2005年10月17日

THE EARTH

7ae52419.jpg公開を開始しました。
こちらです↓
http://mofuya.com/flash/the_earth.htm

今回は短編FLASHノベルです。
原作S'-Web、製作MOFUYAのコラボ作品です。


あらすじ:
コンピュータ上で地球を擬似再現するプログラムを開発したアダムとイブ。
最初は順調に進んでいくように思えたが、徐々に肥大化していく地球を目の当たりにし戸惑いはじめる二人。そして・・・

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mofuya/50120599
この記事へのトラックバック
THE EARTH アダムとイブの日記を交互に読みながら・・ 人間の生きる♪    を 知ろう~~ (o^冖^o)V
アダム と イブ【思想だけどね!】at 2005年10月19日 20:26
この記事へのコメント
まだスタート画面みただけなのですが、すごいですね!
私もこういうの作ってみたいです・・絶対ムリだと思うけど(汗)
Posted by POKO at 2005年10月18日 10:55
新しい作品を見させて頂きました。
非常に面白い作品であると同時に、読むうちに自らの存在までもが空虚にさえ感じられた作品でした。
人間の本質、男女の内面の異なりを端的に表したような半導体、そしてそれらの交わりに現在とリンクするものも感じられ非常に斬新な作品でした。
ゲームだけでなくこのようなタイプの作品も非常に面白く感じました。
これからも頑張って頂きたいものです。
Posted by GTO at 2005年10月18日 21:49
新作のFLASHノベル拝読しました。
するする読めるので文章の苦手な方でも楽しめるのではと思います。
ただ欲を言えばもう少しひねってあっても良かったかな〜。(何を偉そうにと言う感じですが;)
でも面白い作品でした。
製作者様お疲れ様でした!
Posted by ソラ at 2005年10月19日 01:18
THE EARTH面白かったです。
更に贅沢を言えば、ストーリーに沿って背景にごく微妙な変化があったりしたら、と思いました。
とは言え、選択肢無しのノベルを最後まで読みきったのはこの作品が初めてです。
大変読み応えがありました。

またこのようなflashを待っています。
Posted by かな at 2005年10月19日 23:59
THE EARTH
おもしろかったです!

途中お風呂入れって言われたんですが
どうしても止めたくなく
ずっと見ていました。

イブがかわいかったです。

地球が進化していくのと共に、アダムとイブの気持ち、日常もえがかれていて、非常に読みやすい作品でした。

でもまさか結果があんなだなんて!!

びっくりしました。
Posted by りか at 2005年10月20日 00:01
なんか言い切れない恐怖に襲われた・・・
でも面白かった。
Posted by 黒人間 at 2005年10月20日 20:04
THE EARTH((あってる?))
おもしろかったです。
見ててどきどきした…

イブがかわいかったw

イブの気持ちにすごい共感できたので
楽しく読めました。
Posted by りか at 2005年10月21日 11:05
THE EARTH 楽しませていただきました。
Flashゲームの新しい可能性を感じました!
さすがです。
Posted by SO at 2005年10月21日 22:23
LAST.
REALTIMEとSYNCHRO(LINK?)
してて凄く恐かったです^^;

THE EARTHとても楽しめました。
次回作品、期待しています。
今後も頑張って下さい。
Posted by 姫 at 2005年10月22日 02:46
いやーーどこかでゲームが始まるかと期待して最後まで読んでしまいました。
途中 エラー 勃発で身構えてしまいました。
最初から、二人の名前で ? って感じでしたが、やっぱね。
人間の歴史をなんで????って疑問が最後で解決・・・。
途中 二択形式で読者にも地球シュミレーションに参加させていただくと良かったかも。
Posted by mYna at 2005年10月22日 09:06
新しいTHE EARTHを見ました。
すごいです…私たちがプログラムで…
予言が…。
結局アダム死んだというか壊れたんですね。
イヴがやったんでしょうか?マザー?
でも面白い!!すっごいです!
Posted by (*´∀`*)猫仔 at 2005年10月22日 19:07
てっきり脱出ゲームの新作と思いきや。
いい意味で裏切られましたw
サウンドノベルとは!!

日記を交互に読んでいくってのは新しくて
斬新ですね!
時折挿入されるイベントも臨場感を高めて、時間とかも今日の日付が表示されるとドキっとしました。
本では表現できない。新しい世界ですね。
色使いとかオープニングの星とかMOFUYAさんのセンスのよさをあらためて感じました。
続編を期待しています!!
Posted by ノザキ at 2005年10月23日 15:48
はじめまして。
脱出ゲームをしようと見たら、新作がUP!されててワクワクしました。

すごいおもしろかったです!!!
Posted by Rumi at 2005年10月23日 17:14
楽しませて頂きました。選択肢も無いし物凄い意外性も特に無かったのですが、最後まで一気にすらすらと読めて良かったです♪
また新しい作品、楽しみにしています!!!
Posted by ルル at 2005年10月23日 19:08
せっかくなのでmixiから飛んでみました。


面白く怖く考えさせられる作品でした
すごく良かったですよ
人間が持つ「なぜ?」をいい形で表してると思います

生、進化、宇宙、死

謎は多いですから・・・


謎といえば・・・
謎解きのSWAN'S ROOMは難しくてヒントみちゃいましたw
Posted by 山形の木村 at 2005年10月23日 22:07
THE EARTH読ませていただきました。
引き込まれてしまって一気に読みました。
雰囲気がすごく好きです。
Posted by しずく at 2005年10月23日 23:28
THE EARTHスゴイです!
ある程度事実とされているコトが元になっているからか、どんどん読めていけました。
特に恐竜の話、ムー・アトランティスの話、ノストラダムスの話などの意外性がとても良かったです!
主人公のコンピュータをアダム・イヴにしてあることと、最後に現在の時間が流れていることで更にその空間に入り込んでいるような感覚にさせられました。
警告音も本気でびっくりしました(笑
ゲーム以外にも、こんな面白いものを作ってくださって本当に嬉しいです♪♪
次回作も楽しみにしています!!
Posted by ミコ at 2005年10月24日 00:09
どもです
新作 ありがとうございます
一気に止まることなく進めてしまいました・・
Posted by chato at 2005年10月25日 16:30
THE EARTHびっくりです、実はこの世界も
何かの実験プログラムなんじゃないか?
と中学生の時シムシティをやっていて何の根拠もなし思ったんですが、正にこれですねw
他の人もそう思ったことってないですか?
自分の場合コンピュータじゃなくて何かすごい精神世界の中で思い描かれた世界なんじゃないかと、思ったんですがね。。
Posted by Ochoa at 2005年10月26日 12:09
すげぇぇぇぇ!もう映画化しましょうこれ!
GO!日テレ!
GO!フジテレ!
GO!東宝
GOGO!ハリウッド!
Posted by Takeru at 2005年10月28日 18:09
面白かったです。
最後のカウンターは・・・・・今自分が生きている世界そのものがこのシュミレーターだったということでしょうか?
Posted by 雑魚軍曹 at 2005年10月28日 21:56
とても読みやすくて面白かったです!!
最後の終わり方もとても好きでした。
今も、「イヴが私たちを見守っている」と思うと不思議な気持ちになりますね(UvU*)゙
Posted by 綾華 at 2005年10月29日 02:43
すっごく面白かったです!
読んでる最中、不思議な気持ちになりました。
なぜ生きているのかとか色々考えさせてもらいました.....。(゚ーÅ) ホロリ
それにしても、イブ可愛いですね(*´∀`)ポワワ
Posted by ゆぅ at 2005年10月29日 20:13
進んで言うにつれやばいよそして最後にはあれがというより今の日付になってるのがびっくりしたような
Posted by ウルトラマン at 2005年10月30日 09:56
凄かったです!!ゲームだヶド、現実を考えさせられるそんな感じでした。ノストラダムスなど、リアル感があって、本当にノストラダムスはプログラムに気づいているようで恐かったです。゚(゚´Д`*゚)゚。
次回の作品、楽しみにしています♪♪
Posted by *クラオレ* at 2005年10月30日 13:32
いや・・・もうすごいとしか言えませんね・・・。素晴らしいです。
ムーにアトランティスにノストラダムスの予言に・・・。感動しました!!
最後に、この世界がプログラム・・・とか色々考えてしまいました。あと、イブって人間じゃなかったんですね。
面白かったです^^
Posted by 蘭 at 2005年10月30日 15:01
ムーやアトランティスが進歩していた理由の
仮説に等しいお話で、とても面白かったです。
私がこうして書き込んでいるのもイヴ達のプログラムの中のことなのでしょうかね?^^;
Posted by くるぶし at 2005年10月30日 16:42
非常に面白かった
Posted by レッツレモン at 2005年10月31日 01:06
一言・・・・すごいとしか言えないです・・・・
イブみたいな人が増えてくるといいんですけどね・・・
Posted by カオスナイト at 2005年10月31日 02:45
初めて作品を鑑賞させてもらいましたが、一気に読み進めてしまいました。

二人の日記を相互に読んでいくというのは、大変面白かったです。ちょっとした日常の出来事に対しての、アダムとイヴのそれぞれの男女の考え方の違い、それによって互いに心のすれ違いがあって、相手に不満を持ったとしても、なんだかんだで二人ともお互いを必要としていて、そしてお互いに尊重しあう様は、読んでいて本当にほほえましかったです。それだけに後半に二人の心が、離れていく様は見ていて悲しかったですね・・・。
私は、男だからか、アダムの方に共感してたかなと思います。例えば「女って奴は本当に分からん」とか(笑)
日記は、一つ一つの文章が短めで、テンポよく読み進められました。流れている曲も、個人的に良かったですし、読み進むにすれて曲に緊迫感が出てくるのもいいなと感じました。
Posted by ボゴ・ア・ボーゴ at 2005年10月31日 17:09
拝読(というのだろうか?)させてもらいました・・・
圧巻です。
こういう、「問いかけで終わる」系の作品が大好きなのもありましたが・・これは、すごい。
何がすごいのかを具体的に表現することはできないわけですが!(ぇー
「カウンター」が今の時刻指してるってのも小説では表現できないところですね。
アダムの日記・・やがて人類はマザーに侵入し、イヴの持つソレを手に入れるのだろうか。
そして結局、隕石衝突プログラムで世界を終わらすんだろうなぁ・・
Posted by 伝 at 2005年10月31日 22:29
とても面白かったです。最後のカウンターに思わず感嘆の声が出てしまいました。
いつか、人類はマザーを通してイブの世界に出現することができるのでしょうか。
Posted by ちくわ at 2005年11月01日 15:42
とても面白かったです!楽しませていただきました!!!またこういう、作品を作って欲しいです。
Posted by 咲☆ at 2005年11月01日 19:18
とても面白かったです。
警告音が鳴った時はどきっとさせられました…!(笑

