059

ポレポレ日記をごらんのみなさん。こんにちは。
ぼくが羽夢蔵です。

00220日。深夜出発計画でしたが、渋滞&ロロジ体力も見越して少し早めに出ることに。

朝から部屋を掃除して名古屋への出発は夕方になりました。



001お迎えに向けて羽夢蔵には915オウム籠とアウトレットで購入した肌触りの良いお包みタオル。
バタンバタンさんのブログで可愛かったフリース三編み→実は四つ編みだった!を製作。
これもお守り代わりに持参。

 あちゃは晩御飯用にお弁当づくりして。

17時に千葉を出発。 高速は案の定渋滞に遭遇しましたw



006でも渋滞とスムーズとが向後に現れる感じで。都心に出るまではやはり渋滞。

ふかわりょうバリにサービスエリアでワクワクするロロジは海老名SAでちょっと休憩。

お腹が空いてお弁当食べよう思たら箸がないw
 牧之原PAにて箸をかっぱらうし、ガソリンを入れる。

 


039美合PAで眠さの限界w車中泊wこの時12時半でした。

車をフルフラットにしてケージは外にw1時過ぎに就寝。
 



04621日の朝9時から道路渋滞中。
でも名古屋近辺に近づくと、車はスカスカに。

10時過ぎに下調べした温泉玉の湯に向かいました。
ロロスのある東海市なので近いかな?と思ったらメッチャ近い!
ロロスから10分くらいでした。






050
温泉最高!せっかくのロロス遠征に行くならお勧めです。

たくさんの種類の温泉があって露天風呂豊富w
朝の10時からやっています。

              

048
備長炭風呂と唐辛子と生姜のお風呂、寝湯がお気に入りでした。

湯に浸かりながらこれからの鳥ライフに想いを馳せるも良し。。。

フルーツ牛乳もうまし!






051

ロロスさん近くのアピタでその場で手作りのおむすびを食べる。
めはり という高菜のおむすびがめっさうましw



052







いよいよロロスへ。
 ロロスでは可愛い子達がいっぱいでみんな仲良し。運動場で仲良く遊んでいました。

大畑さんとご挨拶してkawakenさん繋がりなお話しも。
kawakenさんお気に入りのコキサカくんも拝見。

彼はめためたの甘ったれくんで、やんちゃっ子で可愛い子でした!

大畑さんと話してるのに遊んで〜w構って〜w攻撃w

kawakenさんのメロメロっぷりが頭に浮かびます。

 そして羽夢蔵がお世話になった垣浦さんも現れてご挨拶。

早速お迎えの準備とお迎えにむけての説明をして頂きました。
といっても鳥さんの話しでも色々盛り上がり、楽しい時間を過ごしてしまいましたw
また、ロロスでは社長の未来のビジョンのお話しも。
それはインドネシアにファームを作り、鳥達を自然の暮らしに還すという事。
繁殖の技術を活かし、また鳥達から得た知識や経験や財産を自然に還元するというプランでした。
私達愛鳥家がロロスさんから感じ取れる愛情はこの様な信念に基づくものだと。
とても共感し心に響いたのでした。

ハーネストレーニングをお願いしていた羽夢蔵ですが、フライトスーツも問題なく着れる
みたいなのでフライトスーツとリードを購入。

いよいよ羽夢蔵と御対面です。
垣浦さんが羽夢蔵を連れて来る間、鳥さん運動場ではベニコンゴウお迎えの方がいて
鳥さんワクワクライフなお話しをしました。
kawakenさんとペット博で会った様です。
kawakenさんw鳥の事なら全国区で有名なのかwww凄い。

057

そうこうしてたら羽夢蔵に久しぶりに対面しました。あれ?なんだか甘ったれになってる。
撫でろ撫でろオーラが放出されている。。。

羽夢蔵はこの数カ月で垣浦さんにとてもベタ慣れに。
でも私達としばらく対面するとやはり撫でろ撫でろオーラが。
ものすごく甘ったれの様です。風が吹くと羽を浮かせて気持ちよさそう。

風が好きな子みたいです。可愛いね。

垣浦さんにフライトスーツの付け方を教わり、練習することに。
結構しっかり体を掴んで羽を動かしてするんです。
これは好き嫌いがあるかもね。。。。

でも羽夢蔵は遊んでると勘違いしてて

ベロをレロレロ・・・・。

沢山お話と説明をして既に時刻は15時過ぎでした。
そろそろいこうか?と切り出して羽夢蔵はロロスでの暮らしを離れる時間に。

垣浦さんは羽夢蔵の移動ケースを用意してくれました。
これがプラスチックの大きな衣装ケースを改造したもので、
しっかりしたケースを用意してくれてびっくり!
お医者さんに行くときにも使えそうでうれしいw

058


羽夢蔵はずっと一緒だった垣浦さんとお別れの時間になりました。

垣浦さんは、羽夢蔵を少し持ち上げるとほんの少し、羽夢蔵の嘴に
額を寄せて。
何も知らない羽夢蔵は垣浦さんの前髪で遊んでいる。


「この子は毛づくろいしてくれるんですよ。」


垣浦さんがしてくれた別れの挨拶に、今まで羽夢蔵がどんなふうに過ごしてきたのか。
愛されてきたのか伝わってきて私もさみしくなってしまった!

