2007年12月30日

良いお年を

5ea767c0.jpgお久しぶりです。

半年間この「もぐもぐぶーぶー」ほったらかしにしちゃいましたが、
別に、ブログをやめちゃったわけではないです。
単に、まさに「死ぬほど」忙しくなってしまい更新ができませんでした。
連絡下さった方、ご心配おかけしました。

さて、忙しくてブログの更新こそ出来ませんが、
その間も、もぐ&もぐ は喰いまくりで、
ブログのネタはつきません。
この忙しさは当面続きそうなのですが
来年こそは、少しでも更新を再開できるようにがんばるつもりです。

今年お世話になった方々、どうもありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。

それでは、
良いお年を。


もぐ&もぐ

2007年06月17日

ホヤ&亀の手(湊川市場)

moguo_icon
以前エントリした湊川市場の変わった魚介類を扱っている魚屋さん、魚の丸和 第一販売所で、珍しい物が売っていたので
好奇心を抑えきれず、つい買ってしまいました

12

「ホヤ」と「亀の手」

どっちも、一度食べてみたかったんですよね〜

・・・

で、家に持って帰ったところ
新しい食べ物に対して保守的なもぐこは・・・

 ヽ(;`Д´)ノギャー
 (((((((( ;゚Д゚)))))))キショイー
 ぜ・・・全部自分で裁いて一人で食べてね(;´Д`)

いいもんねー
超美味しかってもあげないもんねー

最初はホヤ
とりあえずネットで捌き方を調べたところ、まずはホヤの上端を断ち切り
外皮に包丁を入れて身を取り出すとのこと・・・

ではさっそく

ブスッ! → ブシャーッッ!

中から大量の液体と内容物がものすごい勢いで吹き出し、台所が大惨事に・・・(;´Д`)
こんな感じ(グロ注意)


半泣きになりながら台所を掃除し、作業再開
とりあえず外皮から中身を取り出しました
プリンッっと意外に容易に取り出せます

34
次に身の部分についている内臓や内容物(?)を取り除くのですが
なにぶん初めて見る生物なので
可食部と非可食部の違いがわかんねー!!!

5
とりあえず黒い部分は明らかに内臓っぽいのでいいのですが
特に困ったのが
←この色が赤っぽい繊維性の少ない組織
よくわからないので、包丁でこそげ取っちゃいました



6
で、試行錯誤の末なんとか綺麗なオレンジ色の食べられそうな部分のみに
単離することができましたヽ(´▽`)ノ
見た目はなんか赤貝みたい




7
とても新鮮で活きていたホヤだったので
刺身で食べてみました(左)

σ( ̄〜 ̄)モグモグ

・・・

貝みたいな食感を予想していたのですが、意外と歯ごたえは無くて柔らかいです
柔らかいと行っても生肝類のような物ではなく
なんというかマンゴーのような繊維質のある柔らかさ
味はものすごく甘みがあります
で、よく強烈であると聞く香りですが
たしかに強烈ですが、生臭いとかではないです
よく表現される磯の香りっていうのともまた違います
どちらかというと赤貝とかにあるような
金属のような刺激臭
とはいっても赤貝のそれともまた違うのですが
なんというか、生まれて初めて体験する香りです
う〜ん
非常に甘みと旨みがあって、味は良いんですけどね
この香りは苦手
三陸の人のように、小さい頃からずっと食べていれば
この香りも美味しく感じられるのだろうけど
初めての もぐお にはちょっとキツイ
ずっと食べ続ければクセになるのでしょうか?

8残りは三杯酢(しょうゆ入れすぎました(;´Д`))で酢の物にしてみました
(ホントはキュウリを入れるそうなのですが・・・)
う〜ん
もぐお の作り方が下手なのかビミョー
甘みと旨みが弱まっちゃって
クセのある香りがたってしまいました
新鮮な物なら刺身のほうが良いかも
上手く作れれば多少は違うのかもしれませんが・・・(;´Д`)



さて、次は「亀の手」です
フジツボの仲間らしいのですが
本当に「亀の手」にそっくりです
そう考えると、確かにちょっとグロイかも(;´Д`)

910

塩ゆでにしてみました
茶色の部分は軟質な外皮
黄緑の部分が硬質の殻になっています

どうやって食べればいいんだろう?

全然考えていませんでした(;´Д`)

11
ネットで検索してみても剥き方までは情報が無く
よくわからないので
とりあえずカニ用のハサミで殻をばきばき割って
なんとかそれっぽいところを
取り出してみました
なんか貝みたい


12絶対もっと簡単な剥き方がありそうなので
押したり引っ張ったりしていると、

プリンッ!