脱出ゲも好きですが、こういうのもとても面白いです…!!!!
Posted by 雪崩 at 2005年11月02日 21:39
人間の「生」生きることの意義を考えさせられました。この世に「神」は存在しない、これからの地球を救うも滅ぼすも全ては我々「人間」しだいなのだと・・・。
Posted by KAT at 2005年11月03日 21:34
疲れた。でも面白い♪
Posted by lkjんb at 2005年11月04日 16:51
最後まで見ないと結末がわからないっていう作品はそう作れるもんじゃないですね。この作品は途中で結末が予想できませんでした。
久しぶりに考えさせられるflashを観た気がします。
とても面白かったし、文章も読みやすかったです。
こういう作品をまた期待します。
Posted by パイン at 2005年11月05日 01:18
7月の28日(アダム最後の日)がすごかった。
終わったあとは考えさせられました。
 ・・・・・・・ノストラダムスすごい!
Posted by 魏櫓艪(ぎろろ) at 2005年11月05日 17:07
俺は小6のバカなので最初の話は分かりずらかったけど最後になってようやく分かりましたw納得できる・・・・・・・・・・。考えさせられるねwここの作品は俺一つもクリア出来なかったけど最終的に進められるというのは俺にとってほかの人にとって結構便利だとは思いますのでこれからもいろんな作品作っていってクダサイ応援してます  ・・。(*´∀`)⊃旦
Posted by *★哲也★*○■。゜。* at 2005年11月05日 20:52
イブと、アダムって、機械なんでしょうか???
最後のメモリーチップって・・・・

・・・っとっとにかくすごかったです!!!
見ごたえがありました。
アダム壊れたんだ。。。。
Posted by ベルル☆ at 2005年11月09日 15:59
ノストラダムスがきずいたのだ!!!
Posted by グロイン at 2005年11月09日 19:59
新たがこの世界の、預言者なんじゃないですか?
このフラッシュでそれを伝えたかったのでしょう…………
って話が飛んでますね
Posted by あはは at 2005年11月09日 20:01
結構予想は出来てたけど
まさかアダムとイヴが機械だということと
パソの時間につながってるのはすごいと。

斬新な作品でとても良かったです
Posted by アイワハ at 2005年11月10日 15:43
なぜかスターオーシャン3とかぶって見えた・・・
アダムはルシファー、イブはブレアだ

Posted by ゅぅ at 2005年11月11日 16:53
アダムとイブは機械だったの?         7月28日のとき・・・私はびっくりした・・・。                       愛する人だけど・・・地球を守るために・・・  イブはアダムのメモリーチップをとってアダムを 壊したんだ・・・・・。            イブはすごい・・・。私だったら・・・・    そんなことできない・・・・・・・・・・。  
Posted by 青空のナミダ at 2005年11月11日 17:35
THE EARTHを読むと人間の本性は悪だと思う。
しかし人間は教育や周囲の人々との交流で本性の悪を
更生させ善に変えるのだと僕は考える。しかし
世界はこの考えとまったく逆の方向に進んでいる。
今日でも戦争や紛争、内戦、テロが多発している。直接戦火を交わしていないが、韓国と北朝鮮のように政治的、軍事的に対立している国もある。これはどういうことだろうか?我々人類は自分たちのしている愚かさに気づかなければならない。
戦争がおこる理由には次の2つの理由があげられる。
1 資源、領土の獲得のため
2 信じている宗教との違いから
これを考えると人類の愚かさに改めて気付く。
資源、領土、といった小さいものを獲得するよりも、
人間の真の目標を達成すべきである。
信じている宗教が違っていても違いを認め
他の人の信仰する宗教を尊重すべきである。
このような僕の考えが皆さんに伝われば幸いです。
Posted by OOTEC at 2005年11月13日 00:11
みんな褒めすぎww
よく出来たゲーム(?)だけど
所詮はゲーム
シナリオは他の例外に漏れず茶番だなぁ
Posted by アズ at 2005年11月13日 12:27
>>アズ氏

批判するのはいいと思うが、もう少し具体的に書いたらどうかな?

否定する事は簡単なんだよね。
相対的に自分を高める事が出来るしさ。
Posted by サスケ at 2005年11月13日 13:15
あんまりおもしろくない。
Posted by xxx at 2005年11月14日 12:06
短編FLASHとはいえ、スケールが大きいですね。
最後のカウントからは、しばらく目が離せませんでした。
思わず空を見上げてしまいましたぁ。
もしかしたら、本当にこの地球はプログラムかもしれませんね。・・・そんな事は誰も知りませんヶド。
Posted by !!!!! at 2005年11月14日 16:10
このFlashを見て暫く呆然としていました。
これを書くのにも上手い言葉が見つからずに随分時間がかかってます。
ただの物語にしか過ぎないのに、そのスケールの大きさと妙な現実味と架空さが合わさってやけにリアルに感じましたね。
自分の存在を本当に証明できるものなんて在るのでしょうか?そして自分が居たところで世界はどうなるのでしょうか?多分世界は何も変わらないでしょう。
この物語も結局はただの物語で終わってしまうかもしれません。
でも、これには何人もの人の心を動かすことが出来る「小さくて大きい」世界観が在るのではないでしょうか。
Posted by R at 2005年11月14日 18:46
読み終えたあといろいろ考えさせられました。

もしわれわれのこの世界がコンピュータで作られたものだったとしたら・・・
イブがアダムを手にかけてまで守ったものに見合う世界になっているのか、これからなるのか・・・

そんなことを考えてました(笑
Posted by noname at 2005年11月15日 16:50
>サスケ氏
じゃあ少し具体的に
この手の作品は今では新しいものではない。
寧ろこの手の作品は製作バブルが過ぎ去ったばかりで正直みんな食傷気味。
ノストラダムスのあたりのくだりなんかがすごい陳腐(あの部分はいらないと思う)
全体的に詰めが甘い。このテーマならもう少しふくらませられるはず
でもネットで公開されているこの手のゲームのシナリオの中では完成度はかなり良いレベルだと思います
ただみなさんの評価が良すぎると言うかオーバーとだなぁと思って・・・
決してこのゲームがおもしろくないとか言ってるわけではないので

それとこのコメント欄に否定的な意見は書き込むなってのはおかしい。何のためのコメント欄なのか

あと、前の書き込みで俺例外に漏れずって書いてましたね日本語不自由(恥
Posted by アズ at 2005年11月15日 20:55
この作品最後まで拝見させていただいたのですが・・・
かなり完成度が高くてよかったです
Posted by ジョン at 2005年11月17日 23:37
いろいろ考えさせられる作品でした。
個人のFLASHではかなりレベル高いですねー。
警告表示はドキってしたヨ。
Posted by バット at 2005年11月19日 13:51
すっんげェェェェェェェェェェェェィィィィ
おもしゃぃ ハハ
Posted by まぃ仔 at 2005年11月19日 17:51
おもろい!!!!!
Posted by ガイ at 2005年11月19日 19:07
少し長かったですが完成度が高く、俺達のいる現実世界とうまくリンクしているのが良かった。
欲を言えば、もう少し詳細な設定が欲しかった。
Posted by 暇人 at 2005年11月19日 20:08
すげ〜〜〜〜〜
Posted by マッチョ at 2005年11月20日 04:36
mixiから飛んできました。
ノベル読みました!(脱出ゲームもやったけど)
発想がすごいし、最終的にうまくまとめてあって、
私はこういうの好きだなー。
最後の日時が、今日と同じ日にちと時間だったので
ドキっとして、ちょっと怖かったけどでもとても楽しかった!
また次回も期待してます♪
Posted by yuka♪ at 2005年11月21日 02:32
小5のバカでもとても感動しました・・・でも・・・自分がプログラムだったら信じたくないな〜
Posted by 感動 at 2005年11月21日 19:48
ものすごくスケールの大きな話だったけど、自然に読めて、最後の方はドキドキしながら読んでました。またこういう作品作ってほしいです!
Posted by クラウン at 2005年11月23日 20:04
ムーやアトランティスが、早い段階で宇宙に出るというのには、びっくりしました。
Posted by 154890人目の脱出者 at 2005年11月23日 21:40
すんごいですね・・・・・・言う言葉なくしちゃいます
Posted by なつみ at 2005年11月26日 11:12
ホントおもしろかったです。
なんか涙が出ました。

また新作をお待ちしています。
Posted by sugi at 2005年11月26日 14:20
生命を無から歴史をたどるというストーリー展開の中で、男女の発想の違い描きだしているところが楽しかったです。地球・人類・リアル・バーチャル・地球の今後・・・・いろんな意味で考えさえていただいたストーリーでした。ありがとうございました!
Posted by ma-ya at 2005年11月30日 21:42
たった今ノベル読み終わりました^^
読んでる途中からドキドキしてました。
最後の日記が今日の日付で偶然?と思いました。最後のカウンターもリアルタイムでかなり驚き!
こういった話は大好きです^^ 完成度の高い作品で感動しましたw
今後も期待しています。
素晴らしい作品をプレイさせていただきありがとうございました。
Posted by ゆう at 2005年12月02日 09:10
とても感動しました。僕もこんな作品をさがしていました
Posted by k at 2005年12月02日 19:05
とても感慨深いものでした。
男女の考えの違いがリアルに感じられました。
最初は「なんだ、読むだけか」なんて思ってしまいましたが、
読んでいるうちに物語にのめりこみ
最後は「なるほど・・・!」
これからも素敵なお話・ゲームを楽しみにしています。
Posted by 焼き鳥 at 2005年12月04日 16:54
http://www2.ocn.ne.jp/~inayama/psychic.html
↑ノストラダムスってここにのってるのが真実だと思ったのだが・・・・
Posted by 抹茶 at 2005年12月04日 18:54
そんなことより
イブが管理人に日記を?・・・
なんちゃって
Posted by 抹茶 at 2005年12月04日 18:56
なんか最後にアダムが「傷つけあわないようにプログラミングされているのではなかったのか」って書いてたけど結局二人はプログロムだったわけ?
なんか複雑。
Posted by 誰だ!? at 2005年12月04日 19:32
あんまおもしろくなかった。。。。

Posted by d at 2005年12月06日 17:55
 視覚効果が最小限にもかかわらず、効果的でなにより洗練されていて美しい。
 二人のキャラクターが確立していて徐々に人格が変化して行くこと、中盤のアラート、音楽の雰囲気の変わりようといい、飽きさせず最後まで読ませます。
 現実世界とリンクしているところ、していないところが非常にうまく使われていて、いいアクセントとなり物語の深みを増している。
 さらにはエンディングの空虚感といったらかっこよさと相まって、「新しい文化ジャンル」を強く意識させます。
 次世代の文学作品のカタチがここに表れたと思わずにはいられません。
 次回作を楽しみにしております。

