木ごこちのいえ スタッフ日記

丸石木材住宅の登です。

以前から作業を致しておりました、

水廻りリフォームの現場が終わりを

迎えようとしております

DSCF1153
増築部分の外部もこの通りきれいに

仕上がりました(白い板金部分)

こちらはあとは、基礎部分を左官塗装

すれば完成です


DSCF1156
増築部分の屋根もこの通り、雨漏り等の

心配が無いよう細心の注意を払って見事に

仕上がっています


室内に関しましては、
DSCF1164
既存のキッチンを撤去してから周りの

部分に新たにキッチンボードを貼って

処理しています。


DSCF1166
住みながらのリフォームですのできちんと

養生(汚れないようにカバーする)を

しておきました。


ここから・・・

DSCF1167
よいしょよいしょ

玄関からキッチンの部材を搬入して、

DSCF1170
えんやこらせ~のどっこいしょ


DSCF1173
あっという間に新しいキッチンに

入れ替わりました
(作業的には1日で取付けしました)

DSCF1174
綺麗に納まったのでほっと一安心

お客様には、大変喜んで頂いたので

わたくしも本当に嬉しかったです


あと残す作業は・・・
DSCF1172
玄関部分の廊下の張替えです

以前にお施主様がご自身でシートを重ね貼り

しておられましたので、それを一端剥がして

下処理をし、その上から新しいフローリング

を貼って行きます

DSCF1177
大工さんがきちんと寸法を拾い出して

寸分の狂いもないよう、丁寧に貼り付け

を施していきます。

明るい色のフローリングをチョイスされた

ので、玄関部分がまた新たな雰囲気に

包まれるかと思います




こちらのお施主様のお家のリフォームは

これで無事終了といった所です。


お施主様に本当に大変喜んで頂いたことが

わたくしにとっても一番の喜びとなりました



お客様の為にこれからも精一杯の対応を

心掛け、一生懸命に仕事に邁進して行こうと

心に誓いました

丸石木材住宅の登です。

現在建築中の当社モデルハウスの

基礎工事が順調に進行中です

DSCF1147
基礎の下側の部分はすでに

コンクリートを流し終えています。



DSCF1150
たくさんのボードで型枠を作成して

いるのですが、この型枠の中に

コンクリートを流し込んで基礎の立上りに

なっていきます

(基礎の立上りが完成した後に改めて

画像をご紹介いたします

DSCF1148
こちらのニョキッと立っている金属は

「ホールダウン」と呼ばれる物です。

これは建築が進めば建物の柱に固定

される代物です

こちらは耐震等級3相当の建物の為

ホールダウンがたくさん埋まっています



それ以外にも、土台に固定するための

「アンカーボルト」と呼ばれる金属も

あります。

(後日ご紹介いたします)

DSCF1146
どんどん出来上がっていきます




間もなく基礎の立上りの部分にも

コンクリートが流し込まれますので

そちらも後日ご紹介させて頂きます

DSCF1152
今は若干ゴチャゴチャした感じになって

いますが、もう少しで綺麗になります。

来年早々から水道工事などを行い、

上棟するのが、1月下旬頃になる予定

で進行しております



随時現場の状況をアップして参りますので

みな様ご期待くださいませ



丸石木材住宅の登です。

当社が現在建築中のモデルハウスの

現場にて・・・

DSCF1143


地面に落書きが



DSCF1144
スプレーで何やら色々と・・・。




実はこれ、もうすぐ始まる外構工事の

下書きなんです

現場で外構工事屋さんと打ち合わせを

する際にこんな感じで直接地面に書込む

場合もあったりするんです

(曲線を多用する外構なんかは、ほんの

ちょっとイメージとずれると全体が

アンバランスになるので・・・。)



年末から来年年明けにかけてこちらの

モデルハウスの外構工事も進めていく予定

で現在調整中です。

モデルハウスの内装もまだアップしていない

ので、外構と併せて掲載する予定です



みなさま、もう少々お待ち下さいませ

このページのトップヘ