小川もこ デリシャス・タイム

ミュージックバード  毎週土曜日 6:00 ~ 6:55 【公式HP】 http://tcc.jpn.com/mokodeli/ 

カテゴリ:Reporters > 山中優子


ども!山女こと山中優子です。

さて、今回は防災グッズとしても役立ちそうな、
ちょっとユニークなアウトドアグッズを紹介致します 。

①LEDライト付きキャップ
なんとキャップのツバの先にLEDライトがついたキャップ。
夜のランニングやウォーキング時にもひと役買いそう!
しかも、ソーラーパネルで発電してるのでエコ
IMG_20131109_073225
フラッシュライト ストレッチO.D.キャップ


スイッチ、ON!


IMG_20131109_073104


キラーン!こちらはアウトドア仕様ですが、一部メッシュ素材でできたスポーツ向けのものもあります!



②軽量!野点(のだて)セット
やだてではなくのだてセット
野点とは、野外でお茶や抹茶を楽しむこと
軽量化されたこのセットは、持ち運びに便利!
IMG_20131109_073423
茶碗はメラミン製で割れにくい!
さらにそれぞれ通常のお茶用具よりも一回り小さくできています。
写真右奥の巾着にいれて持ち運び可能。

ちなみに、、、先日登山した時、
千曲川の源流水を使って野点をしている人がいました!
私(写真左)もお抹茶頂きましたよー!

IMG_228612473059210

こんなに綺麗な天然水でお茶を楽しめるなんて、かなりオツなものです。
歩き疲れた身体に、クゥ〜染みる〜
ちなみに、写真右側の紳士が点ててくださいました。
なんと普通の茶器をそのままザックに背負ってきたそうな。
この野点セットを教えてあげたいっっ。

結構なお点前でございましたm(_ _)m




③水濡れに負けない!ウォータープルーフマッチ

日常生活ではほとんど使用しなくなったマッチ。
梅雨の時期、「湿気って点かない!もうだめだー」なんて言っていた頃もありました。
湿気なんて問題無用!むしろ水に濡れても平気!
水分だけ拭き取れば、通常のマッチとして使用可能。


c1124310

このマッチ棒の頭の部分に、光沢があるのが分かりますでしょうか。
まさに撥水加工されているんです。
もちろん手持ちの部分も加工してありますので、
雨の日に使おうとも、水たまりに落としても、水分を拭えば元通り。

番組では紹介できませんでしたが、
こんなのもあります!
ちいさなちいさな薪ストーブ。
「Bio Lite」
薪ストーブであり、なんとその熱を電気に変えて蓄電ができるという優れもの。
もちろん、このストーブの上にダッヂオーブンなどを置いて、調理も可能!

IMG_20131109_073518

暖まりながら、調理しながら、充電できちゃう、一石三鳥も四鳥にもなりそうですね!

さて、今回紹介しましたのは、
アウトドア用品のお店、モンベル新宿南口店さんへお邪魔してリサーチさせていただきました。
上記商品の詳しい内容は下記HPへ!

モンベルオンラインショップHP
http://webshop.montbell.jp



以上、山女  山中優子でした!
次回もお楽しみに
 


こんにちは!
山女こと山中優子です。

昨今の山ブーム、トレッキングブームにちなんで、
「山ガール」なんて言葉もありますが、
私は、父が山小屋を経営していて、幼い頃から登山をしていた
「ヤマオンナ」なのです。

そんな山女が、山小屋での生活をリポートしましたが、
放送では伝えきれなかったお話もご紹介します。

場所は、山梨県、埼玉県、長野県の県境にある甲武信ヶ岳(2475m)。
一番人気のコース、長野県側の登山口から約5時間ほどで登ることができます。

20130601_133007


その少し下ったところにあるのが甲武信小屋です。

-6075876035424755549


登山者のための宿泊施設であり、休憩するための小屋なのです。



さぁ、ライフラインはどうなっているでしょうか。
もちろん、山麓から引いているわけではありません。

◼︎電気◼︎
ソーラーパネルを使って、太陽光発電発電をしています。
主に照明用となります。
蓄電も可能なので、夜間も使用出来ます。
とはいえ、消灯は20時!遅くても21時にはみなさん就寝です。
また、山小屋の暖房器具は「まきストーブ」です。

-2875721937018968095

寒い時はストーブの周りに人が集まり、話が弾みます。


◼︎ガス◼︎
山小屋は登山者に食事も提供していますので、
調理のためのガスも必要!
ガスはプロパンガスを使用しています。
さすがに車では運べないので、小屋開きのGW前に、ヘリコプターで運びます。
その他小屋で販売するジュース類なども、この時に一緒に運びます。

◼︎水道◼︎
幸い、甲武信ヶ岳は水源に恵まれており、
小屋から300m下った富士川の源流から、ポンプで汲み上げています。
とはいえ、水も限りがありますので、
節水に心がけていますし、洗剤はなるべく使いません。
もちろん歯磨き粉もNGです。
山の上で洗剤を使いすぎると水質汚染や環境破壊になりかねませんしね!
20130601_114421
↑これは千曲川源流のほど近く。


山の上の夕食と言えば、、、カレーライス!
具がゴロゴロと入った、ちょっぴり辛めなカレー。
そして、源流から汲み上げた水で炊くライス。
汗をかいて冷え切った身体も温まります。

従業員のまかない飯は、カレーのときもありますが、
常連さんが差し入れしてくれた食材などでご飯を食べます。
秋になるとキノコも生えてきますので、
もちろん、食べられるキノコをホイル包で焼いて食べることもあります
私のお気に入りは、「ヤマドリタケモドキ」です。
あの有名なポルチーニ茸の日本版?!とも言われています。
香り豊かで、小屋ではごちそうです


6549012661188223153




以上、山中優子のレポートでした!
次回もおたのしみに!





 

このページのトップヘ