Posted by tokia at 2005年12月06日 20:22
本当にさくさく読めて、大変面白かったです。
欲を言えば、・・・の所でスピードが遅くなるのがイライラするのでいらない、というのと、2つめと3つめの音楽のループ間のノイズが聞こえてしまうのが残念でした。せっかく良い音楽なのにもったいないですね。
でも全体的に見て良く出来てると思いました。
Posted by アンジー at 2005年12月07日 06:29
おもしろかったっ!
読み終えてしまった今は、正直最近アリガチなテーマ(リアルとバーチャル)のような気もしますが、日記での対話形式を含めたその演出が見事なんでしょうね。途中で止めることが出来ずイッキ読みでした。脱出ゲームも含めてファンになりました。これからも頑張ってください。次回作も楽しみにしています。
Posted by ぼんれす at 2005年12月08日 19:29
もしかしたら私たちって本当にプログラムなのかも・・・と一瞬考えこんでしまいました。
もうすごいとしかいいようがありません!!!
私は読書オタクとみんなにばかにされるくらい本を読むのですが、こんなに夢中で読んだのは初めてです!!!
脱出ゲ−ムも見事です。
またこういう感じの、お願いします!!!
Posted by AA at 2005年12月09日 18:33
すごいですね!
これは面白い!
内容も良かったけど、作品のスタイルが斬新というか面白かったです。
これからもがんばって素晴らしい作品を作っていってください。
Posted by ykhm at 2005年12月10日 20:24
Good.
Posted by tomo at 2005年12月10日 20:40
初めまして。
ユリと申します。
ここには実は前からきてゲームさしてもらってました(おい
でも、今日は地球のお話をみて、管理人様に感想を報告しようと思ってきました。まあ、ここのゲームはとても面白くて遊ばせてもらってます。
そのなかでも今日みたTHE EARTHというのがとても気に入りました。最初、2人の恋が発展(!?)していうのかと思っていたのですが、最後哀しい結末になってしまって、涙がでそうになりました(本当ですよ!!
すごく感動しました。
アダムのためにも、地球のためにもアダムを停止したんだと思いました。感動ものに弱くて・・・(涙
とても気に入りましたので、またこういった作品をまっています。私もブログもっているんできてみてください。(とてもくだらない文ですが)
それでは。
Posted by ユリ at 2005年12月15日 18:28
初めまして〜
ストーリーの見せ方が素晴らしかったです。
一見文章を淡々と追っていくようでも、先が読みたい、と思わせる演出や表現。
イブの気持ちも好きですが、先を知りたくて自分はアダムになっちゃいそうな気がします。
この場合はプログラムでしたけど、現実に通じるものはあるのではないでしょうか。
人類はどこかで気付けるのかな・・・?
ゲームの中に一つの世界を見せられたと思いました。素晴らしかったです〜
Posted by RIO at 2005年12月17日 00:59
なんっつうか、感動しましたね。
最初は、アダムとイブは人間で、このゲームは人間性がかかれてるなと思ったんですよ。
でも、最後あんなどんでん返しとはね・・・。
面白かったっですよ。
ココで言い争いしてる人がいましたが、それもある意味アダムとイブですね。
んで、読んでるうちにすっげぇ先が気になるんですよ。
俺は、アダムに共感してしまいましたね。
なんで生きてんのかなぁ、とか。
行き着く先はなんだろう、とか。
イブの守りたいという気持ちもわからない気でもないですけど。
っとまぁ。感想はこんなもんです。
まとめると。
すっげぇ面白かった。感動した。
Posted by 狼男 at 2005年12月18日 02:37
この作品を読んで人間がなぜ在るのかと考えさせられました。でも自分がもしイブだったら同じことをしていたかもしれません。
Posted by 自分 at 2005年12月18日 10:26
とてもおもしろい作品でした!でも最後あたりがよくわからなかったです。。。
序盤から結末にかけてだんだんドキドキしてきました。
Posted by こう at 2005年12月18日 22:48
ものすごく深い話でした。
私も文章は書きますが、こういう捻りはなかなか…勉強させていただきました。
Posted by なな at 2005年12月19日 20:47
全体的に綺麗にまとまっていてよかったと思います。視覚効果もうまく使ってあってすごいと思いました。
ただストーリーのほうが鈴木○司氏の「バースデイ」の二番煎じという感じがしなくも無かったです。別々の人間の視点から描くという手法は結末や最後のどんでん返しがある程度限られてしまい、新本格のミステリーに慣れた読者にはラストが見破られてしまうのでもうすこし捻りを利かせてほしかったかなと思います。
これからも頑張ってください。
Posted by ある at 2005年12月21日 00:26
つまんね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Posted by at 2005年12月21日 16:32
初めまして。

SWAN部屋はヒント無しで三日かけてクリアできました。
よく布団に入っての寝る前に
「もしかして、あーやるのかな?」等と
アイデアが浮かんできたりして…。
一番難解だったのは蛍光塗料でした。
何気なく調べてたら、本のタイトルを見て
ビビッと来ましたよ。本当にやられました。

さて、今回のTHE EARTHですが、とても楽しめました。
人類の歴史の謎多き部分を上手く絡ませているのが
すごいです。短いストーリーの中に
これだけの要素を取り入れ、受け手に考えさせると
言った作品は、なかなか貴重ではないでしょうか。

人類が絶滅した後の話だったのですね…。
イヴの気持ち、とても共感できた故に、色々
痛感させられる部分がアダムに感じられました。

この様な素晴らしい作品に出会えて感動しました。

今後もより一層素敵な作品を作っていって下さい。
Posted by kouji at 2005年12月22日 09:06
長っっっっっ!!!!
Posted by a at 2005年12月22日 14:08
全体的に楽しめました。

ただ、ムーとアトランティスの話のところで、宇宙に飛び出すぐらいの文明なら既に地球の他の地域に進出しているのが自然だと思います。大陸を沈めたところで何の解決にもならないのでは、と感じました。

あと、コンピュータが自分達の誕生の秘密を知りたいのならば、2000年より後の進化を見たいと思うのが自然なのでは、とも感じました。
Posted by kazu at 2005年12月23日 15:43
とても現実感のあるお話でした
宇宙の不思議、大陸の消滅、それをこのような形でまとめるとは・・・
正直、尊敬します
とても、筋の通っている内容でしたから、「本当にこの世界はそうなのかな?」と疑ってしまいそうになったくらいです

すばらしい作品、ありがとうございます
今後もまたこのような作品を期待しています
Posted by magna at 2005年12月23日 17:09
楽しかったです!
新しい試みに感服しました。
しかし4大文明といいますが
すでにその頃には複数の文明が栄えていたといいます。

これからも作品楽しみにしています!
Posted by      at 2005年12月24日 14:39
面白いですねw
2回も見てしまったw
Posted by 猫 at 2005年12月24日 15:14
非常に読みやすく、内容もちゃんとわかっておもしろかったです!
Posted by mkmk at 2005年12月25日 10:35
THE EARTH、とても興味深い作品でした。
お恥ずかしい話私はサウンドノベル→読むだけ→文章力のある人と無い人との差がある→無い人だったら見て不快感を味わうだけ という全くもって上の方から見ている偉そうな考えを持っていたのでそういう類いのものは見ていなかったのですが、今回はモフモフ様のお力を信じて思いきって読んでみました。
最初はそんな視点から見ていたので、「アダムとイブ…名前安直だなぁ」などと本当に失礼な事を考えていたのですが、それこそアダムとイブという名前でなければ繋がらないストーリーでしたね。
Posted by fuwa at 2005年12月25日 22:22
地球を創っていく、その過程(今も過程ですが)のアダムとイブの研究をしている気持ち、どちらも一理あるなと思いました。
人間の汚い部分を見ているアダム。人間のきれいな所を見ているイブ。
どちらを見て地球の今後を考えるべきだったのかは私ごときには判断できませんが、そのどちらも見ているモフモフ様には驚きました。
また、男女の考えというものも明確に書き表わされていて、ストーリーとして楽しめる一つだったと思います。この部分が無ければ、少し重過ぎたかもしれないと思ってしまいました。でもこの部分があったことで本当に共感することができましたし、この世界に入り込める入り口になっていたと思います。
Posted by fuwa at 2005年12月25日 22:23
私としては、アダムとイブが和解して、別の解決方法ができることを祈っていたので最後には少し無力感が残りました。でもこれもこれで納得のいく終わり方だったと思います。
ちなみに、今日がちょうど12月25日という事もあって最後のイブの日記の後のカウントではより感動しました。
本当に地球について考えさせられるお話でした。面白かったです。
それでは、連続で書き込んでしまって申し訳ありませんでした;失礼致します。
Posted by fuwa at 2005年12月25日 22:25
最後はびっくりしました。思わず時計を見てしまいました!!
今日はいろいろ考えて眠れそうにないです(ワラ)
Posted by tomoya at 2005年12月27日 01:48
難しいんよ!!!!!!
Posted by ブルック at 2005年12月27日 14:06
一挙に読みました。
いろいろ考えさせられました。
いろんな人にみてもらえるといいですね☆
Posted by kaoru3 at 2005年12月27日 23:21
ねぇ。どういうこと。
この世界を恐怖でおそうなんて。
今すぐ消して。
Posted by あきな at 2005年12月28日 17:28
これ面白いですねえ。
ムービーもなく画面の切り替えだけなのに全然飽きさせない。
単調と思えたBGMも文章を追うテンポとしては最適。
難解すぎないストーリー展開、妙にかわいらしいイブ、絶妙のタイミングで入る警告画面...アトランティスやらムーやら出てきたときにはどうなるのかと思いました(失礼)が、最後まで充分楽しめました。
ソフィーの世界やマトリックスが一般に浸透しているので、逆に入りやすい世界観だと思います。
楽しい時間をありがとうございました。
Posted by junjun at 2005年12月29日 18:37
これはすごい・・・
人の心を完全にバーチャルの世界に引きずり込んじゃいますね。。。
なんか怖い・・・
Posted by くりかん at 2006年01月03日 22:11
もしかして僕達もプログラムなのかな・・・
あぁ怖い・・・
Posted by くりのかんずめ(↑追加 at 2006年01月03日 22:17
最後びっくりした!
これっすげー
Posted by yuyuyu at 2006年01月04日 08:45
イブがものすごく鬱陶しく思えた

