小川もこ デリシャス・タイム

ミュージックバード  毎週土曜日 6:00 ~ 6:55 【公式HP】 http://tcc.jpn.com/mokodeli/ 

2014年02月

自然が大好きな北村知子です。

『日本にいる外来種に迫る!』
今回は、身近な環境問題について目を向けてみました。

外来種・・・輸出入など、人々の活動に伴って、それまで生き物が生息していなかった場所に持ち込まれた動植物を「外来生物(外来種・移入種)」と言います。

井の頭池
以前、都内の井の頭公園で、およそ30年ぶりに水抜きをし、池の水質を浄化する「かいぼり」が行われましたね。
捕獲された魚の7割が、外来魚。

北アメリカ原産のブルーギル(特定外来生物)、ブラックバス、
およそ1メートルもの中国原産のソウギョなどが発見されました。



~日本に広まる外来種の例~

アライグマ
 北アメリカ原産のアライグマ。
アライグマ
『あらいぐまラスカル』で人気のラスカル。
ペットとして多くの個体が輸入されましたが、飼いきれなくなって野外に放されたり、
飼育檻から逃亡するケースが続出し、野外での定着が進みました。


日本で野生のアライグマが急速に増えているんです。
京都の世界文化遺産である二条城や清水寺などで重要文化財の柱にアライグマの爪痕の被害が発生しています。
アライグマは、手先が器用で、天敵がおらず、農作物被害やサンショウウオの捕食被害が危惧されています。

野生のアライグマ繁殖被害への対策
可愛い珍しいからといって餌を与えない、ペットの餌を野外に放置しないなど、
アライグマの繁殖被害を防ぐ対策が検討されています。

ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)・・・要注意外来生物
ミシシッピアカミミガメ
ペットショップやお祭りの屋台で販売されているミドリガメ。
美しい甲羅が目を引き、ペットとして古くから親しまれています。
が・・・しかし、ミドリガメとは、北アメリカ原産のミシシッピアカミミガメの子供のことを指すんです。

 子供のころは、可愛い姿をしていますが、大きくなると甲羅の全長がおよそ30センチ以上にもなり
人間にかみつくなど性格も荒っぽくなるんだとか。

 飼い主の手におえなくなったアカミミガメは、川や池に捨てられて、野生化し、繁殖している。
繁殖力が高く、卵の数はニホンイシガメの2倍!

 ミドリガメはエビやカニなど水中生物を大量に食べ、
日本古来のニホンイシガメ、クサガメの卵や子供を食べてしまい、他のカメの生活の場を奪っているんです。
日本の在来種のニホンイシガメが2012年に準絶滅危惧種に指定されてしまう危機に。。。

アメリカザリガニ・・・要注意外来生物
 北アメリカ原産。 
 淡水性ザリガニ。1927年に食用ガエルの餌として輸入したが、
 食用ガエル養殖の破綻とともに全国に拡散。
 本土のみならず、沖縄にも定着している。ニホンザリガニを駆逐し、
 国内では最もありふれたザリガニとなっている。ニホンザリガニよりも巨大な為、捕食される魚類も被害が大きい。

ブラックバス・・・世界及び日本の侵略的外来種ワースト100
 北アメリカ原産。
 オオクチバス(通称:ブラックバス):1925年に食糧化を目指して芦ノ湖に試験放流された。
 貪欲な肉食魚で、芦ノ湖や河口湖では固有魚類を制圧している。。。

セイヨウタンポポ、アカミタンポポ (日本の侵略的外来種ワースト100)
  などの外来タンポポ群

  ヨーロッパ原産。
セイヨウタンポポ
 ⇒日本古来のタンポポが絶滅の危機!
  日本固有のタンポポ属20種の脅威となっているのはセイヨウタンポポとアカミタンポポが主流で、
  いずれもヨーロッパ原産の多年生草木。セイヨウタンポポは1904年に流入が確認され、
  今や日本に自生するタンポポの8割はセイヨウタンポポと固有タンポポの交雑種と言われている。


外来種繁殖によってどんな問題が起こる?
・日本古来から生息していた動植物を食べてしまう(捕食)。
 ⇒ブラックバス、アライグマ、マングース etc.
・同じような植物や生息環境を持っている在来種から生息の場所を奪う(競合)。
 ⇒タイワンリス、ホテイアオイ etc.
・類似種同士での交配が起こり、主としての抗体などが失われる恐れ(交雑)。
 ⇒セイヨウタンポポ etc.
・それまでの場所に存在しなかった他の地域の病気などが持ち込まれる
 ⇒蚊、ネズミ etc.

