットーに前向きに生きます〜

Twitterでは、moepapapaとしてつぶやいてます!!!(笑)

札幌市立札苗小学校PTA公式ホームページ
北海道シングルパパ支援ネットワーク『えぞ父子ネット』を立ち上げました!
記事検索
私も登場してる本です!
和田中を改革した民間校長 藤原和博さんの本
札幌市が導入を進める「国際バカロレア」教育プログラムの本です
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
メッセージ

いつでも、お気軽に質問なり相談なりしてみて下さい。リアルタイムな返答が出来ない場合もありますが、極力お返事いたします。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