静岡駅近くの静岡ホビースクエアでタミヤのテストシヨット製作会へ出かけてきました。新製品のキットを発売前にホビ−スクエアで作れてしまうイベントです。今回製作会には初めて参加してみました。
テストショットとは発売前のプラモデルをプラスチック成形機から打ち出す、読んで字のごとく試し打ちから来ている言葉だともうのですが、今日製作したキットはメッキ処理以外はすでに製品として完成しているパーツでした。参加費2070円と正規販売キットよりお安くなっていて、通称「白箱」とよばれる箱も、特別限定の所有感を満たしてくれます。
IMG_5969

タミヤ社員の方がキットのアピールポイントや、製作秘話、また製作のアドバイスを最初に解説してくれました。タミヤの完成見本がテーブルに並べられ、手に取ってみる事もできました。
IMG_5961
IMG_5967
IMG_5965
IMG_5964

午後1時から4時までが開催時間なのですが、一通り時間がくるまで簡単な組たてと接着をしてゆきました。完成すると見えなくなる足回りもしっかり作り込まれていて感心しました。また本物の人間をスキャンして製作したとい女性の人形も大変リアルです。部品点数も7パーツから出来ています。人形は改造をしやすいように薄着の姿でキット化したとのことです。
IMG_5963
IMG_5970
IMG_5971

本来メッキが施されるパーツにはアルクラッドの塗料で仕上げてみようかと思います。部品点数も程々で組立てる満足感もありますし、綺麗な車体色で仕上げれば本物そっくりにし上がると思います。12月19日発売です。