殻の部分を持って外皮の部分を引っ張ると
簡単に外皮の内側にある可食部が現れましたヽ(´▽`)ノ
なるほどこうやって剥くのね


おそるおそる・・・σ(; ̄〜 ̄)モグモグ

ウマイッ!
これはマジでウマイです
茹でるときに塩入れすぎてちょっとしょっぱかったですが
貝のような歯ごたえに
エビやカニのような甲殻類に近い旨味
ちょっとちがうのですが、なんとなくモクズガニの脚身を彷彿とさせる味です
それに適度な磯の香り
まさに珍味

むき身をバター炒めとかにしても美味しいだろうな
どっかの地方では味噌汁のダシに使うらしいけど
確かにこれは良いダシがでるだろうから旨そう


ホヤはかな〜り好みがありそうな上に
捌くのが結構大変なので、特にオススメしませんが
亀の手は、見かけたら一度はチャレンジする価値アリです!



mogumogu_boo at 22:04|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2007年06月11日

あかちゃや (灘区 水道筋商店街)

moguko_iconここのところ、プライベートでバタバタと忙しく、時間が作れなくてお稽古にも行ってないのに、毎日疲れ果ててよい子タイムには寝てしまいます
やっとお腹の痛いのも治って、元気が戻ってきたけれど、お疲れモードは溜まる一方
とは言っても、お腹が痛い間も今も、ずっともりもり食べてますが・・(^^ゞ
もしかしてここのところの多忙さは、少しはバテて食べるのを控えろ!という神様の啓示でしょうか・・

*小さい写真はクリックで大きくなります

あかちゃや先日、VELGさんに行ったあとお昼を「あかちゃや」さんに食べに行きました
というか、お目当ては「あんみつ」だったのですけれど、せっかくなのでお昼もここで・・ということに

神戸はカフェはいっぱいあるのだけれど、和の甘味処があまりないような気がします
#ここと、あとは神戸駅近くの「季節茶屋 菊水」、元町の「風月堂 本店」ぐらいしか思いつかない
「あんみつ」大好きな私としては、もっとたくさん「甘味処」ができて欲しいなぁと思うのですが
あまり需要がないのかしら・・ε-(ーдー)


定食
ランチは数量限定なので、早めにお店に入らないとすぐに売り切れになってしまいます
この日も、12時ぴったりにお店に入ったのに、お客さんがひっきりなしで、あっという間にランチは売り切れになってしまいました
#食べられてよかった♪
この週のランチは「黒米のおむすび」に「出し巻き玉子」「ささみと野菜の和え物」「かぼちゃときゅうりのサラダ」「厚揚げと茄子の煮物」に「セロリのさっぱり漬け」とデザートに「水ようかん」
どれも優しいお味付けで、体によさそう
#いや体にヨサゲより何より、とっても美味しくて、それがいい(笑)


豆腐クリームパフェこの日の目的であった、和のスイーツを♪
もぐお は、豆腐クリームパフェです
お豆腐味のアイスクリーム(といっても、甘さ控えめな普通のミルクアイスみたいで、とても食べやすいです)、「浮島」というかるかんチックな和菓子、そしてあんこ
に甘くない生クリームがかかっていて、あと「かりんとう」が添えてあります
パフェと書いてありますが、全体に甘さ控えめで「パフェ」のごてごてしたイメージとは遠い感じ
お酒も甘いものも両方大好きな もぐお は、一瞬でぺロリでした

あんみつ私は「豆腐クリームあんみつ」を
お豆腐味のアイスは、非常に甘さ控えめなのですが、これが「黒蜜」にとっても合う♪
また、ここの黒蜜、かなり美味しい黒蜜です、ちょっと感動(´д`*
白玉もプルプルと柔らかく、美味しく、また「かんてん」も柔らかすぎず固すぎずえぇ感じです
「これこれ!食べたかったのはこれよっ!!」という感じで満足ヽ(´ー`)ノ


あんみつはこんな感じ
黄色っぽいものは、「ゴールデンキウィ」と「桜桃」(だったと思う(^^; )
寒天も白玉もつやつやで、いかにも美味しそうですよね
#あぁ思い出したら、また食べたい・・


ここのスイーツは、どれも比較的甘さ控えめで(あんこも、それほど甘くないです)男性でも食べやすいお味ではないかしらん?と思います
ただま、さすがに店内は女性だらけで、私達がいた時も、お客さんの中で男性は もぐお ただ一人でした
ケーキのお店にしろ、こういう甘味処にしろ、やっぱり男性は入りにくいのかしら?

ところで、この日は、「VELG」さんでパンを買ってもぐもぐしながら水道筋商店街を歩き、「一燈園」さんに入って串カツを二人でそれぞれ6本づつほどつまんで、その後ここ「あかちゃや」さんにて上記の食事&デザート
・・・・・・やっぱり食べ過ぎですかねぇ(^^;


あかちゃや
住所:神戸市灘区水道筋5-3-23
電話:(078)805-2776
時間:12:00〜19:30
   *7・8・9月は20:00迄
定休日:月曜日
HP:http://akachaya.jp/



2007年06月07日

VELG (灘区 水道筋)

moguko_icon胃腸炎になってしまって、お腹が痛い もぐこ です(ρ_;)
ちょっと私自身がバタバタと忙しいこともあるのですが
それと別にも、お腹に力を入れるとものすごく痛むので、しばらく合気道のお稽古をお休みしてるのです
今日も もぐお だけがお稽古に行ったのですが、師匠に私の胃腸炎の話をしたところ
「食べ過ぎちゃうのん?」とおっしゃったとか・・
はい、確かに毎日毎日食べ過ぎてます
でもいつもは、どんなに食べ過ぎても元気なんですよぉ(;_;)

