小川もこ デリシャス・タイム

ミュージックバード  毎週土曜日 6:00 ~ 6:55 【公式HP】 http://tcc.jpn.com/mokodeli/ 

2018年04月

おはようございます。


東京駅から電車で30分以内で行ける場所東京都北区赤羽に、昭和の香りがするディープなスポットがあるんです。


私は、以前、北区に住んでいて、昔から赤羽にく行っています。ショッピングモールやアーケードの商店街で買い物をしていました。

今は、優しくステキな店長さんがいる赤羽のヘアサロンに毎月通っています。

ヘアサロンの店員さんから、赤羽には、「ディープな面白スポットがあるよ」と聞き、徐々に散策を続けていました。

 

赤羽には、「自家製麺 伊藤」など、人気のラーメン屋さんがひしめいています。ラーメンも楽しめる街!

 

今回行ったのは、赤羽一番街。

JR赤羽駅からすぐにある一番街。新鮮な浜焼きが味わえる「赤羽トロ函」など活気のあるお店がいっぱい。

赤羽 トロ函

IMG_2802



丸健水産

ぐるりと回った場所に、おでんの「丸健水産」があります。立ち飲みスタイルのこちらでは、お酒(ワンカップ)片手におでんを美味しそうに食べていらっしゃいました。人気で行列の絶えないお店です。

私は以前、おでんが食べたくて、買ってお持ち帰りしました。カレー味の串天など、独自の具材もたくさんあって、ダシがしみたおでんは最高です!

 FullSizeRender



つい先日、初めていったお店があります!

それは・・・ 


鯉とうなぎのまるます家

緑色の存在感のある看板、軒先に赤い提灯がある「鯉と鰻のまるます屋 総本店」!

目立つのですぐ分かります。

IMG_2279


土日祝日は、朝10時から空いていて、朝から飲めちゃうお店!昭和25年創業。(今、平成30年なので、およそ70年)

今回、お昼に行って、30分ほど並んでお店に入れました。鯉の洗いとうな重を注文。

鯉の洗いは、お刺身で、初めて食べたのですが、酢味噌につけて食べて、臭みがなく食べやすかったです。

FullSizeRender

鯉のあらい



うな重」とウナギの「肝吸い」をほおばりながら、周りを見渡すと、女性店員さんが取り仕切る活気のあるお店。コの字型のカウンターとテーブル席。テーブル席は、椅子が垂直でかたい。これも昭和な感じ。

お客さんで満員で次々と注文がはいる。30代や40代くらいのグループやひとり飲みを楽しむご年配まで、酒と美味しいお料理で盛り上がっていました。

赤羽には、ウナギのお店が多くあります。赤羽は、「荒川」という川が近く、昔からうなぎや鯉を出すお店が多かったそうでその名残が今も残っているんだそうです。

FullSizeRender


 

価格的にも安くいろんなお店が立ち並ぶ赤羽!

赤羽の一番街は、昭和の香りがして安い居酒屋が立ち並ぶ場所んでいます。


に、お店をはしごして、もっとたくさんのお店を開拓したいと思いました。


<追記>

リポートを放送後、再び赤羽に行ってきました。

お友達と昼過ぎから、はしご酒&ご飯を楽しみました。

5件まわって大満足!


おでん 「丸健水産」

→馬刺しが美味しい 「馬ん馬んいくどん」

→浜焼き 「赤羽 トロ函」

→「鯉とうなぎのまるます家」

→鰻と鳥 「川栄」


丸健水産

店先でおでんを食べます。椅子はありません。

FullSizeRender

FullSizeRender
だし割
日本酒におでんのお出汁を入れて七味をかけてくれます。出汁がとっても美味しくて温まるし、美味しかった!

