初めまして♪ 初登場・坂本梨恵子です^^
image


みなさんは、「円周率」どこまで言えますか?
3.14159265358979… う〜ん、もう限界っ💦という声が聞こえてきそうですが。笑

実は3月14日は、「円周率の日」なんです!
円周率の3.14にちなんで、日本では1997年に財団法人日本数学検定協会が制定しました。

円周率はどんな大きさの円でも一定の値をとるため、3.14や「π」といった記号で表されることは知っていますよね?

思い出してきましたか?^^

とっても奥の深い円周率なんですが、今なお、どんどん進化しているんですよ。

例えば、コンピュータを使った計算では1兆桁を超えて計算されていて、暗唱では6万桁を超える記録がギネス世界記録に認定されているそうです。

2009年には、アメリカで3月14日を「全米円周率の日」とする決議案も可決されていて、国を挙げて円周率を学ぶ魅力を呼び掛けています。

一部の学校の数学科では、この日にパーティーが開かれるなど、さまざまな方法で3月14日を祝うそうですが、

なかには、「π」の記号が印字されたパイを食べたり、円周率に取り憑かれた男を描いたサスペンス映画『π』を観るなど、「パイ」に関する行為で祝う人たちもいるようですよ。

実は、この日はあの相対性理論を唱えたアインシュタインの誕生日でもあるんです!!

厳密には、アインシュタインは数学者ではなく、物理学者ですが、物理に数学の知識は不可欠ですよね。

アインシュタインの誕生日3月14日と、円周率の3.14の数字が一緒というのは、何だか不思議な運命めいたものを感じるのは私だけではないはず…?!

理系なあなたも、文系なあなたも、改めて久しぶりに「円周率」について考えてみてはいかがでしょうか?^^;