*小さい写真はクリックで大きくなります

VELG今回のエントリはそんな、私達が尊敬している師匠の妹さんご夫妻がやっておられるパン屋の「VELG」さん
水道筋商店街の東の端の方に交差する灘中央筋商店街にあります
このお店、正式名称というかフルネームは「パナデラス ベルグ」と言い、「ベルグ」というのはニックネームみたいなものだとか・・
まぁ確かに「パナデラス ベルグ」っていう名前は、いちいち呼ぶのに長くて面倒ですから(笑)、きっとお客さんの誰もが「ベルグ」さんと呼んでいらっしゃるでしょうね


店内の様子2店内には、菓子パンからハード系、飾りパンに天然酵母パンまで、ものすごいたくさんの種類があります
実は、行ってみるまでもっと小さいお店を想像していたので、行ってみてパンの種類の豊富さや、訪れるお客さんの多さにびっくり!
どのパンも美味しそうで、二人してきゃ〜きゃ〜大はしゃぎ
さながら、お腹を空かせた小学生、のよう(苦笑)

店内の様子1サンドイッチの種類も豊富です
定番の「ハムサンド」「玉子サンド」「ツナサンド」の他に
生クリームとフルーツをはさんだ「フルーツサンド」や「カツサンド」「豚カツサンド」
「野菜サンド」に「生ハムサンド」はては「ごぼうサンド」なんていう珍しいサンドイッチまであって、選べなくて困ります(*^^*)
その他にも、シュークリームや、チーズケーキ、アップルパイなどもあって、ふと、一体何時からパンを焼けば、こんなにたくさんの種類が揃えられるんだろ?という素朴な疑問が浮かんできたほどです


買いすぎた・・(^^;
その種類の豊富さに、どれもこれも食べたいものばかりで、更にお腹が空いていたことも手伝って、二人して山ほど買ってしまいました

実はこのあと、近くにある「あかちゃや」さんでランチとあんみつを食べて、夕ご飯もごく普通に食べたのですが、なぜか夜中には、この日買った大量のパンが全てなくなってました

師匠のおっしゃる通り、食べ過ぎですね(^^ゞ
いや、でも、美味しかったから仕方なかったんですよぉ
#これじゃ、どんなにお稽古頑張ったところで痩せるわきゃないわなぁ
#っていうか、私はあんまり頑張ってないダメダメ弟子ですが・・(´д`;


師匠の妹さんのお店、ということとは関係なく、とっても美味しいパン屋さんでしたので
これから時々通って、全種類制覇を目指そうと思ってます♪
とりあえず次回は、「ごぼうサンド」を食べなくてはっ!!(^〜^*)


VELG
住所:兵庫県神戸市灘区中原通1-4-5
電話:(078)802-0870
時間:7:00〜20:00
定休日:日曜日



2007年06月03日

【鉄板焼き】和黒(北野)

moguo_icon
にくにくにくにくぅ〜〜〜〜〜〜〜
「にく喰いたい病」の発作が発症しました
焼き肉も良いですが、今回の発作はステーキ!
でもって、ステーキならばやはり「神戸ビーフ」でしょ!
というわけで、発作を治めるために
北野のステーキ屋さん「和黒」にお昼を食べに行ってきました

ここは、もぐ&もぐ が大好きなステーキ屋さんです
お店の雰囲気がいいし、値段もステーキ屋さんの中では手頃
最寄りの駐車場も北野とは思えない位安い(笑)
なので「にく喰いたい病」の発作の沈静以外に
お肉が好きな知り合いをもてなすにも最適

外観

看板さて、このお店はお昼12時の開店と同時に
通常メニューを出しているのですが
それ以外にお昼限定のお得なランチセットがあります
ランチセットは
2500円、3500円、4500円の3種類
どのセットも構成は、

お肉と野菜の鉄板焼き、スープ、サラダ、ご飯、お新香、シャーベット、コーヒー

値段の違いは肉の質と量で
4500円のは通常メニューに使ってあるのと同じ神戸ビーフ
2500円のは肉が通常メニューよりもちょっと落ちます(落ちるといっても、神戸ビーフとの比較なので、普通に良いお肉です)
で、3500円のはというと
2500円と同じお肉で量が多めか
3500円と同じお肉で量が少なめ
このどちらか(選べる訳じゃないです)
たぶん・・・
前は後者だったと思うのですが、最近は前者のような気がします(?)
日によっても違うかもしれないので
詳しくはお店の人に聞いてみてください

スープサラダ

まずはスープとサラダをσ( ̄〜 ̄)モグモグしている間に
料理人さんがニンニクを焼いてくれます

ニンニク1ニンニク2

いいにおい〜ヽ(´?`)ノ
フライドガーリック好きの もぐ&もぐ としてはたまりません
ニンニクが焼き上がると
おにく〜♪

肉焼き中

写真の右上に移っている脂身は
細かく切ってカリカリに焼いて
後でもやしと一緒に炒めてくれます

肉味付けは
海水塩、カラシ、コショウ、ポン酢、しょう油、今焼いてくれたばかりのフライドガーリック
カラシはあまり辛くないので
しょう油に山ほど入れてよく溶くと、お肉にとても合います(もぐお的にはこれが一番好き)



