表参道のおいしい和食 もくち

表参道に青山店と神宮前店、そして原宿店を構える和食ダイニング「もくち」のブログです。
新鮮なお魚、厚揚げ、鶏唐、女サラダ、いぐさ青汁鍋は、青山の新名物です。

東海道歩き旅日記14-お参り

皆さん、こんにちは。青山もくち 鬼塚です。

最近テレビでも大活躍されている歴史学者の磯田道史先生は、
もくちの創業時からの常連様です。今は東京にお住まいではありませんが、年に何度かお見えになってはいろいろとおもしろい話をしてくださいます。
その磯田先生がテレビで出世のパワースポットとして“元城町東照宮”を紹介されていたのがこの旅のちょうど十日ほど前で、このタイミングで知ったからにはお参りに行かないわけにはいきません。
歩く元気はもうないので、タクシーを拾って行き先を言うと、
年配の運転手さんでも最近まで入り口がどこか知らなかったそうで、テレビ放映のあと急に参拝客が増えたと話していました。
浜松といえば“徳川家康”で、家康の出世城といわれる浜松城の前身である“引間城”の本丸があったところだそうです。
こじんまりとした境内には、武将姿の徳川家康とまだ16才の豊臣秀吉の像があります。
命令に背き自分の意思で初めて戦ったときの家康と、引間城主の宴会で気に入られ初めて武家奉公がかなったときの秀吉の姿です。
後に天下人となる二人の、まだ無名だったスタートの地であり、出世のパワースポットになっているそうです。
ちなみにHONDAの本田宗一郎氏も、このすぐ近くに最初の研究所をつくったそうです。
今さら出世はないですが、なにかしらパワーをいただけたら有難いものです。
裏に回ると、まぶしい夕陽の中に浜松城の天守閣が見えました。
バスで駅までもどり、次は夕食です。
名物の浜松餃子の店が軒を並べていますがすこし時間がはやくて、一軒だけ開いていた店に入りました。そこの餃子と生しらすが美味しくて食べ過ぎてしまい、その後うなぎ屋で鰻丼も食べるつもりでしたが持ち帰りにしてもらいました。
本当ならもう一日歩く予定でしたが、パワースポット参りも即日体力回復パワーとまではいかないようで、風に負けたこの日は切り上げて東京に戻りました。
つづく
IMG_6983
IMG_6982
IMG_6984
IMG_6985

青山もくち旬情報

皆さん、こんにちは青山もくち鬼塚です。
木々の芽もふくらみ、春の訪れを感じるこのごろです。
いつも「青山もくち」をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
さて今年も歓送迎会の季節がやってまいりました。
「青山もくち」ではお得な飲み放題コースをご用意いたしましたので、ぜひご利用いただきますようご案内申し上げます。
歓送迎会特別コース5000円税別
プラス2000円で飲み放題120分を付けられます。
(季節前菜、お吸物、女サラダ、お造り、だし巻き玉子、鳥から、厚揚げ、モッツァレラチーズ、い草鍋、後麺、甘味)
続いて、3月旬情報です。
農園野菜は、菜の花、水菜、カリフラワー、ラディッシュ、お造りは、桜鯛、活け毛がに、お吸物は、はまぐり真丈、お椀物は、桜大根かに身餡掛け、季節料理で、山菜の天ぷら、春野菜と山菜の卵とじ、白魚チーズ揚げが登場します。
産地直送は、釧路からモッツァレラチーズ、下仁田から手作りこんにゃくが入荷します。
3月のお酒は、青森田酒山廃仕込、三重爾今無濾過生が入荷しています。
ぜひ飲みくらべをお楽しみ下さい。
青山にお越しの際は、ぜひご利用ください。
温もり処  青山もくち
IMG_6947
IMG_6948
IMG_6943

