これまで、札幌市においては市議会本会議の教育長の答弁においても、『PTAの任意加入』についての徹底はそれぞれの単位PTA(各小中学校PTAにおいて)にて取組むべきだという見解が示されて来ました。

数年前までの札幌市PTA協議会会長は、全国へ発信する「札幌人図鑑」というサイトにて、全国のPTAでは入学と同時に自動入会するシステムになっていると暴言を吐いていた始末。(笑)

札幌人図鑑 

そんな中、横浜市PTA連絡協議会がやってくれました!

役員1〜2年の新任役員研修会にて、『PTAが抱える問題として、任意性について』しっかりとした資料にて研修を行ったようです。

スクリーンショット_14_05_22_10_20






























しかも、これらに資料を公式HPにおいても情報発信している点が素晴らしい!!


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
  
ブログランキングに参加しました~

私もこれまで、いろいろな場にて『口先だけの任意加入(入退会自由)』を耳にして来ました。

しかし、公式な資料やホームページにはどこにも残っていないケースがほとんどなのです・・・


横浜市PTA連絡協議会のホームページには、スライドにて使用された資料が開示されております。

横浜PTA資料1
































横浜PTA資料2


































横浜PTA資料3

























どういう経緯にて、ここまでの研修が組まれ、またこの資料の作成に至ったかは確認出来ておりませんが、横浜市PTA協議会事務局や会長にお話を伺ってみたいと思っています。


いよいよ、PTA上部団体にもまともな組織が出て来ました!(笑)




それぞれのPTAを管理・監督・指導する立場にはないと、上部団体も教育委員会も避けて来たPTA任意加入問題に対して、研修会そして資料開示と正面から取組む組織が現れたことは画期的なことだと感じております。



原点から考えなおすPTA

当たり前のことが、当たり前になるPTA




今年も面白くなりそうです!(笑)頑張ります!!