和牛サイコーヽ(*´▽`*)ノ

野菜2野菜1

お肉を食べている間に野菜も焼いてくれます
野菜もアツアツ
特にナスの焼きたては
鶴太郎のオデンよろしくシャレになりません(;´Д`)
毎回口の中火傷します
でもこの焼きたて熱々を
最短時間で食べられるのが鉄板焼きの良さですねぇ

もやし

カリカリの脂身ともやしの炒め物
これがウマイんですよ
脂身がカリカリでコクがあって
これだけでご飯もう一膳いけそう

シャーベットコーヒー
最後にシャーベットとコーヒーが出てきてランチコース終了
この値段でこの内容はオトクです

和黒さんはお昼から通常メニューもされているのに
オトクなランチがなんであるのか疑問だったのですが
おそらくランチコースは
時間的にお客の回転が速くて焼く人が沢山いることから
まだ若い料理人さんなども動員されているからなのではないかと
もぐ&もぐ は勝手に推測しています
でもって、その分リーズナブルになっているのではないかと
事実、食い意地が汚い もぐ&もぐ が
早く喰いたいよ〜と
焼いている鉄板を凝視していると
若い理人さんによっては緊張されるのか
手がプルプルしている時がありました(←イヤな客)
もちろん、若い料理人さんでも基本の焼き方はきっちりしていますし
ベテランの料理人さんが焼いてくださることもあるので
その辺は、タイミングと常連度合いなのでしょう
とはいえ、そういうことを考慮しても
絶対オトクなランチであるのに違いはありません

ふぅ〜(*´Д`)=3

満足満足ヽ(@´ー`)ノ

なんというか、おなじ牛肉を焼いて食べる料理でも
鉄板焼きには普通のステーキや焼き肉には無い魅力がありますね

ちなみに、もぐこ
高校生の頃にここでメニューにない600グラムのステーキを注文して
お店の人を困らせたそうです(;´Д`)
さらに、それを普通に食べきったそうです(;´Д`)


和黒 北野坂本店
住所:兵庫県神戸市中央区中山手通1-22-13 1F
電話:078-222-0678
時間:12:00-22:30 (ラストオーダー21:30)
定休日:年中無休

2007年05月30日

老香港酒家 神戸北野店 (北野)

moguko_icon写真は色々と山盛り撮り溜まってるのですが、写真担当の もぐお は、とにかく整理整頓のできない、だらしないヤツで
もぐお の携帯の中に収まったまんま、整理して私に渡してくれないから、いつ行ったものやら、さっぱりわからないものが多く
中には、半年以上、一年近く前の写真なんかもいっぱいあって
当 blog は、掲載が時系列になっていなくて、無茶苦茶です
なので、季節がはずれているものもあったりするので、そのあたりごめんなさいm(_"_)m

*小さい写真はクリックで大きくなります

老香港酒家今回のエントリも、そんな整理整頓できない もぐお のせいで、まだセーターを着ている頃に撮った、私達二人して、大々だぁ〜いっ好きでそのワゴンサービスの飲茶ランチブッフェを定期的に食べに行ってるお店
「老香港酒家 北野店」です
色々と支店があるようですが、私達が行くのは、もっぱらこの一軒家スタイルの北野店ばかり
なんといっても、一軒家になっているお店の庭というか何というかの部分に、駐車場スペースがあるので、行きやすいのです

ここは、前菜からデザートまで順番にワゴンで持ってきてくれ、その中から好きなものを、何度でもいくらでも食べられるブッフェスタイルの飲茶ランチが名物
しかも、お味の方も思いっきりっ!びっくりするくらい美味しいです
私がここに初めて行ったのが、かれこれ7年ほど前なのですが、あまりにも美味しくて、一度行くと「半年くらい食べなくても生きていけるんじゃないの?」というくらい食べ過ぎてしまうため、自分的に半年に一度くらいに封印しているお店です(爆)

とにかく、まさにアホほど、飢えた餓鬼の子ほど食べてしまうため、写真で全てを紹介しきれませんので、一部だけをご紹介しますが
それでも、結構な量の写真なので、かなり長くなるのを、ご覚悟の上読んでくださいませ(滝汗


スープ
お席に着くと、まずはジャスミン茶のたっぷり入ったポットにカップ、お箸が運ばれてきますが、お料理の最初として、このスープが出されます
このスープがまたとても美味しいのですが、残念ながら、全メニューの中で、これだけはおわかりができません(´・ω・`)