どのような影響が心配されている?
・在来の動植物の減少、農林業、漁業への影響、人体への影響(新種の病気の発症)
※許可なく外来魚などを放流することは、
 各自治体の法律で禁止されていて罰金がかせられることもあります。


外来種を持ち込んだのも私たち人間の責任。
日本独自の生態系を維持する為にも、外来種の生き物を不要に持ち込まない、
野外に放たないことを心掛けたいものです!

以上、リポートでした。

バレンタインの翌朝の放送、
もこさんからの質問に、「男性の声に魅力を感じる」 と答えた私

声といえば、お茶の間で人気のアニメ「サザエさん」の波平さんの声優、
永井一郎さんが1月27日84歳で亡くなられました。
2/16からは、茶風林さんが担当されるとか。 

昭和のお父さんの代表的なキャラクターの波平さん。
その意外な一面をリポートしました。
image
 年齢54歳。結婚28年。1895年生まれ。 (そのまま年をとっていたら今年で119歳)

連載初期は名前がなく、ドラマ版制作の際に「波平」と名付けられた。
メガネ、自宅では和服。

「ばっかもん!」「けしからん!」「いいかげんにせんか!」のセリフが印象的。
叱る時は叱る昭和の頑固親父。マスオさんからは尊敬されている

頭頂部の髪の毛、原作初期は描かれていなかった!
一度だけ髭を剃り、かつらを購入したことがあるが、家族からは不評。
原付免許をとろうとしたが、ヘルメットで髪が蒸れることを知り、断念

TTK(都下禿頭会とかとくとうかい)理事、
高血圧友の会、
失われつつある礼儀を守る会、
ノンビリいこう会・・などに所属。

泳ぎが得意で、人命救助を何度もしている
陸軍に入隊した経験もある。

嫌いなものは税務署。子どもの頃から算数が苦手。

お正月に吉田茂から間違い電話がかかったことがある

漫画での登場回数は少ないものの、話のオチを担当


2/3の告別式では、「ばっかもん!」と叫んで送り出したのも印象的でした。
永井さんは波平さんであり、私達の日本のお父さん像でもあったのかもしれませんね
 

私の出身地、大分県宇佐市がこの度雑誌の
「住みたい田舎ランキング」で1位を獲得しました!

image

全国1700以上ある市町村の中から選ばれた要因を、
宇佐市観光まちづくり課の市場さんにご協力頂き、リポートしました


昨年、世界農業遺産指定を受けた豊かな自然が広がる、
大分県一の穀倉地帯でもあります
image

2009年から空き家を移住者に提供する「空き家バンク」を設置。
今年度、移住者は100世帯を突破しました

移住者の方に就労支援も行っていて、農業や製造業などの仕事に就く人も多いとか

最近では「婚活サポーター制度」も出来、仲人さん役の方々が50名ほど登録
なんと結婚のお世話までっ?!

子育てのしやすさもあり、待機児童はゼロ。
保育施設も充実しています

認知症予防の為の料理教室が開催されたことも話題に


小学校区ごとに住民自治組織「地域コミュニティ協議会が設置されていて、
移住者の紹介や活躍できる場を提供するなど、連携体制が整っています。

市町村合併によって互いになかったものを補いあっている、
市民の方の協力があっての移住者支援・・なのですね

コラーゲンたっぷりのスッポン料理は東京都内の高級料亭の半額以下で食べられます。
コンビニ並みにあるからあげ店も有名。今年の夏には映画「カラアゲ☆USA」公開予定。
image

全国八幡宮の総本山、「宇佐神宮」もあります。
勝負の神様なのでここぞという時はお参りしてみて〜。

現在公開中の映画「永遠のゼロ」で使われた、
ゼロ戦21型の模型が展示されている資料館もオープン。
宇佐海軍航空隊は特攻隊の中継基地だったとか。

温泉も豊富、東洋のマチュピチュもあり。なんと言っても日本のUSA☆
(東洋のマチュピチュ⇒http://blog.livedoor.jp/mokodeli/archives/1846873.html)


《住みたい田舎ランキング》
1位  大分県宇佐市
2位  佐賀県武雄市
3位  大分県竹田市
       大分県豊後高田市
5位  長野県大町市
        岐阜県郡上市
        鳥取県倉吉市
※長野県は「移住したい県ランキング」8年連続一位


東京都内でもUターン、Iターン説明会が開催されています。
定年後は田舎でのんびり・・・という方は足を運ばれてみては?


