むらさんちの気まぐれプラモデル日記

一作入魂日々精進

August 2015

 世界的に有名な模型作家シェパードペイン氏が亡くなられたと、フェイスブックでしりました。
野戦病院の画像はタミヤが所蔵している氏のジオラマ作品です。兵士の動きのある人形や、地面の水たまりなど生き生きとした再現がすばらしい。
DSCN0168

 80年代初期に日本の模型誌で紹介され、高校生だった私もさっそく、ホビ−ジャパン誌の別冊「How to build DIORAMASディオラマの作り方」を手に入れ、食い入るように読みました。同年代の方なら自分も買ったという方も多いのではないでしょうか。掲載されているのディオラマはどれもドラマチックな場面を上手に再現してあり、一読してアメリカ(欧米)と日本の模型文化の厚さの違いという物を子供ながらに感じました。じつはこの大事にしていた本も、当時友人に貸した切りもどって来ませんでした。ネット時代になってから古書を見つけて現在また手元にあります。

61izKl7oyhL


 本書はタイトルの通りジオラマの作り方の指導書ですが、構想の練り方、まとめあげる時のコツ、ジオラマを構成する各個の模型の塗装の方法まで懇切丁寧に、プロの技を惜しげも無く紹介した虎の巻とも言えます。
 そして末尾にディオラマの究極再現としてシャドーボックスの作り方も指導しています。今では一般にもシャドーボックスは工芸として普及していますが、初めて見るその額縁に納められた立体絵画のような模型はとても新鮮に思えました。

 当時はとても自分には難しくて作れないだろうと思いましたが、改めてこの本を読んでみると、なにか構想を練って作りたくなりました。現在読んでもけして古さを感じさせない、模型製作者ならジャンルを問わずためになる教本です。まだ古書が流通していますので、ぜひ手に入れる事をお勧めします。

IMG_5632

IMG_5630
IMG_5631

 
 シャドーボックスの概念から寸法図、照明器具の作り方まで細かく解説されています。

How to build DIORAMAS  by SHEPERD PAINE
Good leader of the modeling has been died .Japan has been released as a book in 1980 .
I loved this book .


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

8月のお盆休みいかがお過ごしでしょうか?休み中に旅行へも行かず存分にプラモを作ろうと考えている私です。さて、プラモの息抜きにDVDの鑑賞もお休みのお約束になっています。今年は何をみましょうか。

以前、古典的な複葉機に興味をもってから、たまたまレッドバロンと言う映画を見ました。お気に入りのアルバトロスという戦闘機が登場します。映画の内容はここでは言いませんが、戦争スペクタクルというより、反戦映画に属するのではないかと感じました。
_SL1500_


34)



複葉機の中でも私はアルバトロスがとても気に入っています。プラモデルの良い所は、映画に登場した飛行機などを自分で作って手のひらで色々な角度から観察できたりするところにあります。
部屋にあるコレクションのプラモデルと一緒に紹介いたしましょう。

42)


IMG_5608
IMG_5607


ウクライナはローデン製のアルバトロス1/72スケールになります。1300円位で入手しやすいキットです。箱の裏には派手なカラー図が掲載されています。
1/72ながらエンジンも精密に再現されていてお気に入りのキットです。
IMG_5609


本体のパーツにはバリ(鯛焼きのはみ出た所のようなもの)が少々みられますが、そこそこシャープな作りです。
IMG_5611


IMG_5612

アメリカはグレンコモデル製の1/48のキットになります。すでに古いキットになります。1989年とコピーがあります。模型誌には上手に作られた作例が登場したりしていて2つも買ってしまいましたが、同じように完成させるに、私は相当苦労をしなければならないでしょう。
IMG_5613

中身の部品と言えば、袋にばさっと入れられて中で部品がコロコロ外れているのでとても袋を開ける気にはなりません。手の入れがいがあるキットになってしまいましたが、いつか挑戦してみたいと思います。
54)


47)


IMG_5615


これもウクライナのローデン製1/32の大きな模型になります。6000円ほどで買えました。
スケールが大きいので細かい所の解像度も高く、機体内部の桁も一部再現されています。
エンジンも細かい部品でリアルな出来です。ちょっとボケピンになってしまいましたが。

IMG_5616


IMG_5617


IMG_5618


IMG_5619


映画に登場するレッドバロンと呼ばれたリヒトフォーヘン、およびその戦友たちはなかなかおしゃれです。かなり脚色されているのかもしれませんが、ヨーロッパの風景とあわせてとても綺麗な映像です。
47)
37)


48)


51)


48)


何度も見たくなる良い映画です。

製作国ドイツ2008年
出演: マティアス・シュヴァイクホーファー, ティル・シュヴァイガー, レナ・ヘディ, ジョセフ・ファインズ, フォルカー・ブルッヒ
監督: ニコライ・ミューラーショーン

出典ウィキペディアなど
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