対極する人間を使うことでどちらかに感情移入させれる作品だと思った。

1999年というと、あの有名な予言とかけてるだろうか(´・ω・`)現実と違うと気づいたノストラダムスなだけに。

だからあの時何もおきなかったのかっ と言ってみる。複雑に物事が絡んだいい物語だと思います
(´ω`)
Posted by 男 at 2006年01月05日 05:44
2回目の書き込み。あんましおもしろくもなかった。てかこれって恋愛小説みたいなもんだよね。う〜む・・・・分かるけど複雑だな〜
Posted by 誰だ!? at 2006年01月05日 21:39
改めて読むと面白いじゃないか。でも7月12日の「警告」にはビビッタな〜。僕のPCがいかれてるかと思ったよ。Lv5だったし・・・・・よっぽど重要なメッセージだったんだな。
Posted by ファンロンモン(誰だ!?だよ) at 2006年01月05日 21:47
なんかなんていったらいいかわからないけど、いろいろ考えさせてくれる話でした。
こういう話を多くの人に見てもらいたいと思いました。
Posted by ゆうや at 2006年01月05日 22:35
上でも言われてるけどオチが読める、ってのはあると感じる、けれどもそれが決してマイナス要素になってないことに驚く。
雰囲気の演出に関しては脱帽、このセンスがうらやましい限りです。
ノストラダムスやムー大陸、アトランティス文明を織り交ぜることで実感と味を出していると感じます、完成度も高くすばらしい作品だと思います。
今後の作品にも期待しています。

あと、原作はMOFU2さんじゃないそうですよ、と
Posted by nanasi at 2006年01月06日 08:32
悲しくて 切なくて 恐い 

よかったです。
Posted by Enny at 2006年01月06日 12:33
とても面白かったです。
また観たいです。
Posted by うっしー at 2006年01月10日 12:24
この人たちは天才だ!凄い!
Posted by SHO at 2006年01月10日 15:26
読むうちにそうだったんだ・・・と思いました。
アトランティスはこうして無くなったのか。
すごく、面白くて斬新でした。
Posted by 夜色 at 2006年01月12日 22:22
THE EARTH
 本当におもしろい(怖い?)作品でした。
 何か、考えさせられるところがあり
 興味深く最後まで読ませて頂きました。

 人間って、生命って、進化ってなに!?

 また、素晴らしい作品を作ってください。
Posted by ぱぱ at 2006年01月13日 04:19
は?なにこれいみわかんな〜い(・A・)/
なんかよく意味がわかんなかったからすぐけした〜
なんなのこれは?意味ふめーーーーーーーーー!!!
Posted by masa at 2006年01月15日 15:37
すごくおもしろかった。
こわかったけど、でもドキドキした。
すごい発想ですね。
Posted by ナイショ at 2006年01月16日 19:33
空気よめなくてすいません。
次の更新日はいつ?
Posted by a at 2006年01月19日 20:28
人からすすめられて読みました。

ストーリーの結末がとても意外で、
面白かったです。

しかも、音楽がとても良い感じでした。

背景はとても単純に地球の絵があるだけなのに、
雰囲気が出ててとても良かったと思います。

次の作品も楽しみにしています。
Posted by 空 at 2006年01月24日 13:08
こうしてノストラダムスの予言が当たらなかったとさ。チャンチャン♪
Posted by ああああ at 2006年01月26日 09:20
タイムリミットが近づくにつれ、

どちらも自分が『神』と思ってるんじゃないか!?

狂気に走っているんじゃないか!?

と、暗中模索してしまいましたw

あっという間に読み終えて、ふぅ〜・・

エンドロールが終わったあと、ドキッとした。

思わず、確かめちゃいましたよ♪

とても興味深いストーリーで楽しかったです。
Posted by ロン at 2006年01月27日 00:52
これは非常に興味深い作品だと思います
Posted by キリン at 2006年01月28日 21:02
「この結末を書きたいんだ!」という意志が伝わってくる作品でとても良かったです。
人が新しく生み出したものにケチをつけることは簡単な事なのですが、
それでも物語の設定やプロット同士の結び付け・理由付けの点ではもうあと一歩、
というのが正直な感想です。

とはいえ、最後まで作り上げたことの方が素晴らしい!
Posted by ダイスケハナコ at 2006年01月29日 11:21
映画化・・・いけんじゃない?
Posted by YUTA at 2006年02月03日 23:44
人の心情の移り変わりが良かったと思いますが、後半は殆ど詳しい描写が出来なくなってしまっているように感じました。
最後のカウンターが今の時間と一緒だと言うのはぐっと来ました。
デジタルだからこそ成せる技ですね。
Posted by レイズ at 2006年02月04日 13:57
おもしろかったです。とても感動しました!

最後の日が2/6の今日だったんでおどろきました!
Posted by アティス at 2006年02月06日 19:20
今日、0時くらいから、脱出(むずい方)と、THE EARTHの二作をやらせてもらいました。面白かったです。

この作品を見て、アダムの気持ちも良く分かるし、それが悪いことだと決め付けることも出来ないことだと思います。が、それでは人類は必ず滅びてしまいます。政治、戦争、自然破壊…一つ一つが複雑な概念で、見返りのデータは沢山得ることができます。今の文明は、これらが無ければ成り立ちませんでした。
イブの気持ちで、人類全体が生きていかない限り、人は滅び去ってしまいます。要は、欲を捨てて、文明の進化を捨てて、自然の中で生きていくってことかも解りませんが…。

人間が生きてる意味なんて、オレが知りたいくらいですが、先進国の知的財産に恵まれた私達全員が感が無ければならない永遠のテーマですよね…
Posted by オウジー at 2006年02月08日 03:21
みなさんのように具体的に(知的に?)感想はかけないのですが新しい感じでとても面白かったです!!アダムが最初はイヴを必要としていたのにだんだんかわっていっていくところやイヴのアダムを思う様子がよかったです(^^)イヴがけなげで乙女そのもの?かわいかったです。ハッピーエンドとは違うけどバットエンドでもないかんじがよかったです!!(бuб)長くなってすいませんm(__)m
Posted by 伯爵 at 2006年02月10日 19:29
面白かったです…
初めは面白くなさそうだな、と思っていたのですが…
7月28日のあの結末、そして最後のイブの日記にどきりとさせられました。
アダムとイブの世界にはコンピュータしか存在していなかったのですね。
そして彼らもまたコンピュータで…そのコンピュータが作ったのが地球というプログラムで
うーん考えさせられますね。

エンドロールの後のカウンターを見てると悲しくなるような切なくなるような、そんな気持ちになりました。
この世界もプログラムなのかな…、と考えてしまいます。

小さい頃、この世界は全部誰かの手によって作られたもので、自分以外の人間はこういう風に行動するよう作られている、とか考えた事があるんですけど
それが見事にフラッシュバックしました。
あーなんというか、もうお見事としか言い様が無いです…!
Posted by ぐり at 2006年02月14日 00:19
なんと言うか。
俺の考え方と似ていたのが吃驚しました。

でも、それをこのように表現できるのがとても素晴らしいと思います。

p.s.
警告音にマジでビビりました。小さいな…俺。
Posted by wee at 2006年02月18日 19:36
最初は惑星Xがらみかと思っていたら・・・それ以上の結末でした。
「人類が絶滅した理由」は、物語の中にはありませんで
したが・・・
チップから取り出した物語は「黙示録の無い聖書?」として配布されるんでしょうか?ただ、すでに神の概念は与えられて設定なので、配布されたものは「邪教」扱いされるかもしれませんね・・・
Posted by ううう・・・ at 2006年02月22日 00:54
自分たちがこの物語にあったプログラムだとしたら
凄く怖い。
最後に出てくる現実のカウンターには驚いた・・・・・。
Posted by tibi at 2006年02月24日 22:21
すっごく感動しました・・・
いろんな予言とかが交じり合って、そして最後にあの結末なんて・・・
もう本当に自分の生きている世界が自分のものではないような気がして怖かったけど、何とか最後まで読み終えることができましたw
またこういうの作ってほしいです!
楽しみにしてます
警告音にちょっとびびりました・・・
Posted by はる at 2006年02月25日 20:35
きれいです・・・・・・。
Posted by stone at 2006年03月04日 22:39
なかなか興味深い作品ですね。

アダムとイブがロボットであると語られる前まで、私はプログラム上の地球とそれを観察するアダムとイブそれら全てが、また別の誰かによって観察されているプログラムかもしれないなと思っていました。
箱の中に箱、その箱の中にもまた箱、というパンドラの箱に似た何かかも・・・と。
ネタバレですね…すみません。

もしパンドラの地球であるとしたら、今あのフラッシュを見ている私は何番目の地球にいるのだろうと考えていました。
無限ループしてしまう事象なので答えは出ないような気もしますが、こういう事を考えるのが好きらしい私の心には強い印象を残しました。

新しいコンテンツができあがるのを心待ちにしています。

((なんて考えている私はプログラムかもしれない・・・
Posted by 銀 at 2006年03月08日 19:37
とてもスケールの大きい話で面白かったです。
本当にコンピューターでこんなことが出来るのか?気になります…

子供のとき、宇宙についてよく考えてましたw
そして、もしかしたらこの宇宙は大きい巨大生物のお腹の中で、私たちはそこで繁殖してる細胞みたいなものなんじゃないか・・・などなど妄想してましたw
でもこの様に本格的な文章で書かれると、本当に在り得そうな気がしてきますね・・・。

ムー大陸はイブが侵した小さなバグだったという発想が凄いと思いました。
Posted by 純 at 2006年03月11日 14:00
面白かったです。
もしかしたら私達も、文明が発達しすぎて『巨大隕石のプログラム』で人類が滅亡してしまうかも?なんて考えました。
著者した方お疲れ様でした。
Posted by red at 2006年03月18日 10:19
久しぶりにのめり込みました。
ノストラダムスは1999年に滅びるといった事は
アダムが地球を破壊しようとしたことなんですね・・・でも破壊できなかったのはイヴのおかげだったんですね。
コレ映画化できますよ!
Posted by 坂口勇 at 2006年03月24日 17:39
こ…これはすごい…。滅茶苦茶スケールがでかくて一気に読んでしまいました。
人類が実験プログラムだなんて!(違

アダムが途中から「自分は『神』だ!」と崩壊していく様を見て、
「なぜ、そんなことを思う!!」
と、つい心の中で叫んでしまいました。

でも、共感できるところも結構あり、楽しめる作品でした。

まさか 人類は イヴに 作られた プログラムで 俺が 今 こうして 書き込んでいるのも そう プログラム されて いるからか !!?