二人がこれから会えなくなるのがとてもさみしい。


羽夢蔵は垣浦さんが大好きだったんだと思う。
準備の間。垣浦さんが扉の向こうに行く度にそれを目で追っていたから。

私達はこれから育ての親になっていきますが。
羽夢蔵にとっての親鳥は垣浦さんだと思うのです。
いつまでも羽夢蔵はそれを忘れないんじゃないのかな。

私は羽夢蔵のお父さんもお母さんも。羽夢蔵にとっての家族は
たくさんいて良いと思う。
人間と同じように沢山の家族と沢山の愛情が彼らには必要だと
思うのです。

垣浦さんが羽夢蔵を大切にしてくれたことに私達はとても感謝しています。

ありがとう。 羽夢蔵はまた会いに来ます!
それまで垣浦さんも沢山の鳥たちの優しいお父さんでいてくれたら。
うれしいです。
063


061 さてここからは地獄の渋滞帰省ラッシュが
待ち構えておりました。
帰りの時刻は16時頃。

羽夢蔵はロロスさんで頂いた衣装ケースの中で
さっそく新聞紙破りを始める。
しかし車の揺れと、少しケースが斜めになって            
064しまうのとで落ち着かない様子。

1時間程で体制がきついのか、ピーピーと
雛鳴きし始め、イライラし始めて脱出しようと
している

羽夢蔵の休憩もかねて食事することに。
065
浜松のICで降りてバタンバタンさんお勧め鰻屋に向かう。。。。。っが!!
終了時間前に
売り切れですって!!が======ん!!!

しょうがないので近くの違う鰻屋へ。。。
066
羽夢蔵はケースからケージに移動してみたが、
これも騒音と揺れで怖さで仏像のように
固まっていた。



071
食後に帰りを急ぐも渋滞に次ぐ渋滞で疲労は
ピークに。

羽夢蔵の体力も心配なのでなんとか寝て
もらいたい。

067
パーキングにも何度も寄った。

結局、羽夢蔵は助手席でお包みタオルに包んで
抱っこしてみることに。

お迎え後は人が触りすぎない方がいいだろう
な〜。という考えがあったのでストレスが
心配でしたが、

なんと、白色気持ちいい布大好き説は有効で
とても落ち着いてくれた!
075
疲れもあってか、目を閉じてペッタリと寝始める。

体もポカポカしてきて
あちゃの方がめちゃめちゃ睡魔に襲われて
しまった。

072タオルを全部被せても全然平気で羽夢蔵は
この体勢のまま2時間程爆睡してはムクッと
起きて。

またタオルに潜り込むを繰り返していた。

途中私達も睡魔の限界で夜中の1時頃に
076PAで仮眠をとるも、1時間くらい寝てしまった。

羽夢蔵もタオルの中で寝てたけど。

結局自宅に着いたのは夜中の3時。。。。
ロロジ長旅の戦いを本当にお疲れさまでした。

羽夢蔵にとっては渋滞道中のケースとケージが
危機からの脱出とても思ったのか。家に着いて何よりも早く寝かせて
あげたんだけど。。。。

羽夢蔵はこの夜。
初めて  ピーーーーーーユ・・   ピーーーーーーーユ・・

と数回呼び鳴きをして眠った。
垣浦さんのこと。思い出したのかな?

車でずっと一緒だったから急にさみしくなったのかな?

二人して心配になってしまったけど、呼び鳴きに反応せず我慢することに
した。

羽夢蔵はまだ絶叫をしたことがなくて、呼び鳴きもこの

ピーーーーーユ ばかり。 この小さな声が定着してくれたら絶叫よりも
楽なんだけど。これに反応していいものか考え中。。。どうしよう。。。

085

一夜明けて今日はとっても元気。


出たがるし、呼び鳴きするし。おもちゃでも遊んで。ペレットも水に漬けていたwww
088
しかもおもちゃを止めていた回すタイプの
留め金を既に外すという芸当を見せつけられて

ちょっと先が思いやられるなぁ。。。。

 
ともあれ無事にお迎えが出来て。




なんだかいよいよ。羽夢蔵が来たって感じがした長い長い一日でしたw

101


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。