小川もこ デリシャス・タイム

ミュージックバード  毎週土曜日 6:00 ~ 6:55 【公式HP】 http://tcc.jpn.com/mokodeli/ 

カテゴリ:Reporters > 湯原孝行

リスナーの皆さん、こんにちは♪
リポーターの湯原孝行です。

寒くなりましたね~。
お布団から出るのが辛い・・・
月曜日の朝、仕事に行きたくない・・・

なんて思ってる、そこのアナタ!

そんなアナタのために、いま話題の「エクストリーム出社」を紹介しましょう。


出勤時間までの早朝の限られた時間に、観光・食べ歩き・温泉・登山やマリンスポーツなどのいろいろなアクティビティをこなした後に定刻までに出社する。これが「エクストリーム出社」。

出社=ゴール!!なんだって。

本来エクストリームと言うのは、過激で危険と隣り合わせの命がけな行為!

でも「エクストリーム出社」の場合、早起きをして好きなことを思いっきり楽しんで出社しちゃおう!!というサラリーマン生命をかけた遊びなんです。

エクストリームのわりに敷居も低いし、思いついたら直ぐにできるのも魅力。

この遊びのプレイヤーは、通常の通勤者と区別して『出社ニスト』なんて呼ぶんだって!

簡単に言えば、「朝活」のアクティブ版です。
「朝活」は学ぶ・仕事モード。
「エクストリーム出社」は楽しむ・遊びモード!

面倒なルールもないし、遊び方・楽しみ方は十人十色。

朝っぱらから、そんなことよくやるね!?
なんて強者がたくさんいるそうですよ!

例えば・・・

「朝っぱらから登山をして、日の出を見てから出社」
「朝っぱらからジョギングじゃなくてフルマラソン走って出社」
「朝っぱらからお弁当作って、ピクニックしてから出社」
「前泊して朝っぱらから温泉を堪能、駅弁食べながら出社」
「電車に乗ればいいのに、朝っぱらから自転車を何十キロもこいで出社」

なかには「夜やればいいのに、朝っぱらから合コンして出社」なんて人も!
確かにノンアルコールだし、男性もギラギラとオス化していないから、いい出会いに繋がりそう。
頑張れば、また夜に会おう!なんてこともある!?

しかし、何て過酷なんでしょう・・・

いろいろな要素があっていいんだって。

でも、出社後の「出社ニスト」の仕事っぷりが気になりませんか!?

が、心配ご無用!

体も脳も準備万端、直ぐにトップギアで働ける!
頭が冴える!

競技性はないけど、プロセスを楽しむ!

これは、やるしかありませんね!

もちろん個人で自由にプレイしても構わないし、今年の8月に立ち上げられた『エクストリーム出社協会』にエントリーして楽しむことも!!

この場合、協会の審査員や観衆に競技中であることを知らせるためにモバイルデバイスを使用。

専用ハッシュタグ「#エクストリーム出社」でTwitter上に状況をアップします。

アクティブなことをしながらアップするのは至難の技かと・・・

Twitterの書き込みも面白いし、自己満足じゃなくて観衆が読んで楽しめるようにリポートするのも重要なんだって!

採点基準は移動・アクティビティ・ユニーク・華麗・非日常性・リフレッシュ効果。

あと遅刻はダメ。1分でも遅刻したら失格。
迷惑かけちゃダメ。

「全国一斉エクストリーム出社大会」も開催。

過去の大会の優勝者は、自転車で往復60キロ走って、3000段以上の石段を上り下りしてから出社、みごと最優秀賞5万円をゲットしたそうな。

うーん・・・
オレには無理。

「エクストリーム出社」

まさに大人の遊び。

でも大人になっても遊び心って大切!

「エクストリーム出社」のコンセプトは『会社のことを一切忘れて、出社前の時間をトコトン楽しむ!』

詳しくは公式サイト『エクストリーム出社』まで。

遊び上手は仕事上手!

出勤前に全力で遊ぶ!

早起きはいいことがいっぱい!

ステキじゃありませんか!!

湯原孝行







リポーターの湯原孝行です。

日本列島も冬将軍の到来!
寒さが身にしみますねぇ・・・・

先日は酉の市へ行き、手のひらサイズの立派な熊手(笑)を手に入れました。
江戸の文化ってのは粋でいいもんてすねぇ。
酉の市は、一年の無事に感謝して、来る年の幸を願う行事であり、神事です。

神事と言えば、忘れてはならないのが日本が誇る大相撲!

