モエスパ元町9月8日より営業再開


モエスパ元町Yです。
ご無沙汰していました

9月6日未明に起きた北海道胆振東部地震から10日以上が経ち、余震が時々起こり
不安な日々をお過ごしになられていると思います。

道内全域で起きた停電はほぼ解消されたようですが震源地に近い胆振の被災地を中心に、
道内では今もおよそ1000人以上の方が避難生活を余儀なくされているとの事で
お見舞い申し上げます。

お亡くなりになられた皆様のご冥福をお祈り申し上げます。

モエスパ元町も9/8より営業をしており、水道が断水や停電など
ご自宅でお風呂に入れない利用者様の受け皿としていち早く
営業を再開出来た事を嬉しく思います。

東区では地震の影響で北17条東15丁目(屯田通り)~栄町までの
幹線道路の通行止めなど送迎の時間が多少かかりご迷惑をお掛け
致しました。
モエスパ元町の目の前の道路も陥没しました。

image

現在は工事も終了しています

東15丁目通りも9月17日に全面開通したと前日のニュース
で報道されていました。
写真

徐々に普段の生活に戻りつつあり、モエスパ元町も
今まで以上に利用者様の生活に密着した関わりを
持てるように努力していきますので応援の程宜しく
お願いします。




【モエスパ北25条】感謝の気持ちを込めて



2018年9月17日(月)
本日は、敬老の日でございます。
モエスパ北25条では、昨年に引き続き
いつもご利用いただいている利用者様全員に
日ごろの感謝の気持ちを込めてメッセージカードを作成いたしました。
5名のスタッフで手分けしてお一人お一人ごとにその方への想いをメッセージとしてしたため
本日より皆様にお配りしています。

IMG_0205

【モエスパ北25条】職員紹介リレー!其の②

モエスパ・ブログのファンのみなさま
今日もご覧いただき、ありがとうございます

寒かったり?雨だったり?の、おかしな天候が続いた8月でしたが
体調など崩されてはいませんでしょうか?

そんな平成最後の夏も何となく過ぎ去り、早いものでもう9月
「あっ」という間に2/3が過ぎてしまいました。

そんなチョッとセンチメンタルなセプテンバーに贈る
好評の?職員リレー第2回目は…

平成生まれの 山崎 雄太 さんです。
IMG_0226
利用者様の送迎、フロアでの応対と
いつも汗だくだくで奮闘中の山崎さんは
なんと国家資格である柔道整復師なのです

プロの技術と技で利用者様に癒しを提供している
山崎さんをもっと身近に
モエスパを更に身近に感じていただきたく
5つの質問に答えてもらいました。
IMG_0235


Q1. 柔整師をめざしたのは?
Ans. これからの自分、将来を考え、福祉の仕事は更に増えていくと思い
         柔整師の資格を取ることで医療・福祉の職に就けると思ったからです。


Q2. なぜモエスパに?
Ans. ハローワークで求人票を見て、「お風呂専門のデイサービス?聞いたことないぞっ!?」と
         おもしろそうだと思ったからです。


Q3. モエスパの良さは?
Ans. お風呂に入っていただき、ゆっくりと身体を休めてリラックスできる所だと思います。

Q4. どんな職員になりたい?
Ans. 利用者様から信頼される職員になりたいです。

Q5. お休みの日には?趣味は?
Ans. 自転車に乗ってプラプラするか、1日中寝ているか、どちらかです。
        趣味は現在探しています。




なるほど。自転車は趣味ではないのですね
柔整師は山崎さんのお母さんの
勧めでもあったそうで、
なんと山崎家は、お母さんもお姉さんも介護士という福祉一家

これからの活躍、乞うご期待


「モエスパ元町」体に不自由な方でも安心してお風呂にきてます


こんにちは
モエスパ元町のYです
今回モエスパ元町の利用者様の身体状況について
ちょいご紹介したいと思います


様々な事情でご自宅のお風呂に入れない利用者様が
モエスパに来られます
なるべくお寛ぎ頂くように努力しています

お元気な方から、お体に不自由を感じている方など
たくさんの方が来られていますが、今回脳の病気で
お体に障害を抱えた利用者様について
ご紹介したいと思います

3名の方についてお話させて頂きます

皆様脳疾患で麻痺を抱えて生活されていますが、モエスパ元町に
来てお風呂に入る事が大好きな方です

まずはお一人目
image[1]
※小脳に疾患があり歩行が不安定な方です
ご自宅のお風呂に入れず移動は車椅子。

●週に一度風呂に入れて幸せだといつも言われています。

二人目の方です
image[2]
お顔NGなんです(すいません)
左麻痺で装具を装着。ご自宅ではヘルパーさんが
入浴介助を実施(週1回)。外に出てお風呂に入る
ことをとても楽しみにされています。

