2011年02月

今日は何の日? 02月27日

2010年のこの日、チリでマグニチュード8.8の大地震が起こる。


・・・とのこと。


チリでは殆ど地震が起こらない事もあって、相当な被害だったようで。
で、更に同年8月には炭鉱落盤事故。
2010年、チリは災害が続いて大統領の支持率が下がっているとか。
他人事とは思えない。

今日は何の日? 02月26日

1634年(寛永11年1月29日)のこの日、江戸幕府が大名火消を設置する。


・・・とのこと。


火事と喧嘩は江戸の華ってね。
・・・それって何時から言われ始めたのだろうね?
なんで火事なんだろうね?
派手だから?
まったく、当時の江戸人(えどびと)は不謹慎ですね。

今日は何の日? 02月24日

1873年のこの日、明治政府がキリシタン禁制の高札を取り除き、キリスト教を黙認


・・・とのこと。


何故当時の政府は黙認なんてしたのだろう?
認めるなら認めるで、認めないなら認めないで弾圧続ければいいのに。
差別に満ち溢れたキリシタンなんて認めたばっかりに日本がこんな事に。
キリシタン即ちキリスト教って、神を信じれば天国に行けて、神を信じない者は地獄に落ちるっていう、慈悲も慈愛の欠片も感じられない差別に満ち溢れた宗教じゃないか。
なんだよ?
オレっちを信じろよ。信じなきゃ地獄に落ちて苦しい思いをするぞ?
何その脅迫。ヤクザか。○○人か。
本当に人間に対する愛があるのなら、人間が神を信じようが信じまいがその人間に対して愛情を注ぐものじゃないか?
親が子供に無償の愛を注ぐようにさ。え?
キリシタン(どんな宗派でも)はこの疑問についてどう答えるのだろう?
個人的に、この疑問が解消されていない以上、キリスト教は鼻くそチンカスほども信用できないクソ宗教だ。

今日は何の日? 02月23日

1455年のこの日、グーテンベルク聖書の印刷が開始。


・・・とのこと。


グ-テンベルクといえばグーテンモーゲンを思い出すね。
で、グーテンモーゲンて何語で何を意味するの?

今日は何の日? 02月22日

1875年のこの日、板垣退助が大阪で愛国社を結成。


・・・とのこと。


板垣退助といえば「板垣死すとも自由は死せず」が有名だけど、一説によると板垣退助が言った訳ではないとのこと。
まあ、名言だから板垣退助が言おうが言うまいが関係ないんだけどね。
その程度の認識ですよ!