むらさんちの気まぐれプラモデル日記

一作入魂日々精進

February 2013

AFVの会がホビースクエアで開催されました。
タスカの新製品でバンタムジープが展示されていました。(1/24)
他、1/48タイガーの中期型(ツイメリットコーティングも有り)と1/35のティランを新製品で見る事ができました。
IMG_1099


IMG_1102


IMG_1101


IMG_1097

おくればせながら、今年初の日記です。
ホビーショーも近づいて来た事だしそろそろ新作のジオラマをと考え出しまして...
フランスのボカージュ畑をテーマにジオラマを作ろうとおもいます。
いつものように枠を組んで建材の青い断熱材を地面としました。そこにタミヤの情景テクスチュアーペイントを塗って基礎としています。断熱材はカッターナイフで地面の表情を大まかにつけました。
仕事柄(?)ジオラマも短時間で仕上げたいので、テクスチュアペイントも薄塗りで1時間ほどで乾燥させてしまいます。扇風機の風をあてるとみるみるうちに乾燥しますよ。
IMG_1051


ボカージュの石積みの壁(?)を再現するのに、コルクの小石みたいな物を使用しました。木工ボンドと瞬間接着剤で手間ですが一つ一つ積み上げました。実際はもっと整然に積まれていいるようですが、ちょっと崩しすぎた感じになってしまいました。まぁいっか。乾燥してから、ニッペの軽量パテをアルコール(水性アクリルカラーの溶剤)で薄めて塗りたく、ふき取り、目地を埋めました。
ここで一晩乾燥...
IMG_1057

地面にさらに表情を付けるため、トミックスの鉄道模型用の細かいバラス(小石)と画材のシエルマチエール(貝殻を砕いた砂)を蒔きます。それをまく前に木工ボンドを水で薄めた水溶液にママレモンなど洗剤を一滴(表面活性剤)を加えた物を地面に塗っておき、砂を紅茶の目の細かい茶こしで蒔いて行きます。扇風機で風を当てれば1時間で乾燥します。
塗装は、タミヤアクリルのデザートイエローにホワイト+ミデァムグレーを混合したカラーを吹き付け塗装しました。乾いた地面の感じです。
草は、鉄道模型用のスタテックグラスを木工ボンド水溶液を塗った上に茶こしでぱらぱら蒔いてゆきます。一回目は草のふさふさした立体感が出ません。同じ事を2回か3回繰り返しますが、二回目からはボンドはエアブラシで!一度目の草に上にツユが確認出来る程度に吹き付け、草を振りかけ、乾燥させの繰り返しです。ふさふさ感がでたらエアブラシで塗装しています。草の塗装も最初は地面に近い色、濃い緑、明るい緑、最後にホコリ色を要所にと繰り返して完成です。
IMG_1073

IMG_1075
IMG_1066
IMG_1074


このページのトップヘ