939年のこの日、平将門が上野・下野を制圧して新皇と称す。


・・・とのこと。


平家の栄光の日々の始まりとも言えるエピソード。
「平家にあらずば人にあらず」と傲慢な発言をしても、源氏によって滅亡に追い込まれてしまうもので。
正に驕れる者は久しからず、と。
人間、謙虚でありたいものですね。