P,S, 最後のカウンターが本当に現実のものと合っていたのと警告音に本気で驚いたって言うのはまた別な話。
P,S,2 巨大隕石衝突プログラムが暴発して人類が滅亡しないことを祈る…(ォィ
Posted by あるみにうむ at 2006年03月27日 14:11
なんていうか、上手く言えないけど不思議な感じがした。
こういう話は好きだな。
次回作も期待してます。
Posted by whitedog at 2006年03月29日 00:57
これ作った人は普通に本書いて売れそう。

イヴ萌え。
っつーか最後のイヴとアダムも機械っつーかプログラムだったのはおどろぃたな。
なんかタミネタみたぃだ。
また新しいのがでるといいな。まってますョ
Posted by taku at 2006年03月30日 00:43
7月13日にいきなり大きな音鳴らすのもどうかと

驚きましたよ、いきなり警報鳴らされて

もう少し観閲者のことを配慮してほしいです。
Posted by at 2006年03月30日 22:06
イヴの決断は正しかったんじゃないかと思います!

フィクションなのに、すごく身近な感じがしまし
た・・・(-"-) でも、私はこの話好きです。(*^_^*)
Posted by maguro at 2006年04月01日 13:23
最後までわかんなかった…
Posted by 竜菜 at 2006年04月05日 20:14
最初は、何打自分で進めるんじゃないのか・・・
とちょっとショックでしたが、最後まで読んでしまいました。何故か、心にドキッとくる作品でした。
最初のほうは、アダムが今の世界に近づけるために隕石を落として、酸素を20%にしたのかと思ったら、それはアダムが独自に考えた、進化の方法だったんですね。最後に『アダムの体内からチップを取り出した』という所はアダム(イブ)はロボットだったという設定だったみたいですね。
Posted by タヌキ at 2006年04月07日 20:00
上間違えました。 何打→なんだ です。
すいませんorz
Posted by タヌキ at 2006年04月07日 20:02
長すぎていみわからん○│ ̄│_=3
Posted by かかし at 2006年04月10日 15:45
おもしろかったです。
なんか・・この地球は本当にプログラムで
つくられているんでは;という錯覚感があ
りましたw
次回作(?)頑張ってほしいです。
Posted by けなふ at 2006年04月10日 17:05
人というものが例えどんなもんでも俺は受け止めたい。イブがそうしたように。感動した。
Posted by 伝説 at 2006年04月10日 20:21
一気に読ませて頂きました
一日の文章の量も良くて、飽きずに進めました

最後の方になると私達が現実だと思っている世界が
実はプログラムだというオチが見えてきてしまったので
ここまでの完成度であれば
もう一捻り欲しかったですね!

でも最後のカウンターも良かったし
そこまでのつじつまも合っていて大変素晴らしい作品
だと思います
次回作も是非、読ませて頂きます

■あっぱれっ!!■
Posted by ちーぼー at 2006年04月15日 10:36
すごく面白かったし、素晴らしかったです!!

本当だったら怖いな…^^;
Posted by ハンバーグ at 2006年04月20日 23:30
最高によかったと思います。^^
こんな作品に出会えて本当によかったと思います。
これからもがんばってくださいねぇであノシ
Posted by 蒼き祝福 at 2006年04月21日 07:04
僕も、これは映画化できるといもいます。
全部の感想を見ましたが、やはり十人十色ということでしょうか。いろいろな人の意見があることがわかりました。
しかし、僕はとても感動し考えさせられました。
この作品を読むと「オーパーツ」や「失われた大陸アトランティス」のナゾが自分の中で解けました。
確かに、こういった作品は人によっては理解しづらい作品と思いますが、それはどんな映画や小説にも言えることだと思います。
ノストラダムスに関しては彼の予想は太陽暦と太陰暦の違いで実はアメリカの同時多発テロのことではないかとの噂です。(まぁ、どちらでもいいですが・・・)
僕も物書きしているので、とても参考になりました。この世界観はいつか世界の表舞台に出したいと思います。
長文失礼しました。
Posted by 荒らしの出来ない嵐 at 2006年04月22日 16:31
これ最高ですね!!
私これを見てすごく感動しました!!
これはホントすごいですね。
短編ドラマや映画に出来ますよ。
私これを見終わった時についつい拍手してしまいました。
特にラスト辺りがいいですね。
最後まで自分らが機械であるということを隠しておいたり、
それがはじめて分かるのがアダムの死に際の言葉だし、
本当に良い作品です。
久しぶりに感動しました。
個人的にはもっと詳しく二人の心理状態について知りたかった。
Posted by 時雨 at 2006年04月25日 23:18
二人は結構仕事に真剣でよかったと思う。
でも、2日ほどイブは日記を書かなかった・・・。
二人に幸運が・・・。
だけどイブは悲しかったりうれしかったり・・・そこが私と同じような空間というもの。
Posted by ♪夢見る名無しさん♪ at 2006年04月28日 19:09
綺麗で切なくて静かな感動のある話だと思いました。そして、よくよく考えると怖い話だなとも考えました。
アダムとイブのありようを見てみると、一見地球に対して違う行動をとっているように見えて、実はふたりとも似ているようにも見えます。
自分の大切なものを選んで行動したという点ではアダムもイブも同じだと思います。
結局、お互いがお互いを始めは必要としていたけれど、嫌だと思うようになった。
自分の思い描く未来(地球)の姿を遂行させるために、相手が邪魔になった。
そういうことになったという感じがします。
でも、そうはいっても、どちらかというとアダムの考え方の方がしっくりはきましたが…。
あと、『神』になりたかったアダムが壊れて、そうではないイブが『神』のような存在になったというのが、なんともいえなく、皮肉で感慨深かったです。
Posted by ゆん at 2006年04月29日 19:11
つまんなかった・・・(冗談・・・)
Posted by 李衣 at 2006年04月30日 13:06
拝見させてもらいました。
「地球」を別視点(プログラム)から見た世界ってこんなものなのかなって思いました。

初ノベルですし,
文章読むのヘタいから,よく読み取れないんですけどね。

「神」・・・
もしもそのような存在だったらば…。
なんかそんなことを考えさせられましたね。

見えるものがすべてではないから
こういった世界があるかもしれません。

それに 生物って所詮こんなものですから・・・ね。


あと悪いと思いますが,関連付けて↓を・・・
http://www.geocities.jp/pongponggame2002/Line/Line.html


では2周目に参りまーす。
Posted by zxc at 2006年04月30日 21:12
■セカイ系? というヤツですね。
主人公2人がどういう「いきもの」なのかがイマイチわからなかったのが残念です。
服飾に気を使うってことは、生身の人間に近いのかな。

地球の擬似再現というわりに、固有名詞がバンバン出てくる(国の名前等)ので、それも違和感がありました。
ノストラダムスの個人名が出てくることから、作中のプログラム=現実という表現なんだろうとは思うのですが、上記の理由から「作中の、生命が滅びた地球」の曖昧さが浮き彫りになってしまっているというか。
固有名詞を出さずに進行した方が、リアリティが増したのではないかと思います。

■音楽がいいですねー。
リズムとテキストが合っていて、読みやすかったです。
途中の警告もドッキリさせられて、次はどうなるんだろう とワクワクしました。
「自分でクリックして続きを見る」という、FLASHならではの面白さに魅せられました。
次回作も期待してます!
Posted by kofde at 2006年05月03日 05:11
とてもいいですね。
英語や中国語、韓国語、ロシア語など
さまざまな言語も作ってほしいですね。
Posted by A at 2006年05月06日 16:51
非常に感銘を受けました。

正直、前半部分は退屈だったのですが、
後半に進むにつれて、緊迫感が増していき、
最後のシーンが感動を呼びました。

僕はしばらく、
エンディングから目を離せなくなりました。

で、大変、勝手なお願いですが、
コレ、僕のブログからリンクを張りたいのです。
もしもダメであればご連絡いただければ、
すぐに削除いたしますので、何卒、
よろしくお願いいたします。
Posted by ワトソン at 2006年05月06日 23:03
読み終わってから気付きました・・・
今日の日付だ・・・((((;´゚Д゚)))アワワワワ
Posted by うち at 2006年06月03日 01:56
最初らへんは読んでいるとすっごく楽しかったです
......でも最後らへんは逆にすっごくこわかったです!!!!
こういうのを夏休みの読書感想文にできたら
いいのにナ。
Posted by ryou at 2006年06月03日 11:24
英語版も作ってください!
Posted by BH at 2006年06月05日 17:08
英語版ができれば、ドイツ語やオランダ語などへの翻訳も簡単になります。
Posted by C at 2006年06月06日 21:42
すごく感動しました。
読むのは結構好きなんですけど、こんなに良い作品は初めてです。



でも、イブが見守ってくれてると考えるとやっぱ不思議な感じです。
Posted by 風の魔術師 at 2006年06月11日 17:48
この話の主人公がアダムとイブなのが何ともいえないです。
「今、自分はどこにいるのか…」「この世とは?」
ということですよね。
本当にすばらしい作品です。もっとおおやけにして
いろんな人に読んでもらいたいと思いました。

ちょっとマトリックスとかぶってるなぁと途中おもいました。

あと、メールしてください。どんなはなしだもいいです。気軽に……待ってます。
Posted by syo at 2006年07月01日 14:11
この話、素晴らしいです!
わたし、泣いちゃいました・・・。
Posted by 魔法 at 2006年07月12日 21:42
とてもおもしろかったです!!!

一気に読んじゃいました!(笑

ムー大陸やアトランティスの伝説についてもつじつまが合うようにうまく構成されてて本当にアダムとイブがいるのかと錯覚しそうな感じです!
Posted by falken at 2006年07月20日 21:51
全部読んじゃいました…。いろんな神話がぎっしり詰まっていて、めちゃめちゃ楽しかったです。
ある意味この話も、アダムとイブというロボットから作り出された地球…数々の神話の辻褄を合わせた「神話」
といえるでしょう!
Posted by ふよふよ at 2006年08月02日 18:56
なんとなくで読み始めてみたのですけれど、
そのうち涙出てきちゃうほどおもしろかったです。

地球という枠から見る人類の小ささと、
アダムとイブが見せる一つの大きな人間性と(人間じゃないけど)、
命ってどういうものだろうって考えさせられますね。

アダムとイブの男女の感情の違いもよく描かれていて、
読みながらくすくす(・m・)。
イブの「ら」抜き言葉がまた逆にリアルでだったりして(!?。
Posted by きのこ at 2006年08月06日 12:41
バッドエンドでしたね。
話し合いでどうにもならないから殺す。
女ってほ〜んと、怖いですねぇ^−^;
Posted by うーん at 2006年08月07日 23:56
この作品は少し前に見せていただきましたが、
よく、これだけの歴史を詰め込めたなぁ と思います。 この作品の世界が仮に本当だとしたら、
イヴは戦争等でこの世界が崩壊したら、直ぐにこの世界を終わらせてくれるんですね。たぶん。
そう思うとなんか安心します。
最後ですが、素晴らしい作品でした。
有り難う御座いました。
Posted by 闇夜 at 2006年08月08日 22:42
アダムは人間みたいにわがままですね・・・
Posted by こここっこ at 2006年08月10日 16:46
凄いですね。

事実と関連付けた展開になっているのが非常にいいと思います。この世界はプログラムだと言われても
信じれるくらいです。

映画化やドラマ化は話がでかすぎるので、
ボイスドラマってのはどうですか?


