むらさんちの気まぐれプラモデル日記

一作入魂日々精進

DSCN3650

サスペンションを組む前にメカ固定用のプレートのビス穴を開けました。


DSCN3640

ダイカスト製のサスペンションアーム。バリなどを根気よく取りました。ホワイトメタルとは違うのでかなり硬い材質。DSCN3638 2
DSCN3644
DSCN3647
DSCN3646

トーションバーならぬ板バネはラジオペンチで曲げながらセットしました。DSCN3657

DSCN3659

オイルダンパーも可動するようにできています。
DSCN3653

ロードホイールにベアリングを組み込みサスペンショナームも5.0の真鍮シャフトにしたいですが、とりあえずそのまま組みました。固定がキャプ式なのでその辺も不安です。DSCN3660

誘導輪のテンション調整機構ですが左右一体化してるのでこの辺も要改造ですがとりあえずそのまま組んでみます。DSCN3641 2
DSCN3642

つづく
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

久々の日記です。シャーマンも完成していないのにレオパルド1のラジコン化日記をば。実はシャーマンより先に作り出していたのですが。

何年か前にレオパルド1がディスプレイモデルで再販されてに入れた方も多いのではないでしょうか。40年も前に、子供の時にラジコンやリモコンで販売されていたのですが、ディスプレイとはいえ当時の憧れを手に入れられるというのは素晴らしいですね。
さて私は初めからラジコン化したいという魂胆で購入したのですが、蓋を開けてみたらびっくりです。現代のフルオペシリーズのメカ部品の取り付けができるようにキットは改良されていました。砲塔の回転ギヤなどです。車体の動力モーターギヤボックスも高さを調整して、キットのドライブシャフトを交換してあげれば簡単に取り付けられます。
今回用意したものは、
シャーマンの走行装置モーターギャボックスのアッシー左右
シャーマンの砲塔回転ギャボックス 関連パーツ 
KVー1のサークルギャ(確か....)

これから砲上下作動のギャボックス、リコイルシステムのギャボックスを揃えるつもりですがどれを使うかは選定中です。

36207_p1
DSCN3616 2

砲塔のサークルギャここは工夫しないと。DSCN3617
DSCN3615 2


シャーマンとKVー1の比較。 同じモーターなら径が小さいほど砲塔の回転スピードは速くなるはず?

DSCN3618 2


DSCN3621


シャーマンのギャボックスとキットのギャボックス。ドライブシャフトを交換します。ギャボックスもバラして回転させながら組み直しました。DSCN3622 2
DSCN3623 2
DSCN3627
DSCN3630
DSCN3633
DSCN3637


続きます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

温暖な静岡も昨日から本格的に冷えるようになって来ました。今年もタミヤフェアに行って来ました。タミヤフェアが開催されると年末になって来たなと感じます。
さて会場発表の新製品は、リモコン誘導戦車爆弾ゴリアテでした。小さいながらもとても精巧なパーツでした。緊迫した操縦風景を切り取った人形3体つきです。
DSC_0121
DSC_01062
DSC_0103
DSC_0101


そしてもう一つ、会場発表新製品は1/25センチュリオンラジコン版。 砲塔旋回ユニットは別街ですが、回転機構にギャではなくてマジックテープが使われていたところが面白いです。
開発の方の話を伺ったところ、24Ghzのプロポ。特にキット自体に大改造はしていなく、サスペンションのスプリングもバネレートを変えずに昔ながらの内容で機能している。価格は20000円ちょっと。発売は来年早々とのことでした。キットは1973年ごろ発売されたものですが、内容はとても精密です。私も出た当時お年玉でディスプレーキットを買って作りました。イスラエル型に改造したら面白いんではないかと、個人的にこれは欲しいなと、思うキットでした。プロポのアンプ部分のコネクタの数が4つあるので何か展開が楽しみです。

DSC_0117
DSC_0120


1/35でもう一つ、朝鮮戦争とうじのM4シャーマンもありました。結構パーツが変更されており、キャリバー50が全く新しい彫刻で作り直したとのことでした。他に、排気ディフレクターなど、虎のデカールも付属しています。

DSC_0110
DSC_0111


1/16の4号戦車です。シングルモーターライズ。基本、ラジコンのものですが、コーティングシールが付くとのことでした。

DSC_0115
DSC_0116


DSC_0122
DSC_0124
DSC_0118


イタレリの1/12フィアット500です。楽しそうなキットです。シートの形状など、どのパーツを見てもしっかり造形されているので意気込みが感じられます。安いといいですね。

