むらさんちの気まぐれプラモデル日記

一作入魂日々精進

 今日の画像は今から40年前くらい前、私が小学5年から6年の間に自分で作ったプラモデルたちです。年代にして1974年前後でしょうか。家にあったカメラでしっかり記録に残していました。B-52はタミヤの1/100スケールミニジェットシリーズ、銀色にまだら模様のショウキ(鍾馗)はマルサンのパチパチキット(ギミックで主脚がパチッっとバネで飛び出すことからのネーミングだと思います)これもスケールは1/100、戦艦武蔵はハセガワの1/450スケールと記憶しています。ジオラマ写真はタミヤの8トンハーフトラックとM3スチュアート戦車です。

 当時、小学生にして生意気にも模型雑誌の「モデルアート」を愛読していた私でしたが、B-52や武蔵など新製品の記事や特集記事になっていた物をまねして作ったものでした。当時のモデルアートには小学生でも理解出来るように塗装の入門ページなどが「おおくらとしお」氏のマンガとともに掲載されていました。この時期、模型製作のテクニックはモデルアート誌から学んだものでした。本当は読めない漢字が大半でしたが。

 やがて小学校を卒業して他の土地の中学校に入学する事になった私は、引っ越す前に同級生にこのプラモデルたちを記念に譲りました。大切にもらってくれた同級生たちの表情はいまでも覚えています。


 もう大分昔に発表された映画ですが塩田明彦監督の「どこまでもいこう」という映画があります。団地に住む小学生5年の悪ガキ二人組の物語なのですが、途中から野村少年というプラモデル趣味をもつ子供が登場します。友達になってくれたお礼にプラモデルをあげるシーンがあるのですが、なんだか遠い昔の似たような体験を思い起こされるようでした。子供の中だけの世界、友達への嘘、裏切り、恋など、ああ似たようなことがあったなと思い出されました。映画をみていると言うより、主人公たちからちょっと離れた所で傍観しているような感覚になる、不思議な作品。いまでもプラモデル少年の貴兄にはそっとおすすめしたい映画です。

fu5
fu6
fu3
fu2
51NIHgTMOyL

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

静岡ホビーショー見て歩記も今回で終わり。面白いなと思った作品を集めてみました。どれも楽しんで作っている作品ばかりです。プラモデルの完成品ばかりではなく、自身で一から作り上げた模型も展示されています。
DSCN3858
DSCN3855
DSCN3856
DSCN3860
DSCN3795
DSCN3820
DSCN3843
DSCN3808
DSCN3807
DSCN3818
DSCN3802
DSCN3806
DSCN3822
DSCN3810
DSCN3830
DSCN3800
DSCN3813
DSCN3810
DSCN3825
DSCN3876
DSCN3875
DSCN3812
DSCN3809
DSCN3811
DSCN3833
DSCN3836
DSCN3854
DSCN3838
DSCN3851
DSCN3816
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 静岡ホビーショーでの模型クラブ合同展示で飾られていた、個人的にこれは面白い!とか参考にしたいと思った作品をご紹介したいと思います。
 むかしむかしのお話ですが、静岡ホビーショーも30年位前は模型見本市とかいう名称で場所も静岡市の駿府城跡にある体育館みたいな所で開かれていました。スーパーカーブームの頃でしょうか、中1の私は友人と土曜の午後クラブ活動を終えて、焼津駅まで自転車で向かい電車で静岡駅で降り、そこからほぼ走って会場まで行ったものです。着いたのは午後3時ころ。会場も今よりもっと狭くこじんまりとしていましたが、模型少年だった私と友人は嬉々として各メーカーの展示場を見てまわったものです。見て回るたび会場でもらったビニール袋にメーカーのオジさんが新製品のリーフレットカタログを袋にどっさり詰め込んでくれたものです。

DSCN3801


そんな70年代後半にタミヤが発表したポルシェ。ボックスアートどうりにカットモデルに仕上げてあります。私も押し入れに一つしまってありますが、いつかこんな感じで作ってみたいです。

DSCN3794


タミヤのドカティ900 マイクへイルウッドレプリカではなくてレプリカの元となった本当のレーサーに改造されています。

DSCN3797


DSCN3829


DSCN3839


DSCN3850


DSCN3844


DSCN3842

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

私が気になった、新製品。とってもタミヤ製品しか撮影しませんでした。あまりの人ごみに萎えました...
1/35パンサーA型。海外製品に比べて価格も手頃、いつでも買える安心感。技術力に裏打ちされた精密さと組立てやすさ。ナースホルンもラングも買って作っていませんが、作りたくなるキットというのが大事です。
DSCN3862


1/32モスキート 挑戦されるようなキットですね。コックピットの精密感や人形の出来が、タミヤらしいです。これも作ってみたくなるキットです。タミヤの底力みたいなものを感じます。
この精密度で1/25で内部構造付きの戦車をだしてくれたなら...