こんな風にワゴンでスープをいただいていると、こんな風にワゴンで、まずは前菜類、それから蒸し物や焼き物や炒め物?やお粥や揚げ物やデザート類などのワゴンが順番でやってきます
ワゴンの中から、好きなものを好きなだけ食べられるのですが、先は長いので、前菜の時点であまり欲張っては、途中半分くらいのワゴンで、力尽きてしまいます(笑)
そのあたり、よく考えて選べばいいのですが、どれもこれも種類豊富で、しかも美味しいため、我慢ができない・・
何度行っても学習しない、アホ二人です(;^_^A


前菜類前菜だけでこんなにいただいてしまいます
ていうか、前菜だけでなく、全種類、これくらい、しかも大好きなものはおかわりまでして、いただいてしまうという、まさに餓鬼状態┐(´ー`)┌ 
ちなみに、いつ行っても、私達以上に食べてる人を見たことがありません(;^_^A


皮つき焼豚
前菜類の中でも、ここで食べたこれが、神戸のどこのお店のものより美味しかった「皮付き焼豚」
これは、だいたい二人して3回くらいおかわりしてしまいます(^^;
皮部分のカリカリした食感がとってもいい!

蒸し物色々私の大好きなエビ蒸し餃子初め、フカヒレ餃子や、翡翠餃子、その他色々、蒸し物の種類もすごい数があります
ただ、蒸し物には、もぐお がアレルギーのため食べられないエビが入っているものが多いため、ほとんど私一人で食べます
ちっとは考えりゃいいんですが、それでも色々食べたいものがありすぎて、毎回とりすぎて大変なことになります(´д`;


衣笠茸のえびすり身蒸し
衣笠茸のえびすり身蒸しは、お出汁も美味しくて、このお店の蒸し物の中でも大好きなものの1つです
衣笠茸の適度な歯ごたえと、つるんとした食感に、エビのすりみのプリプリ感が、なんともンっまい!!



小籠包鶏の足
小籠包」に「鼓汁鳳爪(鶏の足の豆鼓蒸し)」に「湯葉でなんか色々と包んであるもの」(←名前忘れました・・・(^^; )
この鶏の足は、ゼラチン質のプ二プ二した食感で、コラーゲンたっぷり!美肌料理ですね(^_^)

湯葉で色々包んであるものちまき
また、ここの「ちまき」は、よくある笹の葉に包んであるものでなく、ちゃんと「蓮の葉」で包んであって、本格的♪
ちまき大好きもぐお も、ここのちまきの美味しさは「絶品だブー!」と、毎回いただくものの1つです

焼き物ワゴン焼き物色々焼き物は、こんな風に、ワゴンで焼いて饗されるようになっていて
焼きたてアツアツをいただけます
ワゴンの形も、出されるものの種類によって、色々あって、それがまた楽しい♪
写真は「大根餅」に「イカのすり身」に「ピーマンのエビすり身詰め」

お粥お粥や、ビーフンなどもあります
ビーフンがソバだったりと季節によって変わるのですが、お粥はいつでもあります
お粥には、前菜のワゴンにあった「ピータン」をお願いして、持ってきてもらって、ピータン粥にして食べるのが もぐもぐ流
ここのピータンがまた、生半可な中華店のピータンより、うんと美味しくて
ピータン嫌いの もぐお も、お粥に入れて食べるほど♪

揚げ物あたりから、いつもいつもお腹パンパン状態(でもまだまだ食べるけど)になって食べ疲れてくるため、このあたりになると写真がほとんどありません
(この日は、揚げ物2種類ほど食べた記憶が・・)

デザート類最後のデザートは、もぐこ的には絶対にはずせない!
この日もいつものごとく、タピオカココナツミルクと豆乳花、ナタデココ(これが季節によっては違うものになっていたりします)に杏仁豆腐、と、冷たいデザート全種類いただきました(苦笑
それから、このお店の全飲茶メニューの中で私がいっちばん好きなもの「叉焼パイ」と、あとは胡麻団子、更に追加してエッグタルトもいただいて、やっとおしまいになりました(;^_^A

ここの「叉焼パイ」は、パイ生地の中に甘いタレの味がからんだ叉焼が入っていて、パイのサクサクと叉焼の甘さが、デザートというか「おやつ」として秀逸
ホント、大好きなんですよ(´д`*
わざわざ電話してお持ち帰り用を買いに行ったりもします
#この「叉焼饅頭」は、先に電話しておいてから取りに行かないと
#その場ですぐには持ち帰りできません


毎回、次回こそは腹10分目(あくまでも10分目であって、8分目ではない(笑))に抑えようと、二人して誓っては
また、腹18分目(って、どんなんや・・)くらい食べてしまうアホ二人
ここに食べに行くと、翌日の夜くらいまでお腹が好きません(笑)
二人にとってはまさに「魔窟にして絶品」なお店
何度、息をするのも苦しいほどの思いをしても、それでもまたどちらからともなく「そろそろ老香港酒家に行こうよ」と誘い合っては、はちきれそうなお腹を抱えて帰宅・・の繰り返し
いつかここで、ちゃんと腹10分目におさえて帰ることのできる日は来るのでしょうか?(^^ゞ


老香港酒家 神戸北野店
住所:神戸市中央区北野町2-1-5
電話:(078)222-1556
時間:11:30 - 15:00(LO)
   17:00 - 21:00(LO)
定休日:年中無休
HP:http://www.oldhongkong.jp/