…思ったんですが、日記を与える=このFLASHと思ったのは自分だけ?
Posted by 青竹 at 2006年08月11日 01:49
カウンターが今の時間と同じであせりましたorz
とてもいい作品だと思います.
Posted by こぇく at 2006年08月11日 17:33
THE EARTHを読みました。
最初から最後まで一気に読んでしまいました。とてもおもしろかったです。
クライマックスには意表を付かれました。
このような次回作を期待しています。
Posted by クレイ at 2006年08月14日 21:55
不思議で心を打たれるような話でした・・・
アダムとイブはこれを作って,何かを失くし何かを得たのではないでしょうか.
いつしかなくなってしまうものだから今,この時間を大事にすごしたいと思いました.
本当にいいものを得られた気がしました.
次回作も楽しみに待ってます・・・.
Posted by 鬼戦寿 at 2006年08月16日 11:58
はじめは、2人の日記を見て行くというのに
「うーん、どうかな?」と思いつつ読み始めたのですが、
・・・・全部見終えてしまいました。
どきどき感がうまくでててさくさくっと気がついたら最後まで・・・読んでました。

とっても、楽しかったです。
脱出ゲームのどきどき感とはまた違った感じのものだったのでとても楽しめました。

次回作も楽しみに待ってます。
Posted by fizu at 2006年08月17日 13:20
アダムとイヴの恋愛物語だと思ってた(〃д〃)
それにしてもビックリ!脱出ゲームかと思って
今か今かとドキドキしてましたw
でもこれはこれで良い作品だったです!!次回の作品も楽しみに待ってますゼィ☆

Posted by ハル吉 at 2006年08月17日 16:42
良作。
しかし、このストーリーの解釈が出来ない方々は少々理解能力が残念だと思。
Posted by ふじこlp at 2006年08月19日 03:48
素晴らしい作品でした。
ちょっと見るだけのつもりが、読んでいるうちにどんどん引き込まれていって最後まで読みました。
私ももしかしたらそんな世界の住人なんじゃないかと思いました。
Posted by ライラック at 2006年08月21日 17:07
先ほど読ませていただきました。
最後のカウンターが何故か8/21だったので妙に冷静に「ずれてるよ…」と
時間は合っていたのですが。
何故でしょうかね…?

Posted by きわ at 2006年08月22日 11:19
これって鈴木光司のループですよね?
Posted by a at 2006年09月18日 16:41
イブ=女性の母性、
アダム=男性の支配性が
狂おしいほど表現されていて
心を打たれました。

素晴らしい作品をありがとうございます。
Posted by ishiko at 2006年09月18日 17:43
最後の演出は凄くいいと思います
Posted by jyo at 2006年09月18日 23:03
感情があまりにもリアルで息を呑みました。
世界の根拠、人間(?)ドラマが素晴らしい演出によってさらに生きていますね。
強いて言わせて頂くなら、イブがアダムを殺した(壊した?)ところにもうすこし演出が欲しかったです。
しかし最後の演出といい不安感といい、素晴らしい作品でした!ありがとうございました。
Posted by アリサ at 2006年09月20日 00:33
いいよね〜これ
Posted by まめ♪アイスくん at 2006年09月23日 18:19
だんだんと引き込まれていきました。
クリスチャンで、聖書も読んだ私は、とても考えさせられましたね。
Posted by 夏樹笑む at 2006年10月27日 03:36
最初読んでいくうちは、面倒くさい…いつおわんだろ。
そんなことを思っていましたが、よんでいくうちに自分も創られた存在なのかなぁ、と思い始めてきて、なんだか怖かったです(汗)
最後のカウンターに少しびっくりしました!
またの新作、期待してます!
Posted by 匿名希望 at 2006年10月31日 11:08
すごぃです・・・
しヵも最後のカウンターは今日の日付と今流れている時間・・・
感動しました!!!!!!!!!
本当、このストーリーと現実が合いすぎてこの世界が怖くなりました。。
次回作期待してます!!!!!!!!
Posted by ぁぉ at 2006年11月11日 17:42
Posted by ハル吉 at 2006年08月17日 16:42
良作。
しかし、このストーリーの解釈が出来ない方々は少々理解能力が残念だと思。



↑うける
Posted by lalo at 2006年11月11日 17:46
いやはや凄い作品ですね。

いつの時代も、必ず支配しようとする人がいますねぇ。神だとか言っちゃって(ぷっ
イヴの気持ちが分からなく無くもないです。

読み終わった後でも、
「もし、今生きてる世界が誰かによって創られ制御されるものだとしたら・・・」
そう考えるだけでぞくぞくします。

質問で終わるのも難ですが、結局、人類は滅亡したんですか?アダムは死んだんですか?
隅々まで見てなくてスマソ(・_*)\
Posted by 青い屋根 at 2006年11月12日 18:29
いい話だった
Posted by 飯島チイ at 2006年11月18日 16:15
思わず、ラストで目頭が熱くなってしまいました・・・

とてもすばらしい作品だと思います。
だけど、あまりにもリアルすぎて、未だに心臓がバクバクいってます・・・

自分も作られた存在なのか、と考えると、少しだけ怖いですね・・・
Posted by マノン at 2006年12月14日 16:31
はじめまして。

ストーリーの構図は、ちょっとありきたりかなぁ。観察し続ける主人公→最後に主人公自身も観察されていることが暴露されるというマトリョーシカ系のの展開はよくあるので。主人公がコンピュータだったというのは良でしょうか。

アダム・イブというネーミングが直球過ぎて、ストーリー展開を予測させやすくしてしまっている面があります。それと、最後のイヴの日記。シミュレーションの地球とマザーコンピュータの切り分けがちょっと曖昧でしょうか。
Posted by alphonse at 2006年12月27日 01:21
す・・・すごすぎです!
私何回も見たのですが、何度見ても身震いがします。声に出して読んでみたりもして。
内容もそうですが、男女の心についての描写もすごいです。私13ですがイブの気持ちに共感できます。でも最後アダムを破壊した所は驚きました。
この作品では地球がコンピューターのプログラムということになっていますが、私も時々『この世界は現実じゃないのではないか』と思うことがあります。でもそれは誰かによって作られたのではなく、世界にあるものは自分のイメージでしかないのでは、というものです。
まだ書きたいことはたくさんありますが、長くなってしまったのでこれくらいにしておきます。
Posted by Sally at 2007年01月04日 12:03
何回読んでも・・・すごい!!
イヴの気持ち、よく分かる。
イヴの作った地球はアダムに破壊されたくない・・
確かに・・心にぐ〜〜んとのこる・・・
読んでみると・・この地球はコンピューターのプログラムなのだろうか・・・?と思っちゃいましたー!!
地球って・・・すごいなぁ
Posted by アル at 2007年01月20日 22:30
凄いです!最初はプログラム上の地球を研究者か何かの二人が作ってるのかと思ってたのに、最後のどんでん返し…。

物語とは思えない様な完成度の高さに本当に驚かされました。

Posted by セルル at 2007年01月22日 16:36
「作られた」存在である地球と「作った」存在のアダムとイヴ…。

真実を求めすぎたあまりに本当に大事なものを失くしてしまったアダム。

プログラムとはいえ地球を大事に思い、アダムを破壊するしかなかったイヴ。

自らの存在がプログラムとは気づかない人々…。


ムーやアトランティスの沈没、ノストラダムスの地球破壊予言…、地球の史実に基づいたつくりもあり、本当にただただ舌を巻くばかりです。

完成度の高さに驚くと同時に感銘を受けました。
Posted by 葵 at 2007年01月22日 16:41
とてもおもしろかったです。
何より、イブがアダムの屍を乗り越えて
地球を守った、ということが、
人間の男女の現実を物語っているように思えました。
子供を本当に、機能的に産めるのは女で、それはイブにとっての地球ですよね。

昔、この地球は常に崩壊に向かっていて、
今私がいる地球は何度も繁栄と崩壊を繰り返す無限の連続の中の一回にすぎない、
と思っていました。
この作品を見て、改めてそのことを思い出し、
自分の存在、地球の存在に想いを馳せました。

新しい作品も期待して待っています。
Posted by Sophie at 2007年01月23日 06:56
見てて疲れた。
時間がもったいなかった
Posted by iami at 2007年01月25日 17:06
話の背景とかは心惹かれるものがあります。
しかし、お互いの行動に唐突さというか、無理やり感みたいなのが感じられますねぇ。

Posted by AeIeiOp at 2007年02月13日 16:50
・・・俺達・・・

プログラム?
Posted by デス at 2007年03月03日 07:18
もう一方のアダムの方の
ENDもみたい
Posted by y at 2007年03月05日 23:10
恐怖感と快感は紙一重なんだなと感じた作品でした。
またこのような系統の作品を期待しております。

製作お疲れ様でした!
Posted by abc at 2007年03月11日 03:21
アダムとイブ、ムー大陸、ノストラダムスの予言・・・。
現実にあった事を題材にして書かれていて、恐怖感もあり、感動もしました。
イブの感情、アダムの感情にどちらも酷く共感するものがあって、正直凄い!としか言えません(笑。
日記風ですが、本にも出来るんじゃないかな?と思ったぐらいです。

後半にかけては、瞬きするのも忘れるくらい読み入りました。
というか、本当に瞬き忘れてしまって涙が・・・(笑。

又、このような小説が読めたら・・・と思います!
それでは長々く乱文、失礼しました。

制作、お疲れ様でした!
Posted by 宇治 at 2007年03月13日 01:04
THE EARTH、見させて頂きました^^
先を見ていく内に興味をそそられました。
地球の未来が分かって終わり、かと思ってましたが途中で警告音が鳴ってビビりました^^;
怖かったですが、気になって最後まで見てしまいました。