東海道歩き旅日記14-2見附〜


皆さん、こんにちは。青山もくち 鬼塚です。

磐田駅前からは静かな県道で、しばらく行くと天竜川です。
土手の階段を上がりすこし北に行くと天竜川橋がありますが、歩道がないのでそのすぐ北側の新天竜川橋を行きます。
渡り始めると、もともと朝から気になっていた向かい風が橋の上でさらに強く、目を開けられないばかりか体ごと飛ばされそうな勢いです。一歩一歩踏みしめながら進むという具合で、912メートルの橋を渡るのに普通の3倍ほど時間がかかってしまいました。
昔から度々洪水を起こし人々を困らせて“暴れ天竜”と呼ばれた難所は、今は安全なはずの橋の上でも大暴れしていました。
やっと渡りきるとすっかり体が冷えてドッと疲れましたが、休憩するところもないので進むしかありません。
旧道の基点となる船着場跡がある六所神社を過ぎてすこし行くと立派なお屋敷があります。幕末から明治にかけて、私財を投じて天竜川の氾濫防止に取り組んだ金原明善という人の生家が修復されたものだそうです。
重い足取りで進んでいき、やっと遠くに浜松駅前のアクトタワーが見えてきたのでそれを励みにまた歩きます。
それでもなかなか遠く、トイレ休憩ができるところもないまま歩きつづけ、見付から平地で歩きやすいはずの12キロが、今回はとてもつらいです。
やっと浜松宿の外木戸跡を過ぎて、タワー近くの板屋町という交差点にたどり着いた時はもうすっかりくたびれてしまいました。
ですが、まだ行かなければならないところがあります
IMG_6929
IMG_6928IMG_6221
IMG_6931


青山もくち2月旬情報

IMG_6898
IMG_6821


 
IMG_6824

皆さま、こんにちは。青山もくち鬼塚です。
インフルエンザが大流行しているようですが、皆さま大丈夫でいらっしゃいますか。

青山もくちでは、2月の寒い日にぴったりのお鍋料理と、立春朝搾りの日本酒をご用意しました。
2月の旬情報です。
お鍋料理はおでん鍋、具沢山湯とうふ鍋、名物いぐさ鍋、毛がに味噌バター鍋、肉豆腐鍋など、
お造りはまぐろ、北海道活け毛がに、活けたこ、
お吸物は海老真丈、お椀物は射込みかぶら、
農園野菜は春菊、大根、水菜、かぶ、ブロッコリーなど収穫しています。
日本酒は2月5日に入荷する立春朝搾り酒、新政、仙禽と、三重の而今、愛知の九平次が入荷しています。
今月より日本酒コース(料理8品・日本酒8杯)5000円が復活します。一日限定4名様コースなので、日本酒好きのお客様はお早めにご予約ください。
なお、青山もくちの店舗ビルが壁面工事中ですが、通常通り営業しておりますので、どうぞご来店くださいませ。
まだまだ厳しい寒さが続きます。皆様どうぞお身体ご自愛ください。  

東海道歩き旅日記14-1袋井〜

皆さん、こんにちは。青山もくち 鬼塚です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

掛川のホテルから電車で二駅の袋井まで行き、宿場公園を9時に出発しました。雨は上がっていますが風が強いのが気になります。
このあたりもあちらこちらに“どまん中”の文字が見られ、宿場を盛り上げています。
大きな建物はなく静かな町並みに、懐かしいお茶屋さんのシャッターを見つけました。
県道に合流しながら行くとまた松並木のきれいな街道が続いていて、以前友人と自転車で通ったことを思い出します。
しばらく歩くと、一里塚よりも大きめの盛り土があり、“遠州鈴ヶ森刑場跡”とあります。立て掛けてある危なっかしい梯子を半分だけ昇って見てもただ木の立て札が見えるだけです。けれどやはりなんともいえない空気が漂っていて、昔はさぞ冤罪も多かっただろうなどと感じました。
そのまま進んで、朝から賑わっているオシャレなカフェで休憩したあともうすこし行くと、本陣跡、木戸跡があり見付宿の中心地です。天竜川の川越宿としてとても賑わった宿場だったようです。
右手奥の白く美しい洋館は、明治8年に建てられた現存する日本最古の木造校舎、旧見付小学校です。
見付とは、磐田です。
京方面から江戸に向かうとここではじめて富士山を見付けることができたからその名がついたと云われています。
磐田駅に向かう大通りの歩道には、ジュビロ磐田の選手たちの足形が並んでいて、ゴン中山選手のを見つけました。
駅前の大通りの左右には、ジュビロ磐田のマスコット人形のジュビロ君とジュビーちゃんがおり、ジュビーちゃんのところを直角に右に曲がり天竜川に向かってまた進んでいきます。
つづく
IMG_6881