DSC_0107
DSC_0106
DSC_0102
DSC_0105


トワイライトモデルの新シリーズた「そがれの昭和シリーズ」です。第一弾はかき氷機と木製冷蔵庫。かき氷機はエッチングパーツ製でした。冷蔵庫は薄い機の合板で作る本物の木製でした。順次駄菓子屋セットが発売されるとのことです。スケールは1/35。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

1/16シャーマンもだいぶ間が空いてしまいました...砲塔の整形が乾燥するまで、車体のエンジンルームをくり抜きました。電気ドリルで3ミリの穴を開け、ニッパを入れてくり抜きましたが、凹モールドにナイフで何回か切り込むとあっさり切断できることが途中で判明しました...
くり抜いたところをナイフで整え、後部の両端のベンチレーター?をプラ板で塞ぎました。
参考は1/35のタミヤE8を見ながら工作しています。IMG_7078
IMG_7079
IMG_7080
IMG_7081

まだまだ続きます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

IMG_7621


タミヤのM40を作りました。部品数は大変多く、作っても作っても先が続くという、お腹いっぱいになるキットでした。しかし’難しい組み立ては無く、そして大変楽しいキットでした。
人形は豪華に8体付属しています。全てデジタルスキャンして造形された人形だけに服のシワのリアルさ大変細かく再現されています。
IMG_7627

今回はトワイライトモデルから発売されているドラゴンの派手なデカールを使ってジオラマにしてみました。デカールには同じ部隊のジープのデカールや兵士の階級章なども付属してジオラマ制作にはもってこいです。ドラム缶やジェリカン用のデカールも付属しています。

IMG_7596

ジオラマのベースサイズは400x360位です。
最初に私はジオラマを作るときに、カレンダーなどの裏紙に原寸で設計図を作りそれを元に制作しています。ジオラマを制作して行くうちに無理な破綻が出ること抑えることができます。また地面の立体的な製作にも材料の切り出しがヤマカンに頼らなくて良いので、時間を節約することもできます。
IMG_7604
IMG_7606
IMG_7612


今回は土嚢で陣地を作るので、タミヤの土嚢セットを大量に揃えました。節約するので目ないところは半分に切って使いました。このジオラマで3箱位あれば十分です。土嚢は図面から作った壁に貼り付け土嚢だけの壁パーツを作りました。

そして建材のスタイロフォームから地面のかさ上げ部分を図面から作った切り出し型紙に写して切り出しました。接着は乾燥を待たなくて良いホットメルトを多用しています。何しろ短時間でどんどん組み立てできます。
IMG_7613
IMG_7616


続きます...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ボカージュアフタヌーンのジオラマに人形を付け足し、配置を変えてひとまず完成と相成りました。牛やヤギも登場させようかと思いましたが、詰め込みすぎより物足りないくらいが良いかなと思いまして。フランスの農民をマスターボックスのキットを使って加えました。形状は変えずにストレート組みで仕上げました。アメリカンレッドクロスの慰問車両で配給しているドーナツを兵士が子供にあげようとしているシーンとしました。兵隊は全てタミヤ製です。M41フィールドジャケットの色合いはグリーンを強めに塗り、タンカースジャケットはカーキ色を基調に塗装してみました。塗装は全てタミヤのエナメル塗料で塗っています。人形の色を塗り、ジオラマに配置して完成させ、しばらく眺めているのが一番楽しい時です。00001605


マスターボツクスの人形はどれも素晴らしですね。なるべく明るく仕上げてみました。

12017440_999073146854386_2894047473156052177_o


1462547_999073306854370_8496401863174778416_o
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年も大晦日、今年は気まぐれな割によく書くことができたかなっと思いました。
さてタミヤ1/100フィアットG91タミヤフレッチェとリコローリも展示台に取り付けていよいよ完成と相成りました。展示スタンドはドロップタンクを内側から支えるようにアクリル板をレーザーカットで製作しました。彫刻でFrecce Tricoloriと入れてみました。土台は木製、そこに4ミリの真鍮パイプを埋め込み、先端にM3のステンレスネジをハンダで取り付け、アクリルのスタンドにナットじめという構造です。画像はタミヤフェアで展示した時の様子です。
IMG_7254

IMG_7344

間隔が狭いかな、と感じましたが飾ってみるとなかなか様になりました。長い苦労が報われれた思いです。パイプ二本では揺れるので手を加えて3本しようと考えています。
IMG_7342

