むらさんちの気まぐれプラモデル日記

一作入魂日々精進

April 2015

休日に一気に塗装を進めました。6時間くらいかけて概ね塗装出来ました。迷彩パターンは海外製の別売デカールの塗装図を参考にしています。車両上面は適当にパターンを考えてしまいました。塗装中にサスペンションの部品が上下逆に付いているのに気がつきました...
オリーブ色に黒の迷彩はなかなか迫力がありますね。強そうに見えるから不思議です。迷彩際をくっきりさせたかったので筆書きで最初に境目をいれました。ホイールの塗り分けは円カッターでマスキングテープを切り抜いて、エアブラシで塗装しています。ウェザリングはホルベインの顔料とタミヤアクリルを混ぜて施しました。キャタピラはタミヤのスーパーシャーマンのものぴったり装着出来ます。
IMG_5131
IMG_5132
IMG_5133

IMG_5136
IMG_5138
IMG_5139
IMG_5151
IMG_5146
IMG_5145
IMG_5147

1/16ラジコンシャーマンをE8に改造する前に、立体参考としてアスカ(タスカ)の陸上自衛隊バージョンを製作することにしました。実はよく考えずに陸自仕様を買ったのですが、キャタピラの型式からしてフ○ーリー号に近いことに気づきました。アマモの記事のように映画バージョンにするには結構が改造が必要ですが、ここはストレートで組立てました。
IMG_5129


はじめてアスカのキットを作りましたが、車体の箱組などすき間無く組立てられるのには感動ものでした。難をあげれば部品が探しにくい所でしょうか。せめてA,Bなど枠番号は四隅に記してもらうと良いと思います。
IMG_5123

IMG_5062

溶接跡を加えました。巾がもう少し広い方がよかった。エポキシパテの帯を作りナイフや針でパターンをつけました。難しかったのはサスペンションの組立。説明書によらず画像のように組み付け、ショックアブソーバーのシリンダーの部分ははめ込めるくらいにジョイント部分をナイフで削って組立てました。

IMG_5119


工具のベルトぐらいも追加してみました。
IMG_5121


ペリスコープガードがエッチングパーツで付属しますが、柔らかい素材なので苦労しました。マスキングテープのノリ側に貼付けて足を立てると楽。はがす時は流し込み接着剤などでノリを溶かしました。そうしないとノリの力が強いので簡単にまがってしまいます。
IMG_5125

私的簡単な鋳造肌の再現方法です。瞬間接着剤を塗り広げて、ティシュペーパーで軽くたたいてやるとそこそこリアルに再現出来ます。難点は接着剤のガスで涙がでるところ。
IMG_5126


5fe30d50

毎日ゆっくり2時間前後の工作で6日ほどで塗装前の組立が終わりました。来週は塗装に入りましょう。

このページのトップヘ