2006年05月18日

801カップリングの略称と符丁としての有効性

【カップリングは単数である】
801のカップリングは、攻キャラクターと受キャラクターの名前を×で並べて表します。

例:鈴木太郎×山田次郎

これは、単に2人の名前を並列している形に見えますが、カップリングは分割して語られることがないため、「鈴木太郎×山田次郎」はお笑い芸人のコンビ名のごとく常に1つのものとして扱われ、2人まとめて単数扱いとなります。
※分割すると「単体萌え」という別物になります。

つまり、「鈴木太郎×山田次郎」という表現は、「鈴木太郎」と「山田次郎」という2人ではなく「鈴木太郎が攻で山田次郎が受のシーンおよび、シチュエーション、またはそれらの設定による作品群」を表す1つの単語となるのです。

さて、この「鈴木太郎×山田次郎」を正しく読むと、「すずきたろうかけるやまだじろう」。

分割して語られることがないならば、
「○巻の○ページはすずきたろうかけるやまだじろうだったよ!」
すずきたろうかけるやまだじろう本でいいのがあった!」
というような悠長な会話を乙女たちはしているのでしょうか。

答えは否です。
「鈴木太郎×山田次郎」にとって、「鈴木太郎」も「山田次郎」重要なファクターですから、いずれかを切り捨てることもいたしません。

そこで出てくるのが、若者言葉の伝家の宝刀、「略称」となるわけです。

【カップリングの略称は基本4文字】
日本語は4文字で略されることが多いことにお気づきでしょうか。
コンビニ、パソコン、キムタク等、あげていくときりがありません。

日本語は長く「五七五調」を心地よいものだとしてきました。
「○○○○は、〜です。」
「○○○○が、〜です。」
主語を口にする時には、助詞・助動詞(てにをは)がつきますから、日本語の単語は4文字がしっくりくるのです(…と国語の時間に習いました)。

カップリングもまた口にしやすいように、姓もしくは名の頭を2文字ずつとって、4文字に略されます。

例:鈴木太郎×山田次郎

このカップリングの場合、略称は「鈴山(すずやま)」「タロジロ」等が考えられます。
これが基本形となります。

【イレギュラーにも屈しない】
頭2文字から4文字の略称にする。
では、それが難しい場合はどうなるのでしょうか。

例:柳沢六郎×渡辺九郎

「柳渡(やなぎわた)」では5文字になってしまう。
「六クロ(ろくくろ)」では「く」が重なって発音し辛い。

これらは遠慮なく発音しやすい文字を選択します。
また4文字では適用できない場合、3文字も視野に入れて考えます。

「ヤナクロ」「六ナベ(ろくなべ)」「ナギ渡(なぎわた)」…

これらが淘汰され、最終的に使われるカップリング表記として、管理人は「ヤナベ」じゃないかと思うのですがいかがでしょうか。

【部外者お断りの符丁】
カップリング表現はより語りやすいことが重要です。
萌えを語っている時に、発音し難い単語を使う余裕などありません。
略称はより語りやすい形へと変化を遂げ、最後には元の正式名称が推測できないほどの言葉になっている場合もあります。

こうやって作り上げられた腐女子専用の略称は、仲間内のみに通用する符丁としても非常に有効なものとなりました。
基本的に腐女子は「自分の妄想をカタギ(腐女子ではない者)に気取られてはいけない」と考えていますから、符丁に付随する「部外者をふるい落とす」という効果は、歓迎すべきものだったのです。

カップリングの略称を使用する際は、
・攻のフルネーム、愛称を知っている
・受のフルネーム、愛称を知っている
・男性キャラクターの名前を並べることの意味を知っている
・使用する相手も腐女子である
これらの前提が必要不可欠です。

「私、佐藤が大好き!」
「私も!佐藤切なげでいいよねー!」
「原作、どう見ても佐藤にしか見えないもん!」
という会話を腐女子がしている場合、ひょっとしたら「佐藤」はキャラクターの名前ではなく、「佐川×藤本」というカップリングを表しているのかもしれません。

【番外:4文字略称の魔力】
腐女子の801フィルター精度が上がって来ると、4文字の言葉が全てカップリングに聞こえるという症状がおこります。

例:
けんこう=健×康
えいよう=栄太×洋次
とうきょう=冬馬×京介

くれぐれもご注意下さい。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/moepre/50086322
この記事へのコメント
すごい…。
この高度な文化を構築した、腐女子に萌えた…。
Posted by Bar at 2006年05月18日 16:35
攻めと受けのフルネームを教えてください
Posted by 涼 at 2006年05月18日 16:35
初めて書き込みます。
常日頃からうんうん頷いたりうんうんうなされたり
総じて楽しませて頂いております。
個人的には、知らないジャンルのカップリング符丁を読解するのが楽しくてたまりません。

>柳沢六郎×渡辺九郎
たとえ話になんですがヤナベも捨てがたいものの
名前に数字が入ってしまうと「六九(ロクキュー)」が有力かと…如何でしょう。
Posted by k子 at 2006年05月18日 16:56
はじめまして。
カップリングの略称について…なかなか奥が深いですね…
4文字に略すのは確かに語呂がいいし、略す事によって一種の暗号化となり、分かる人にしか分からないようになるのが腐女子としても都合がいいのかも。
ところで柳沢六郎×渡辺九郎の略ですが…
…略すならこの場合、ふつうに「ヤナワタ」になると思うのですが。
あと、多分「6×9」というのが考えられるかと。
数字で略すケースも多いですよ。
Posted by 高森ねこ at 2006年05月18日 18:30
無粋な突っ込みですが……「佐川×藤本」、さがわとふじもとならサガフジじゃないでしょうか。書く場合はともかく話し言葉だと「さとう」では符丁にならないような気がします。
Posted by gmax at 2006年05月18日 20:58
たぶん「6×9」でロックでしょう。
Posted by test at 2007年09月14日 17:17
で、佐川×藤本はサフジ。
Posted by test at 2007年09月14日 17:20