本物の青い空がやはり似合いますね。
IMG_7346
IMG_7345


IMG_7206

ほぼ型が決まった展示台です。ディスプレー台はアクリル板をレーザーカットしました。
IMG_7209

4.0ミリ真鍮パイプにM3.0のステンレスボルトをハンダ付けしています。

額縁式に展示すれば埃から守れるかなと感じました。はい長い間お付き合いありがとうございました。
1/100はスケールが小さいのでこんな展示の楽しみ方も可能ですよ。皆さんもいかがでしょうか?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

シャーマンの工作がこのところ時間がなくて進まないので、陸上自衛隊富士学校で撮影したM4戦車のが画像を見て間をつなぎ...いやモチベーションを上げて参りましょう。DSCN0639

模型ではタイガーに比べると小ぶりなイメージがありますが、実車を目の前にするととても巨大です。何年か前までは傍に梯子があり砲塔の上まで登ることができました。今は危険防止のためか搭乗禁止です。ライトガードや溶接の模様など大変参考になります。牽引フックの取付け部の溶接跡などとても荒いです。
DSCN0668

望遠で撮影したあまりパースがかかっていない画像です。正面から見た砲塔は傾斜が左右非対称とわかります。砲塔の表面はグラインダーでならされたようななだらかな肌でした。
DSCN0627

後面です。機銃を分解して載せるアームやベンチレーターに取り付けられたマウントがよくわかります。フックの高さが左右で微妙に違います。
DSCN0685

自衛隊の食堂で食べたカツカレーです。大変美味でした。
毎年7月くらいに公開されるので、ぜひ足を運ばれることをお勧めします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ジオラマの題名などベースに取り付けるネームプレートは本物の金属板を使うとワンランク仕上がりがアップしますね。案外に簡単に作れますので、試してみてはいかがでしょうか。
使う道具は ピーカッター(アクリル板用カッター)、油目ヤスリ、スチールウール(細かい金属磨き用、スコヤ、ハガキサイズの厚み1センチくらいの版画板、デザインナイフです。
しんちゅう板は0.3〜0.5ミリを使いました。

最初に板の切り出しです。寸法を決めてスコヤで直角を出してそのままピーカッターで切り目を入れます。程々の力で何度もひっかくよう。切るというより削るといッタ方が良いでしょうか。切りカスはたくさん出ます。ある程度切り込みを入れて板の裏側に切り込みが浮き出てきたら、版画板の角を切り込みに合わせて上下にあおって折って切断します。

IMG_7211


切り出したら版画板の端に板を置いて、ヤスリで45度くらいにエッジを削って行きます。削り込みが多いほど薄い板でも厚く見える錯覚が出ます。

IMG_7212


削れたらデザインナイフの刃の反対側の背の部分でヤスリがけしたところを磨いて行きます。光沢が出たらオーケーです。ヘアーラインを入れるためスチールウールで一定方向に磨きます。
よくシンナーで油分を取り除いて、タミヤのスプレー式メタルプライマー(透明)を吹き付け一日乾燥させます。

IMG_7213


IMG_7248


あらかじめウェーブのデカールにコピーしたものを貼り付けます。気泡が入らないように注意して、できれば強制乾燥させます。水分が残っていると仕上げのクリヤー塗装の時にチジミが出やすいです。
今回はグンゼのスーパークリヤーを吹き付けました。
IMG_7247

デカールを板より大きくすれば段差も目立たなくなると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

パテを盛った砲塔ばかり削るのも根気がいるので、気分転換にモーターの交換をしました。車両に荷物を満載して重量が増えることを見込み高トルクのタミヤのスポーツチューンモーターに交換してみました。どのくらい効果があるかはまだ試していないのでわかりませんが...

まずピニオンギヤを外すところから結構大変でした。市販のユニバーサルピニオン抜き工具を使いました。ピニオンを抜くときは地道に少し回しては戻してという作業の繰り返しで外しました。アマゾンで見つけましたが、380モーター、ピニオンプーラーで検索すると出てくると思います。
IMG_7076

IMG_7077

モーターピニオンギャを取り付けるときはギャを底にしてモーターのコードが出ている側の貫通シャフトを叩きます。昔のタミヤのモーターライズキットには必ず注意書きが載っていましたね。
IMG_7082_01

モーターを取り付けるときは紙を一枚挟んで適度なバックラッシュ(隙間)を与えました。
IMG_7047

そしてドライブスプロケットの成型時のパーティングラインを綺麗にヤスリでならして、整形しました。効果があるかわかりませんが、この作業は精神衛生的なものです。磨き上げると綺麗です!IMG_7071

続く....
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