馬ん馬んいくどん
馬刺しが美味しいです!
16:30までは、立ち飲みとなります。
馬刺しを食べて、お口の中でとろけました。
美味しくて「うまー(馬)」をお友達と連呼してました。トマトサワーもうまし!
IMG_2795
FullSizeRender
FullSizeRender

赤羽 トロ函
浜焼きが美味しいです!
FullSizeRender
FullSizeRender

鯉とうなぎのまるます家
鯉や鰻はもちろん、しめ鯖も美味しい!
カウンター席なら、他の常連さんとも仲良くなれそうです。
FullSizeRender

川栄
孤独のグルメにも出ていた「川栄」さん。
孤独のグルメの主人公も注文していた「ほろほろ鶏のスープ」を注文。
鶏の出汁が出ていて、五臓六腑に染み渡りました!
ブラックペッパーが効いていて、うまーい!
鰻の白焼き、うな重、鰻の肝串!
大満足です。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
鰻の肝串
 たくさんの肝。元気になりますね。美味しい!


以上、ともっこでした!

おはようございます😃


春になって、暖かくなり、以前よりは布団から出やすくなったなーと感じます。

私は朝ごはんを食べる派です。

早く目覚めても朝ごはんを食べなると、体温も上がって身体が活発に動く感じがします。

 

朝ご飯は、家では納豆入り卵かけご飯とお味噌汁や、パンにベーコンと目玉焼きなど、手軽にさっと作って食べています。

子供の頃、父が近所の喫茶店に連れていってくれて、喫茶店のモーニングを食べるのが楽しみでした。

トーストとゆで卵とサラダにコーヒーと、定番のモーニングでしたが、喫茶店で食べるといういつもの日常とは違った朝ご飯が楽しみでした。


私の地元姫路では、アーモンドバターのトーストがご当地名物になっていて、モーニングで食べられるカフェや喫茶店があります。こんがり焼いて、香ばしい味を楽しめます。

FullSizeRender



名古屋では、お得なモーニングが人気で、なかでも小倉トーストなんかが有名ですよね。

カフェや喫茶店の「モーニング」では、300円代から500円程度の値段で美味しい朝食が楽しめるところがありますね。


 

朝、起きづらい時のモチベーションに!

お家以外で食べる朝ごはん


早起きは三文の徳と言いますよね。

朝早く起きて、カフェや喫茶店でモーニングを食べるなど、いつもの日常とは、違った行動をすると、得した感じがします。朝からパンケーキが食べられるお店もあって、楽しんでいます。


生放送の後に、築地へ行って、もこさんとデリシャス隊の仲間と一緒にこの朝ご飯を食べました!
おススメの朝ご飯をみんなで食べて、美味しいって喜んでもらえて幸せでした💕

FullSizeRender

写真は、築地本願寺の朝ご飯。

○Tsumugiカフェ 「18品目の朝ごはん」
お粥とお吸い物に16品のおかずで、合計18品目。
素材を生かした丁寧な味付けで五臓六腑が喜ぶ美味しいさ。栄養バランスもとれた朝ご飯を食べて、身体が喜んでいました。
身体が浄化される感じがしましたよ♪


お友達と朝、待ち合わせして、美味しいクロワッサンのお店へ行ったり、ちょっと高いけど、ホテルなどの朝食に出かけたりして、非日常の朝を過ごすとテンションが上がるんですよ。ホテルによっては、宿泊客以外にも朝ご飯を提供してくれるところがあるので、チェックしてみるといいかもしれません。

ホテルで焼きたてのパン、シェフ特性のオムレツなど、目で見ても楽しい特別な朝ご飯が食べられます。


FullSizeRender


FullSizeRender
写真は、東京にあるパレスホテルのモーニングです。
 たまには、特別な朝に、自分へのご褒美に、リッチなモーニングも嬉しい。
(現在、宿泊のお客様以外は、平日のみ可能のようです。詳細は、ホテルのHPなどをご確認くださいませ)


◎旅先で食べる朝ご飯

青森では、朝早くから空いている市場で、海の幸を選んで、丼にのせて食べる「のっけ丼」を食べました!駅から近くて、新鮮な海の幸、エビやマグロなど、選んでのせて食べる!

朝7:00から開いている市場で朝ご飯を堪能して、旅が2倍3倍楽しめました。

愛媛県の松山では、朝、温泉へ入って、地元の喫茶店で、トーストやゆで卵、サラダのモーニングを食べました。

旅先で食べる朝ご飯は、とっても楽しいです!

 FullSizeRender

写真は、青森の市場で、好きな具材を選んでのせてもらった「のっけ丼」
旅先ならではの楽しい朝ご飯!
市場のお母様が焼いた手作り卵焼きが甘くて美味しかったです!


