こんばんは。前回からの製作過程の画像は大分省いて、基本塗装にエンピツでハゲチョロ(今風ならチッピング)を入れています。基本塗装は、クレオスのダークイエローをいつも使用していますが、今回は、サンディブラウンにつや消しホワイト+フラットベース(サンディブラウンが半光沢なので)ブレンドして基本色としました。乾燥後にダークイエローにつや消しホワイトを混ぜた物を薄くオーバースプレーして黄色みをだしてみました。ウェザリングの基本色はエナメルのレッドブラウンに黒を少々混ぜた茶色系でかなり薄めに施しました。エンピツチッピングが終わったら、さらにクリヤーをかけて強調したい部分にまた墨入れしようとおもいます。
IMG_5341

HBエンピツの先や芯の腹を使って塗料のこすれた所や剥がれた部分を再現しています。こすったところはエンピツの鉛で金属のように鈍い光を放ちますが、つや消しクリヤーをふけばツヤは無くなりました。あえてエッジなどに金属光沢を出したい時はもう一度、エンピツで重ねています。
IMG_5340

起動輪はデッサン用の大型エンピツで一気に刃の金属感をだしました。キャタピラのウェザリングはまだ施していません。
IMG_5346
IMG_5342

ジオラマはやはり主役のタイガーが2台で物語を作ろうと思うので、もう一両追加することとしました。
IMG_5343

IMG_5344

脇役のオペルブリッツトラックもユニットで分割して基本塗装を済ませました。こちらは古参兵のごとく塗装で年期を重ねた風合いに仕上げたいと思います。
IMG_5345

タミヤのオペルブリッツは各部品がぴったりと合って華奢な車両もスタイルを崩す事無く組立てられます。
追加 今回、タイガーのキット付属のキャタピラを流し込み接着剤で組立てましたが、かなり多く流し込みすぎたのが原因で、キャタピラ一こま分位長さが収縮するという事態が発生しました。二台目は片側101コマで接着しようかと思います。つづく。