今年を締めくくる大相撲九州場所が、いよいよ始まりました!

神事と書きましたが、相撲はスポーツではありません!

大相撲は毎年春に伊勢で神宮場所がありますし、高校生の全国相撲大会も伊勢の神宮で開催されます。
ニュースで奉納相撲の映像が良く流れますが、あれが本当の姿です!
『神様に見ていただき、御神慮を慰める』ために取り組むのです。

例えば相撲は神事のため、各相撲部屋の土俵も一年に3回くらい作りかえます。
稽古場の俵をとって耕して、水をまいて叩いて固めます。
そしてまた新しい俵を入れて、真ん中に穴を掘って行司さんがお祓いをして、穴の中にスルメや勝栗などの鎮物を埋めます。
相撲部屋の全員が出席!そうしないと稽古は絶対にしないのです。

必ず毎年やります。まさに神事ですね!!
神社の例大祭のようです。
そこに勝負事がくっついているだけなのです。
勝負よりも精神的なものの方が強い!

何だかお相撲さんが神聖な人に見えちゃいます。
私達の住む世界とは何もかもが桁違いな相撲の世界!

ちょっと裏の世界を覗いちゃいましょう!

稽古と寝ること、そして食べることが仕事と言ってもいいくらい!

どのくらい食べるかって!?

焼肉20人前、寿司なら30人前をペロッ!なんて強者もいるそうです!
私の一ヶ月分です・・・・

京の両国国技館周辺は、「力士・プロレスラーお断り!」なんて貼り紙があるんだって。
わかる気がする・・・・
一夜で大赤字ですよね。

相撲部屋の1日は、早朝から何も食べずに稽古、昼のチャンコが1食目、昼寝して15時頃に起きて18時頃に2食目、寝る前に3食目、まさに太るための食生活!

これでどんどん体が大きくなるんだって!
と言うことは、この逆をやれば太らないのかな!?

こんな生活をしているお相撲さん、1日に30000キロカロリーも摂取~!
フツーなら即糖尿病・即痛風です!
でも激しい稽古で消費されて大丈夫なんだって。

お酒だってレベルが違います。

飲めない力士は出世しないと言われるほど、みんな飲まされるそうです。
あの48代横綱・大鵬関は船の中でビール100本、日本酒5升も飲み干したそうです!
元関脇・貴闘力関は日本酒5升とウィスキー2本は軽かったという・・・・
私だったら急性アル中、間違いなしです。
実際、中ジョッキなら2口、ピッチャーでグイグイ飲むりがたくさんいるんだって!

食べたら出す。そう、トイレ!
両国国技館にある力士用トイレは、フツーの便器より幅が5センチ・長さが7センチ大きく作られています。
もちろん洋式トイレ。
一般の人だと、オシリどころか腰ごとハマるそうです!

お風呂だってデカイ!
一般の人だと胸か首くらいまで浸かれるほど深い。
シャワーもヒマワリくらい大きいそうですよ~。
滝に打たれてるみたいですよね。

そうそう、取り組みの後の勝利インタビュー。
なんでハァハァ、ゼーゼー状態なんでしょう!?

それはね、力士の心臓や肺と体重や大きな体のギャップによるんだって。
持久力を必要としないうえに、酸素が体全体に送られないから。
一瞬のパワーは最強!
でも相撲は無酸素運動。無呼吸で一発勝負!!
だから取り組みが長引くほど苦しいそうです!

最後に相撲用語を紹介します。
「しょっぱい」 情けない・弱いこと。

「いいとこ売る」 冗談や知ったかぶりをすること。

私もいいとこ売って、しょっぱい人にならないようにします。(笑)

まだまだ知らないことがたくさんある相撲の世界。
こんな違った角度から相撲を見るのもいいかもしれませんね。

お相撲さんが土俵で取り組むのも、私達が神社の祭で神輿を担ぐのも同じではないでしょうか。
無心になって神様と一緒に真剣に楽しむ、戯れる。
その姿を奉納する、見ていただく。

この精神を忘れないように生きたいものです。

相撲はスポーツではなく神事!

平成二十五年を締めくくる大相撲九州場所。

だれが優勝するか楽しみですね!


リポーター 湯原孝行

どーも!リポーターのお祭り大好き男、湯原孝行です。
2回目のリポートは・・・・

スポーツ新聞~!

朝起きてする事と言えば、朝刊を読むこと。
それでは夕方出る新聞と言えば?

