むらさんちの気まぐれプラモデル日記

一作入魂日々精進

January 2008

99dbc442.JPG製作中のアフリカに渡ったタイガーのエアクリーナーは写真を見るとどうもグレーに塗られているようです。ボルト、ナットやチェーンも追加してみました。見えませんがドレンキャップにもチェーンをつけています。

85aa010d.JPG排気筒の上の防炎板はないタイプなので板パーツのボルトを削ってそのままマフラーに移植しました。排気口には可動式の防水カバーをつけたいです。

d316b2f8.JPGキットのワイヤーの余分なモールドを取り除いてナイロン製の紐を使ってワイヤーを自作です。基本的にナイロンなので色が乗らないという弱点がありますが、瞬間接着剤でコートするとそれほどでもありませんでした。

2ebf3397.JPG純正のディテールアップパーツがでていますがすでに数は少ないようです。ネットでかなり探しまわったあげく送料も馬鹿にならないのでやめました。そこで手作りとなりましたが材料は紙と窓の防虫ネットです。このネットにも番手があるようで目の大きな物がちょうど良いサイズでした。キットから寸法を採りパソコンで製図、先に中だけ抜いて網を瞬間接着剤で取り付けてから切り出しました。紙は接着剤で硬化させてあります。

cb4fdeec.JPG主なユニットが出来上がってきたので、はやる気持ちをおさえつつもちょっと合体。先が見えてくると楽になります。これから装備品など細かい部品を製作したり取り付けたり。

e2e32fec.JPG車体の上部を裏側より見た図です。上が旋回ユニットです。小型のベアリングや支持ディスクがつきます。ディスプレイバージョンはドライバーハッチなどの裏側も別パーツで再現されています。ラジコンキットにはありません。

1bacc916.JPGアフリカへ渡った501重戦車大隊のグリーンで塗られたらしいと言われるタイガーを再現してみようと思いました。資料写真からターレットナンバーをスキャンしてイラレでなぞって原稿を製作、アルプスのMD1000マイクロドライプリンターで印刷しました。白地に赤で印刷しましたが、赤が引っ掻き傷でこすれてしまいました。10年もののプリンターで気温が低い冬場はうまく行かないときもあります。手書きでタッチアップでよしとしましょう。

721c8abe.JPG主砲の可動メカの組み付けです。手間でしたが内部も白く塗装してみました。中心のメカがリコイルユニットで左が上下可動のユニットです。右の袋は発光用のコンデンサー?だとおもいます。さらに砲楯右側に赤外線のバトルユニットのLEDが取り付けられます。

e86e7af5.jpg雑具箱と銃眼を取り付けた状況。ディスプレイタイプなので成形色はサンド色です。

2dada103.jpg本来エスケープハッチがあるところに初期型は銃眼があるため、左側のパーツを参考に自作しています。鋲はランナーをあぶって形に押し付けて製作しました。

cf08b49b.jpg初期型の雑具箱は形状が違うのでプラ板から自作しました。ナットはスカートのモールドからいただきました。局面を作るのになかなか面倒でした。強度を考えおもに1.0ミリのプラ板で上下をつくり局面はそれに合わせて0.5ミリを2枚重ねで製作してあります。

2eec1f8a.jpgタイガー1にもどりまして、ターレットの製作です。画像はディスプレイモデルとして製作していた時のものです。砲楯はアフリカへ送られた極初期のタイプに加工しています。見た目よくわかりませんが、プラ版を貼ったりしてディテールを追加しています。

1cb5e9bf.JPG07年末にカトーからC62ツバメが発売されました。たいへん精密な作りです。客車をひかせてお正月はのんびり線路を走らせておりました。

f7edd43f.JPG今年もひきつづきタイガーの工作状況をアップしたいと思います。
足回りの組み立てが終わって、マルチファンクションユニット、スピーカーユニットなどの組み込みです。指示道理に配線すれば簡単ですが線の取り回しや整理にこれから取りかかる所です。

43037b7a.JPG説明図です。可動部のメカを知りたくて購入しましたが、
結構省略されていて...台枠などはスライドで一体成形、ランナーの角を
見るとRになっているので当時としては高レベルの工作機械で作られた
ものでしょう。説明図のイラストは上手です。でもわかりにくい...

36d6eac6.JPGあけまして おめでとうございます
本年もよろしくおねがいいたします

今年こそは停滞気味な更新をちゃんとしなければなりません。
去年もそんなこといっていましたが...
ともあれ正月から模型は作っています。
有井のD51です。古くはオオタキというメーカーのものです。
今の目からすれば相当な出来(失礼)ですが
素組で仕上げる、塗装でちょっと凝るにはもってこいのキットです。
大きさも大きいし、値段がもうすこし安ければ申し分ないのですが。
光っているのは国鉄メッキマークです。
本年もよろしくおねがいします〜

このページのトップヘ