熊本元気企業応援プログラム「プロジェクトもっこす」FM791

〜中小企業家同友会の方々に様々なお話を聞く番組の放送日記〜

     

今回は、同友会大学推進本部より

有限会社 マリオネット 相談役の村上正弘さん。


株式会社 美創の代表取締役 田中芳和さんにお越しいただきました。


まずは「同友会大学って何ですか?」という質問から番組スタート。


「通常の同友会では例会の際に報告者さんがいますよね。

この方は自身が経営に携わり、
様々な経験をされたことをお話しする。

正に報告者。同友会では「体現者」という言い回しもあります。


その経験談を通じてグループ討論を行い、自身と照らし合わせていきます。


この同友会大学では、そこからより専門的に学問として掘り下げた内容を

講師である各大学の
教授の皆さんや他県の同友会の方々に

お話しを伺うことが出来る。そのような活動です。」


と、村上さん。


「上限の人数を2025名に区切ることでより参加者同士の

連帯感が増していると思います。


講義の内容は、同友会の活動でも自社の業務内でも

中々聞けない内容で正直難しく感じる
こともあります。

しかし大局的に克つ中長期的で広角な視野を広げることが出来るので


今後の経営判断にとても大切なことだと学ぶことが出来ます。

イメージとしては通常の大学における
ゼミのような形なので

レポートの提出もあります。書くことで振り返ることも出来ます。」


と田中さん。


私自身、参加をしておらず、正直

「だ、大学・・・ちょっと敷居が高いかなぁ。」

と感じていたのですが


お二人のお話しを伺うと「如何に日々の業務に自身が忙殺されているか。」

「経営者とは様々な
事を吸収すべく自身が学びの場へ飛び込むことの大切さ。」を

ひしひしと感じさせていただきました。


今期も開催することで着々と準備を進めているとのお話しを伺いました。


少数精鋭の科学的、学術的な経営を目指す皆さんはお早目に参加を検討されて下さいね。


さて、皆さんの座右のもっこすは・・・


村上さんが「可愛い子には旅をさせろ」」


田中さんが「ジュース理論」


その真意は!是非ご本人さんにお伺い下さいね。


リクエストは、村上さんが「座・ロンリー・ハーツ親父バンド/加山雄三」



田中さんが「世界に一つだけの花/SMAP」


番組からは「キャンドル・イン・ザ・ウィンド/エルトン・ジョン」


次回の放送は、2月27日最終月曜日です!

お楽しみにー♪


     

今回は、賀詞交歓会実行委員会より初登場の、

株式会社 誠 取締役総務課長の田中美和さん。


株式会社 アセットの課長、國元祐介さん。

そして準レギュラー(?)のプレジャーワーク株式会社

代表取締役の吉田周生さんにお越しいただきお話をお伺いしました。

「今年(平成281月開催)の賀詞交歓会での特別講演で

八木澤商店の河野社長に東日本大震災を
通じて、

自社が地域にどのように寄り添えるか?の

お話しを頂いた後の熊本地震発生でした。

今思うとその後直接的にご支援を頂く事になる方からの

お話しだったんだなと不思議に感じます。


今年は、ピンチはチャンス!熊本が目指す創造的復興

と題して小野熊本県副知事よりお話しを
頂きます。

これからの私達熊本の中小企業家の試金石になることは間違いありません。


多くの皆様のご参加をお待ちしています。」と実行委員長を務める吉田さん。


「昨年も受付のお手伝いをさせていただきましたが、

今年は実行委員ということで参加をして
他支部の皆さんとも

仲良くさせていただいています。当日頑張ります!」と田中さん。


300名に迫る参加者の方と触れ合う機会がとてもありがたく思います。

会場の誘導ということで
不慣れな点もありますがスムーズにお手伝いを

させていただければと思います。」と國元さん。


田中さんと國元さんはお仕事が広範囲で言う所の建築業をなされており、

震災後社員さんと共に
熊本の復興復旧に力を注がれています。


私達同友会の会員さんのチカラの結集が熊本を支えることは間違いありません。


そんな個々の思いを多くの会員さんと共有するきっかけが

この賀詞交歓会ではないでしょうか。


今年は昨年以上に様々な催し物もあるとのことで盛り上がること必死!


会場の関係もありますのでご参加の表明はお早めにどーぞ。


さて、皆さんの座右のもっこすは・・・


田中さんが「自分で作ったルール」」


國元さんが「迷ったらゴー!」

その真意は!是非ご本人さんにお伺い下さいね。

リクエストはこちら!

田中さんが大好きなEXILEから「Choo Choo TRAIN」



國元さんがナオミインティライミの「未来へ」



番組からは、平成3年のヒット曲、マイケル・ジャクソンの「ヒール・ザ・ワールド」



今年も1年お付き合い頂きありがとうございました。

熊本地震を経て少しづつですが「あの日の前にあった日常」が

取り戻しつつあるのでは?と思います。

多くの人の暖かなお力添えで日々が成り立っていることを実感しつつ

これからは皆さんにとってもっと素晴らしい年であることを

ご祈念申し上げます。

ありがとうございました。


番組ナビゲーター 伊藤大助

このページのトップヘ