IMG_6879
IMG_6880
IMG_6882

青山もくちご挨拶

IMG_6821
IMG_6819
IMG_6822
IMG_6823
皆さんこんにちは。青山もくち 鬼塚です。

今年もいよいよおし迫り、皆様気ぜわしくお過ごしのことと思います。

青山もくちは、創業からこの12月で17年めにはいりました。
食べログにもうまく登場できず、常連のお客様にご来店していただき支えてくださったことに、心から感謝いたします。ありがとうございました。
また、旬メールと東海道歩き旅日記の月2回、メールにもお付き合いいただいており、ありがとうございます。
東海道には多くの方々が興味をもってくださり、既に踏破された先輩方のお話や、これをきっかけに東海道を歩き始めたというお客様もおられ、ご来店の度に楽しく話もはずみます。
2015年に始めた旅ですが、先へ進むほど宿泊は必至となり、日程や体調や天候等でなかなか計画も難しくなってきています。現在は、3分の2ほどにあたる愛知県の赤坂宿まですすんでいます。
東海道歩きは、つらい時も多々ありますが、途中の景色や文化に触れながら癒され、ひとつひとつの宿場に着いた喜びは、大袈裟ですが人生にも似ていると感じます。
青山もくちの営業と同じく、来年もまた引き続き頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

新年は、7日(月曜)から営業いたします。
まだまだお席は空いております。
皆様ぜひご来店くださいますよう、ご連絡をお待ちしております。
ありがとうございました。
では、どうぞよいお年をお迎えください。

東海道歩き旅日記13-掛川〜

皆さん、こんにちは。青山もくち 鬼塚です。

山あいの日坂宿を過ぎたら、県道や国道に合流したりしながら進んでいきます。
敵の浸入を防ぐため、通りを直角にいくつも曲げた新町七曲りまで来たらもうすぐ掛川宿です。
駅前にホテルをとっているので、ひとまず寄って荷物だけ預けることにしました。
今回は、静岡県で展開している話題の“炭火焼ハンバーグ さわやか”に行くことも目的のひとつだったので、ホテルの従業員さんに場所を聞くと「歩いて行けるところじゃないですよ」と言われ苦笑しました。
地図を見るとちょうど袋井へ向かう街道近くにも店舗があるようで、雨ガッパだけを持ってもうひと頑張りすることにしました。
掛川城の天守閣をチラリとだけ見て、出発です。
少し行った清水銀行の壁には、掛川城主であり内助の功で有名だった山内一豊と千代夫人に、夫人の持参金で買った馬の大きなレリーフがあります。
それから30分ほど歩くと“さわやか”に到着しました。噂通り満席で15分ほど待って案内され、遅い昼食です。 
一番人気は“げんこつバーグ”で、中が赤い状態がおすすめだそうです。迷いましたが、まだまだ歩くし雨も降りそうで寒いし、万一何かあってはいけないので、よく焼いてもらうことにしました。案の定、固くなってしまい本来の味を楽しめなかったのは大変残念でしたが、やはり東海道が優先です。
店を出てしばらく歩いているとポツポツと降りだしてきて、雨にけむった松並木もまた風情があります。
けれど袋井宿まではまだ遠く、日が暮れはじめ雨もしだいにつよくなってきて、人も車も通らない静かな街道歩きは心細くなってきます。
ようやく袋井宿に近づいてきて“どまん中東小学校”などとあちらこちら“どまん中”の文字が目についてきます。
休憩所のどまん中茶屋があり、やっと“27番目 東海道のどまん中”袋井宿に到着しました。
けれど雨と寒さと薄暗さで感動もそこそこに、袋井駅まで急ぎ電車でホテルのある掛川まで戻りました。
ホテルでゆっくりしてからようやく「やっと半分まで来たー!」という思いがしみじみと湧いてきました。
明日からガイドブックも西のものに替わります。
つづく
IMG_6803
IMG_6804
IMG_6805
IMG_6806

12月青山もくち旬情報

IMG_6796
IMG_6792
IMG_6794
IMG_6793

こんにちは、青山もくち鬼塚です。
今年も早、師走となりました。
皆さま、ご機嫌いかがでしょうか。
先日、私の師であります、がんこフードサービスの小嶋会長がテレビで特集されていました。
私の商いの基本を学ばせて頂いた師です。
今でも年に一度は、お会いする機会を作って下さり、その度に「お客様に喜んで頂いていますか」と最初に尋ねられます。
がんこでの20年間で私が一番心に残っているのは「活人」(かつじん)“人を活かすのでなく人に活かされたい”とおっしゃっていたことです。
常に従業員、お客様に心を配られていました。
私もその教えをずっと守っていきたいと思います。
小嶋会長には、いつまでもお元気でいていただきたいです。
さて年末の旬情報です。
忘年会は、お決まりですか?
青山もくちでは、もくち味めぐり飲み放題2時間コース7000円税別をご用意しています。
是非、ご検討下さい。青山もくち0354685886
農園野菜は、ふろふき大根、インゲン胡麻和え、野菜酢漬けなど、お造りは、青森マグロ、鯖、北海道活けタコなど、お鍋は、薬味たっぷり湯豆腐鍋、好評おでん鍋、名物いぐさ鍋があります。
日本酒は、生しぼりが登場しています。
田酒、爾今、南部美人などなど
青山にお越しの際には是非お立ち寄り下さい。