2007年05月28日

ヒシヤベーカリー (下山手)

moguko_icon昨夜、深夜に突然あんみつが食べたくなり、「あんみつが食べたいブーー(*`Д´)}と叫びまくっていた もぐこ です
さすがに深夜2時、コンビニの「なんちゃってあんみつ」くらいしか無理そうです
うるさく叫ぶ私をなだめるために「明日のお昼、『あかちゃや』さんに行こう、な、それでえぇやろ?」と提案する もぐお
なんとかそれで、気を取り直して寝ることにしたのですが
今日になって、ふと気付いた
ガーーーーン!!!今日は月曜やんかぁ!
あかちゃやさん、休みやぁーーーーーヽ(;´Д`)ノ

明日、あさってのお昼は予定が入っているため、木曜までおあづけです(ρ_;)

*小さい写真はクリックで大きくなります

ヒシヤベーカリーそんな風に、突然なにかが憑いたとしか思えない勢いで、何かが食べたくなることが多い私
そんな私によく憑いてくれる?ものの1つに、「ヒシヤベーカリー」さんの、「ハムサンドウイッチ」があります

地下鉄大倉山公園駅から東へ少し行ったところ、山手幹線沿いにあるこの小さなパン屋さん、創業はなんと昭和7年
地域の人達に愛され親しまれて、美味しいパンを70年以上も焼きつづけてこられた老舗パン屋さんです

ハムサンドこれがその、私によく「食べたい、今食べたい、ものすごーーーくっ!食べたい!!(´д`; 」と、取り憑いてくれる「ハムサンドウイッチ」
コッペパンのような柔らかいパンにハムとレタスが挟んであるんですが
このパンが、小麦のいい香りと味がして、ナニゲにすごく美味しいんです♪
包んである紙がまたえぇ感じ(´д`*
定期的にこの「ヒシヤベーカリー」さんを訪れる理由の一つが、私にとってはこの「ハムサンドウイッチ」なんです

名物の三角のカレーパンこちらは、ここの名物パンの1つ
食パンにルーを挟んで揚げたカレーパンを、対角線で切ってある「四角い形のカレーパン」です
カリカリとした表面と、食パンのもっちりした味わいが美味しい
こういう形のカレーパンは、ここ以外では見たことがないのですが、他にもやっているお店ってあるのでしょうか?



サンドウィッチ
こっちは、もぐお の大好きなサンドウィッチ
玉子が特徴的です
半熟状の炒り玉子のふわっとした食感と、食パンのしっとり柔らかい食感のバランスがよく、とても美味しいです


コ洒落たブランジェリーもいいけれど、こういう昭和の香りがする懐かしいパン屋さんも、美味しいお店がいっぱいあるのが、パンの街神戸のすごいところ
また、この手のお店ってたいていは朝早くから開いているので、ご近所の方は、朝の散歩兼ねて朝ごはん用のパンを買いに行くのもいいカモしれませんね

ちなみに私達の師匠宅では、毎朝の食パンは、ここヒシヤベーカリーさんのもの、と決まっているそうです
私達も、毎朝ここの食パンを食べていたら、達人になれるかなぁ・・


ヒシヤベーカリー
住所:神戸市中央区下山手通7-6-8
電話:(078)341-2236
時間:7時〜19時
定休日:日曜・祝日
HP:http://www.hishiyapan.com/

2007年05月27日

季風軒(湊川)の夏期メニュー

moguo_icon
暑くなってきましたねー
暑いのが大嫌いな もぐ&もぐ ですが
夏期しか食べられないものがメニューに出てくるのはうれしいです

もぐ&もぐ が週に一度は行くラーメン屋さん「季風軒」にも4月、5月と
待ちに待った夏期メニューが登場しました

ひとつは「あさりと九条葱のラーメン」
アサリラーメン
スープの味は、「塩」と「しょうゆ」がありますが
もぐ&もぐ的には断然「塩」がオススメです
写真ではレンゲに隠れて数個しか確認出来ませんが、アサがいっぱい
しかもデカイ!
レンゲと比べるとだいたい想像できますが
単に大きいだけじゃなくて
アサリ身も太ってプリプリ
かなり良いアサリつかっておられます
季風軒独特の上品なスープとアサリのダシが
ひっじょーに良く合ってます




そして、また薬味でついてくる「ゆず胡椒(写真右下)」がまたよく合う
いわゆる「ラーメン」とはもはや別物なのかもしれませんが
とにかくウマイです
夏期にラーメンといえば もぐ&もぐ家ではこの「あさりと九条葱のラーメン」です

もうひとつが「冷麺」
冷麺
これはこのお店のラーメンにもいえることなのですが
野菜がいっぱい入ってます
ちょっと「サラダ冷麺」という感じがします
ちなみに具は、チャーシュー、錦糸卵、水菜、白菜の白い部分、ニンジン、プチトマト、白髪ネギ、刻みネギ
と、盛りだくさんな上に、
冷麺アップ薬味的に、揚げた春巻きの皮、枝豆、カシューナッツ、らっきょう、まで入っていて
春巻きの皮と枝豆、カシューナッツがコクを
らっきょうがさっぱり感を出しています
また、どの薬味も歯ごたえがある物ばかりで、とても良いアクセントになっています