宇佐市の詳しい情報は、宇佐市観光まちづくり課まで。
http://www.city.usa.oita.jp/soshiki/23/



 

cupholder
土本がデザインして印刷したカップホルダ!便利ですよ!

おはようございます!本日、2月15日の放送で3Dプリンタについてお伝えした土本です。番組が開始してからずーっと暖めていたネタなのですが、満を持して本日やっとお伝えできました!今週も放送でお伝えしきれなかったことがたくさんありますので、ブログでお伝えいたします。 

モノの形状を表すデータさえあれば、紙のコピーを簡単にとるようにモノをコピーできてしまうという機械、それが3Dプリンタ。技術としては30年ぐらい前からあったのですが、ここ数年、家庭でも使える3Dプリンタが販売され始めたこともあり、一気に注目を集め始めております。僕が大学生の頃、一台で数千万するような3Dプリンタを使って造形物を作っていた先生がいたことを思い出しますが、それが家庭に入ってきたのだから驚きです。

様々な可能性を持つ3Dプリンタ、先日1月29日の報道にありました「卑弥呼の鏡」と呼ばれる三角縁神獣鏡が魔鏡だった!という話にも関係してきます。こちら、京都国立博物館で業務用の3Dプリンタを使って原材料も同じになるように完全コピー。それを鏡になるように磨いたところ、三角縁神獣鏡が反射した光に魔鏡効果が出てきたとか。貴重な出土品を磨くわけにはいきませんから、こうしたレプリカを作って試せるってのは3Dプリンタがあるからこそですよね。

この三角縁神獣鏡、3Dプリンタで出力するにあたり、出土品をレーザーを使って正確にサイズを計測。細かな装飾も含めて完全再現しました。そう、3Dプリンタを使ってモノを印刷するためには、印刷するもとになるデータが必要です。放送でお伝えしたアメリカ・スミソニアン博物館の所蔵品1億3700万点を少しずつ公開していくというお話、この印刷の元になるデータをスミソニアン博物館が公開してくれています。また、自動車メーカーのホンダが歴代のコンセプトカーのデータを公開し始めました。この流れは今後も続いていくことでしょう。

さて、世の中にある立体物のデータを印刷するだけでも面白いのですが、3Dプリンタの本当の面白さは自分がデザインしたものを印刷できるってこと。最近ではキーホルダやアクセサリを自分でデザインしてプレゼントする人も増えてきているようです。僕もずっと作りたかったものがあったのですが、今回のレポートを機に実際に作ってみました!作ってみたのはカップホルダ。花見やキャンプの時とか、レジャーシートを敷いて飲み食いしますよね。そんな時、紙コップがコロリと倒れて飲み物がこぼれてしまうなんてことありませんか?それを防ぐのが、このカップホルダ。紙コップが倒れないように、このカップホルダに紙コップを入れるのです。これで飲み物がこぼれることはありません!便利そうでしょう?もこさんやレポータ仲間に見せたところ、「確かに便利そう!」なんてコメントももらいましたが、「100円ショップで5個100円なら買うかも?」なんて微妙な評価も聞こえてきたり
3dshadecube
こちらのカップホルダ、添付写真のようにコンピュータを使って僕がデザインしました。この作成したデザインを3Dプリンタに転送して出力します。お世話になったのは東京渋谷のFabCafe。こちら、3Dプリンタを時間貸ししてくれるのです。最初の10分間はドリンク付き1000円。その後は10分ごとに700円かかります。ちなみに、このカップホルダ、出力には49分かかりました。というわけで、出力料は3800円!ちょっとお高い?!

ちなみに、このカップホルダは8gなので原材料費は160円ぐらいなんですが、この3Dプリンタを普通に購入すると税込み168000円!大量に印刷する人は、自宅用に3Dプリンタを買っちゃった方が良いかもしれません

最後に、僕が作ったカップホルダの印刷映像を1分半ほどの動画にまとめてみました!
次回のレポートもお楽しみに!
 

このページのトップヘ