IMG_5316
IMG_5315
IMG_5313
IMG_5320



IMG_5321
DSCN3863


もう、おしまい。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

こんばんは。前回からの製作過程の画像は大分省いて、基本塗装にエンピツでハゲチョロ(今風ならチッピング)を入れています。基本塗装は、クレオスのダークイエローをいつも使用していますが、今回は、サンディブラウンにつや消しホワイト+フラットベース(サンディブラウンが半光沢なので)ブレンドして基本色としました。乾燥後にダークイエローにつや消しホワイトを混ぜた物を薄くオーバースプレーして黄色みをだしてみました。ウェザリングの基本色はエナメルのレッドブラウンに黒を少々混ぜた茶色系でかなり薄めに施しました。エンピツチッピングが終わったら、さらにクリヤーをかけて強調したい部分にまた墨入れしようとおもいます。
IMG_5341

HBエンピツの先や芯の腹を使って塗料のこすれた所や剥がれた部分を再現しています。こすったところはエンピツの鉛で金属のように鈍い光を放ちますが、つや消しクリヤーをふけばツヤは無くなりました。あえてエッジなどに金属光沢を出したい時はもう一度、エンピツで重ねています。
IMG_5340

起動輪はデッサン用の大型エンピツで一気に刃の金属感をだしました。キャタピラのウェザリングはまだ施していません。
IMG_5346
IMG_5342

ジオラマはやはり主役のタイガーが2台で物語を作ろうと思うので、もう一両追加することとしました。
IMG_5343

IMG_5344

脇役のオペルブリッツトラックもユニットで分割して基本塗装を済ませました。こちらは古参兵のごとく塗装で年期を重ねた風合いに仕上げたいと思います。
IMG_5345

タミヤのオペルブリッツは各部品がぴったりと合って華奢な車両もスタイルを崩す事無く組立てられます。
追加 今回、タイガーのキット付属のキャタピラを流し込み接着剤で組立てましたが、かなり多く流し込みすぎたのが原因で、キャタピラ一こま分位長さが収縮するという事態が発生しました。二台目は片側101コマで接着しようかと思います。つづく。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

嫁に出たシャーマンはホビーショーのメーカーブースでお披露目となりました。
コバーニmokei工房さんから発売される、コンバットドレッシングセットの作例として展示。ホビーショーのクラブ展示でも映画のシャーマンが沢山製作されていました。セットは映画のシャーマンを再現するのにもってこいです。

DSCN3869
DSCN3872
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

連休いかがお過ごしでしょうか。ホビーショーに向けて毎日心行くまで模型を作っている私です。さて、フュー○ーのシャーマンが完成したといえば、次は敵役のタイガーですね。
しかし、映画版ではなくて、今年お亡くなりになったオットーカリウス氏のタイガーを製作しようと思い立ちました。Malinavaの戦いを情景作品にしようと思います。タイガーの他、オペルブリッツ、キューベルワーゲンなどを脇役に。
おもむろに保管倉庫を漁ってホコリまみれのキットが見つかりました。
IMG_5258

どんどん行きます。15年ぶりのツィメリットコーティング。子供の頃はタミヤのラッカーパテでキングタイガーにコーティング施行を試みましたが、これがとても難度が高く、キレイに出来たためしがありませんでした。今回はコーテング工具などは一切使わず、こだわってひとつひとつ手作業で刻んでみました。さて、使ったのはタミヤのエポキシパテ即硬化タイプ。通常タイプの方が時間を気にせず作業出来たかもしれませんが、なんとかなりました。
IMG_5256

施行した前面装甲部分。まずは余り目立たない所で練習しながら。
IMG_5252

パテは混合する時にタミヤアクリル(水性)の溶剤を混ぜてガム(食品の)ぐらいの柔らかさに練っています。
IMG_5241

スチールの定規を使って薄く延ばしています。下地がうっすら透ける程度。厚さにして0.3ミリくらいでしょうか。
IMG_5243

延ばし終わったらさらに定規で厚い部分をそぎ落とし、全体にアクリルの溶剤を筆で塗って、ならしています。
IMG_5251

いよいよ刻。わかるくらいに歪まないようにあらかじめ垂直線を引いてからコーティング跡を付けています。このときアクリル溶剤を塗りながら付けています。巾3.5ミリ、厚さは0.5ミリに加工したプラ板をナイフの柄に付けています。
IMG_5260