とにかく具と薬味の取り合わせがすばらしい
基本は冷麺なのでさっぱりしているんだけど、食べ応えもあって、飽きない味です
また、冷麺にはそのままでも味がついているのですが
タレ
別に「ゴマだれ」と「しょうゆだれ」がついているので
途中で色々足して食べると
味が変わって楽しめます





「あさりと九条葱のラーメン」にしても「冷麺」にしても
このお店のメニューは
素材と味付け(スープ)の取り合わせが絶妙で、とても洗練されていると思います
また、薬味もとてもよく合うものをチョイスされていて
何度食べても飽きません

今年の夏はこの「冷麺」に何度お世話になる事やら


季風軒
住所:兵庫県神戸市兵庫区下沢通3-3-15 ウェストリッジ 1F
電話:(078)578-8223
時間:11:30〜15:00、17:30〜23:00
定休日:毎週水曜日

mogumogu_boo at 01:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!麺類 

2007年05月26日

一等庵 (上沢)

moguko_iconみなさま、お久しぶりです(@´ー`)ノ
連休中に旅行三昧で遊び疲れ、連休明けに寝込んでしまった、社会人としてダメ人間の もぐこ ですm(_"_)m
もぐお は、と言うと、連休明けも連休気分をひきずって数日間仕事をだらだらしてしまったツケで、その後ひぃひぃ言って仕事に追われておりました
おかげで、二人揃ってネットで美味しいもの情報を探したり、YouTubeで面白い動画を見つけて笑い転げるなんぞと、遊んでいるヒマもなく
blog の更新もほったらかし状態
いやぁ、大人が遊び惚けると、あとが大変ですねぇ(あほ
なんとか、仕事も一段落してきて、いつもの生活に戻れつつありますので、またボチボチと blog の方も更新していきますね
待っていてくださった方(おるんか?)、お待たせしましたぁ〜ヽ(*´ー`)ノ

*小さい写真はクリックで大きくなります

一等庵さてさて、春もたけなわを過ぎて、少しづつ初夏の日差しのこの頃
冷たい麺類なんぞが美味しい季節になってきました
今回のエントリは、地下鉄湊川公園駅と上沢駅の中間あたりにある、本格手打ち蕎麦のお店「一等庵」さんです

美味しい蕎麦屋さんの少ない神戸において、ここは美味しい手打ちの蕎麦が食べられる、数少ないお店の1つで、そば粉も自店でひいておられるという本格ぶり
更科系の白い蕎麦だけでなく、田舎蕎麦系の真っ黒い蕎麦も食べられますし
更科系、田舎蕎麦系、ともにそば粉100%の十割蕎麦も食べられます
おまけに、人数が揃えば予約にて、蕎麦の手打ち体験もさせていただけるとか・・
あぁ素敵♪ワンダホ〜♪な、お店です(^_^)


やまかけ蕎麦この日の私の注文は、冷たいやまかけ蕎麦
蕎麦といえば更科系がいいのよっ!な私
気付いたらコッテリしたものが好きになっていたメタボリィな私にとって、あっさりした更科蕎麦のざるだけでは、なんだかちっと物足りない
おまけにこのお店は、出汁のお味も比較的アッサリ系なので、やまいもドッサリのこのやまかけ蕎麦は、お腹が好いている時にはいい塩梅に物足りない感をカバーしてくれます


おろし蕎麦もぐお が注文したのは、冷たいおろし蕎麦
ここのおろし蕎麦に使われている大根が、なかなか(もぐこ 的には、かなり)辛い大根で
あっさりした蕎麦の味に、ピリリとしたアクセントをつけてくれます
いつ行っても思うんですが、えぇ大根つこうてはります
#というか、ここ使こうてはる素材はどれも、かなり吟味されておられる
#わさびも、粉わさびやチューブのものでなく
#ちゃんと本物の山葵をすったものがそえられています
#ホンマえぇもん使こうてはりますわ

こんな蕎麦です
いつも携帯で写真を撮っているので、こういう蕎麦のアップの写真は、あまり美味しそうに撮れませんねぇ・・(^^;
細い目の蕎麦はコシがあって、更科とはいえ、蕎麦の香りもちゃんとして、ンっまいです♪


ここは天麩羅も、カラっと揚がって美味しいので、天ざるなんかもお薦めです
これからどんどん暑くなってきますので、冷たい蕎麦のようなアッサリしたものは、これからの季節にうってつけ
比較的家の近所にあることもあって、去年も夏もよく行きました
ただ1つ、少しだけ残念なのが、お店の人の愛想があまりよくないこと
#いや、愛想が悪いというのではなく、お客さんの相手が苦手とか下手っていう感じ
でもま、蕎麦を食べてみて思うことは、とても真面目にお商売されておられるなという、真摯な姿勢ですので
美味しい蕎麦を食べるぞ〜ヽ(´ー`)ノ と、いう時には是非お薦めの一店です