東スポ!!
(笑)

もちろん土曜日の朝はデリシャスタイム!!

ところでスポーツ新聞は良く読みますか?

ネットやテレビ・ラジオで簡単にスポーツ情報を手にすることができる現代。

でもやっぱりスポーツ新聞ですよね!

伝えるだけの情報ではなく、記者の言葉と瞬間をとらえたカメラマンの写真は、リアリティーに溢れていて場面が甦ってきます。

この日本のスポーツ新聞、外国人は超ビックリなんだって!
何故ならコンビニやキオスクのスポーツ新聞が、いつも一般新聞紙より多いからなんだって。
海外ではあり得ないそうです。
しかもド派手な色とセンセーショナルな見出しに2度ビックリするそうです。

スポーツ新聞は世界各地にあれど、レジャー情報を含めた総合スポーツ・レジャー新聞は日本独特!

プロ野球を中心としたスポーツはもちろん、釣り・ギャンブル・ワイドショーネタ・グラビア・カルチャーなどなど、とにかく何でもあり!

こんなに情報大量のスポーツ紙は日本だけ!!
特にプロ野球や競馬のデータ分析は驚くほど詳細です。

このスポーツ新聞社、全国に21社あります。
例えば発行部数は東スポ130万部・スポニチ120万部・日刊スポーツ100万部。
意外にも発行部数が多いのには驚きですね。
買う人のほとんどがコンビニやキオスクというのを考えるとビックリです。

それじゃ海外はどうなの!?

海外は日本の一般紙の半分のサイズであるタブロイド紙。
夕刊フジやゲンダイのサイズです。
あとAKB48新聞。
(笑)

娯楽・ゴシップ・スポーツ・芸能・ビジネスと別れていて、それぞれが発行されています。
例えばサッカー新聞のようにです。
これが大衆紙です。

特にゴシップ紙はヤバいです。
ウワサ話・不祥事・スキャンダルなど・・・・
イギリスのご存知パパラッチに執拗に追われたらお手上げ!

日本だってかなりのもの。

ということは、つまり・・・・

一般紙のサイズにタブロイドサイズのゴシップは日本だけ!

ようするに文字サイズがスケールアップ、とにかく見出しと写真がドデカイ!

目立つなんてもんじゃありません。

特に1面TOPの見出しは、一般紙以上に売上を左右します。
そのため、ひと目見て楽しめる見出しのために短い言葉で「遊び」が必ず入っています。

ジョークや語呂合わせ、助詞がたくさん使われています。

~へ ~も ~か など

例えば〇〇選手、〇〇へ移籍か!

みたいな感じです。

確かに予測と期待感があって、ついつい新聞に手が伸びますよね!

平日のスポーツ新聞は、少ないけど政治経済もキチンと載っています。

一般紙では難しい表現の記事も、簡潔にに書かれているから分かりやすい!

スポーツ新聞・・・・

奥が深いです。

読めばスポーツがもっともっと好きになるかも!?

スポーツ新聞を読む女性をカッコイイと感じるのは私だけでしょうか・・・・


リポーター 湯原孝行

初めまして、リポーターの湯原孝行です。

朝のひと時、楽しんで頂けましたでしょうか?

第1回目のリポートはフォーミュラー1。

そうです、F1!

オリンピック、サッカーワールドカップと並ぶ世界3大スポーツの1つ!

そのF1がいよいよっ!いよいよ今週末、日本で開催されます。

F1世界選手権シリーズ第15戦日本グランプリin 鈴鹿サーキットーーーー!!

人が作り出す音にも色々あるけど、魂にガッツリ響くあのエンジン音はF 1ならでは!

ワタクシ、興奮して眠れません・・・・

何故なら、鈴鹿サーキットへ・・・・

行っちゃうのですっ!

生きてて良かった♪

リポートで話さなかったけど、ワタクシのチケット1枚¥72000なり!
(笑)

しかも子どもや女性も楽しめるイベントも盛り沢山!

近いことが発覚したので、ワタクシその足でお伊勢詣りにも行ってきます。

ぜひ一度、F 1を見に行ってみて下さい!

生音は違いますよー。

モンスターマシンがあなたを待っています!


次回はどんなリポートをしようかな~!?

スポーツやアウトドアが大好きで、空から水中まで色々な体験・経験をしてきました。

情報はもちろん、スポーツで体験したこともリポートしていきます!


リクエスト、ドシドシお寄せ下さい!

リポートにバンバン反映させていきます。

ではまた次回!

このページのトップヘ