おはようございます。
りゅうのすけこと、にいだりゅうです。

3月10日の生放送では、救命講習の話をいたしました。

そして、昨日やっと救命技能認定書が手元に届きました。

IMG_6614

認定書をもらって、改めて講習のことを思い出しました。

僕の勤めている会社では、数年前から、3月に救命講習を開催していて、希望する社員を対象は、会社の負担で参加ができるんです。

興味はあったけど、なかなかスケジュールが合わなくて、今回初めて受講しました


僕が受けたのは、普通救命講習というもので、休憩をはさんでだいたい3時間の講習。

主な内容は、普通どおりの呼吸ができない人”心停止”状態の方に対して実施する。

心臓マッサージ(胸骨圧迫)、人工呼吸、AEDの訓練などを人形を使って、実際に練習。

救命講習を受けての感想としては、とにかく受けてよかった。なんでもっと早く受けてなかったんだろうと強く感じました。

特に、AEDに関しては、自分が大きな勘違いをしていたことに気づいたんです。

テレビドラマなどで、電気ショックで、心臓が再び動き出すというシーンがありますよね、
AEDは、それと同じようなもので、AEDがあれば、心臓マッサージや人工呼吸をする必要がないと思っていたんです。

でも、講習によると、突然の”心停止の状態”では、心臓がケイレンしている状態のことがあるんですって、そして、AEDは、自動的に心臓がケイレンしているかどうかを確かめて、必要に応じて、電気を流し、そのケイレンを取り除く働きをするものだったんです。

AEDでケイレンを取り除いて、心臓マッサージと人工呼吸するのが、効果的と言われています。

AEDは、電源を入れれば、音声ガイドで何をしなければいけないかを指示してくれるので、
誰でもできるとは言われていますが、もしもの時に、初めてAED使うというのは、かなり難しいと感じました。

そして、胸骨圧迫と人工呼吸に関しては、実際に自分の体を動かしてやるのですが、今回初めてだったのでなかなかうまくできなかった。

3時間の講習の中で、何度も繰り返し練習をするので、だいぶ慣れてきた。

AEDの体験を含めて、心臓マッサージや人工呼吸の方法に関しても、定期的に、講習などを受けて、いつでも、対応できるように準備をすることがとても大切と感じた。

モコデリのメンバーにも聞いてみたら、学校や職場の寮で講習受けたとか、PTAや住んでいるマンションで、体験したという人もいました。

僕も、これを期に定期的に訓練をしてもしもに備えたいと思います。

もちろん、そんなもしもには、遭遇しないに越したことはないですが・・・

まだ講習を受けていない人や講習を受けたことはあるけど、昔のことで忘れちゃったというかた。
”救命講習’で検索すると、全国の消防署や防災救急協会で実施されている、講習に申し込むことができます。

僕が受けた、普通救命講習というので、だいたい1000円から2000円ぐらいで、受講できます。