連休いかがお過ごしでしょうか。ホビーショーに向けて毎日心行くまで模型を作っている私です。さて、フュー○ーのシャーマンが完成したといえば、次は敵役のタイガーですね。
しかし、映画版ではなくて、今年お亡くなりになったオットーカリウス氏のタイガーを製作しようと思い立ちました。Malinavaの戦いを情景作品にしようと思います。タイガーの他、オペルブリッツ、キューベルワーゲンなどを脇役に。
おもむろに保管倉庫を漁ってホコリまみれのキットが見つかりました。
IMG_5258

どんどん行きます。15年ぶりのツィメリットコーティング。子供の頃はタミヤのラッカーパテでキングタイガーにコーティング施行を試みましたが、これがとても難度が高く、キレイに出来たためしがありませんでした。今回はコーテング工具などは一切使わず、こだわってひとつひとつ手作業で刻んでみました。さて、使ったのはタミヤのエポキシパテ即硬化タイプ。通常タイプの方が時間を気にせず作業出来たかもしれませんが、なんとかなりました。
IMG_5256

施行した前面装甲部分。まずは余り目立たない所で練習しながら。
IMG_5252

パテは混合する時にタミヤアクリル(水性)の溶剤を混ぜてガム(食品の)ぐらいの柔らかさに練っています。
IMG_5241

スチールの定規を使って薄く延ばしています。下地がうっすら透ける程度。厚さにして0.3ミリくらいでしょうか。
IMG_5243

延ばし終わったらさらに定規で厚い部分をそぎ落とし、全体にアクリルの溶剤を筆で塗って、ならしています。
IMG_5251

いよいよ刻。わかるくらいに歪まないようにあらかじめ垂直線を引いてからコーティング跡を付けています。このときアクリル溶剤を塗りながら付けています。巾3.5ミリ、厚さは0.5ミリに加工したプラ板をナイフの柄に付けています。
IMG_5260

装甲板側面を30分くらいで施行出来ました。一気に集中して進めるのでなかなか疲れます。
どんどんいきます。
IMG_5253

砲塔は組立前に施行しました。
IMG_5254

こちらは巾5.0ミリのヘラで施行しました。各パーツごとパタンを付けて一日終了。
根気のいる作業でした....。
つづく。