夏日の中にも秋風がふきだしましたね!今回はイタレリの1/48フイァットG.91 P.A.Nを手に入れたのでご紹介したいと思います。まずはボックスアート(箱絵)から。さすがにイタリアのプラモデルだけあって、色使いといいいデザインは大変あか抜けています。中身はともかく(失礼)。シリーズ名にはエアロバティックチームコレクションとあります。パイロット人形は入っていません。デカール(プラモデルに貼るシールの事です)はチーム全機を網羅。とこれくらいはわかります。ご覧の通り、キットはイタリアのアクロバットチーム、フレッチェトリコローリが使用していた(1964〜1981)機体のデカールがセットされたものです。
IMG_5658

IMG_5677

私が幼少のころからすでに日本のタミヤも1/100スケールでキットを発売していました。記憶の限り私が作った初タミヤのキットがこのG91でした。駄菓子屋で買って公園で組立てました。アポロが月へ行った時なので1969年の出来事だと思います。
横道にそれましたが、肝心の中身を見て行くと...
IMG_5661

IMG_5662


何かとても懐かしい感じのする部品の作りです。いろいろ調べてみると、このキットはもともとはフランスのエレール社の販売していた物のようです。1974年にエレールから1/50スケールでG.91が登場しているのをネットで確認したのですが、さすがに1/48のキットとは別物のようです。製作されたのはそれ以降とおもわれますが、凸式のモールドやリベット再現からして1970年代の雰囲気が伝わってきます。機体の大きさはF-86に比べると一回り小さい印象をうけました。
IMG_5659

組立説明書には丁寧に1から10番機までのデカールの指示図が掲載されています。デカールを見るかぎりイタリアのカルトグラフ製とはないですが綺麗なシルク印刷のような出来です。キットを10個買って並べる人もいるかもしれません。IMG_5660


一昔前の古いキットですが、そのまま気軽に作りたいとおもいます。自動車模型のように塗装でピカピカに仕上げたら引き立つと思います。