東海道歩き旅日記13-1金谷〜

IMG_6751
IMG_6752
IMG_6753
IMG_6754
皆さん、こんにちは。青山もくち 鬼塚です。

久々の東海道、今回は金谷からです。
峠越えなのに雨の予報で心配でしたがすこし遅れているようで、できるだけ早く進みたいです。
駅を出て一里塚まで戻り、横の高架をくぐって右に曲がるとさっそく登り坂です。
少し行くと“旧東海道石畳入口”の標識があり、ここからまずは金谷坂です。町民一人一石運動で石を敷き詰め復元したものと、昔ながらのものが合わさっているそうです。そのあとも菊川坂、青木坂と、途中平坦な道もあるものの、厳しい石畳の登り坂を休み休みしながら一時間ほど登っていきます。これが“小夜の中山”といわれた難所です。
ようやく緩い坂道になり、気がつくとけっこうな高さまで登っていました。新幹線から見える“茶文字の山”を遠く右手に見ながら歩いているかたちです。
回りの風景はというと見渡すかぎりのお茶畑で、2月だけれど心地よい風もふき清々しいです。
久延寺を過ぎてしばらく行き、日坂に近づくにつれ今度は下り坂です。
これがまた厳しい急坂で、膝がガクガクになりながらやっとの思いで降りました。
そこから間もなく日坂宿に到着です。
ゆるやかにカーブしている町並みに古い建物が残されていて、復元された高札場、屋号を掲げた民家など風情があります。
当時のままの旅籠“川坂屋”はそのまま資料館として見学でき、子育て飴をもらいました。
ひっそりとした小さな宿場ですが、宿の歴史が守られていると感じました。
宿場を出たら県道に合流し、次の掛川を目指します。
まだ雨は待ってくれています。
つづく


青山もくち旬情報

こんにちは、青山もくち鬼塚です。
日毎に秋が深まってまいりました。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
お節料理は、おかげさまで完売致しました。
御礼申し上げます。
さて、早いもので忘年会料理のご案内です。
『もくち味めぐり飲み放題コース』7000円税別をご用意しています。
季節二段重前菜、お吸い物、女サラダ、お造り、いぐさ鍋、名物鳥から、厚揚げ、モッチァレラチーズ、出汁巻玉子、お食事、甘味、飲み放題2時
11月 12月のご宴会に是非ご利用ください。
青山もくち0354685886
旬情報です。
お造りは、青森マグロ、北海道活けタコ、淡路鯖が入荷します。
お吸物、牡蠣進丈、お椀物は、ふろふき大根、コース揚げ物はカニクリームコロッケです。
農園野菜で、南瓜煮物、水菜お浸し、焼き椎茸と法蓮草ポン酢、季節料理は、肉豆腐、下仁田こんにゃくステーキ、国産カラスミなど登場します。
あったかお鍋は、おでん鍋、名物いぐさ鍋、毛ガニ味噌バター鍋です。
もくち料理で体と心を温めて頂きたいです。
今月のお酒は、三重爾今、秋田新政、青森田酒をご用意しています。
青山にお越しの際には是非お立ち寄り下さい。
IMG_6705
IMG_6688
IMG_6696

もくち公式ホームページ
もくち公式ホームページ
ギャラリー
  • 東海道歩き旅日記14-お参り
  • 東海道歩き旅日記14-お参り
  • 東海道歩き旅日記14-お参り
  • 東海道歩き旅日記14-お参り
  • 青山もくち旬情報
  • 青山もくち旬情報
  • 青山もくち旬情報
  • 東海道歩き旅日記14-2見附〜
  • 東海道歩き旅日記14-2見附〜
  • 東海道歩き旅日記14-2見附〜
  • 東海道歩き旅日記14-2見附〜
  • 青山もくち2月旬情報
Facebookページ
Twtter
QRコード
QRコード
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