船体フレームは全体が組みあがってから、さらに隙間に瞬間接着剤を流し込み、1日かけて乾燥させました。大量に使うと接着剤のガスで涙と鼻水がでてきました。喉の痛みも、ご注意ください。
外板の貼り付け前に船体をカーブに合わせて整形します。NTカッターのサンダーを使いました。
仕上がったら接着面にボンドG17を塗っておきます。
IMG_9116
IMG_9118
IMG_9113

さて船首ブルワークの取り付けです。小型のクリップを用意しておきます。ブルワークの部品はヤカンの蒸気でゆっくり船体に沿うように曲げて行きました。左右が同じカーブになりように注意しました。船体に合わせて曲げすぎもおかしな形になるので注意しました。IMG_9135
IMG_9140
IMG_9151
IMG_9138

ブルワークが接着できたら外板ウェールを取り付けます。こちらも船体に沿うように蒸気でカーブをつくりなん度も確認しながら接着しました。船首先端は形にあわせて切り込みます。IMG_9150
IMG_9152
IMG_9151
IMG_9153
IMG_9154

つづきます。次回はいよいよ船体の外板の接着です。