この時期、どこのPTAでも次年度の役員選考に頭を悩ませています。

理想で言うなら、全てが立候補にて決まれば良いのですが、なかなかすんなりとはいきませんよね(笑)

ただし、だからと言って教師や保護者が誰かを勝手に推薦してしまうシステムには問題があります。

ガーラさんのPTAはガラパゴス!

でも、わかりやすく記事として綴ってくれていますので、ご参考にして下さい。


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
  
ブログランキングに参加しました~

どこの組織でも良くあるのが役員選考委員会です。

多くは、その委員会内にて候補者の推薦があり、推薦にあがった人に委員会として打診して承諾を得るというやり方だと思います。

しかし、その委員会にてなかなか候補者が決まらず、また候補としてあげた人に断られた場合、次の手としては何があるでしょう・・・


一般会員や教師からの推薦!


という残酷なシステムです。


その推薦がひとりの保護者に集中してしまったら、どれだけのプレッシャーになるか。

その場合に簡単に断ることが出来るのか?



うちも委員会は廃止しましたが、執行部としての役員会は存続させておりますので、役員さんの選考はしております。私の後任の会長さん候補も2年前から一緒にPTA活動をしております。やはり突然、名前があがって依頼されても困りますよね。

仮になり手がいなくて役員会の人員が少ない場合、集まった人員にて出来る範囲で活動するというのが一番負担が少ないように思います。

または、地域会員や賛助会員などを募って、少子化にて家庭数が減少するなか外部からも人選が出来る組織にしてしまうのもやり方のひとつだと思っています。


PTAではなく、community会員も含めたPTCAという構成の組織化です。

文科省が推奨しているコミュニティースクール制度も「地域の中の学校」という発想ですから、これからの時代においては必要な方向性なのかも知れませんね。


PTA組織内にある「おやじの会」なんかを、子どもが卒業したおやじでも活動に賛同して協力してくれるならば会員として定義するなど、実用的なところから取り組むやり方もあると思っています。もちろんおじいちゃん参加などもOKですしね。

あまり、これまでのPTAの概念に固執してしまうと運営が大変になって来ると思うのです。昔のように全学年5クラスも6クラスもある時代ではなくなって来ましたから、出来る人を集って求められる活動に絞った運営が必要だと思っています。

もちろん任意加入は大前提となります。

今年も2月に入ると新入学の保護者への入学説明会があり、その終わりにPTAの入会のご案内説明をして来ます。冊子の最初のページに大きく「任意加入」と明記してあり、入学式の日に入会意思の確認をさせて頂きます。

そのあとでも、入退会は自由ですのでいつでも退会が出来る説明もしっかりします。



負担を少なくし、出来る人が無理なくやる・・・
実は、3学期始業の日の朝の交通安全指導(旗振り)には3名の応募しかありませんでした。


あそこの小学校の保護者は、やる気がない!

地域のスクールガードや町内会の方々がボランティアで参加してるのに!



など批判の声が聞こえてきそうですが、


『申し訳ありませんが、仕事があったり用事があったり介護をしていたり、いろんな事情をそれぞれの保護者が抱えております。私たちが定年になって皆さんぐらいの世代になったら必ず子どもたちのために朝の交差点に立ちます。それまでは地域の宝である子どもたちのことを、これまで通り見守って下さい。』

とお願いをしています


全員参加の当番制などという学校もありますが、そういう強制はおかしいです。いろんな家庭があります。いろんな考え方の親がいます。子どもの安全を願わない親など存在しませんが、出来ない人もいるのです。

うちの小学校は、共働き家庭が非常に多く、それでも数合わせに必要人数をそろえるとなると、わざわざ仕事を休んだり、小さな子をひとり家に残してまでの活動になってしまいます。

交通安全指導はとても大切ですが、これまでのPTA活動のやり方は見直さなくては時代遅れの組織になってしまいます。

記事の冒頭で紹介したガーラさんのブログタイトル「PTAはガラパゴス」は、本当に的確に今のPTAを表現しているなぁと実感しています。


PTAが被告として訴えられている「熊本のPTA裁判」も、今年度中には結審するでしょう。

どんな結果が出たとしても、それが国内最初の判例になります。その時に、世間ではどんな反応があるのでしょうか?学校やPTA上部団体や教育委員会はどう取り扱うのでしょう・・・楽しみです(笑)