お久しぶりです。井筒由佳です


7月30日(土)は土用丑の日。
ここ数年、値段も高騰しているうなぎですが、
やはりこの時期になると食べたくなりますね

 土用は本来、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれ直前の18日間を表し、
その中に「丑の日」が必ず含まれています。


ではなぜ、土用に丑の日???


日本初のコピーライター、平賀源内が、
うなぎ屋から売上向上の相談を受け、
「丑の日はうなぎで夏バテ防止」と広告を出して評判をとったとか

丑の日に「う」のつくものを食べると身体によいという説もあり、
うり、うどん、梅干しを食べる人もいたそうな。
科学者の源内は、夏に不足しがちなビタミンを豊富に含む
うなぎを推したともいわれています


 そして、うなぎの開き方は関東と関西で違うのです。


関東→背開き。江戸時代、武士の町であったことから切腹が連想される腹開きを嫌った。
焼きに加えてうなぎを蒸すのが特徴。
脂が適度に落ちてふっくら仕上がる

関西→アジなどと同じように腹から裂いた。そのまま焼くのが関西流。
脂が多すぎない細身のうなぎを使うことが多い


 うなぎが美味しい時期って、実は秋口なんです。

越冬時に冬眠するので、その前に栄養を蓄える習性があり、秋が旬。
今は養殖なのであまり関係なく、一年中美味しいうなぎが食べられます


 梅干しとうなぎ
昔から「一緒に食べると害になるもの」と言われていますが、医学的には良いそうです。
梅干しが胃酸を濃くして、うなぎの脂分の消化を助けるので好ましいとか


私の実家、九州の大分県宇佐市の国道を車で走ると、うなぎの香りが漂ってきます。
昔、近くの川でうなぎがとれていたこともあり、うなぎ屋さんが数件あります。


 大分にお越しの際には、温泉に入って、宇佐神宮にお参りして、
国道沿いで是非「うなぎ」も食べてくださぁ~い
image (1)
(こちらは、宇佐市の竹の屋さんのうな重)