きのこおろし蕎麦や、鴨せいろ、天ざる etc・・、どれをとっても美味しいので
何を注文されても、ハズレはないと思います
神戸は美味しい蕎麦のお店があまりないので、大切に味を守っていただいて長く続いて欲しいお店の1つです


一等庵
住所:神戸市兵庫区下沢通6-1-25造建ビル
電話:078-578-1578
時間:11:30〜14:30 
   17:30〜21:00 土曜の夜はお休み
定休日:日曜

mogumogu_boo at 16:09|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!麺類 

2007年05月01日

明石焼 たこ兵衛 (新長田)

moguko_iconゴールデンウィーク、みなさま如何お過ごしでしょうか?
もぐ&もぐ は、この三日間出ずっぱりで疲れましたε-(´Д`)
小さいお子さんがいらっしゃるお宅では、大人にとって連休や夏休みって楽しいっていうより大変な時期なのではないでしょうか?
ま、小さい人が喜んでくれたら、それで嬉しいのが親心ってもんですが・・(^^ゞ

*小さい写真はクリックで大きくなります

たこ兵衛そんな もぐ家の連休の美味しいもん情報は、もぐお が写真を整理して、記事を書いてくれるでしょうから(いつになるか知りませんが・・ていうか、多分書いてくれるでしょう、えぇ多分・・・・・)書くのが大変そうな連休の美味いもんの話は もぐお に任せて
連休疲れの私は、比較的最近見つけてお気に入りした、明石焼のお店のご紹介
JR新長田駅、長田大丸(今でもジョイプラって言うのかしらん?)の正面の道路をずっと北へ、高架をくぐって更に北
地元では密かに人気のお魚屋さんがやってる「あみさき」さんの手前
#あぁ、地元の人にしかわからない説明だわ(´д`;
明石焼のお店「たこ兵衛」さんです

メニュー「うどんとご飯」「お好み焼きやソバ焼きとご飯」という関西独特の食べ方はあれど、「たこ焼きとご飯」、っていうお店は私の知る限りではほとんどないハヅ
が、しか〜し!ありましたよ、ここ「たこ兵衛」さんにはっ!
ま、厳密にいうと、明石焼とご飯のみではないのでちっと違うのカモですが・・
ここの「たこ定食」は明石焼とご飯+一品、あと漬物、お味噌汁というメニュー
この日は、「あみさき」さんに昼食を食べに行く予定だったので、とりあえず私達は明石焼単品を注文したのですが、後ろのテーブル席ではサラリーマンらしき男性が食べておられました、えぇ「たこ定食」を・・
気になりまくりの私、何度もちらちらと後ろの方のテーブルの上をのぞいては、もぐお にこっそり叱られつつも見てみましたところ
この日の一品は、「関東炊」でした
明石焼と関東炊とお漬物とお味噌汁・・生粋の関西人の私もちょっとびっくり!なメニューでしたが、まぁお出汁たっぷりでいただく明石焼は汁物の親戚みたいなものだと思って
楽しい具の入ったお汁と、それからお味噌汁、という、汁物が二つついた定食だと思えば・・・・・
#って、やっぱりちょっと無理のある考え方カモ(;^_^A

明石焼で、明石焼
これが、どうしてどうして、玉子たっぷりのなかなか美味しい明石焼で
「あら、美味しいじゃな〜い♪」と、嬉しい発見
神戸で明石焼きと言えば、「菊兆」さんや「蛸の壷」さん、「たちばな」さんあたりが有名かと思うのですが
ここ「たこ兵衛」さんは、なんと言っても、10個で450円
上記のお店達に比べて、負けてない美味しさにリーズナブルなお値段が嬉しいですねヽ(´ー`)ノ


ソースと出汁で神戸風
玉子たっぷりでフワフワの明石焼
ソースたっぷりの大阪風の「たこ焼き」よりも、こっちの方が好きです♪
ていうか、ソース+お出汁、これが正しい神戸ッ子の明石焼きの食べ方ですよね?
#・・もしかして、そういうのって少数派かしらん?(^^ゞ

うちでは、ちびもぐ太 も、「たこ焼」よりも「明石焼」派
これはなかなかいいお店を見つけたわ♪と、親ばか もぐこ としては、早速 ちびもぐ太 に報告したのは言うまでもありません(*^^*)


長田といえば、長田神社前商店街はまだ少しは活気らしきものがあるものの、それ以外は壊滅状態なのが現状
もともと長田は、昔はすごく賑わっていた街だけに、なんとか元の賑わいの半分でもいいから、人が戻って少しでも活気を取り戻して欲しいと願ってやみません
そのためには、願うだけぢゃぁなくって、願ってる私自身も足しげく長田の美味しいお店を見つけては通って、そして少しでも紹介していかねばっ、ね♪


明石焼 たこ兵衛
住所:神戸市長田区水笠通り4丁目1-1-105
電話:(078)641-7655
時間:11:00〜20:00
ただし、火曜〜金曜の14:00〜16:00は休憩)
定休日:月曜日