”りゅうのすけ”こと”にいだりゅう”です。

今日は、10月1日にお話をした
衣替え&ネクタイに関する話題です。

10月1日は、そう、衣替えです。

今年は、クールビズも9月30日までになりましたので、
今日からは、ネクタイやジャケット着用となります。

今日は土曜日なので、来週の月曜日から、ネクタイを締めて会社に行きます。

ラジオをお聞きの方にはわからないと思いますが、
今日は、ネクタイをして、マイクの前で話しています。

やはりネクタイをすると気が引き締まりますね。

僕とネクタイとの出会いは、中学生の時。
制服がネクタイ&ブレザーだったんです。

その時から、ネクタイはとても好きなんです。

そして、僕は一つのこだわりがあります。
柄は全て動物柄なんです。

いつからかというと、かれこれ20年以上前位になるのですが、
友人がインド旅行のお土産に、”像”の柄のネクタイをくれたのです、
象のネクタイって、最初はちょっと抵抗があったのですが、
締めてみると周りの人から、変わったネクタイしているね?とか
どこでかったの?と聞かれ、以外と反響があるものだとおもいました。

それで、他にも動物のネクタイはないのかな?
とネクタイやさんをさがしてみると。当時は、エルメスぐらいしか、
動物柄のネクタイはありませんでした。

それ以来、動物柄のネクタイを見つけると、それを買っていたんです
気がついたら、動物ネクタイだらけになってしまったんです、

昨日、ネクタイチェックをしてみました。

合計55本中一番多かったのが、

ネコの柄 これが8本
猫好きとして納得の第一位ですね。
cats


次が、意外なことに象の柄で5本
そのあと、フクロウ3本
あと2本ずつなのが
亀とカンガルーとイルカとパンダ
です。

変わったところでは、ネコ柄の中に
小判が一つ入っている、”猫に小判”
tuki_koban

そして、すっぽんの中に三日月が
入っている、月とすっぽんなど、

ことわざを表現したネクタイもあります。

番外編としては、国立博物館で売っていた
恐竜の骨!
bones



今日は衣替えにかこつけて、
僕のネクタイコレクションを紹介しましたが、
その日の気分でネクタイを選ぶのが楽しみです、