僕は♂ですが、イブに共感しました。小さい時はたまご○ちが死んで泣いてましたから(ぉ

次回作も期待してます。頑張って下さい^^
Posted by 海星 at 2007年03月20日 22:12
これ、おもろいか?
Posted by ひまなひと at 2007年03月21日 18:39
THE EARTH とてもおもしろかったです。
アダムとイヴの日記を読むうちに、恐怖感が大きくなっていき、背筋が寒くなるほどでした。
アダムとイヴは人間ではないようだなとうすうす感じてはいたのですが、まさかコンピュータだったとは驚きでした。
途中で、イヴはまさかアダムを殺すのでは・・・などと感じ、ドキドキしていたのですが、本当になるとは思いませんでした。
とにかく、とても面白かったです。
読み進めるうちの恐怖感や読み終えたあとの充実感(というかなんというか)が最高です!!
次回作も期待して待っていますので、頑張ってくださいね。
Posted by 東雲和紫 at 2007年03月22日 13:13
長かったけど…凄いですね…。
イブの気持ち、なんか共感できます。
でも最後はやっちゃいましたね。怖かったです。
少し難しい言葉もあったけど、案外かんたんに読めました。こういうのも悪くないですね。


Posted by aika at 2007年03月26日 15:13
THE EARTH とてもおもしろかったです。

現実みを増しているところなどがすごく怖かったりもしたのですが、イブに私たちの生活は守られているというのが不思議な気持ちになりました。
本当に擬似が出来そうな今だからちょっと怖くもなりました。
とてもよかったです。
Posted by 劉生檎 at 2007年04月09日 21:42
イブの気持ちも
アダムの気持ちもわかった
なんとなく
アダムが最後壊されたのは惜しかった

でも
ショッピングとか
遊園地って
なんだよ
って思いました
最終的に
イブもアダムもプログラムだったのに・・・・
Posted by ヘイ at 2007年04月12日 16:54
これって、バットエンドなんですか・・・?
よくわかんないんですけど、ちょっと・・・。
最後は良い方向へ向かってほしかった気がする。
Posted by ムーブ at 2007年04月13日 17:52
この THE EARTH を読み終わった(見終わった?)
後に、とても不思議な感情に襲われました。
全部読み終わった満足感でも無く、終わり方から来る寂しさでも無い・・・この気持ちは何なんだろう・・・
何か変な事行っちゃったな^^;;

とりあえずそれは置いといて・・・
とても良い作品だと思いました。
Posted by 白滉 at 2007年05月01日 18:15
THE EARTHが見れません・・・
せっかく見たかったのに「泣
Posted by ミサイラ at 2007年05月03日 23:00
おもしろかったです。
最後の時間がズレないのが凄いなと想いました。
Posted by aadd at 2007年05月05日 10:36
観させて(読ませて)いただきましたo
本当にアダムとイブがいるような・・・と感じました。

「あっムー大陸にアトランティス!!」

「あれ?ノステルダムスの大予言って・・・。」

と事実とかみ合ってとても楽しかったです。
最後の時間はリアルタイムだったのでちょっと「ドキッ」としましたw

また次回策を期待しますww
Posted by 美海 at 2007年05月21日 23:07
自分も・・・・。プログラムの一つなのかもと、一度本気で思っちゃいました^^;
最後は・・・。一秒のズレさえないとは・・・。
心臓バクバクです!!!(゜。゜)!
ではでわぁ(^ワ<)v
Posted by 寿 at 2007年06月15日 23:27
THE EARTH とても面白かったです。
警告の画面が出たときはびっくりました。
自分のPCが壊れたかと思った;;

とても緊張感を持って読むことができました。
日記を読んでいくという方法と、最後の結末がとてもよかったです。
Posted by むぎすけ at 2007年06月17日 18:10
イヴがとてもいじらしかったです。
最後のほうでは本当に泣けそうになりました。
ありがとうございます。
Posted by コカクケキ at 2007年06月17日 22:22
とてもいい作品に出会えてうれしいです。
最後の展開は誰も予想できないような結末でした。
ありがとうございました。
Posted by はると at 2007年07月10日 23:52
Σ(・ω・;ノ)ノス、、スゴイ
内容が濃いってゆーか、オチってゆーかが+.゚(●´I`)b゚+.゚イィ!!
Posted by カエラ☆ at 2007年07月19日 18:48
非常に面白かったです。
夢中になって一気に読んでしまいました。
もう人類は宇宙に行ってしまっているけど、
イブはどう対処しているんだろう…?
Posted by taki at 2007年07月22日 05:10
『THE EARTH』読ませて頂きました。
綺麗な映像と音の演出が素敵で、お話をリアルタイムで追っているような感覚が心地良かったです。

このお話。。。読者が見ている日付に、内容がリンクするような仕掛けになっている訳ではないのですよね??

今日の日付見てびっくりしちゃいました^^;

今後の作品も期待しています♪
Posted by hi-sa at 2007年07月28日 20:47
三文・・・
次回に期待
Posted by ぱぁ at 2007年08月07日 18:40
あの、日付けは忘れてしまったのですけど、6月のはじめの方の日で「ちょっとづつ」となっていたので、「ちょっとずつ」と読み換えさせていただきました。一応、ご報告しておきます。
Posted by kepomon at 2007年08月09日 14:25
もうちょっと、短篇ノベル(S'-Webの小説から)作っていただけないでしょうか?
Posted by arufa at 2007年08月09日 14:39
THE EARTH とても面白かったです。
僕はよく本などを読むのですがこういったテーマは初めてです。
僕たち生物がプログラムで地球さえもプログラム…
そして外ではまたプログラムが地球を操っている…
読んでいる途中目が離せませんでした。
とても面白かったです!!

 一つ気になるところがありました。
なぜプログラムが遊園地へ?
Posted by ルルーシュ at 2007年08月16日 15:09
誤字の報告です。6月13日の「イブ」の日記で、
「最初は少し怖かったけど、ちょっとづつ成長して いく地球を見ていると・・・」の、「ちょっとづつ」ではなくて、「ちょっとずつ」ではないのでしょうか?一応ご報告をしておきます。
Posted by arufa at 2007年08月20日 12:24
もう最高でした!!
展開の移り変わりも見ごたえありました!!
Posted by 黒幕k at 2007年08月30日 15:20
すごかったです!!!
こんな感じの本があったら、買っちゃいます!!!
また、SF系の物語作ってください(>_<)/~~
Posted by でこりん at 2007年09月08日 16:50

・・・・すごいです。感動しました。

そういえば、今日って日記の最後の日付では?

なんだかとても不思議な感じになりました。
Posted by アッポウ at 2007年09月12日 21:29
初カキコです!!
もの凄く感動しました(≧∀≦)
見た後僕は僕も機械なのかもしれない・・・
等と考え込んでしまいましたw
Posted by takk at 2007年09月23日 16:45
こんにちは
何回か読ませていただいた奈々です。
読み終わった後、いつも不思議な気分になりました。
「すごいなぁー」って思うばかりです。
最後の、時刻表示のところが少し怖かった(-_-;)
あと、アダムが壊れる(?)ところが「アダムどうなっちゃうの!?」ってドキドキしました。
イブはなんかかわいそうだな・・・。って思いました。
本当に物語に引き込まれました。
私たちもイブに動かされているのかなって少し考えさせられました。
今、人間は宇宙に行ってるけどイブはどう対処しているんだろう?って思いました。(笑)
Posted by 奈々 at 2007年09月24日 22:00
初めまして。
軽い気持ちで読んだこのノベル、
いきなりドップリとハマってしまいました笑
本当に面白い作品でした。
私も日頃から【存在】というものについて考えたりすることがありますが、
よくもまぁこんな難しいものをノベルにしたなぁと
思うと、本当に脱帽です。
最後には衝撃のどんでん返しというか、
ちょっと切ないストーリーで、
読んだ後に心に空虚感が残りました。
儚いなぁ、と。
でもとても面白かった。
日記形式だったので読みやすかったですし。

怖いなぁ、という気持ちを含め、
色んな気持ちが読んでて交錯する作品だと思います。
まだ読んでいない人にはぜひオススメしたいですね!!
Posted by WILL at 2007年09月30日 14:36
サクサクと快調に進み
何とか平常心でクリア出来ました。
その辺は作り込みの良さなんだろうなぁ
と思わされます(^_^;
作る方の難易度は結構高いんでしょうね〜


Posted by manta at 2007年10月09日 00:08
「すごい」の一言です。
変わっていくアダムとイブの関係が、すごく切なかったです。
最後、今の時間がリアルタイムでカウントされるのが、すごく怖かった。
それでも、最後まで楽しめて、本当、良い作品でした^^
またこんなFlash作ってください。
Posted by 茶柱 at 2007年10月13日 15:24
まあ、それなりに楽しみました。
結局は小説なので、好みじゃなければそれまで・・・という事になるでしょう。
私の評価としては、絶賛してらっしゃる皆さんよりは低めの評価だと先に言っておきます。
「面白かった。けど、絶賛する程でもない。可もあれば不可もある」そんな感じです。

サウンドノベルだからこそ良い出来と分類できるのではないかな・・・と思います。
演出が上手く、引き込む力があると思います。
もし文章だけの普通の小説だったとしたら、自分の反応ももっと薄かったかも。

ただ、このゲーム、プレイ中の読み返し機能がなくて読みづらかったです。ちょっとストレスだったかも。(演出の関係もあるのでしょうが・・・)

プレイ中の戻り読みが出来ないお話という事を踏まえると、判りやすさが大事だと思うので、こういう主題を持ってきたのは間違いだったかも。

Posted by nagare at 2007年11月08日 10:03
どうしてこう描かれているのかは理解できるのですが、日記を交互に読まされるのは話の流れを追いづらかったです。
すいません。私、こういう交互に視点が変わる感じの物は違う二つのストーリーをプツプツとぎれとぎれに読まされる感じが苦手なので・・・。苦笑。

実際は会話していただろう文章がありましたが、会話シーンが無い為もあり、アダムとイブは結局たいして意見交換もせず、お互いが勝手気ままに動いた結果ああなってしまったとしか見えなかった。

最後のほうは急展開すぎじゃないかな。
アダムが地球を壊そうと考えた所からイブの勝利まで、もう少し広げられたと思う。

私的には色々と惜しいなーと感じます。
読んでいて面白くもありましたが、ずっとどことなく理不尽さを感じていました。
Posted by nagare(↑の続きです) at 2007年11月08日 10:04
警告音が鳴った時は凄くビックリしたけど、
話がリアルで、パソコンの画面へのめり込んで楽しかったです。
Posted by きょー at 2007年12月26日 15:29
何気に見ていてすごく感銘を受けました。

もしかしたら僕もイブに操られてるのかもしれませんね。
Posted by ヒックス at 2008年01月19日 13:21
ラストの演出に感銘を受けました。すごいと思いました。そのせいで心に残る話になりました。
日記の最初、単調で飽きました。ここのコメントで日記が7月までと分かってたから読み続けたけど、日記の長さわからなかったら警告出る前に読むのやめてたかも。
Posted by tomo at 2008年01月20日 18:18
↑続き
読んで良かったです。
Posted by tomo at 2008年01月20日 18:20
大変面白く読ませていただきました。とてもリアルに描かれていて、読み終わったあともしかしたらと思い、思わず空を見上げてしまいました。友達にも勧めてみようと思います。
Posted by カユダ at 2008年02月07日 15:04
見終わってしばらく呆然。。。私たちってプログラムなんだ・・・←笑ww
すっげぇ!のひとことです。。。
イブとアダムの存在そのものがなんかかわいそうなんですよね・・・だってコンピューターだから。(ですよね?
アダムの気持ちも理解できる。イブはだんな(アダム)より子供(地球)を選んだってことでしょーか・・・
うーんなんか複雑です。仲直りしてほしかったし・・・
なるほどと思える作品でした。感謝!