三人目の方です。
image[3]
この方も左麻痺の方です。
週に一回一日のデイサービスに通い、その他に
モエスパに来られています
元気な時は毎日お風呂に入っていたとお話されています。

◎皆様いろいろな諸事情をお持ちな方々ですが共通な思いが
あります(お風呂に入りさっぱりしたい)
私達は利用者様の思いに応えるのが使命であり、責任であります。

麻痺や拘縮など身体状況に応じて対応は可能です。
諦めないでご相談ください

またご紹介させてもらいます




【モエスパ北25条】職員紹介リレー!

お盆でお墓参りなどの外出が増えるこの時期
モエスパ北25条でもお休みが増え、寂しい毎日となっています
ご利用人数が少ないからこそ、いつもの倍明るく元気よく営業しております


さて今回は、初めてこちらのブログをご覧くださる方々に向けて
「どんな職員がいるんだろう?」
「安心してお風呂のお手伝いを任せていいのかな?」
という[不安要素を払拭するべく
職員紹介をしてみたいと思います


記念すべき1回目は
当事業所の管理者をご紹介致します

毎日、送迎・入浴介助・軽体操と隙間なく走り回っているこの人


IMG_0112


(散髪前で若干髪の毛が伸び放題ですが・・・)



送迎では、安全運転に心掛けながら定刻にはピタッとご利用者様をお連れしてくれ
入浴介助では、汗びっしょりになりながら背中をこすり
軽体操では、利用者様のやる気を引き出してくれています

そんな管理者瀧口さんに質問を投げかけてみました





Q1    この仕事をしていて嬉しい事ややりがいを感じている事はありますか?

たくさんの利用者様にお越しいただき、利用者様お一人お一人の喜びに関わる機会をいただいている仕事だということに、やり甲斐を感じます。

「背中、気持ちイイョ!」
「チカラ加減いいねぇ…」
「自分で出来ないから、洗ってもらって本当助かる」
「お湯の温度サイコ~」
「昼間から贅沢して幸せ!」など、
お声をかけていただくと、とても嬉しいですし、お役に立てているのかなと感じます。
「ありがとう!」と言っていただけると、やり甲斐のある良い仕事と感じます。



Q2   逆に辛いな・大変だなと感じることはありますか?

3時間15分という限られた時間の中で、
お一人お一人の気持ちを考えて、もっと寄り添ってと思うのですが、
足りないなぁ、できていないなぁ、大変だなぁ…と感じます。

入浴も、持ち時間お一人30分ほどで、流れ作業的にならない様に、
焦らされたと感じることのないように…など、心がけてはいますが、
プレッシャーを感じることもあり、大変だと感じます。

このところ入浴を頻繁に拒否される方がいらっしゃるのですが、
毎回どう接すれば入っていただけるのか?お話しをさせていただきながら考えるのですが、
お一人に付きっきりという訳にもいかず、悩みの一つとなっています。


Q4  モエスパ北25条のここが素晴らしい!を教えてください

利用者様みなさんが、とても良い人たちだというところです。
利用者様からも「ここに来る人たち、みんなイイひとたちだね!」という言葉を

よく伺います。とても素晴らしいと感じます。



Q5   リフレッシュ方法は何ですか?

ん~あまり考えたことがありませんが…。買物でしょうか。

お金がかかるので、そうそうリフレッシュにならないですね。






ご利用者様の評判はというと・・・

「あんな風にされたら体操だってやるしかないもんね。あの人がやるようになってから、みんな体操するようになったよ」
「あの元気は、どこから湧いてくるの?いつも凄いね~」
「男の人の方が力があって、擦ってもらっているな~って感じるよ」

などなど


今日も元気に送迎に入浴介助に体操に
奮闘中です

IMG_0108



















ギャラリー
  • モエスパ元町9月8日より営業再開
  • モエスパ元町9月8日より営業再開
  • 【モエスパ北25条】感謝の気持ちを込めて
  • 【モエスパ北25条】職員紹介リレー!其の②
  • 【モエスパ北25条】職員紹介リレー!其の②
  • 「モエスパ元町」体に不自由な方でも安心してお風呂にきてます
  • 「モエスパ元町」体に不自由な方でも安心してお風呂にきてます
  • 「モエスパ元町」体に不自由な方でも安心してお風呂にきてます
  • 【モエスパ北25条】職員紹介リレー!
カテゴリ別アーカイブ