朝ごはんを食べると、腸が活発になって、一日、元気に過ごせます。


ご飯を食べた後、他にもワクワクすることを計画、実行する。

充実した朝のスタート!

暖かくなってきた春の朝、ワクワクする朝ご飯を食べて、楽しむ!(*^^*)

エネルギーをチャージする!


お住まいの場所や旅先で、いつもと違った朝ご飯を食べてスタートする一日!

元気倍増です



以上、ともっこでした!

おはようございます。
りゅうのすけこと、にいだりゅうです。

春になって、スポーツをするにも気持ちいい季節ですね。

僕は、月に1度か二度テニスを楽しんでいるんです。

先日は、僕のテニスの楽しみ方を話しました。

以前は、テニススクールに通っていたけど、忙しくて辞めてしまったんです。

でも、テニスを続けたいと思っていました。

でも、テニスをするには、コートと相手が必要。

区営や都営のコートをとったり、相手を探すのが結構大変。

そんな時、テニスオフネットというネットの仕組みに出会ったんです。

このページに行くと、例えば、
・4月7日(土)篠崎コート 午後1時から3時
  初中級レベル ダブルス試合会 定員5名

とか、

・シングルスレッスン会

というように、たくさんの投稿が並んでいる。

このテニスオフという仕組みは、

個人でコートをとった人(主催者)が、一緒にテニスをするメンバーを
インターネットで募集する等仕組みです。

いわゆるテニスサークルを作るというのではなく、
その日その日でメンバーを募集するというシステムなんです、
参加したい場合は、ネットを通して、申し込みをする。

そして、主催者の方が、承認すると参加することができるんです。

当日は、直接コートに入って参加をします。

住所や、時間帯、あと、自宅から、何キロ以内とかで、
絞込みができるので、自分にあった、会を見つけることができます。

僕は、今まで20回ぐらい参加しています。

6人で交代でダブルスの試合をする。という試合会に参加することが多いのです。

テニススクールだと、一時間半のレッスンの最後の10分ぐらいで試合をするだけなので、
あまり試合を楽しむことができませんが、テニスオフの試合会のだと
たくさん試合できるのが楽しいです。

参加してみてわかったのですが、比較的時間が自由に使える年配の方が多いんです。

そして、初めて参加をしたときに感じたとこと。

試合の前に、練習をする。いわゆるアップっていうものですね。
その時は、この人たちより、僕の方がちょっとうまいかな?
もう一つ上のクラスでもよかったかな?って勝手に思ってたんです。

でも、いざ試合が始まると、自分より下手だなと思った人にどんどん点を取られる。

別に早いショットを打つわけではないんですが、気がつくとこっちが
ミスショット打たされてしまうって言う感じで不思議に強いんです。

きまった!っと思ったショットにも、ゆる〜い玉をラインぎりぎりに打ち返してくる。

うまくないけど、強い!
まさに、目からウロコの体験でした。

試合の合間に、70歳ぐらいの方に話を聞いてみたら、
会社を引退して、ほとんど毎日、テニスをしているというんです。

テニスオフでは、こういう人たちと、テニスを楽しむことができるんです。

でも、初めて合う人と、テニスをするので、失敗もあります。

僕は、どちらかというと、勝ち負けも大切だけど、試合を楽しむっていうのが目的。
でも、一度、とにかく、相手を打ち負かすことを一番の、目的の人に当たってしまって、
そのときは、逃げ出したいぐらいつらかった。

今では、相性の合う主催者のかたが何人かいて、その方が試合会をセッティングすると、
メールが届くように、なっているので、時間の都合がつくと申し込むようにしています

テニスをしたいけど、コートをとったり、メンバーを探すのが面倒という、
僕のような横着者には、とても良い仕組みです。

試合会だけではなく、初級・中級などの、レッスン会などもあるので、
最近はテニスしていないけどまたやってみたいという方も安心です。

テニスオフネットは、日本全国で展開しているので、ご興味ある方は、
こちらをご覧ください。

テニスオフネット
https://www.tennisoff.net/

















このページのトップヘ