Posted by リンク at 2008年02月17日 13:06
文学で言うところの叙述トリックってやつですね!
最後のオチいい感じですよ!
内容はDEEPですが、文体はサクッとしてますね。
Posted by SHACHI at 2008年02月24日 18:05
うーん!なかなか良かったです。
読みやすい内容構成になっていると思いますし、
常に続きが読みたいという気持ちのまま、結局エンディングまで一気に読み切ってしまいました。

心に残る作品の一つとなりました。
いい意味で、文章だけでここまで引き込ませる事が出来るというのは凄いと思います。

Posted by ぽりG at 2008年02月28日 17:49
とても面白かったです。
また読み直そうとおもいます。
Posted by ken at 2008年03月29日 19:33
確かに、ストーリーの主軸となる発想自体は目新しいものではないですが、アダムとイヴの心理描写が良かったと思います。
壮大なテーマだけど、本質はこんなに等身大なんだということを見せ付けられたような気がします。
アダムとイヴが徐々に変わっていく様はまさに、男性と女性の象徴ですね。
物事を極めたがり自己の尊大化に夢中になる男性と、感情に左右されやすく母性で強くなる女性。
実際はどちらも当てはまらないことが多々ありますし、設定もキャラもベタなだけに却って新鮮でした。
Posted by しろ at 2008年03月31日 00:23






恐いな(;;)
Posted by namiminn at 2008年04月26日 11:31
アダム、お前は間違ったな


・・・にしてもイブおっかねぇ;;
Posted by アダブ at 2008年06月17日 16:30
すごいお話でしたね〜。
興味沸くカンジだったし、アダムとイブの日記を読むことで進展していくのが面白かったです!!
二人は両想いだったんですよね?なのにアダムがイブに壊されてしまって・・・・・。衝撃的でした。


ムーの人たち何やってんだろ・・・・。ホント(笑)
Posted by キノ at 2008年07月20日 15:11
小さい頃こんな話しを聞いた事ありました。
楽しかったです
Posted by jun at 2008年08月07日 03:57
長!!目痛い、、
うん、、でもなんかドキドキだったり怖かったり、
あの音楽が最高だ
Posted by ゆう at 2008年08月09日 14:14
すごく面白かったです。
ありそうでなさそうで、でも王道的な展開で
最後の演出とか鳥肌ものです。
Posted by Ma at 2008年08月11日 05:38
アダム・・・・最後壊れた??
神って思ってたんか
Posted by ちょも at 2008年09月10日 23:37
途中進化しすぎて、宇宙に飛び出すというところが、何とも興味深いといか何というか


面白かったですよ。

ほんと宇宙の先には何があるのか知りたくなりますね。

何なんでしょうか?何かあるんですかね。

あるとしたら、全く理解の出来ない、常識では考えられない物があるのかも・・・。

本当に誰かに操られてたりしてw

続編みたいなぁ
Posted by 888 at 2008年09月19日 23:51
すばらしくとても考えさせられる内容でした。

果たして太陽系は本当に銀河系という種類の1つにすぎないのか。よくよく考えてみれば、そんなこと誰にもわかるはずがありません。いまだ太陽系の外にいけるほどの技術力はありませんしもちろん記録もありません。 太陽系の外も宇宙があるのだというのは、あくまでもえらい学者さんの予想論です。

私たちは神にプログラム上つくられたのか。 
「ありえない」が普通なのでしょうが無論私たちは同じ成り立ちの人間という種族、
つまり確証はないのです。

短編FLASHノベルでここまで考えさせられるとは思いませんでした。大学行く前にネットはしてみるものですねw ありがとうございました。
Posted by マリモ at 2008年09月27日 06:52
 「面白い!!」
その一言に尽きます!!
 ちょっと変わった視点で最後の展開は・・・

わくわくして楽しかったです><

また今度この様な作品を読んでみたいです♪


 ありがとうございました。
Posted by 蘭 at 2008年11月02日 20:08
ぜんぜん、わからないで・・・
Posted by akatsuki at 2008年11月18日 20:13
とても良い作品でした。

現在私はオーパーツに興味を持っております。Web上に公開された情報によると現代の知識レベルを超えた数々の物が古代の地層や遺跡から発見されていますがもし仮に今の世の中が本編と同じなのであれば・・・。

という発想に駆り立てられます。

本当にすばらしい作品でした。ありがとうございます。
Posted by ゲームマニア at 2008年12月10日 00:05
このショートノベルは、
グレッグイーガンの「順列都市」に
ヒントを得ているのでしょうか?

読んでいて、そう思いました。
Posted by 青ひげ at 2009年01月03日 18:07
楽しかったです。
ありがとう。
Posted by HDD at 2009年02月06日 21:37
おもしろかったですね。
短編と思って読み始めたところ、予想以上のボリュームでした。ストーリーを思い描いて形にするまでって大変ですよね。
ボリュームを膨らませようとすればいくらでもできるでしょうけど、それも読み手にとっては個人差があるので、流れが淡々と小気味よく進むために、もっと奥深さがほしいと思う人がいれば、十分楽しめたという人、いろいろいらっしゃって結構なことです。それなりにみなさん自分が考えに入るということは作品としていいものなのでしょうね。

あと、ゲームと思ってる人が意外とたくさんいらっしゃるようですが、これはゲームではないですね^^;ノベル(小説)なのでさっくり読むにはまとまりがあってちょうど良かったです。
自分もこんなものが作りたいですね。シナリオ書くのは苦手なもんで・・・^^;
ごちそうさまでした。
Posted by AOJ at 2009年02月28日 15:18
こんばんはそしてはじめまして

・・アダムが完全に停止した?
え・・・この二人ロボット!????

警告
にはびっくりしました。この世界がプログラム・・
ゾクゾクしました。

Posted by 手印 at 2009年03月03日 19:03
おもしろかったっす!!
また、作って下さ〜い
Posted by どんぐり at 2009年03月05日 20:14
すごい。。。
Posted by 茂 at 2009年03月15日 17:10
最後まで読ませていただきました。
すごくよく出来たストーリーと、背景や文字による演出、こんなものを無償で読ませていただいていいのでしょうか。
ただただ感謝するばかりです。
この物語で、宗教、未確認生命体、古代都市の謎、までも疑えないものになってしまいました。
これからの御活躍にいっそうの期待をさせていただきます。

Posted by 小5 at 2009年03月19日 19:21
すごく面白くて一気に見させていただきました
ノストラダムスの大予言の裏にはそんな出来事が有ったなんて・・・。と思いました
イブはこの世界をずっと見守ってくれてるといいなと思いますw
Posted by ゆうき at 2009年03月19日 23:50
面白かった
2012年12月23日にまたやります
Posted by JPLF at 2009年07月11日 01:28
感動的でいい話です。(T-T)


地球はいまも生きている・・・・・・・


Posted by ハンクス at 2009年07月28日 13:48
内容を忘れて、また読みました。

2006年07月01日 14:11…
前に読んだのがこの時でした。

三年前の言葉…「ということですよね」…
覚えてるものですね。このページ検索したら出てきました。

三年もたったんですね…。
三年前は…俺、アダムでした。真実を知りたいアダム。神を知りたいアダム。
詩ばかり書いて…誰も知らないところ見つけ出して…わからなくなって…
今は…人間です。真実は大したもんじゃないと気づいたからです。

真実さえ追い求めなければ…
もう少し笑える人生だったかもなー…

今は…
地球の上でみんなと一緒に、この一瞬を生きているだけで…
幸せです。
Posted by GITARAKULU at 2009年08月04日 02:42
中1ですけど今まで読んだ小説の中で一番良かったです!
Posted by   at 2010年06月11日 16:15
先日数年ぶりに読みましたが
やはり面白かったです。

あのころ私はまだ中学生でしたが
当時受けた感銘は今でも思い起こされます。

この作品は私が哲学を知るきっかけでした。
Posted by   at 2010年08月06日 02:58
ノベルゲームにしておくのは勿体ないくらい、面白かったです。
心の世界観の描写が素晴らしいです。
少し強引な展開も、納得するほどすごみがありました。
Posted by はに丸 at 2011年04月22日 23:03
子供でも分かる気がするうち11だけどでも夜プレイ
Posted by ちみ at 2011年08月12日 21:53
( ;∀;)イイハナシダナー
Posted by ROMAN BELLICK at 2011年08月14日 21:20
そういえば今日が日記の最後の日か・・・。

どっちみち ( ;∀;)イイハナシダナー
Posted by ↑のものです。 at 2011年08月14日 21:21
小学生のとき、意味が分からなくて
途中で読むのをやめてしまったのですが
今高校生になって
読んだらすごくよかったです。

自分の存在を不思議に感じました。

宇宙の外にもっと大きい何かないのかな?
Posted by a2 at 2011年09月23日 18:09
アダムへのトドメはあの隕石のプログラムだったのか
でもそれ使ったらメモリチップも粉々だし・・・
小6には早過ぎたかな
警告画面とか1999までのカウンターとかかなり本格的ですばらしい作品だと思った

読めば読むほど辞めたく無くなりますよねこの作品は
Posted by ただのゲーム好き at 2012年07月14日 16:35
私のお気に入りの記事の一つ。
Posted by Aoshi Ukawa at 2012年11月25日 23:39
色々と考えさせられるすばらしい作品ですね
最後までイライラさせてくれたイブのクズっぷり、よくいる女の面倒臭さにリアリティがあってよかった
Posted by kuna at 2014年07月15日 05:10