装甲板側面を30分くらいで施行出来ました。一気に集中して進めるのでなかなか疲れます。
どんどんいきます。
IMG_5253

砲塔は組立前に施行しました。
IMG_5254

こちらは巾5.0ミリのヘラで施行しました。各パーツごとパタンを付けて一日終了。
根気のいる作業でした....。
つづく。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

連休いかがお過ごしでしょうか。アスカのシャーマン自衛隊バージョンにアメリカ軍のマーキングが付属したキットが発売されましたね。映画の人気が影響したのでしょう。はからずも自衛隊バージョンのキットから製作した今回のシャーマンもほぼ完成となりました。まだアクセサリーパーツも沢山つければ映画の戦車のように出来るとおもいますが、モデルは頼まれ物なのであとは手にした方におまかせするといたしましょう。最後は側面の防弾丸太を製作しました。4ミリ径の丸木棒をカットし、レーザーソーの刃で木肌の感じをつけました。映画では木の皮ははがされている様ですが。さらにかるく金槌で表面をたたいて単調にならないようにしました。切り口はオノで切り倒されたようにナイフで削りました。3本合わせてあらかじめ接着した後、ロープを糸で表現しました。

ひきつづき、次回は本番?純正タミヤのパーツを作ってE8を映画のシャーマンとクルーまで再現したいと思います。
IMG_5232

IMG_5233

IMG_5234

IMG_5189

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

休日に一気に塗装を進めました。6時間くらいかけて概ね塗装出来ました。迷彩パターンは海外製の別売デカールの塗装図を参考にしています。車両上面は適当にパターンを考えてしまいました。塗装中にサスペンションの部品が上下逆に付いているのに気がつきました...
オリーブ色に黒の迷彩はなかなか迫力がありますね。強そうに見えるから不思議です。迷彩際をくっきりさせたかったので筆書きで最初に境目をいれました。ホイールの塗り分けは円カッターでマスキングテープを切り抜いて、エアブラシで塗装しています。ウェザリングはホルベインの顔料とタミヤアクリルを混ぜて施しました。キャタピラはタミヤのスーパーシャーマンのものぴったり装着出来ます。
IMG_5131
IMG_5132
IMG_5133

IMG_5136
IMG_5138
IMG_5139
IMG_5151
IMG_5146
IMG_5145
IMG_5147
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

1/16ラジコンシャーマンをE8に改造する前に、立体参考としてアスカ(タスカ)の陸上自衛隊バージョンを製作することにしました。実はよく考えずに陸自仕様を買ったのですが、キャタピラの型式からしてフ○ーリー号に近いことに気づきました。アマモの記事のように映画バージョンにするには結構が改造が必要ですが、ここはストレートで組立てました。
IMG_5129


はじめてアスカのキットを作りましたが、車体の箱組などすき間無く組立てられるのには感動ものでした。難をあげれば部品が探しにくい所でしょうか。せめてA,Bなど枠番号は四隅に記してもらうと良いと思います。
IMG_5123

IMG_5062

溶接跡を加えました。巾がもう少し広い方がよかった。エポキシパテの帯を作りナイフや針でパターンをつけました。難しかったのはサスペンションの組立。説明書によらず画像のように組み付け、ショックアブソーバーのシリンダーの部分ははめ込めるくらいにジョイント部分をナイフで削って組立てました。

IMG_5119


工具のベルトぐらいも追加してみました。
IMG_5121


ペリスコープガードがエッチングパーツで付属しますが、柔らかい素材なので苦労しました。マスキングテープのノリ側に貼付けて足を立てると楽。はがす時は流し込み接着剤などでノリを溶かしました。そうしないとノリの力が強いので簡単にまがってしまいます。
IMG_5125

私的簡単な鋳造肌の再現方法です。瞬間接着剤を塗り広げて、ティシュペーパーで軽くたたいてやるとそこそこリアルに再現出来ます。難点は接着剤のガスで涙がでるところ。
IMG_5126


5fe30d50

毎日ゆっくり2時間前後の工作で6日ほどで塗装前の組立が終わりました。来週は塗装に入りましょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